人気ブログランキング |

<   2019年 12月 ( 36 )   > この月の画像一覧

「アンダーズソウル江南」では午後2時までレイト・アウトが可能といわれています。
ミシュランの★付きレストランのランチの予約は午後1時半なので、ホテルを出るのは午後1時ごろでいいでしょう。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2212535.jpg
ソファでゴロゴロしたり、買ってきたキムパを食べたり・・・
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2214784.jpg
大量に置いてある無料のお菓子や冷蔵庫内のドリンク、あるいはネスプレッソのコーヒーなどで、ぐだぐだと。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_222599.jpg
でも午後10時半からは狎鴎亭ロデオの「ギャラリアデパート名品館WEST」地下1階(GROUMET 494)のスーパーマーケットなどにお土産探しに。
奥さんに頼まれてたものもあるし。

     https://dept.galleria.co.kr/
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2222787.jpg
僕の部屋は5階、ちょうど下に見えるのがたぶん134㎡はあるという「ガーデンスイート」のガーデンでしょう。
めちゃくちゃ広いですが、季節柄か、寂しい緑。
ここは冬にはあまり意味のないスイートって感じです。
この上の最上級のスイートとなると高層棟の最上階、ルーフトップになるようです。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_222476.jpg
ホテルの通り側エントランスを出て右側は、ホテルと同じ建物の中に入っている「ブルーボトルコーヒー」になります。
お洒落な作りの2階もある店で、僕が見た時はいつでも混んでいました。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2231460.jpg
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2233651.jpg
そしてその隣が地下鉄「狎鴎亭駅」3番出入り口です。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2235553.jpg
「Lee's キムパ」に行くときに見つけた朝からやっているベーカリー。
ソウルでベーカリーとか今まで気にしませんでしたが、今回は江南という場所柄もあるんでしょうか、かなりいろいろなところで見かけました。
ネットで見ると割と有名な店のよう、中は日本のパン屋とほぼ同じ感じでした。
ソウルのベーカリーのレベルも上がってきているみたいですね。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2241426.jpg
そのすぐそばには「ON THE ROOT」という名前の超お洒落なカフェが・・・。
オープンしたてだそうです。
あまりに格好良いカフェだったので、コーヒーでも飲んでいこうかとすると、店の準備をしていた若い男性が「まだ準備中なんです。まだ開けてないんです」みたいなことを言い(たぶん)、とてもすまさそうに。
今回の滞在中出会った人は、特に若い人たちは、誰も例外なく丁寧・親切な人たちばかりでした。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2243611.jpg
ここでソウルのベーカリーとかカフェに興味が出てきて、ホテルですっかり仲良くなったスタッフたちにいろいろ聞いてみます。
いくつもの推薦店を教えてくれましたが、僕が10時半の開店に合わせて「ギャラリアデパート」のデパ地下に行くということを話すと、
「少し歩きますが、近くに『BUTTERFUL & CREAMOROUS』(버터풀&크리멀러스、ボォトォプル&クリモォロォス )という人気の店がありますよ。店内でもイートインできます。小さなカフェみたいになっています。少しお値段高いですけど」
と誰かのブログなんでしょう、店の感じを見せて、美味しいお店といってくれます。
おっ、これもお洒落。
ランチのミシュラン・レストラン以外は無計画の今回のソウル行き、僕はこんな情報だけですぐに行動に移してみます。
昨日からのソルロンタンやキムパのような伝統的な大衆食から、ひとっ飛びに最先端のお洒落カフェ(たぶん)へ、そのギャップも面白いかもしれないとも思ったからです。
店は小さな通りに面していましたが、見つけにくくはありません。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2245449.jpg
この寒さなので外の椅子には誰もいませんが、中のイートインスペースは狭く(せいぜい10席くらい)、それがオープン直後(午前11時)というのにもう満席。
皆さん、すぐに立つような雰囲気でもないので、僕はここで興味のあるパンをテイクアウトすることにしました。
いや~、店内はどこを向いてもインスタ映えするような作りです。
女子受けは最高でしょう、この店。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2254753.jpg
芳醇なバターの香りが店内いっぱいに・・・。
英語が堪能な女性スタッフ曰く「フランス産の高級バターを使ってます」と、売りはクロワッサンだそうです。
確かにいろんなバリエーションのクロワッサンが置いてあります。
この辺りは最近ソウルではやっているという餡バター挟み系です。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2261135.jpg
どれもサイズは大きめ(パリ・サイズ)ですが、値段も高く、↑のなどは確か5000ウォンしたと思います。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2263236.jpg
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_22653100.jpg
ラッピングもお洒落、ピンクのクリップにソウル女子は「萌え~」とのことでした。
キャシアーには売り物にならないクッキーのかけらなどが大量に置いてあり食べ放題、結構いける味でしたよ
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2271873.jpg

テイクアウトしてホテルの部屋でひろげたところ。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2273641.jpg

店の女性お勧めのクロワッサンwithブルーベリークリームチーズ(6500ウォン)、「作り立てよ」とのことでした。
ヴィジュアル良し、味も思ったより甘くなく、ただ大きすぎて最後には少し飽きてしまう気はしました。
こういう細工系のクロワッサン、日本でもはやるかもしれません。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2275322.jpg

餡バターを挟んだクロワッサン。
餡バターは今回のソウルで何回も見、shojiさんお奨めの益善洞のカフェでもたいていどの店にもあった記憶です。
ここのクロワッサンは確かに美味しかったですね、良くできていました。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2281088.jpg

中のバターの入れ方が、韓国独特ですね。
たった26時間のソウル (8)BUTTERFUL & CREAMOROUS_b0405262_2283169.jpg

ということで僕の朝食はキムパ、ホテル朝食のつまみ食い、そしてこのパンということになります。
やはりちょっと食べすぎていますね。

by shackinbaby2 | 2019-12-23 00:00 | 海外 | Comments(6)
今週のホテル系ニュース集です。
yahoo newsの中からshackinbabyが選んだものです。
日付降順に並べてあります。

★「ザ・リッツ・カールトン日光」内部デザインを公開。2020年5月22日開業
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_20065349.jpg
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_20071157.jpg
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_20070213.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191220-00000216-impress-life 

★1泊18万円高級スイートも 名古屋テレビ塔の新ホテル

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00000032-asahi-soci 

★ロイヤルホテル、「リーガグラン京都」開業日を2020年7月15日に決定

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00000041-impress-life

★西鉄、タイ・バンコクに「ソラリア西鉄ホテルバンコク」を2020年5月30日開業
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_12251443.jpg
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_12253472.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-00000038-impress-life 

★文化人が集う老舗「山の上ホテル」往年の意匠を蘇らせてリニューアル
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_18594096.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191218-10024777-creaweb-life 

★富士屋ホテル7月15日にグランドオープン 1月予約開始、箱根町宮ノ下
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_18595185.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000022-kana-bus_all 

★地上100mの展望フロアは“宿泊者専用”の時間帯も…名古屋テレビ塔に入居のホテル 来年9/1開業に

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00025839-tokaiv-l23 

★大阪に913室タワーホテルが開業 アパ、西日本最大

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000574-san-bus_all 

★阪急阪神ホテルズ、宿泊特化型ホテルの上位ブランド「レムプラス銀座」12月24日開業
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_19000100.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000108-impress-life 

★ヒルトン瀬底、来年7月に開業 地上9階建て、客室にレストラン、スパ… 美ら島水族館まで車で15分 森トラスト開発
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_13073712.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000016-ryu-oki 

★ヒルトンが国内で手掛ける初のビーチリゾート 沖縄・瀬底島に2020年7月オープン
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_13074768.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00511584-okinawat-oki 

★森トラストとヒルトン、「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」2020年7月1日開業
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_13080072.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-00000074-impress-life 

★星野リゾート、「ロテルド比叡」運営を来春終了 ホテルは継続
ここ1週間のホテル系ニュース (12月14日~12月21日)_b0405262_13072633.jpg
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00197585-kyt-l26 

★高級ホテルのマットレス盗難、過去2年近くで49件発生

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-35146733-cnn-int 

★母畑温泉八幡屋が3位 日本のホテル・旅館100選

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00000012-fminpo-l07 
by shackinbaby2 | 2019-12-22 00:00 | ホテル | Comments(4)
日付が変わってしばらくたってからご帰還のshackinbaby、気持ちよい「アンダーズソウル江南」のベッドに撃沈。
短いけれど熟睡でき、起きてからはまだ人の少ないスパ施設やプールでしっかり目を覚ましました。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00395293.jpg
この時期のソウルは、朝明るくなるのは午前7時を過ぎたころ。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00422691.jpg
TVの気象ニュースでは、今朝のソウルはマイナス4度くらいだったといっていました。
もちろん部屋の中はぽかぽかですが。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00480105.jpg

たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00432309.jpg
バルコニーにも出てみます。
きりっと冷えた空気は、短い間は気持ちよかったりします。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00425817.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00434797.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00443902.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00450542.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00455096.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00461794.jpg
ホテルの朝食は唯一のレストランである「JOGAKBO」(意味は韓国の伝統的なパッチワークのことらしいです)でバフェが440000ウォンnettで食べられますが、前回(6)で書いたように、ここでは食べないつもりでした。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00483774.jpg
しかしロビーの写真などを撮っていると、昨夜チェックインを担当してくれた女性スタッフが「朝食はお食べになりましたか?」と聞いてくるので、食べない理由を言うと、「もしお時間があれば、朝食を見ていってください」とかなり積極的に僕を誘ってくれます。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00490155.jpg
彼女直々に2階のレストラン「JOGAKBO」のいろいろなパートを案内してくれ、その後僕は「JOGAKBO」のスタッフに引き継がれ、さらに丁寧な対応を受けました。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00492167.jpg
「JOGAKBO」、いや~、どこもきれい、スタイリッシュに作られています。
窓の外の景色には好き好きがあるかもしれませんが。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00494481.jpg
朝食バフェのメイン部分。
シェフが常駐していて、ゲストのリクエストの卵料理を作ったり、頼めばとりわけなども手伝ってくれます。
英語の通用度もまずまずです。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00532642.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00534983.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00542718.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00544424.jpg
韓国系のアイテムも割とあります。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00540475.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00550533.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00552148.jpg
どこもデコレーションも含めてかなりな内容の朝食バフェ、「どうぞご試食なさってみてください」といわれ、デニッシュなど何品かつまんじゃいました。
味は、そう特別感は感じなかったですが、もちろん標準以上でしたよ。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00553476.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00554897.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00562459.jpg
デザインがとても気に入った「MIDDLE HOUSE」のエリア。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00574795.jpg
この角のシートは個人的にはベストシートでした。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00580291.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00582554.jpg
一番奥の「SOUTH HOUSE」のエリア。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00584806.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00590404.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00592495.jpg
今度は朝食時には使われることの少ない「LONG HOUSE」のほうも見ておきます。
チェックイン時見たときは暗くてよくわからなかった「CHAMPAINE AND CHOCOLATE」の部分のインテリア。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_00595924.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01002065.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01003903.jpg
僕の好きな席。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01010025.jpg
バー・エリアには朝食の準備もできていましたが、とにかく席数は多く、通常はここまでは使われないようです。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01011653.jpg
この「JOGAKBO」がホテル唯一のレストランですが、その他ルームサービスでも、この1階の「A' + Z LOUNGE」でも簡単なものは食べられるそうです。
いかにもの絵画。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01043474.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01045081.jpg
ここからレセプションエリアまでもラウンジの一部になっています。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01055391.jpg
ロビーの一部としても機能しているようで、何もオーダーせずにこの辺りを利用している人も多いです。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01061509.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01064583.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01070924.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01073457.jpg
改めてレセプションエリアとロビーを。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01075912.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01084054.jpg
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01090650.jpg
送迎料金表がありました、高いですね。
たった26時間のソウル (7)「アンダーズソウル江南」の朝_b0405262_01092766.jpg

by shackinbaby2 | 2019-12-21 00:00 | 海外 | Comments(1)
毎年やっている家族の忘年会はこのところ本当に寂しくなってきていて、誰かが急な仕事で欠席なんてことが多く、今年はついに3人、結局は僕ら夫婦と長男だけということになってしまいました。
残念ですが、働き盛りの子供たちだけに、これは仕方ないことなのかもしれません。
今年の会場は「ヒルトン東京」2階ダイニングフロア「TSUOHAZU」にある中華料理の「王朝」。
その「王朝の味覚」という食べ放題プランでの忘年会でした。


「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15483022.jpg
完全に生まれ変わったヒルトン東京のダイニングフロアにあって唯一、中国料理の『王朝』だけがTSUNOHAZU誕生以前に存在したレストランの名を引き継いでいます。
伝統的な王朝の味は継承しつつ、専用北京ダックオーブンの導入や新しい100種類のメニューで贈る「王朝の味覚」など、深化し続ける『王朝』。
8羽分を一気にローストできる北京ダックオーブンからは、コクのあるスープから小気味いい食感の皮と豊潤な味わいの肉まで、さまざまな面から北京ダックを味わい尽くせるメニューがゲストのもとに。
硝子張りのライブキッチンを中心に展開される空間には、印象的な錫(ティン)天井(シーリング)の下、19種類もの椅子と25種類ともいうテーブルが。
さらに様々な用途にご利用いただけるよう最大40名様まで収容可能な大小7部屋の個室とセミプライベートルームをご用意しています。

我が家では子供たちが生まれたからこの「王朝」はご贔屓のレストランで、特に食べ放題プランの「王朝の味覚」は家族の節目節目のお祝いごとによく使ってきました。
本当に思い出多い中華料理店。
以前はグランドメニューからすべて注文し放題だったのですが、リニューアル後は決められた100種類の料理からの食べ放題、もうフカヒレの姿煮はなく(いまはコニッシュジャックが別料金で食べられます)、大好きだった中国風ステーキもありません。
なのでリニューアル後は足を運んでいなかったのですが、息子の「王朝、久しぶりにどう?」の提案で今回の会場となりました。
料金は1人10000円++、割引を入れると1人10000円をわずかに切る料金に。
果たしてshackinbaby家は充分元を取ったでしょう(嫌な言い方ですが)(笑)。

     https://www.hiltontokyo.jp/plans/restaurants/buffet/dynasty_1907

中国料理「王朝」ではメニューよりお好きなものをお好きなだけお楽しみいただける食べ放題『王朝の味覚』をご用意しております。
「北京ダック」、「鮑のオイスターソース煮」、「つばめの巣のスープ」など、『王朝の味覚』専用メニュー100アイテムからお好きなものをお好きなだけご注文いただけます。

前菜的なものは、子供たちが昔大好きだった「特級クラゲの前菜」。
「懐かしい味と食感」と息子。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15484445.jpg
スープは「つばめの巣と絹笠茸の特製スープ」。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_1548561.jpg
ロブスターのチリソース煮、昔はロブスターのはなかったですね。
想像通りの味、チリソースが辛いけれど上品。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_1549886.jpg
海老の辛み炒め。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15492361.jpg
鮑のオイスター煮。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15493799.jpg
ホタテ貝の黒豆ソース炒め、ホタテの質が良好でした。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15495036.jpg
牛肉の炒め、何炒めだったか失念。
すみません。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_1550781.jpg
この日のメイン的な豚ばら肉の煮込み、これは美味しく出来ていました。
辛子を付けて味変も〇、青菜も〇。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15502350.jpg
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15504038.jpg
そこへ行くと北京ダックは・・・。
コースを料理を頼んでいる人たちの所ではテーブルサイドでちゃんとダックからの切り分けをして焼きたてがサーブされているようですが、これはいかにも「あまりもの」といった感じ。
ここでは昔から北京ダックにはこの煎餅がついて出てきます。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_1551113.jpg
チリソースが美味しかったので、今度はタラバ蟹肉のチリソース煮。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15511561.jpg
タラバ蟹肉と又焼の卵炒め。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15513022.jpg
タラバが続きます、タラバ蟹肉・海老・又焼入り炒飯。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15514438.jpg
奥さんはもうギブアップ状態ですが、男性陣はまだまだ行きます。
粽、竹の葉に包まれてよい匂い。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_155221.jpg
海鮮入りライスペーパー春巻き。
こういう揚げ物はプロは上手ですね、もちろん時間がたっちゃうと駄目ですけど。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15521915.jpg
デザートにはあずき餡いり胡麻団子と・・・
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15523584.jpg
マンゴミルク。
デザートは種類も少ないし、ちょっと貧弱かな。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_15525045.jpg
1~2品撮り漏れたものもあるかもしれませんが、僕ら3人でこんな風に食べてみました。
元が取れたか分かりませんが、会話もはずみ、楽しい家族忘年会になりました。
食事終了後、お隣の「ZATTA BAR」に席を移動、僕らはいただいてるダイモンドメンバー用のドリンククーポンで注文、息子の分だけのオーダーで、ライブのジャズをバックにかなり遅くまでくつろいじゃいました。
「王朝」で食べ放題の忘年会_b0405262_1553974.jpg
良い夜だった、もう今年もそろそろですね。

by shackinbaby2 | 2019-12-20 00:00 | ホテル・グルメ | Comments(10)
最近ほとんど飛行機関係のことを書いていません。
久しぶりに赤組の僕が注目するニュースがあったので、記事にしておきます。
それは来年5月14日に成田・バンコク線に就航するJALが100%出資する国際線中長距離LCC「ZIP AIR」の機内が公開されたというもの。
B787-8の初号機のそれで、2クラス制全290席だそうです。

     http://www.zipairtokyo.com/ja/press/article/2019/1202_02.html

ビジネスクラスに相当する「ZIP FUL-FLAT」は18席あって、その名の通りフルフラットシートを採用。
エコノミーの「STANDARD」のシートピッチは31インチで約79㎝、国内線用787-8と同じピッチだそうです。
トイレにはウォシュレットを採用。
「ZIP AIR」の機内お披露目_b0405262_08484171.png
ただし軽量化のため全クラス、モニターは設置されないそうです。
wi-fiは可能と。



ここのビジネスクラス相当のフルフラットシート、値段さえリーズナブルなら、ねらい目かもしれませんね。
この後マニアの方の詳しい分析がどんどん出てくるでしょうから、僕もそれらをしっかりwatchしていくつもりです。

後記 : you tube画像を追加します。



by shackinbaby2 | 2019-12-19 00:00 | エアライン | Comments(8)
夕方6時過ぎに空港到着、午後7時過ぎ「アンダーズソウル江南」にチェックインした後は江南の夜を食べまくり、遊びまくり。
日付が変わって午前1時過ぎホテルに戻るもまだ何となくお腹が物足らなかったので、タクシーでホテルから出るとき看板に気づいた24時間営業の店に行ってみました。
ホテルから歩いて1分、100メートルはない距離にある「新村ソルロンタン」です。
「神仙ソルロンタン」とならぶ、ソウルの街のあちこちにある代表的なソルロンタンのチェーン店。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08452022.jpg
まずはソルロンタンとは?ですが、ウィキペディアには 

ソルロンタン(朝鮮語: 설렁탕)は、韓国の代表的な料理のひとつ。
牛の肉・骨を長時間煮込んで作る、乳白色のシンプルなスープ料理。
似た料理としてコムタンがあり、両者とも長時間かけて煮出したスープではあるが、コムタンと比べ骨が多く入っており、骨髄まで煮出され白濁しているのが特徴。


とあります。
家庭ではなかなか味が出しにくい料理だそうで、この店のような専門店や食堂で食べる料理なんだと。
注文すればすぐに出てくる簡単・便利さから、朝食や昼食などとして広く食べられ、価格は安く。韓国統計庁では生活物価指数を測定する代表的な品目のひとつとしているほど、韓国を代表する料理の一つときいています。
お腹がいまいち満腹ではないといっても、食べるものは食べている、外は寒いので暖かいもの大歓迎、こってりしたものよりあっさりしたもの、できれば温かいものがほしい、まさにこのソルロンタンはピッタリなはず。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08453845.jpg
ソルロンタン屋の多くは24時間営業、ここも深夜1時を回った頃というのに、店内にはそこそこのお客がいて、でも店はオバちゃん一人のワンマンオペレーション。
接客もし、料理も作る、忙しそうです。
テーブルには金属のコップ、味付け用の胡椒や塩、2つの壺に入ったキムチが置かれています。
キムチとカクテキ。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08460207.jpg
このカクテキ、すごくありませんか?
こんな大きいカクテキ、見たことがありません。
これを挟みで小さく切ります。
僕が不器用に切っていると、見かねたのかオバちゃんが飛んできてチョキチョキと。
ソルロンタンが出てくる前、キムチやカクテキをおつまみに、美味しいです。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08465380.jpg
お、出てきました、ソルロンタン。
お値段は9000ウォン。
ソルロンタン自体は見た目とてもシンプル、真っ白なスープで、ご飯がついてきます。
味は薄くあまりついていないので、塩と胡椒で自分好みの味に。
キムチやキムチの汁を入れる人も多いようです。
カトラリーは机の下の引き出しに入っています。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08463521.jpg
ここのソルロンタンの牛肉は薄切りのバラ肉のよう、脂身をそぎ落としたようなタイプではなく、全体に以前食べた店のより、濃厚な味の印象でした。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08471719.jpg
面白いのはここのソルロンタンには小量ですが麺が入っていることでした。
熱々で出てくるかと思いましたが、熱さはほどほどでした、ここのは。
カクテキも美味しく、韓国について初めてリアル韓国色に浸れたかなと・・・。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08473685.jpg
もうほとんど歩く人の少なくなった狎鴎亭の街をたったの50メートル、そこがもうホテル、自分の部屋に帰れるいう近さのお夜食どころでした。

そして翌朝、朝もいろいろあったのですが、ちょっと飛ばして、今度は朝に食べたまたも韓国を代表する大衆食、キムパの話に飛びます。
これもソルロンタン屋と同じく、ホテルから歩いて2分弱、距離にして100メートル強のところにある「LEE'S キムパ」という店を試してみました。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08481968.jpg
キムパについてもウィキペディアから引用しますね。

キムパプ(김밥)は、海苔で米飯を巻いて作る韓国料理である。
キムは「海苔」、パプは「ご飯」の意。
酢飯ではなく米飯と生魚以外の多種類の具材を用いて、ごま油で味付けするのが特徴である。
キムパ、キンパと呼ばれる事もある。

そうか、正確にはキムパじゃなくてキムパプなのか、でも、ま、ここは通称というかキムパで行きましょう。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08484039.jpg
高級食材や変わり種を使った具だくさんのキムパをプレミアムキムパというそうですが、この「Lee's キムパ」そんな言葉やチェーン店ができる前から営業してる、プレミアムキムパ界(?)の嚆矢ともいえる店なんだと。
朝の9時から営業していて、開店と同時に1階の調理と販売スペースも、2階にあるというイートインスペース(僕は行っていない)も人で埋まってゆきます。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08490992.jpg
扱っているキムパは軽く20種類以上あって、リスティングもありますが、商品がラップにくるまれて多数ショーウィンドウに並べてあるので、そこから見ても選べます。
僕が行った時の男性スタッフは英語がそこそこ可能で、日本語も交えながら、親切に対応してくれました。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08493420.jpg
見てお分かりのようにここのキムパはご飯の量が少なめ、1本でご飯茶碗大体3/4杯分くらいなんだそうです。
それに対して具材はぎっしり。
この時間はなかったですが、繁忙期などは(よく売れる時間)2種類を組み合わせたハーフ&ハーフなんかも人気とか。
キムパのお供であるキムチ、たくあん、味噌汁はセルフサービス。
テイクアウト用の容器があるので、自分でつめます。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08500704.jpg
僕の注文は店スタッフの一押し、甘辛ナッツ入りキムパ(メコマン キョングァリュ キムパ) 、4300ウォンというものを。
スライスアーモンドとカタクチイワシの炒めもの(キャラメリゼっぽい)、唐辛子、卵焼き、たくあん、ゴボウ、キュウリが入ったキムパで、唐辛子の辛さ、カタクチイワシの香ばしさ、アーモンドの食感がなんとも新しいキムパです。
このキムパはもう出来上がったものが商品棚にあったのですが、僕はスタッフにお願いして、「巻きたてのをください」と・・・。
すると調理のオネーさん、僕のために新たに作り始めてくれます。
そんなこと言う人は他にいないのかな、いずれにしても親切な店員に感謝。

たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08510568.jpg
それをホテルに持ち帰り、きりっとした冷気のバルコニーで、江南の大通りの喧騒をかすかに聞きながら、ぱくりと。
旨いっす。
ちょっと辛いのも◎。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08512348.jpg
この韓国風海苔巻き、おふくろさんが運動会の時になど作ってくれた海苔巻きと似てるけどディテールは違う、ここでも韓国~~っ!を感じて、ホテルの朝食バフェを食べるより良かったかなと・・・。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08514405.jpg
このホテルで朝食を食べなかったのは、まず無料じゃないこと(当たり前ですが、それに料金も高い、一人44000ウォンもするんです)、ランチにミシュランの★付きレストランを予約していること、韓国らしいものを少しづつ食べたかった・・・などの理由によるものです。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_08520712.jpg
you tubeにこの店の映像がありましたので、ご興味ある方はどうぞ。



最後に「アンダーズソウル江南」と上記2店の地図を。
たった26時間のソウル (6)深夜のソルロンタン、朝のキムパ_b0405262_15352121.png
拡大すれば分かります?
本当にホテルからすぐそこの店々なんです、便利です。


by shackinbaby2 | 2019-12-18 12:00 | 海外 | Comments(12)
ホテル朝食としてのエッグベネディクトはもうすっかりポピュラーになりましたが、僕が定宿にしている「ヒルトン東京」のエグゼクティブラウンジででも出されていることをつい最近まで知らず、ちょっと恥ずかしい思いをしました。
お教えいただいて有難うございました<たきさんさん。
で、最近の「ヒルトン東京」滞在時、朝食をいつもの「マーブルラウンジ」ではなく、ラウンジで取りましたので、その時このエッグステーションも試してきてみました。
今朝のエッグベネディクト@ラウンジ_b0405262_11460691.jpg
顔はお互い見えませんが、この窓(?)の前に立つと「おはようございます」と挨拶してくれ、作業体制に入るシェフ。
カウンターにはオムレツの具材が書いてあるのみで、どんな卵料理ができるかは書いてありません。
シェフに聞いてみると「オムレツや目玉焼きなど・・・できます」と。
そこで僕が「エッグベネディクトなんてのもできたりします?」と(下出に)聞いてみると、考える風でもなく「はい、できます」と即答。
時間はかかりましたが、朝陽と生絞りオレンジジュースをお供に、エッグベネディクトが運ばれてきました(シェフが持ってきてくれた)。
今朝のエッグベネディクト@ラウンジ_b0405262_11453090.jpg
卵の下に敷いてあるのはイングリッシュマフィンではなく、焼きたてのトースト。
卵などは前もって用意してある半熟卵を使っているのでしょうが、それでも全体にシェフが手をかけている手作り感(悪い意味じゃありません)のあるエッグベネディクトでした。
味はコンラッド(セリーズ)のとまではいきませんが、お台場(シースケイプ)のよりは上です。
今朝のエッグベネディクト@ラウンジ_b0405262_11455045.jpg
他のゲストもいたのでシェフには聞けませんでしたが、あとで顔見知りのラウンジスタッフにエッグベネディクトのことを聞いてみました。
するとこれはラウンジのエッグステーションのレギュラーメニューではなく、いわゆる裏メニュー、常連さん向け、連泊者向けの知る人ぞ知るメニューなんだそうです。
何で公のものにしないのか?との質問には、それは「シェフというかキッチン側の考え」なので、ラウンジスタッフは上にゲストの意見としてあげることはできるがそれ以上は・・・と。
そして最後に言いにくそうに「やはり手間がかかるというのが一番の問題なのかもしれませんね」とぽつり・・・。
ということで「ヒルトン東京」のエグゼクティブラウンジでは混んでなければエッグベネディクトは確かに頼めるようです。

by shackinbaby2 | 2019-12-18 00:00 | ホテル・グルメ | Comments(16)
急いでいるとき、ちゃっちゃとランチを済ませたいときには立ち食いの蕎麦屋やうどん屋は本当に便利です。
それで美味しければ余計に,もう一ついえばお値段もリーズナブルなら、文句はありません。
東京各所にそんな店はいくつもあるでしょうが、僕が最近よく行く新橋でいえば「おにやんま」なんかがそんな店です。
ここによくいらしていただけるnagiさんは「出汁の味が少し落ちたのでは?」とおっしゃっておられますが、僕はまだまだ立ち食いの店とは思えないレベルのうどん屋だと思っています。
nagiさんの分析では「イリコの値段が上がっているからかも」とのこと。
ま、この入口の券売機のボタンを押して30秒で出てくるここのうどん、時間のない時でもそこそこの味を食べたい人にはほんとお勧めの店なんです。
コートを着てきてしまって暑過ぎたぁと後悔するようなある冬晴れの日のチョイスは「冷大盛とり天おろし醤油」(570円)。
普通盛ならたったの470円です。
オトーさんのランチ ~ うどん@街中_b0405262_11125996.jpg
艶やかでもっちりしたコシのある麺、揚げたて感のあるとり天、こんな天気なら寒い冬の日でも、まさに口福のつるつるです。
自分の好きな量だけ(僕は減塩しています)醤油をかけられるのも酢橘も〇。
オトーさんのランチ ~ うどん@街中_b0405262_11131897.jpg
卓上の揚げ玉、おろし生姜、唐辛子で味変させて行き、大盛りだってあっという間。
絶妙な下味の付いたとり天のボリュームもあって、お腹の満足感もなかなかなものです。
オトーさんのランチ ~ うどん@街中_b0405262_11134256.jpg
     https://udondb.supleks.jp/s/72116.html

なおうどんを取り上げたのはこれで3回目、公園内の店で食べた「@公園」

     https://shackinba3.exblog.jp/29466224/ 

空港内の店で食べた「@空港」

     https://shackinba3.exblog.jp/29348778/ 

に続くものです。
by shackinbaby2 | 2019-12-17 12:00 | グルメ | Comments(2)
前回の(4)で僕はこう書きました。

さぁ、もう時間です、どこかに食べに行かなくちゃ。
早速1階の話好きなスタッフのところに情報収集に行きます。
アンダーズ・ブランドなのでスタッフは全員アンダーズホストという位置づけ、マルチタスクで、レセプショニストでもありコンシェルジュでもあるという・・・。
なのでまだ若い彼らにはレストランについての専門的な知識はないはず、そこで「評判の良い店はどこ?」的な聞き方で相談に乗ってもらいます。

本当にこの日の夕食はどこで食べるか事前に決めていませでした。
僕が目のあった一人のスタッフに相談し始めると、周囲にいたスタッフも話に加わって、いろいろ提案してくれたりします。
グルメ的な知識は浅そうですが、情報は豊富そう、それにとにかく彼らは誰もがフレンドリーで話好き。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23162180.jpg
「何を食べたいですか?」
「う~~ん、肉系かなぁ」
「焼肉(Korean BBQ)?」
「無難だよね、どこかお勧めってあります?」
彼女たち、韓国語でいろいろ情報を交換している様子。
「『MAPLE TREE HOUSE』というレストランが一番良いと思います、お勧めです。
ここから遠くありませんし」
全員がうなづき
「あそこは美味しいですよ」
と重ねてくれます。
タブレットで店のウェブも見せてくれます。

     http://www.mapletreehouse.co.kr/kor/html/main.asp
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23164242.jpg
店のHPには韓国語と英語の両方のバージョンがあって、つまりそういう店らしいのです。
英語もわかる人が店にいて,ホテルが外国人に薦めやすい店ということのよう。
(試しに日本人には昔から有名な「三元ガーデン」などここから近いのでお薦めに入るかと思いましたが、彼女たち誰一人としてその店のことを知りませんでした。
時代・世代が違うのか、それともあの店は日本人用なのか?)
するとレセプションデスクに座ってチェックイン中だった若い韓国人カップルも、僕らの会話を聞いていたらしく、片言の日本語で
「トテモオイシイデス。サイコー」
とにこやかに口添えしてくれます。
韓国語では「タンプンナムチッ」という店名、僕も手持ちのタブレットでググってみると評判はまずまずのよう、ホテルからタクシーで10個分くらいということで、すぐに予約を入れてもらいました。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23171300.jpg
するとラストオーダーの時間が迫っているので(午後9時?)急ぐようにと店側から言われ、午後8時40分、タクシーに乗りました。
タクシーはすべてスタッフが呼んでくれ、行き先も運転手にちゃんと伝え、タクシーに乗り込むまでアテンドしてくれます。
凄くスムーズ&いい感じ。
で、着きました、これは高級店の予感です。
ホテルのスタッフは「そうは高くはないですよ」と言ってましたが。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23485811.jpg
地下に入って行きます。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23512028.jpg
店に入ると目を引くのがこの圧倒的な焼酎の瓶のディスプレイ。
お洒落なデザインですねぇ。
他に数店あるこの店はどこもこういうデザインになっているとのことです。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23514436.jpg
英語のできる男性スタッフが対応。
予約を確認し、ほぼ満席の店内を何とかかたずけ、たいして待たないのに「お待たせして申し訳ございません」と超低姿勢でテーブル席に案内してくれ、英語でも書かれたメニューを簡単に説明してくれながら見せてくれ、その他とにかくかいがいしくお世話してくれます。
大半を占める女性陣の英語はほぼ全滅ですが、肉を焼くときには英語の話せるベテラン女性がつきっきりで・・・。
基本的にどの人も親切丁寧な接遇の店でした。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23520632.jpg
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23522509.jpg
いろいろなタイプの席がありますが、どの席には無煙ロースターと天井からの加熱装置がついています。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23530573.jpg
店内はにおいがこもることもなく、油っぽいこともありません。
その辺はさすが高級店です。
脂っぽいテーブルとにおいがこもりすぎている店なんてのも意外に魅力的ではありますが・・・。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23532995.jpg
メニューを見ると、この店では最上級の済州(チェジュ)黒豚や韓牛(ハヌ)など韓国在来種のブランド豚・牛をメインにしているようです。
済州の黒豚は韓国在来種の1種だそうで、済州島地域だけに生息していると。
成長が早く、肉の量が多い外来種に比べ、黒豚は成長の速度が遅く、脂身の少ない肉は味がとてもいいのが特徴なんだそうです。
韓牛はやや黄色がかった茶色の牛で、済州島の黒豚と同じく、韓国在来の品種。
筋肉の間に入った脂肪の具合(霜降りの度合い)や色みなどで5段階のランクに分けられ、「1++」が最も高いランクとされています。
こちらではその最高級1++のロースを専門家が徹底管理、温度調整をしながら肉の状態に合わせ、1~3週間熟成させたものを出していると。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23524619.jpg
ところで僕は一人、韓国の焼き肉屋では肉のオーダーは2人前からというのが普通というか常識なんだそうです。
それがこの店は「外国人だから」ということなのでしょうか、1人前づつでも用意してくれるというのが、ホテル・スタッフがこの店を推薦してくれた理由の一つでもあったよう(後で聞きました)。
英語の通じる男性スタッフにおそるおそるポークとビーフを1人前づつでいいかと頼むと快くOKと、これは嬉しかったですね。
どちらかを2人前頼まなければいけないかと内心ちょっとびくびくしていたので。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23535495.jpg
他の多くの店と同じようにたくさんのおかず(バンチャン)が並べられます。
どれもいかにも韓国という味付けで旨い・・・。
写真右下の(ニンニクの茎?)緑が歯ごたえもよく、思わずお替りしちゃいました。
もちろんこれらはお替り自由なうえに、肉の料金に含まれています。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23495395.jpg
まずは韓牛、ストリップロインの150グラムです(39900ウォン)。
おぉ、良いマーブルが入っていますね、美味しそう。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23551101.jpg
こちらは黒豚、これも150グラムです(18900ウォン)。
これまた良い肉の色と油!
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23553230.jpg
専門の焼き手がこうして上下の火で焼いて、切り分けることろまでお世話してくれます。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23555034.jpg
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23561529.jpg
「サービス」と変なアクセントの日本語で持ってきてくれたのはケランチム(韓国風茶碗蒸し)。
熱々でふわふわの玉子は薄味、でも器は大きく丼みたいです。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23562953.jpg
出ました、挟みでチョキチョキ。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23565181.jpg
おぉ、焼きあがりました。
それを塩(別皿で運ばれてきます)で食べたり、韓国風にキムチや大蒜と一緒にサンチュやえごまの葉にくるんで、パクっと・・・。
旨いです、これは美味しい肉。
肉質よりタレの味を楽しむような中級の焼き肉屋とは全く違います、ここ。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23570608.jpg
野菜も地味ながら美味しい、黒豚も油は甘くまずまずの味、済州産というブランド豚の良さまではわかりませんでしたが。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_20341522.jpg
こういう韓国風な食べ方も◎、口は相当大蒜臭くなりますが。
あ、それに野菜も一緒にたくさん食べられますしね。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23574761.jpg
肉の値段におかず一式も含まれているので、しかも総額表示なので、肉の値段のみの会計。
最初から最後まで気持ちよく食べられ、過ごすことができました。
あぁ、お腹いっぱい。
この後は「夜の部」開始です。
焼き肉屋で肉の焼けるのを待つ間、ネットをチェック。
そこで気になったのが、同じ江南にある「ONCE IN A BLUE MOON」という洒落た名前のジャズクラブです。
(店名はたぶん月が青く見えるブルームーン現象を由来とする「めったにない」という意味の英語の慣用句からとっているんでしょう) 

     http://www.onceinabluemoon.co.kr/main/
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23593619.jpg
しかもその日は通常のジャズ・ライブではなくファンクバンドの入ったファンク・ナイトとのこと。
これは良い、ファンクなら僕の大好きなR&B直近の音楽。
焼き肉屋のお世話になった男性スタッフにこの店の名前と住所を韓国語で書いてもらい、またもタクシーで。
着いたクラブは吹き抜け天井の3フロア構成。
ドリンクや料理とともに目の前でライブを楽しむなら1階テーブル席、音楽演奏も楽しみながらゆっくり会話するなら鑑賞モニターもある2階テーブル・ソファ席が・・・といろいろに使える店のようです。
スタッフは英語も全くOKで、客層も含めて全体にハイブローな感じ。
後でホテルのスタッフに聞くと、ここは映画やTVドラマの撮影に頻雑に使われる有名な場所とのことでした。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_23595663.jpg
僕が運よく、真正面一番前のテーブルをアサインされ。かぶりつきで彼らのビートに酔うことができました。
バンドは

     http://www.onceinabluemoon.co.kr/schedule/schedule_pop.php?todate=2019-12-04&idx=4529

という韓国のバンドで
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_21384548.jpg
ギタリストがリーダーのよう。
ホーンが入っていないのでファンクバンドというには弱いですが、なかなかのノリでしたよ。
ただヴォーカルがちょっと弱いかなぁ。
ドラマーのロング・ソロにはファンが多くて大盛り上がりでした。
たった26時間のソウル (5)「MAPLE TREE HOUSE」(タンプンナムチッ)で焼肉、クラブでファンク・ナイト_b0405262_00001928.jpg
1階では(2階と違って)コース料理を頼んでいる人は少なく、たいていはドリンクとスナック1~2品という感じ。
ミュージックチャージは取られず、ドリンク代のみ。
1ドリンク20000ウォンちょっとからという値段設定で、高いものもたくさんありました。
店を出たのは午後11時半ころ、まだ何か物足りない、もう少し遊ぼうと、路上でタブレットをいじり、「江南、クラブ、大人、シック」などで検索、トップに出てきた清潭洞にある「CLUB ANSWER」というクラブにもトライしてみます。
タクシーの運転手には名前一発で分かるほど有名なところのよう。
でも着いてみるとその名前のクラブはなく「CLUB AVENUE 535」という名前の店があるのみでした。
全然別の店なのか、名前が変わっただけなのか聞きたかったのですが、黒服は英語はできないといいます。
しかもエントランスの写真を撮ろうとすると、写真も撮るなと・・・。
ここまで来たので入場はしましたが(確か1ドリンク付きで30000ウォンくらい)、大箱過ぎ、客も多くなく、盛り上がりもいまいち、しかもサウンドポリシーが僕には許容範囲外だったので、ここは早々に退散しました。
クラブという名前のディスコ?
なので数年前のもののようですが「CLUB ANSWER」時代のyou tube映像でその雰囲気をお判りください。



時間は日付を回りましたが、どうしてもまだ何となく満足感がありません。
特にお腹が・・・。
焼き肉屋でご飯ものや麺を頼まなかったからでしょうか。
これでソウルの夜が終わりじゃちょっと。
とりあえずまたタクシーでホテルまで帰り、深夜1時、ホテルから歩いて50メートルくらいのところにある24時間営業の韓国風の店(タクシーの中から見て知っていました)にも行ってみました。
ここからは次回の(6)で。

by shackinbaby2 | 2019-12-16 12:00 | 海外 | Comments(13)
僕がソウルで泊まった狎鴎亭の「アンダーズソウル江南」のBALCONY SUITE WITH 1 KING BEDという部屋をチェックています。
今度はウェットエリアを。
スイートのそれとしてはやや狭い感じがしますが、落ち着いた色合いでまとめられたスタイリッシュな空間になっています。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23055471.jpg
シャワーブースは広め、腰を掛けるところも付いてますし、ボディスポンジなども置いてあります。
レインシャワーは大きくたっぷりした湯(水)量、カランなどがすべて黒いというのもお洒落ですね。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23090624.jpg
タオルなどもまだすべて真新しくて、質の良いもの。
トイレタリーは前回の(3)でも書きましたが、フランスの調香師「CHRISTOPHE LAUDAMIEL」が「アンダーズソウル江南」のために作った「LA BOTTEGA」製。
「LA BOTTEGA」社は高級ホテルのトイレタリーの供給元大手です。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23100717.jpg
シンクは2つ、照明は充分、ストーン仕上げのシンクは跳ねもひどくなく、左右対称のきれいなシンクです。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23061078.jpg
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23062591.jpg
ガラスのコップもPOPな柄。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23072945.jpg
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23074959.jpg
バスタオルやフェイスタオルはこんな風に置かれ、一番下は乱れ籠(脱衣ボックス)。
中央の箱には、歯ブラシなどのアメニティー一式が・・・。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23080436.jpg

それも東京のアンダーズのように、箱にぴっちり収まるように各アメニティー入りの小箱が詰まっています。
このブログで最近取り上げたホテルでiえば「旧軽井沢桔梗キュリオ・コレクション・オブ・ヒルトン」なんかもこのスタイルで置かれていましたね。
歯ブラシ、ヘアブラシ、コットンパッド、綿棒、シャワーキャップ・・・。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23083132.jpg
フリースタンディング・スタイルの置き型バスタブ、ここでも黒いカランがお洒落です。
湯(水)量は太くなく、バスタブを満タンにするにはやや時間がかかります。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23084935.jpg
改めて奥のシャワーブースのほうから入口方向を見たところ。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23103496.jpg
今度は夜で、しかも厳寒の地、かなり寒そうですが、この部屋の特徴であるバルコニーに出てみましょうか。
バルコニーへはベッドルームのほうからのみ出られます。
防寒、防音は問題なし。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23105339.jpg
バlコニーの広さは20㎡あり、床は板張りです。
景色的に目を見張るという景色は見えませんが(「パークハイアットソウル」などからのシティビューとは雲泥の差)、江南のlivelyな雰囲気は味わうことができます。
ちょうど部屋正面には教会の十字架も見えています。
17階建ての高層階のほうからは漢江のリバービュールームもあるはずです。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23110876.jpg
バルコニーは思ったより広く感じ、これは少人数での(夏の)パーティーなどにはうってつけかもです。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23112244.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23113727.jpg
ベランダから窓ガラス越しに部屋の中を見たところ。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23115670.jpg
冬なのでこのベランダを有効活用できたとは言えませんでしたが、それもカーテンを閉めないでおくと、部屋がとても広く感じ、リラックス度はアップ。
暖房で暖まりすぎた体のクールダウンにもちょうどよかったし、この部屋の選択も悪くなかったと自負しています。
値段もこれで5万円くらいですし。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23122650.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23124654.jpg
部屋を一回りチェックした後、時間は午後8時前、今度は地下2階にある「SUMMER HOUSE」というスパ&フィットネスに行ってみます。
そこをちゃんと利用するのは翌朝として、まずは見学だけ。
なぜかというと、その後夕食に出なくちゃなので、時間があまりないのです。
これがプール、何と映画館スタイルというべき作りで、正面が巨大な(7メートルあります)LEDスクリーン(デジタルサイネージ)になっているのです。
全体に暗めの照明、黒く映る水面に映像が反映して、周囲に広がるカバナでまったりしていても、キラキラ感も半端なく、ここはガシガシ泳ぐプールではないような・・・。
いえいえ、そんなこともありません、僕は翌朝この16メートル・プールで韓国人と泳ぎまくりましたから。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23275755.jpg
The Summer House features rejuvenating wellness facilities including a 52-foot (16-meter) pool surrounded by a whirlpool and cold and warm baths, cabana-style niches and a 23-foot-wide (seven meter) LED screen showing immersive scenes of Seoul. Guests can also relax in the infrared sauna, herbal bath, cool, warm and hot baths, marble-clad wet and dry saunas and ice fountains. The spa offers cutting-edge treatments using products from premium K-beauty brand AmorePacific as well as Ling New York by facialist Ling Chan, a favorite of A-list models and celebrities. The 24-hour Fitness Center is outfitted with the latest Life Fitness and Pilates equipment for energizing workouts, while the Juice Bar serves fresh pressed drinks.

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23284721.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23292715.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23300006.jpg

タオルやミネラルウォーターの置き方はさすがハイアット系ですね。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23302432.jpg

いろいろなタイプのカバナ。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23304251.jpg

もう一人利用は想定してないような・・・。
ま、そんなことはありませんけどね。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23305717.jpg
ジャクージも数か所に。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23312682.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23315308.jpg
プールは夜の10時でクローズだそう。
僕がお邪魔した時には利用客はほんの数人でした。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23291340.jpg
サウナも併設されていました。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23322057.jpg
ウェルネス施設(スパ&フィットネス)「SUMMER HOUSE」のレセプションとそれに続くジュースバー。
レセプショニストはこの施設の使い方の他、スパ・トリートメントには「アモーレパシフィック」を使うのよなどと、トリートメントやマッサージの・メニューについてもいろいろ説明してくれます。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23325083.jpg
ジムは24時間アクセス可能です。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23331230.jpg
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23394583.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23400342.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23402739.jpg
スパ施設利用は基本有料で、例えばプールに入るのにこの更衣室などを使うと有料となるそうです。
なので部屋から「水着にバスローブ」でくれば、プールの利用はもちろん無料です。
僕の場合はレセプショニストに聞くと無料だと、理由は?ですが、もしかするとスイートに泊まっていたからかもしれません。
ちなみにハイアットの最上級メンバー(グローバリスト)なら施設利用料はかかりません。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23405290.jpg
シューボックス、更衣室、ロッカー、洗面所、シャワー室、大きくはないながらの温浴槽、冷浴槽、サウナ、スティームサウナと、どこも本当にきれいに整えられていて、実際には翌日利用しましたが、利用者も少なく、気持ちよく利用できました。
ただ有料だとなると(いくらなのか聞きそびれました)どうかな、ケチな僕は部屋からバスローブでプールに来ちゃうかもしれません(笑)。
たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23411767.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23413645.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23415900.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23423587.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23425569.jpg

たった26時間のソウル (4)「アンダーズソウル江南」の客室の続き、プール、フィットネス_b0405262_23431519.jpg
さぁ、もう時間です、どこかに食べに行かなくちゃ。
早速1階の話好きなスタッフのところに情報収集に行きます。
アンダーズ・ブランドなのでスタッフは全員アンダーズホストという位置づけ、マルチタスクで、レセプショニストでもありコンシェルジュでもあるという・・・。
なので彼らにはレストランについての専門的な知識はないはず、そこで「評判の良い店はどこ?」的に聞き方で話に乗ってもらいます。


by shackinbaby2 | 2019-12-15 12:00 | 海外 | Comments(4)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2