人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧

「ヒルトン東京お台場」の最新宿泊記録です。
今回はラッキーにもpremium executiveにまでアップグレードされました。
b0405262_1291161.jpg
雨は降らなかったので、湿度は髙かったですが、アウトドアのテラスは開放されていました。
b0405262_1293127.jpg
でも外に出るゲストは少なく、たまにいてもそのテーブルの周囲にはスズメ(?)の大群が虎視眈々と食べ物を・・・。
餌付けするような人もいて、これはこれから困ったことになりそうです。
b0405262_1294514.jpg
その日のカクテルタイム(午後5時半~7時半)のF&Bを大体写してきたつもりです。
抜けていたらごめんなさい。
b0405262_1295892.jpg
b0405262_12101341.jpg
b0405262_12102746.jpg
b0405262_1210399.jpg
メインはこの2つのホットプレートかなぁ。
白身魚のビール揚げ、ポテトとかぼちゃのグラタン。
b0405262_12105686.jpg
全体にお金かかってないですよね。
アルコール類。
b0405262_12111254.jpg
b0405262_12112892.jpg
b0405262_12114175.jpg
僕が頂いたもの。
b0405262_121222.jpg
野外ジャクージを楽しんだ後は、部屋からの夜景を・・・。
この頃にはもうだいぶ晴れてきていました。
b0405262_12121870.jpg
b0405262_12123262.jpg
b0405262_12124457.jpg
屋形船が沢山出ていました。
b0405262_12125948.jpg
前回は「シースケイプ」のバフェをレポートしたので、今回は「エグゼクティブラウンジ」の方の朝食を見てみました。
b0405262_12131415.jpg
この日は早朝チェックアウトだったので、朝6時半のラウンジ・オープンそうそうに入室し、チェックアウト作業と領収書の作成などしてもらいながら、簡単に朝食を。
b0405262_12132931.jpg
ラウンジの朝食は平日は午前10時まで、週末は10時半までです。
b0405262_12134369.jpg
出されているものは、以前とほぼ同じだと思います。
ホテルメイドという感じのものは少なくて、ほとんどが既製品の大袋から・・・みたいに感じます。
b0405262_12135888.jpg
b0405262_12152587.jpg
b0405262_12154670.jpg
b0405262_1216491.jpg
b0405262_1216196.jpg
b0405262_12163474.jpg
b0405262_1216527.jpg
b0405262_1217591.jpg
b0405262_12172154.jpg
いつも同じような写真になってしまいますが、最新の報告ということでお許しください。
人心が一新された「ヒルトン東京お台場」ですが、前回とは違って今回は以前の僕がちゃんと反映されていたようで一安心、僕の方も新体制に慣れてきていて、やはりここはmy favorite Tokyo hotelということを再確認しました。

by shackinbaby2 | 2019-07-31 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(12)
shackinbabyが読んだこの期のホテル系ニュース集です。
ご興味あるニュースがあれば、リンクからお読みください。
今週はニュース的には夏枯れで、注目すべき記事は少なかったです。
記事は日付降順で並べてあります。

★「ヨドバシ梅田タワー」の新商業施設名は「リンクスウメダ」に 今秋開業予定 /大阪
b0405262_19532178.jpg
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000053-minkei-l27 

★隈研吾氏が監修。北海道大樹町に馬と暮らすホテル〈BARN HOUSE〉がオープン
b0405262_19474517.jpg
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-12778804-colocal-hok 

★日本ビューホテル、「浅草ビューホテル アネックス 六区」2020年春開業
b0405262_19481316.jpg
     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000037-impress-life 

★大分・別府に8月1日開業!「ANA インターコンチネンタル 別府リゾート&スパ」



     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190729-00197320-tkwalk-life 

★フランスの老舗ブランド、京都に続々と出店するその理由とは?

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190728-00000041-dal-life 

★リゾートホテルの怪談――豪華ホテルの裏の世界

     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190727-00010467-besttimes-life1 

★プリンスホテル、ヘリ直行便提供…東京から箱根・下田、渋滞横目にラクラク移動

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00000001-rps-bus_all 

★いつかは訪れたい!5つ星『カーライルホテル』ほか映画の中で絵になるホテルたち

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000012-cine-movi 

★ハワイ老舗高級ホテルが沖縄で進めることは?





     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190724-00000015-ryu-oki

★シャンパンおかわり自由「高級ホテルのクラブラウンジ」はおトク度抜群

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00010001-moneyplus-bus_all 
by shackinbaby2 | 2019-07-30 00:00 | ホテル | Comments(2)
前回の「ヒルトン東京お台場」の宿泊で、ホテル全体にスタッフの入れ替わりが多く、アップグレードも以前のようではなかったので、僕の宿泊履歴やプリファランスがちゃんと受け継がれているのか、はたまたホテルのポリシーが変わったのかなど確認したくて再度泊まってきてみました。
b0405262_11364424.jpg
長引く梅雨、雨はこの日降りませんでしたが、雲の厚い時間が長かったです。
僕の予約はヒルトンのタイムセールからでking hilton guest roomが1室1泊12600円++、総額15577円というもの。
b0405262_1137068.jpg
チェックインは3階の「エグゼクティブラウンジ」で。
相変わらずチェックインはスロー、でも前回ラウンジで見知ったレセプショニストが対応してくれ、前回の「全然知らない人ばかり」感はかなり薄らいだものになりました。
b0405262_11372537.jpg
チェックイン時、部屋はking premium executiveというスイート以外では最上位の部屋にアップグレードされました。

     https://www.hiltonodaiba.jp/rooms/premium_executive 

レインボーブリッジ側の上層階に位置し、東京の大パノラマや、朝日、夕日を眼前の望む自慢の客室。
明るい色合いのフロアリングの床は、ナチュラルな雰囲気で特に女性に人気。
客室からレインボーブリッジや東京タワーがご覧いただけるほか、バスルームからもお部屋越しに東京湾を眺めることができます。
バスタイムの後はバスローブに身を包み、コーヒーや紅茶を楽しみながら海を行きかう船の光をお楽しみいただくなど、上質な時間をお過ごしください。
専用ラウンジでは、ご朝食やカクテルを無料でお楽しみいただけます。

b0405262_11374272.jpg
えっ、嬉しいけどそこまでアップグレードしてくれる?!
最近の巷の噂ではゴールドで1ランク、ダイアモンドで2ランクのアップグレードがデフォールト(例外有り)とのことだったので、こんなこともあるんだぁ・・・。
b0405262_1138068.jpg
理由は過去の僕の宿泊履歴もあるのでしょうが(これまでの記録がものを言っている?)、思な理由は空室状況なんでしょう。
14階のレインボーブリッジがほぼ正面に見える部屋にアサインされました。
感謝です<「ヒルトン東京お台場」。

b0405262_11381817.jpg
全体に明るいウッディな印象の40㎡、バルコニーがあるのでもう少し広く感じます。
入ってすぐ、ウェットエリア入口に緑が置いてあるのも、このカテゴリーならでしょう。
b0405262_11383474.jpg
タオル地のバスローブはここに。
トイレタリーはやや大きめのボトル、そして基礎化粧品・・・。
b0405262_11385389.jpg
b0405262_11392037.jpg
バスルームとベッドルームの間のガラス窓は下位の部屋のより大きく取られています。
b0405262_11393949.jpg
レインシャワーも付いています。
b0405262_12055217.jpg
クローゼットはほぼ同じかな。
b0405262_114045.jpg
ミニバーのデザインは下位の部屋とは違っていて、こんな風。
b0405262_11402775.jpg
ネスプレッソ完備。
b0405262_11404699.jpg
b0405262_11442617.jpg
壁の色は印象的なマリンブルーです。
b0405262_11411694.jpg
いまとなっては古めかしいデザインですが、まずまずきれいには使われています。
b0405262_11413519.jpg
ベッドサイドのコントローラーでカーテンの開閉、エアコン、照明の調節ができます。
b0405262_11415022.jpg
ウェルカム・スイーツ。
b0405262_114291.jpg
ここのベッドは僕とは相性が良く、割と好きです。
今回はベッドメイクもまずまず。
b0405262_11451524.jpg
ミネラルウォーターは計4本置いてありました。
b0405262_11453786.jpg
椅子はそのデザイン・色などに賛否ありますが、ず~っとこれを使ってますね。
でも今回、リクライニングチェアの黄色がずいぶん鮮やかだったので、新品と入れ替えている??
それともクリーニングした??
b0405262_11455368.jpg
b0405262_11461094.jpg
やはりこの景色とバルコニーは鉄板ですね。
b0405262_11462592.jpg
b0405262_11464087.jpg
3面鏡があります。
b0405262_11465850.jpg
「BOSE」のスピーカー。
b0405262_11472158.jpg
引出しにはロングパジャマも入っています。
文尾にはなりますが、最近のヒルトンの話題を一つ。
それはヒルトンに新しく出来た3つのブランド、MOTTO BY HILTON(https://www.hilton.com/en/motto/)、LXR HOTELS AND RESORTS、SIGNIA HILTON(https://www.hilton.com/en/signia-hilton/)のことです。
ヒルトンのポートフォリオもだんだんすごいことになってきています。
まだ詳しく僕が説明できるほど情報がないので、そのうち詳しく。

by shackinbaby2 | 2019-07-29 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(10)
「ハイアットプレイス東京ベイ」のレポートの最終階は、ここの朝食に付いてです。
b0405262_12405796.jpg
ホテル1階にある24時間営業の「ギャラリーキッチン」で朝6時半から10時半まで(ラストオーダーはその30分前)で、和洋バフェの朝食は提供されます。
b0405262_12411530.jpg
ハイアットのロイヤリティプログラム「ワールド・オブ・ハイアット」のメンバーがハイアットから予約すれば、この朝食は無料。
有料で食べるとすると1人2200円++だそうです。
b0405262_12414343.jpg
ウェブには

ギャラリーキッチンは幅広い層にご利用いただけるレストランです。
ブッフェスタイルの朝食から、イタリアンをベースにしたアラカルトのランチやディナーまで、終日シェフが腕を振るいます。
シェフとの会話をお楽しみいただけるオープンダイニングスペースも魅力の一つ。
また、お食事会としてご利用いただけるプライベートルームはビジネスやパーティに最適です。各種ご相談も承ります 。

適用客室料金にてご宿泊いただくワールド オブ ハイアット会員のお客様には、朝食を無料でご提供しております。
会員でない方は、ご予約の際にご入会いただくと、初回のご滞在から朝食を無料でお楽しみいただけます。

とありました。
b0405262_12415937.jpg
広いレストランの奥にはオープンキッチン。
その周囲にさまざまな朝食アイテムが並んでいて、ここで希望の卵料理を作ってもらえます。
b0405262_12421556.jpg
この時は雑誌の撮影中、この若いシェフはいろいろなポーズを要求され大変そうでした。
雑誌の撮影ってあんなにたくさんの写真を撮って、その中から選びに選ぶんですね。
b0405262_1242305.jpg
出来るのはオムレツ、目玉焼きなど標準的ないくつかで、最近流行のエッグベネディクトなどは無理のようでした。
b0405262_12424542.jpg
出されている料理を大体写してきたつもりです。
朝食には出番ないようですが、ピザ窯も見えています。
b0405262_1243548.jpg
b0405262_12432373.jpg
b0405262_12435392.jpg
この辺りから和食アイテムとなります。
b0405262_12441575.jpg
b0405262_12443118.jpg
b0405262_12444813.jpg
器は最近の流行を、他の新しいハイアットなどに準じています。
b0405262_22151393.jpg
今度はオープンキッチン周りではなく、アイランド型のバフェテーブル周辺を見てみます。
パンプディング、どういう訳か2鍋出ていましたが、そんなに必要?
割と美味しかったですが。
b0405262_12452759.jpg
パン各種。
美味しいとの触れ込みでしたが、僕にはあまり実感できませんでした。
b0405262_12454688.jpg

b0405262_12463025.jpg
b0405262_12465328.jpg
コムハニーもありました。
b0405262_12471757.jpg
冷蔵庫の中には生フルーツとドリンク類。
b0405262_1246108.jpg
b0405262_1247364.jpg
ゆったりめに並べられているのは良いですね。
b0405262_1248571.jpg
野菜とドレッシング類。
b0405262_22275826.jpg
コールドカッツにコルニションやオリーブなど・・・。
b0405262_12484222.jpg
シリアル類。
b0405262_1249410.jpg
b0405262_12492193.jpg
フルーツ類。
b0405262_12493699.jpg
あっ、テーブルが少し低くなった部分発見。
どうやらこれはお子さん向けのキッズ・コーナーのようです。
b0405262_1249569.jpg
これは良いアイデア、お子さんたちは自分で好きなものを選び取れるので、喜ばれるでしょう、このコーナー。
お子様受けするアイテムが並んでいます。
b0405262_13555478.jpg
b0405262_13561326.jpg
b0405262_13562871.jpg
蛸さんウィンナーとかスマイルポテト。
b0405262_13564497.jpg
b0405262_135723.jpg
b0405262_1357174.jpg
最後に恥ずかしながら僕が食べたものを・・・。
b0405262_13573883.jpg
b0405262_13575162.jpg
オムレツはきれいに出来ていましたね。
b0405262_135852.jpg
b0405262_13582293.jpg
和食も少しずつ食べてみました。
b0405262_13583950.jpg
b0405262_13585486.jpg
かなりお腹が一杯になったところで、食後のコーヒーはテラスに席を移動、朝の空気を満喫しながら食事の締めとしました。
b0405262_13591377.jpg
b0405262_1359308.jpg
なかなか良い内容のバフェでこれが無料でいただけるのは嬉しく、この無料朝食はホテルの人気コンテンツになることは間違いないかと思います。
午後2時のレイト・チェックアウトもノン・ステイタスの僕には嬉しく、文句もずいぶん書きましたけど、気に入ってしまったホテルの一つになってしまいました。
ただし繁忙期の高値期間は嫌ですけど。

by shackinbaby2 | 2019-07-28 00:00 | ホテル・ハイアット系 | Comments(6)
最近の手土産で一番流行っているものの一つに(あくまで僕の周囲ですが)浜松の「冶一郎」のバウムクーヘンとプリンがあります。
TVなどでもガンガン取り上げられているので、いただいても差し上げても知名度があり、喜び喜ばれます。

     

バウムクーヘンは異様なまでに(?)しっとり、従来の喉の水分が奪われるようなバウムクーヘンとは別のお菓子のようです。
b0405262_20271197.jpg
何でも卵黄と卵白を別立てして極限までキメを細かくすると同時に、薄くレアな24層もの生地を職人が火加減を調整しながら焼くんだとか・・・。
そのしっとり感は日本人好みでしょうが、僕にはちょっと。

     http://www.jiichiro.com/articles/001/ 

プリンは昨今のやわらかふるふるタイプとは逆、卵黄だけを使い生クリームもたっぷり混ぜて、クリーミーなのにしっかりした質感に。
b0405262_20272429.jpg
かなりビターな別添えのカラメルもあって、大人のプリンの出来上がりです。
by shackinbaby2 | 2019-07-27 00:00 | グルメ | Comments(2)
「ハイアットプレイス東京ベイ」の「テラスルーム・キング」という部屋を見ています。

     https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-place-tokyo-bay/nrtzt/rooms 
b0405262_13135724.jpg
高級リネンで整えられたキングのシーリーベッドとスタイリッシュなインテリアが特徴です。
この29㎡の客室には、ベッドとしてもご利用いただける大きめのコージーコーナーソファーと独立したワークスペースが備わった居心地の良い空間があります。
テラスで特別なひと時をお過ごしください。
アメニティ
     シーリーベッド
     部屋毎に調整可能な空調システム
     50インチ薄型4K HDTV
     小型冷蔵庫
     セーフティボックス
     アイロンとアイロン台
     ヘアドライヤー
     ナチュラルスキン・ヘアケアアメニティ
     コーヒーメーカー
b0405262_13141187.jpg
TVは前回の部屋と同じですが、周囲に備品が増えて、拡大鏡、大きな鏡(こんなに鏡があってどうするの?この他にも床から天井までの姿見もあるんですよ)、タブレット(時計・温度調整・照明コントロール・カーテンの開閉がこれで出来ます)、引出しの中にはパジャマが入っています。
カーテン・ブラインドが電動になっているのは嬉しいですね。
b0405262_10194304.jpg
b0405262_13293968.jpg
ミニバーそのものは前回の部屋と同じですが、置かれている位置がテラスのガラス窓の前なんです。
これがここではなく、壁際に置かれている部屋もあるようです。
僕はそっちの方が良かったかな、テラスへの開放感が違うと思うし・・・。
b0405262_133015.jpg
b0405262_13301970.jpg
b0405262_13303292.jpg
大きく違うのは冷蔵庫の中。
前回の部屋は冷蔵庫は空でしたが、ここではソフトドリンクが8本も入っていて、しかも無料。
この情報は事前には知りませんでした。
アルコールを飲まない僕には嬉しい8本でした。
b0405262_13304747.jpg
ベッド脇の窓からは「浦安総合公園」越しにオーシャンビュー。
天気がもう少し良ければ、です。
いくら雨が降らないといっても、季節は梅雨ですからね。
この窓は開きません。
b0405262_13312070.jpg
b0405262_13313686.jpg
ではテラスに出てみましょうか。
テラスに出るには少し段差があります。
(段差は本当は無い方が良い、嬉しいという意味です)
b0405262_13322568.jpg
テラスは室内同様とにかく新しく、どこもまだきれいです。
大きく重い(動かしにくい)緑が3本、これはどういう意図なんでしょうか。
外から見えにくいようにの目隠し?

b0405262_13324474.jpg
これがもう少し左右とか端の方に寄せてあれば、テラスが広く使えたのに。
何か無駄なテラスの使い方の気がしましたが、ホテル側も考えてのこと(何か理由がある?)かもしれません。
b0405262_1348930.jpg
一番景色の良いはずのテラスのコーナ―の部分には(ここは714号室というオーシャンビューの7階の部屋)・・・
b0405262_1348218.jpg
何と何と無粋な「救助袋」と書かれた大きな金属製の箱がどか~~んと・・・。
たぶん避難梯子とか入っているんでしょう。
テラス感、リゾート感が台無しのような気がします。
本当にこのテラス、もう少しどうにかならないでしょうか。
b0405262_13483689.jpg
「東京ベイ東急ホテル」や「ディズニーセレブレーションホテル」、そして東京湾。
b0405262_1349287.jpg
見上げると8階の部屋(テラス)の一部が見えていますが、僕の部屋とは作りが全然違います。
テントなども見えます。
たぶん大きなスイートルームなんでしょう。
b0405262_13492293.jpg
実は僕の部屋の隣も同じテラスルームというカテゴリーのようなのですが、僕の部屋と違って「コの字」型の内側向きなので、見える景色はだいぶ違うようです。
オーシャンビューはかなり限定的に?
このホテル、同じカテゴリーでも、景色はだいぶ違いそうなので、景色にこだわる方は要注意です。
廊下の途中に自動販売機、製氷機、ランドリーは各階にあります。
ドリンク類の値段はホテル内とすればほどほどでしょう。
b0405262_13493539.jpg
「ルーフトップバー」は午後6時から深夜0時までのオープン。
b0405262_13495734.jpg
前回は雨でここはクローズでしたが、今回は雲は多いものの、雨は降らず、やっと体験して来ることが出来ました。
b0405262_13504760.jpg
風がある程度あったので、湿気もあまり感じず、気持ち良い時間を過ごせました。
ただ10階の高さともなると風というのも少し問題になるかと・・・。
b0405262_1351114.jpg
僕のような飛行機ファンには羽田に着陸する飛行機も頻回に見え(高度もだいぶ低くなっている)、これも楽しかったですね。
b0405262_13511694.jpg
この方向では遠くに幕張地区が見えています。
b0405262_13513118.jpg
b0405262_13514963.jpg
まだ夜が充分暮れてきていないので、この時は見学だけ。
夜の時間ももう一度来ることにしました。
b0405262_1352788.jpg
再びテラスルームのテラス。
やはりこのコーナーの「救助袋」は邪魔ですよね、ここじゃないと駄目だったんでしょうか。
b0405262_13522071.jpg
ここでも充分気持ち良かったのでネスプレッソでコーヒーを淹れ、某パティスリーで買ってきたケーキで、my own twilight timeを過ごしました。
虫はいませんでした
b0405262_13523292.jpg
b0405262_13524646.jpg

b0405262_14064889.jpg
b0405262_13532779.jpg
b0405262_13534381.jpg
夕闇が迫ってきた頃の部屋からの景色。
b0405262_14080238.jpg
b0405262_1354167.jpg
b0405262_13543812.jpg
夜の8時過ぎ、もう一度「ルーフトップバー」に行ってみました。
オープンすぐの時間は結構人がいましたが、この時間帯は数組の利用のみ。
b0405262_1355297.jpg
僕はこのくらいの暮れ具合の方が好きだなぁ。
b0405262_13551589.jpg
b0405262_13553017.jpg
b0405262_13555326.jpg
b0405262_13561059.jpg
珍しく雲の合間からお月様も見える日でした。
b0405262_13562415.jpg
ドリンク類はものすごく高級(高価)なものもリストにありましたが、もちろんソフトドリンクなどは普通の値段です。

by shackinbaby2 | 2019-07-26 00:00 | ホテル・ハイアット系 | Comments(10)
浦安にこの7月、新オープンした「ハイアットプレイス東京ベイ」のレポートの後編。
前編の(1)~(3)はオープン早々「スペシャリティルーム」に泊まった時の記録です。

★ハイアット プレイス 東京ベイ (1)

     https://shackinba3.exblog.jp/29515215/ 

★ハイアット プレイス 東京ベイ (2)

     https://shackinba3.exblog.jp/29521973/ 

★ハイアット プレイス 東京ベイ (3)

     https://shackinba3.exblog.jp/29521974/ 

部屋の様子の他、パブリック部分にも触れていますので、ご興味のある方は上記をご参照ください。
今回の(4)~(6)は別の日の宿泊、この日はテラスルームというカテゴリーの部屋をハイアットのウェブから予約しました。
1室1泊が27880円++、総額で33121円というレート。
もう少し高い値段のpre-opening offer、3000円のF&Bクレジットと1000ポイントのボーナスというのにも惹かれましたが、やはり安い方が良いだろうと、もうハイアットのポイントは要らないわけだし。
ところが今回のハイアット直の予約でJuly 2019 Hotel Opening Bonusで500ポイント、Hyatt Place First Stay Bonusで3000ポイントものボーナスが付いてしまったのは予想外。
それならどこかのハイアットに1泊出来きるところまでポイントを貯めて止めようかとか、つまらないことを考える羽目にも陥っています(苦笑)。
以下後編として、前回のシリーズで書ききれなかったこと、部屋によるデザインや備品の違い、前回は食べられなかった(無料の)朝食などをメインに書いていくつもりです。
まずは前シリースで書き忘れたこと。
ホテルが「ディズニーランド」と「ディズニーシー」に走らせている無料シャトルバスの写真を載せておきます。
ホテルの外壁と同じ色を使ってますね。
b0405262_22353725.jpg
ブラック・カラーがハイアットだなぁ?と思わせるこの車はどんな時に使うんでしょう。
b0405262_22355630.jpg
駐車場、かなりな台数が止められます。
b0405262_22361956.jpg
ホテル宿泊者も無料じゃないんですね。
b0405262_00495174.jpg
シャトルバスの時刻表はウェブに載っていないので、これをご参照ください。
b0405262_2236419.jpg
車で行き、駐車場から行くと、ホテルのエントランスはこう見えてきます。
b0405262_2236599.jpg
b0405262_22371999.jpg
b0405262_22374585.jpg
前にも書きましたが、ドアマンもベルも大抵の時間常駐しています。
b0405262_2238107.jpg
ロビーデザイン。
前回とダブりますが、再度掲載しますね。
b0405262_2238366.jpg
b0405262_2239215.jpg
左がレセプション・カウンター。
白いグランドピアノは緑(フェイクじゃなくて本物です)の後ろにちょっと見えています。
b0405262_22392167.jpg
パーソナルデスクとしても使えるコミュニティテーブル。
b0405262_22393532.jpg
b0405262_22395244.jpg
全然ゴージャスじゃないけど、適度にお洒落でトレンドを入れたレセプションカウンターのデザイン。
b0405262_2240690.jpg
b0405262_22402679.jpg
レセプションカウンター右方の「ギャラリーマーケット」。
このデリで買い物をしている人を、この2回の滞在中1人たりとも見かけませんでした。
b0405262_22404197.jpg
アサインされた部屋は7階の部屋、今回もご丁寧にもアシマネさんのアテンドがありました。
このホテルはアテンド付きがデフォールト?
見ていると違うような気もするんですが。
たまたま?
それから僕はハイアットではもうノン・ステイタスな人間なのですが、「レイト・チェックアウトはいかがなさいますか?」と聞かれたのにはびっくりでした。
上級メンバーならいざ知らず、どうしたんでしょう。
空いていたからですかね、僕から聞いたのではなく向こうから聞かれたなんて・・・。
それで午後2時というのが、チェックアウトタイムとなりました。
b0405262_22411243.jpg
このホテルの部屋構成は(1)でも書きましたが、もう一度書いておくとキング・ツイン(26㎡)34室、プレイスキング・ツイン(28㎡)174室、オーシャンビューキング・ツイン(28㎡)23室、スペシャリティツイン(28㎡)20室、ファミリールーム(37㎡)98室、テラスルームキング(29㎡)10室、テラスルームツイン(38㎡)とあり、あとは57~161㎡のスイート3室となっています。
b0405262_1313014.jpg
前回泊まったスペシャリティルーム(28㎡)とはわずか1㎡しか違わないのに、ドア前からベッドまでに余裕があるせいか、そして2面が窓のせいか、結構広く感じます。
b0405262_13131094.jpg
おぉ、べッドヘッドも、壁面デザインも、照明も(前回の部屋とは)違いますね。
より大人な雰囲気になっています。
b0405262_13132128.jpg
メイクベッドは前回も書きましたが◎、リネン類も標準の品質で、寝心地はOKです。
ベッドは「シーリー」社製だそう。
↓のベッドとソファの間が広いというか、冗長というか・・・。
b0405262_13133277.jpg
大きめのコージーコーナーソファ(このホテルではそう呼ぶそうです)はベッドにも十分なります。
ソファは同じ、でもクッションは部屋全体のカラースキームに合わせてか、色を違えています。
b0405262_13134265.jpg
楕円形のテーブルも付き、前の部屋よりソファがより便利に使えます。
オープンタイプのクローゼットは同じ作り。
b0405262_13153527.jpg
前回も書いたようにフリースとタオル地のバスローブはまだ真新しく、羽織心地良好です。
b0405262_13154513.jpg
ウェットエリアは壁紙がブラウン系に変わった他は、ほぼ同じです。
b0405262_131602.jpg
相変わらずトイレの便座の感度、良すぎです(開きすぎ、はっきり言ってうざい)。
b0405262_1316353.jpg
トイレタリーも同じ。
b0405262_13165011.jpg
b0405262_1317664.jpg
あ、もしかするとバスルーム内の壁装材もブラウン入ってる?
色違い?僕の眼の錯覚?
b0405262_13173396.jpg

b0405262_13175177.jpg
この続きは(5)で・・・。

by shackinbaby2 | 2019-07-25 00:00 | ホテル・ハイアット系 | Comments(9)
長くなってしまってすみません、「ホテル雅叙園東京」レポートの最終回です。
ここの通常のチェックアウト時間は正午ですが、僕らは「一休」のメンバーシップのおかげで午後1時までのレイト・チェックアウトが可能。
本当はその後のラウンジ利用は駄目なようですが、僕らは次の用事までの1時間弱、スタッフのご厚意でラウンジにいさせてもらいました(感謝)。
ラウンジでは午後1時以降はアフタヌーンティー用のセッティングに変わります。
僕らは前日のチェックインが午後5時頃とアフタヌーンティーからイブニングカクテルに変わった頃だったので、これは好都合と写真を撮ってきました。
ただ抹茶(立礼)は午後2時からなので、残念ながら体験できませんでした。
外は雨は上がったようですが、雲は厚く、どんよりしています。
b0405262_2395382.jpg
テーブルの上にはかなりな種類と量のスイーツが並んでいます。
b0405262_2310940.jpg
好きなカップで・・・。
b0405262_2310307.jpg
フルーツの盛り合わせ。
b0405262_23104329.jpg
蕨餅もありました。
b0405262_23105758.jpg
b0405262_23111683.jpg
和菓子も各種、これはカクテルタイムにも出てましたね。
b0405262_23113622.jpg
b0405262_23115350.jpg
ホテルの天井絵のチョコレートは、ウェルカムギフトのチョコレート・ボックスの中と同じでした。
b0405262_23121333.jpg
b0405262_23122891.jpg
チーズケーキ。
b0405262_23124597.jpg
サンドイッチも各種。
b0405262_2313098.jpg
これからお泊り予定の方には参考になりましたでしょうか。
このラウンジで出されているフードはどれも一定水準以上で、僕がいつも使っている国内ホテルのラウンジなどとは一線を画したものです。
ホテル全体としても感じは良く、ウィークデイなら5万円くらいで出ていることが多いので、お得感あると思いました。

by shackinbaby2 | 2019-07-24 12:00 | ホテル・東京 | Comments(2)
最近 ファストフード感覚(注文後数分で出て来る)のリゾット専門店が複数出来てきています。
b0405262_17013914.jpg
考えてみれば、米にオリーブオイルを馴染ませてから野菜の出汁やブイヨンを入れて煮立ててアルデンテに・・・。
そんな下準備をあらかじめしておいて、客の注文に応じて食材を入れて、チーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ)などで味を調えて更に一煮立ち、これでもう料理として出せるので、これはファストフードに適している料理と言えるかもしれません。
この日は「きのことポルチーニ茸のリゾット」というものを。
もちろんイタリア料理店のリゾットなどに比べれば・・・でしょうが、有名店の支店だけあって出汁も良く、米も芯が残ってちゃんとアルデンテで、クイック・ランチの新勢力の一つかと思いました。

by shackinbaby2 | 2019-07-24 00:00 | グルメ | Comments(2)

JALの新ユニフォーム

来年年4月から、FAやパイロット、整備士などJALグループの航空運送事業に関わる全部門の制服が新しくなるそうです。
そういえば「みんなのJAL2020新制服プロジェクト」なんかでアンケートとってましたね。
新制服の基本コンセプトは、2013年からの現行制服の優れた点を生かしながら必要な品質・機能も兼ね備えたものということだそうで、デザインはデザイナーの江角泰俊氏が担当。
「ハイブリットモダンビューティー」をテーマに、異なる素材を組み合わせたハイブリッドというデザイン手法を用いて、「洗練されたハイブリットビューティ」「ハイブリッドが生み出す、現代的な美しさ」を表現したものと・・・。
(う~~ん、僕にはいま一つよく分からない、笑)
b0405262_1512741.png

b0405262_1514681.png

女性用ワンピースにはバルーンスリーブを採用、業務に最適化したボリュームになっていて、大判化されたスカーフも取り入れ、パンツスタイルも選べるようになったそうです。
江角氏は「JALの鶴の持つ優雅さがデザインの核になった」と・・・。
デザイナーは新しくなってもJALグループの伝統デザインは踏襲している感じですね。

     https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000279.000030684.html

赤組の僕は以前ほど飛んでいませんが、たまにはエアラインのニュースもということで。
by shackinbaby2 | 2019-07-23 12:00 | エアライン | Comments(12)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2