人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

一時は僕の定宿にしていたお台場の「ヒルトン東京お台場」。
新しい仕事の関係で、最近はその宿泊回数はかなり減ってきています。
もうこのブログでも過去何回もこのホテル・ステイについては触れているので、今回の宿泊レポートは簡単に・・・。
滞在したのは秋も深まったある週末、六本木の「ビルボード・ライブ」というライブハウスに某アーティストのライブを見に行くことが急遽決まり、それに合わせての都内宿泊でした。
f0036857_20143430.jpg
(「ビルボード・ライブ」のある東京ミッドタウンの「ガーデンテラス」では天井から色とりどりの紙が落ちてくるというアート・イヴェントをやっていました。そして下ではその落ちてくる紙を掃除する人が忙しく立ち働く・・・。何だか僕にはよく理解できないイヴェント)
f0036857_20145659.jpg
チケットが取れたのがライブの数日前、ライブ後は仲間も集まるだろうし、たぶん夜も遅くなる・・・。
あわててホテルの予約サイトを見てみたのですが、週末ということもあってどこも本当に高値表示。
ライブハウスと同じ建物にある「ザ・リッツカールトン東京」に泊まれればロケーション的にも最高だったのですが、とにかくここは値段がすごくて、比較的安い某予約チャンネルでも素泊まりで最低68137円++、クラブレベルだと96000円++と、どうにも無理筋な値段でした。
僕が良く使うヒルトン系のホテルですら汐留・新宿どちらも結構高く、いつもは安めの「ヒルトン東京お台場」だってflexible rateで27000円++、honors discountで25650円もします。
でもポイントでの特典宿泊が60000ポイントでまだ可能だったので、思わずというかしかたなしにポチっと・・・。
六本木からホテルのある台場までは地下鉄・大江戸線と「ゆりかもめ」で、六本木発が確か午後11時半くらいで終電、所要時間は約30分という距離 。
ヒルトンのアカウント上では、宿泊前日にtwin hilton guest roomがtwin executiveに変わり、アップグレードも確約のチェックインとなりました。
f0036857_20154245.jpg

(レセプションカウンターからもレインボーブリッジの雄姿が一望の下です)
f0036857_20351673.jpg


     https://www.hiltonodaiba.jp/

で、ここでヒルトンのポイントについて触れておきますが、 第3四半期のプロモーション「Moments made bigger」(9月10日から来年1月3日)は、ポイントがダブルかトリプルになるもの。

     https://www.hiltonhonors.com/en_US/HHCM/20180828_1599/landing

トリプルになるのはウォルドルフアストリアかコンラッド・ブランド、あとリゾートホテルで、そのリスティングは

     https://hiltonhonors3.hilton.com/rs/resorts-and-luxury/

に詳しいです。
更にもしVISAの上級カードをお持ちなら「LIVE IT UP, DOUBLE UP」というプロモもあり

     https://www.hiltonhonors.com/en_US/HHCM/visadouble/landing

From 1 October to 31 December 2018, earn double Hilton Honors Double Points for stays at selected hotels and resorts within the Hilton Portfolio in Asia Pacific when you book direct and pay with a Visa Infinite, Visa Signature, Visa Rewards (cardholders in Australia only), or Visa Platinum card (cardholders in Australia, China and Japan only).

ポイントがダブルとなり、上記プロモと併用可能です。
さて、チェックインですが、これは初めから3階のエグゼクティブラウンジでお願いし、作業終了終了までは(ここは割と時間かかります)コーヒーと 午後2時半から始まっているアフタヌーンティーのスイーツで過ごします。
f0036857_20164783.jpg
今回ホテル到着は午後2時過ぎとややアーリーなチェックインでしたが、アップグレードされたtwin executive の部屋はもう用意出来ているそう。
f0036857_20464780.jpg
午後2時までのレイト・チェックアウト、エグゼクティブラウンジの利用、「シースケイプ」でのバフェ朝食、「庵スパ」のプール無料、free wifi・・・など、特典も満載のホテルです。

     https://www.hiltonodaiba.jp/facilities/executive_lounge

f0036857_2052221.jpg

f0036857_2131727.jpg
ラウンジのスイーツ。
f0036857_2018711.jpg

f0036857_20184760.jpg
快適な快晴の午後、待誰もいないラウンジのテラスで、東京ベイの風に吹かれながらのチェックイン&ティータイム。
f0036857_2019822.jpg
f0036857_20192965.jpg
以前より簡単になったことは否めませんが、数種類置いてあるスイーツ類はこの時間、僕の心を癒してくれます。
でも食べ過ぎないようにしなくちゃ、です。
というのはこの後ホテル2階にある「グリロジー・バー&グリル」にアフタヌーンティーしに行こうと思ってるからです。

     https://www.hiltonodaiba.jp/restaurants/grillogy

その内容はウェブによると

【一日20組限定!】トマホークのミニチュア版をバーガーにした可愛いセイボリー付き!グリロジーアフタヌーンティーセット

8種類のスィーツと焼きたてスコーン、また人気のグリロジー特製骨付きミニホークバーガーなどセイボリーアイテムも充実していて大満足のセットです

     https://www.hiltonodaiba.jp/plans/restaurants/4563

とのこと、マロンは大好きだし、バーガーも入っている、僕の好みの内容だったので、つい・・・。
ところがこれがあまり美味しくなかったんですよ(泣)。
f0036857_21125230.jpg
予約はいっぱいだそうで(マダムのグループばかり)、僕はバーカウンターの方で・・・。

f0036857_21132012.jpg
ここの紅茶はティーバッグなんですね、ラウンジと同じロンネフェルド製。
違うものにしなければ、何度でも差し替えてくれます。
f0036857_21141569.jpg
来ました、来ました。
f0036857_21144454.jpg
f0036857_2115756.jpg
f0036857_21153321.jpg
f0036857_21155282.jpg
f0036857_2116119.jpg
f0036857_21164488.jpg

出て来たのは、ウェブのメニューによると

     手作りの焼きたてスコーン
     苺のドライフルーツとチョコレートチップ入り苺ジャムとダブルクリーム
     洋梨のコンポートと赤ワインのジェリー
     マンゴーミルフィーユ
     和栗の甘露煮モンブラン
     マロンケーキ
     栗とダークチェリーのエクレア
     柿とフロマージュブランのケーキ
     ラズベリーケーキ
     フレシュフルーツタルトレット

と、バーガーなどのセイボリーですが、どれも特徴のない味で、タイトルから受ける「秋感」を全然感じさせてくれません。
ひどいのは焼きたてスコーンなるもので、いつ焼いたんだか?という出来で、味は素人の「手作り」。
アフタヌーンティーの核となるスコーンがこれじゃ、いくらHPCJ割引後で3124円と他ホテルと比べて安価でも、次は絶対にありません。
最後はテラスに出て、紅茶をゆっくり・・・。

f0036857_2117483.jpg
f0036857_21173882.jpg
今度はアサインされた部屋を紹介しておきましょう。
このホテルは全453室、16階建てで(客室は15階まで)僕の部屋は10階のtwin executive。

     https://www.hiltonodaiba.jp/rooms/executive
f0036857_22122487.jpg
このホテルの部屋カテゴリーはスイート以外ではhilton(パークサイド、レインボーブリッジは見えない)、 deluxe(レインボーブリッジが見える)、 superior deluxe(レインボーブリッキが窓正面に見える)、 premium deluxe(高層階)、 executive(エグゼクティブラウンジの利用可)、 premium executive(高層階)と別れているようです。
f0036857_22123930.jpg
広さは40㎡でdeluxe、superior deluxeと同じ、違うのはこのネスプレッソとブルートゥース対応のBOSEのスピーカーでしょうか。
冷蔵庫にワインがあるのも違うかな、たぶん。
f0036857_22125039.jpg
クローゼットはヒルトン標準。
f0036857_22131243.jpg
カーテンは電動。
ベッドは僕には〇、リネン類は標準的なもの。
f0036857_22132469.jpg
過去ベッドメイクに難のあることもありましたが、今回は文句なし。
f0036857_22133720.jpg
ミネラルウォーターは標準4本、ここは夕方のターンダウンサービスがありますから、補充は充分してくれます。
f0036857_22134937.jpg

f0036857_2214354.jpg
デスクの上には宿泊者のみのレストラン割引のお知らせがあり、35%OFFとか3500円引きなどの字が躍っていました。
f0036857_22142042.jpg

f0036857_22172623.jpg
このホテルの一大特徴がこのバルコニーの存在。
もちろん窓を開けて、バルコニーに出られます。
f0036857_22143544.jpg
ウェルカムアメニティーはチョコレート掛けのオレンジピールと蜜柑2個。
ちょっとしょぼいけど、無いよりは嬉しいですよね。
f0036857_22144978.jpg
バルコニーからの景色はいつ見ても最高。
f0036857_2215288.jpg

f0036857_22151678.jpg
改めて窓際の方からドア方向を・・・。
f0036857_22153350.jpg
この窓により、バスルームからTVや外の景色が見られます。
f0036857_22154774.jpg

f0036857_2216123.jpg
もちろん窓を閉めることも出来ますよ。
f0036857_2216238.jpg
クラブツリー&イブリンのトイレタリーの瓶は大きめのものが・・・。
シェービンジェルと基礎化粧品も置いてあります。
f0036857_22163710.jpg

f0036857_22165454.jpg
バスローブはここにあり、他にロングパジャマも用意されています。
f0036857_22171151.jpg
部屋からのビューの移り変わりを。
まずは午後5時頃、灯点し頃といった時間のレインボーブリッジ・ビューです。
f0036857_11332434.jpg
午後5時半からのカクテルタイムはテラス席も含めてほぼ満員。
f0036857_11333838.jpg
僕はアフタヌーンティーもいただいているので、この時間はドリンクだけで、食べ物はパス。
出されているフード類はますますシンプルになってきていて(安っぽくなってきている)、期待すると損をします(言い過ぎ?)。
揚げ物、野菜スティック、小鉢数種、チーズ、乾きもの・・・。
午後6時前にはこの夜景に。
f0036857_11335278.jpg
この後、僕は六本木のライブに出かけ、ライブ後は音楽仲間と合流、ホテルに帰ったのは「ゆりかもめ」の終電近くでした。
それでも早起きの習慣のある僕、朝6時前には起床、その時の窓からの景色です。
f0036857_113471.jpg
今度は午前6時半頃。
前日より雲が多い日になりそうです。
このホテルではまだ新聞の配達もありますよ。
f0036857_11342232.jpg
朝食はエグゼクティブラウンジででも、「シースケイプ」ででも、朝6時半から食べられます。
(平日は午前10時半まで、土日祝は午前11時まで)
朝急いでいる時にはチェックアウトしながらのラウンジですが、この日は僕は休みの日、レイト・チェックアウトもお願いしてありゆっくりできるので、今回は「シースケイプ」のバフェの方を選んでみました。
f0036857_11344471.jpg
レストラン前には無料のコーヒー・紅茶の用意、新聞も英字紙を含め数種類置いてあります。
ここのバフェは1人2800円++という表示も・・・。
それが2人分無料になるんですから、メンバー様々です。

f0036857_1135913.jpg
出されているのは和洋中の料理、一番奥にコックが常駐していて、希望の卵料理などを作ってくれます。
f0036857_1135289.jpg
こんなふうなディスプレイ。
f0036857_11354382.jpg

f0036857_1136028.jpg
出されているのはホテル謹製というものばかりではないようで、例えばこのポテトサラダ、業務用の大袋から皿ににゅるっと(?)出しているところを僕は見ちゃいました。
f0036857_1136151.jpg

f0036857_11363473.jpg
個人的にはこの自分で湯がくフォーが好みでした。
パクチー好きには、パクチー入れ放題だし、ただフォーのスープは中華スープという名称で出ているので、これは迷っている人が多かったです。
f0036857_11365619.jpg
この辺はすべて業務用の食材なのかなぁ。
f0036857_11371743.jpg
パン各種、僕はフォカッチャを食べましたが、悪くなかったです。
コムハニーはディスプレイ・オンリー、こういうのは紛らわしい・・・。
f0036857_11373191.jpg

f0036857_11374652.jpg
エッグステーションで作ってもらったエッグベネディクト。
これもその場で火を入れるのはベーコンだけで、あとの具材は半熟卵を含めて、すべて調理済みで、ただそれを重ねあわせるだけ。
オランデーズソースも業務用の大袋からフライパンに出し、水を加えて、加熱して作っていました。
所要時間約1分。
f0036857_1138417.jpg
前述のフォー。
パクチー入れ過ぎ?(笑)
f0036857_11382370.jpg
トースターで温めたフォカッチャにサラダやチーズ、ポテトサラダを挟んで・・・。
f0036857_11384028.jpg
いつもより時間をたっぷりかけて朝食を取り、今度はラウンジの方に。
f0036857_11385729.jpg

f0036857_1139974.jpg
ここではドリンクとフルーツだけ(メロンはラウンジのみ?)持って、テラス席でくつろぎます。
f0036857_1139228.jpg
食事の後は5階にある「庵スパ」のプールで更にリラックスといきます。

     https://www.hiltonodaiba.jp/facilities/spa

ここは朝10時から夜11時までのオープン(最終受付は午後10時)。
アクアゾーン(屋内温水プル・屋内屋外のジェットバス、サウナ)、フィットネスセンター、トリートメントルーム、リラクゼーションラウンジなどから構成されています。
僕の好みはプールで少し泳いだ後(ここのプールは本格的な泳ぎには適していません)、屋外のジェットバスにゆっくりつかること。

f0036857_20154336.jpg
レインボーブリッジと東京ベイを見ながらの屋外ジャクージは気持ち良いことこの上なしです。
f0036857_20155884.jpg
宿泊者でも3000円かかるここが、メンバーシップのおかげで無料となるので、満足度も更に上がります。
そんなこんなでアフタヌーンティーが期待外れというマイナス点もありましたが、ポイントによる無料宿泊でここまでリラックスさせてくれた「ヒルトン東京お台場」と「ヒルトン・オナーズ」には感謝するしかありません。
今後もリーズナブルなレートがGET出来れば、泊まり続けますよ。

by shackinbaby2 | 2018-11-20 00:01 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(8)

お礼

昨夜のニュースで、東京でもイチョウの黄葉が観測され、関東の気象官署では今シーズン一番早い黄葉との報道がありました。
皆様がお住まいの地域ではいかがでしょうか?
いずれにしても季節的には秋といっても相当に深い方、冬の入り口ももうすぐといったところです。
b0405262_18395652.jpg
b0405262_1840256.jpg
b0405262_18405464.jpg
(写真は一昨日の神宮外苑のいちょう並木)
5日前に始めたこの「備忘録」ブログ、おかげさまで主だった告知もしていなかったのに、初日から本当にたくさんの方にご覧いただけているようで、感謝に堪えません。
昨日までは「旧軽井沢桔梗キュリオ・コレクション・オブ・ヒルトン」を5回にわたってレポートしました。
今日からはまた違うホテル、とりあえず連日一つはホテルや旅館のレポートを上げて行こうかと思っています。
「借金君」ブログのアーカイブ版が出来るまでのつなぎという位置付けではありますが、しばらくはいろいろなホテルへの個人的な感想集にお付き合いください。

なおご存知とは思いますが、本日午後2時からヒルトンホテルの72時間限定50%OFFフラッシュセールが始まりますよ<ヒルトン・ユーザー。

     https://hiltonhotels.jp/sale?

by shackinbaby2 | 2018-11-20 00:00 | お知らせ | Comments(2)
チェックアウト日のランチはホテル1階にある、そしてホテル唯一のレストランである「SONORITE」(ソノリテ)で取りました。
ここはフレンチのレストラン、ランチもディナーもコース料理1択で、ランチは4500円++。
もちろんチェックアウト前ならHPCJ割引が効き20%OFF、チェックアウト後なら10%OFFとなります。
f0036857_21455613.jpg
その日のメニューはこんなもの。
ただ説明されないと、何が何だか??系のメニューですよね、これ。
f0036857_2146126.jpg
もちろん詳しい具体的な内容はウェイターが丁寧に説明してくれますが、それぞれの料理に使われている食材の数が多いので、とても覚えきれません。

     https://www.kyukaruizawa-kikyo.com/restaurant/

あるサイトにはこのレストランの説明に

供されるのは、プロローグからエピローグへと流れるように進んでいくコース仕立てのフランス料理です。
フランス語で「共鳴」を意味する店名の通り、匠なシェフの技により食材と食材が見事に共鳴しあった珠玉の一皿をお愉しみください


とありました。
f0036857_21463063.jpg
まずはこんないかにも和といった箱が運ばれ、その中にはプレリュードという名のアミューズが・・・。
f0036857_21465019.jpg
平たくいえば、法蓮草のキッシュと生ハムのフィナンシェでしたが、両方とも小さ過ぎて、味はよく分かりませんでした(ごめんなさい)。
前菜は「信濃国 古今東西」というもの。
f0036857_21471254.jpg
何でも信濃地方の食材、古くから食べられているものを新しい調理法でということで、この料理名が付いたようです(ちょっと記憶不確か)。
鶏肝に根セロリ、ベビーリーフなど、更にはブーダンノワールを板状にしたものがマッシュポテトの上に乗っています。
味はそれぞれに工夫されていると思いましたが、僕には何度も書いてすみませんが、スモール・ポーション過ぎる・・・。
パンは雑穀パン。
朝食と同じ、プロ用冷凍生地をホテルで焼き上げたものでしょう。
f0036857_21472458.jpg
オリーブ油で食べさせますが、焼きたてとあって美味しく食べられました。
次いで出されたのは信州サーモン。
北海道などのよりあっさりしたサーモンで、ここではそれを真空調理法で加熱し、上には小布施の丸茄子のソース、下には酸味のあるチーズのソースが敷かれています。
魚がそう得意ではない僕にも〇な料理でした。
f0036857_2147394.jpg
2種類から選べるメインは、僕は肉料理の白馬豚のローストの方を。
f0036857_21475765.jpg
脇についている緑はシシトウ。
味のアクセントはレモンや黒オリーブなどで、肉料理なのにさわやかというか、地中海の風が吹き抜けるような一皿(言い過ぎ?)でした。
相変わらずアーティスティックなプレゼンテーションで、もう3度も書いちゃってますが(失礼)、僕はもう少し大ぶりなポーションで食べたかった・・・。
奥さんの方は鰹といろいろな茸を味噌のソースでまとめたもの。
f0036857_21481267.jpg
奥さんの感想はいつも通り「美味しいよ」としか言ってくれません。
ソースの部分だけでも味見させてもらえば良かった・・・。
デザートは無花果をベースにヨーグルト・ムースのアイスクリーム、ラズベリーのソース、メレンゲなどが盛り付けられたタルト。
いかにもレストラン・デザートの華やかさがあります。
f0036857_21482584.jpg
最後にコーヒーか紅茶。
コーヒーは丸山珈琲の豆を使っているとのことでした。
f0036857_21483750.jpg
台風による豪雨も迫っているという予報なので、料理は早めに出してもらい(こういうリクエストは快く聞いてもらえました。サービススタッフも客が少なかったせいか、おおむね丁寧で親切でした)、食後スムーズにホテルの車でJR軽井沢駅まで送ってもらいました。
f0036857_21485187.jpg
総評としては、なかなか良いスモール・ラグジャリー・ホテルだったとは思いますが、週末とか休前日などの繁忙期には値段がかなり上がり、1泊7~8万にもなることも多いようです。
その値段だとちょっとですが、ウィークデイなどにお時間の取れる方はその半額以下の料金で、このホテルを楽しめるはずです。
ヒルトン・ユーザーならHPCJなどの割引を利用して、一度試してみる価値はあると思いましたね。
(ゴールド以上なら朝食無料ですし)
最後にもう一度、上級メンバー用特典について書かれている部分をアップしておきます。
f0036857_753212.jpg
f0036857_745228.jpg
更に追加するとすれば、宿泊後送られてきたサーベイにかなり丁寧に返信したのですが、その後定型の返信すらなし。
今まで同様のヒルトンのサーベイでは、お礼を含む返信は必ずあったのに・・・。
by shackinbaby2 | 2018-11-19 00:00 | ホテル・グルメ | Comments(2)
「旧軽井沢桔梗キュリオ・コレクション・オブ・ヒルトン」の柔らかい(柔らか過ぎる?)ベッドで熟睡した翌朝、1泊だけなので、この日の午後にはもうチェックアウトです。 
午後1時には「SONORITE」でランチの予定、なのでそれまでのレイト・チェックアウトもお願いしておきました。
ただこのホテル、規則には基本忠実なようで、上級メンバーならではの柔軟な対応はいろいろな面で苦手みたいでした。
f0036857_20211557.jpg
窓を開けて深呼吸、空気の清涼度が東京とは全然違う気がします。
(↑の写真のコートヤード右奥に見えているのがチャペルです)
取りあえず雨は夜のうちに上がったようで、ベランダもコートヤードも濡れていますが、バスタオルでベランダの椅子と机を拭き、緑一杯の中でネスプレッソで入れたコーヒーでリラックス。
夕方からは台風の影響が必至と聞いていたので、僕らはこの日もたぶん一日中雨だろうと予想していました。
ところが何と雨は上がっている、なので朝食前にホテル周囲を散歩することにしました。
f0036857_21315472.jpg
朝早いロビーはまだひっそり、リゾートホテルの朝は遅めのようです。
f0036857_20225634.jpg
新聞は日経が部屋まで運ばれていましたが(新聞の好みは事前に聞かれなかった)、ロビーにはその他の新聞も・・・。
で、僕らの散歩先は「雲場池」、ホテルから歩いて15~6分の距離にある池です。




マイナスイオン溢れる緑一色のほぼ1本道の先に、あ、ありました、「雲場池」。
f0036857_20235492.jpg
     https://www.slow-style.com/detail/472/index.html

御膳水からの清冽な水を源とする、六本辻近くにある静かな池。
「スワンレイク」とも呼ばれており、カラマツやモミジの木々に映え、とても落ち着いた雰囲気の場所です。
水面に映る木々、のどかにたたずむカルガモ、そして軽井沢の気候が織成す情緒豊かな景色。
1周20分ほどの、のんびり散策するのにもってこいの場所です。
天皇陛下も、軽井沢を訪れた際は必ず、この雲場池でのお散歩を1~2回は楽しまれるそうです。
周辺に点在する外人墓地や美術館等の施設とともに軽井沢の観光コースとなっています。


f0036857_20241420.jpg
まさにこれぞ水鏡というべきでしょうね。
朝まだ早いせいか周りには僕ら以外誰もいません。
静かです。
f0036857_20244050.jpg
もちろんあと2週間もすれば紅葉も始まるでしょうから、その頃など紅く色づいた木々が水面に映り込んで、まさに壮観でしょう。
f0036857_2026967.jpg
こうした散歩道が整備されているので、木々からの雨滴に注意しながら、ゆっくり一周してみます。
f0036857_20254999.jpg
これぞ軽井沢といった気分を満喫したあと、帰りはやや歩き疲れましたが、ホテルに着けば待望の朝食が・・・。
僕らはヒルトンのダイアモンド・メンバー、朝食が無料で提供されるんです。
ホテルの朝食は「SONORITE」で、朝の7時から10時まで。
朝食は前日午後9時までに予約することと書かれているサイトもありましたが、本当に必要なのはルームサービスでの朝食だけのようです。
f0036857_20395914.jpg
一応メニューにはコンチネンタルブレックファスト(2000円++)、ヘルシーブレックファスト(3000円++)、アメリカンブレックファスト(3500円++)とあるようですが、ほぼ全員自動的にバフェ(アメリカンブレックファスト?)が案内されていた感じです。
f0036857_20334817.jpg
大きな窓からはコートヤードの緑、天気さえ良ければ気持ち良さそうなテラス席が見えています。
席はどうやら事前にアサインされているようで、ダイアモンド・メンバーなどは窓際席に案内されているような気が(スタッフには未確認)・・・。
f0036857_2035336.jpg
卵料理はスクランブルエッグ、エッグココット、クロックマダムの3種類からテーブル・オーダー出来ます。
ウェイターの説明によると、ヴォリュームがそれぞれかなり違っていて、クロックマダムはかなりな量、一番分量の少ないのはスクランブルエッグと。
前日に食べ過ぎてる僕ら、ランチもこの「SONORITE」で食べる予約をしているので、量の少ない方が良いと、スクランブルエッグを卵1個でお願いしました。
メニューには何も書いてありませんでしたが、卵はトリュフ入りで、更にトリュフのソースも付くんだと、あ、それ良いんじゃない?
コーヒーは軽井沢の丸山珈琲の豆と。
丸山珈琲といえば、去年ブラジルで開催されたコーヒー生豆の国際品評会「カップ オブ エクセレンス」(COE)で見事1位を勝ち取った「ガブリエル・アルヴェス」を、COE史上最高価格で落札したニュースが、まだ記憶に新しいところです。
f0036857_2035319.jpg
奥の方に見えるのがバフェ・テーブル。
f0036857_2033960.jpg
新しいホテルなので、バフェの様子もしつこいくらいに写してきましたので、参考になれば嬉しいです。
f0036857_20405258.jpg
オレンジジュースは、ジューサーでの生絞りオレンジなのですが、ちょっと薄いかな?
「ヒルトン東京」のエグゼクティブラウンジや「コンラッド大阪」のスクイーザーによるオレンジジュースの方が美味しいかも。
自家製のアップルサイダーなんてのも出ていました。
このカウンターの中にいたのは、日本語の上手なネパールの人。
わずか2年でその流暢な日本語をモノにしたそうです。
ほんと、僕らも見習わなくちゃ・・・。
f0036857_20411158.jpg
ディスプレイにお洒落感は全くありませんが、ホテルの朝食バフェとしては比較的質の良いものが出ていたような気がします。
それとこのバフェには和食が一切ないこと、その潔いポリシーには、僕は大いに賛成です。
きっとホテルには文句も相当来ているでしょうが・・・。
ぐるぐる巻きになっているのは大根です。
f0036857_20413291.jpg
ドレッシングはかなりな種類があって楽しめました。
f0036857_20422144.jpg
f0036857_2044544.jpg
パンは「スタイルブレッド」のものとか・・・(伝聞)。
ということは冷凍のパンということですね。

     https://stylebread.com/

     https://online-stylebread.com/?_ga=2.181742116.2046594342.1538747962-126967697.1538747962

プロ用の冷凍パンだからでしょう、取りあえずは美味しく焼き上がっています。
f0036857_2043248.jpg
トースターは我が家も使っている「バルミューダ」製。
光の加減もあって目盛が見にくい・・・。
でも焼き上がりは本当に素晴らしいです、これ。
f0036857_20515038.jpg
ジャムは人気の「田七屋」の、バターはAOP発酵バターを・・・。
f0036857_20423955.jpg
「ストウブ」のホーロー鍋に中には
f0036857_20434490.jpg
オレキエッテのようなパスタもありました。
左は本日のスープ。
f0036857_20444292.jpg
温野菜系。
f0036857_2045788.jpg
厚切りのベーコンは人気ですが、補充は迅速です。
f0036857_2110440.jpg
ここには朝食では珍しくスイーツも置いてありました。
f0036857_20415666.jpg
カヌレ、ブランマンジェ、チーズケーキ・・・。
f0036857_20442589.jpg
前の日は食べ過ぎてるし、昔ほど大食漢でもない、僕はこんなもので(本当ですよ)。
f0036857_2111554.jpg
あ、頼んでいたスクランブルエッグが運ばれてきました。
おぉ、これはフレンチ・レストランならではのプレゼンテーション。
f0036857_21112986.jpg
トリュフソースをかけると、いつものスクランブルエッグがフレンチ~~~に・・・。
f0036857_21115293.jpg
バルミューダで焼いたパンをジャムとバターで。
f0036857_21121053.jpg
いや~、なかなか良いんじゃないですか、ここの朝食。
私的には日本のヒルトンでは「コンラッド大阪」の朝食バフェがベスト・ブレックファストですが、「コンラッド東京」と共にそれに次ぐくらいかもです。

by shackinbaby2 | 2018-11-18 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(6)
僕らが雨の週末、「旧軽井沢桔梗キュリオ・コレクション・オブ・ヒルトン」に泊まった時のことを書いていますが、今回は近所の旧軽井沢銀座でランチしたり買い物したりしたことから、午後の過ごし方などを・・・。
f0036857_1157040.jpg
もちろん傘はホテルのエントランス前で借りられます。
店が集中する旧軽井沢銀座の中心までは歩いて10分くらいかかりますが、ひどくはないものの雨の日はやはり歩きづらい、なので旧軽井沢銀座のホテル側というかホテルに近いところを中心に回ってみました。
まずはランチ。
こういう午後やや遅い時間は、いつもは大行列の店だってさすがに空いているでしょうということで、人気の「川上庵」へ・・・。

     http://www.kawakamian.com/shops/karuizawa.php

f0036857_11581281.jpg
見慣れた入店待ちの行列はなかったものの、雨の日の午後2時過ぎというのに、店内は満員。
席を待つ人が数人いますが、大きな店なので、すぐに順番は回ってきます。
f0036857_11592629.jpg
メニューは東京の支店と同じく、蕎麦と鴨、野菜料理がメイン。

     http://www.kawakamian.com/shops/karuizawa_menu.php

f0036857_1203243.jpg
天気さえ良ければ、テラス席が一番気持ち良さそうだったのですが、生憎の悪天候、それでも通された一番奥の大きな窓の前の席はベスト・シートの1つだったかもしれません。
f0036857_121246.jpg
前菜には秋野菜の温製サラダ。
f0036857_12113079.jpg
素揚げした野菜の種類の多さ、バルサミコ酢メインのドレッシングと〇なお味でしたが、奥さんが一言「私にも作れるかも、材料さえあれば・・・」と。
僕は鴨せいろ。
f0036857_1212773.jpg
f0036857_12122619.jpg
奥さんは鴨南蕎麦。
f0036857_12125744.jpg
味は、失礼ながら、まぁ、こんなものでしょう的、標準以上とは思いますが。
「川上庵」の隣は醤油や出汁の「酢重正之」のレストラン。

     http://www.suju-masayuki.com/

通りの向かいにはギャラリーという名の売店があり、奥さんはそこでドレッシングや調味料などいろいろ買い込んでいました。
f0036857_1214644.jpg
     http://www.suju-masayuki.com/shops/karuizawashop.php

ホテルから歩いて数分、旧軽井沢銀座では相当端の方ですが、さすがに人気の地、評判の店が林立しています。
次いで入ったのが今や軽井沢中に店がある感じのドイツ風ソーセージの「腸詰屋」。
f0036857_12145983.jpg
     http://www.gunraku.co.jp/

f0036857_12153788.jpg
試食は限られたものだけですが、ショーケースの中には目移りしそうなくらい多種多様なハム・ソーセージ・サラミが並んでいます。

     http://www.gunraku.co.jp/sub0003.html
     
f0036857_1216564.jpg
イートイン・スペースも大きく取られていて、僕はここで「カラブレッサ」という大蒜や唐辛子の効いたソーセージを食べてみました。
f0036857_12162343.jpg
これで1個400円。
やや割高とは思いますが、焼きたてだし、もちろん美味しく食べられましたよ。
f0036857_12165073.jpg
今度はこれまたすぐそばの「ベーカリー&レストラン SAWAMURA」へ・・・。

     http://www.b-sawamura.com/

東京にも支店は数ありますが、この外観、ついついパン売り場は覗いてしまいます。
f0036857_12174622.jpg
     http://www.b-sawamura.com/shops/kyukaru.php

f0036857_12181967.jpg
どれも美味しそうに見えて、奥さんなど「食べ切れるかしら」などと言いながら、どんどん買い込んでいます。
f0036857_12184696.jpg
あと、女性は軽井沢というとどうしてもジャムを思い浮かべてしまうようです。
旧軽井沢銀座だけでもジャム屋は数知れず・・・。
f0036857_1219167.jpg
そんな中でも「沢屋」は一番人気の店、店内にはおびただしい数のジャムの瓶が並んでいます。

     http://www.sawaya-jam.com/

f0036857_12193038.jpg
JR軽井沢駅構内にも売店はありますが、僕らはここで長野パープル(葡萄)のジャムと和栗のジャムを買ってみました。
この他栗菓子の「竹風堂」などにも寄り、更に旧軽井沢銀座中心部も少しうろついて、ホテルまでの帰りに「腸詰屋」の姉妹店、チョコレートの「ショコラデンブルグ」にも寄ってみました。
f0036857_12201887.jpg
やや高級系に振ったショコラティエで、でも店内にイートイン・スペースもあります。
f0036857_12204658.jpg
僕らの好きなオレンジのチョコレート掛けやナッツをまぶしたものを購入、帰宅後のティータイムで楽しみました。
f0036857_19182375.jpg
ここは本当にホテルから極近、入店するともれなく生チョコの試食などもあり、悪くない店と思いました。
書ききれないほどの店を回り、そしてウィンドーショッピングをして、荷物を持つ僕らの手がちぎれそうになったところで、ランチ&ショッピングは終了。
f0036857_12213836.jpg
疲れて帰ってきてもこのラウンジがあるので、十分に喉は潤せます。
雨のこの日は暗さも早く、照明がナイトモードになるのもずいぶん早くからだったようです。
f0036857_12222048.jpg
f0036857_12225614.jpg

f0036857_20164281.jpg
天気さえ良ければ、こうした自転車も借りられたのに・・・。
f0036857_12232459.jpg
夕食までにはまだ時間もあるので、僕らはジムと大浴場に・・・。
これらは地下1階にあります。
f0036857_1224216.jpg
ジムはかなり狭く、取りあえず作りました系ですが、使われた形跡がほとんどなく、僕は2度ほど利用しましたが、誰とも会いませんでした。
トレッドミル、クロスバイク、ベンチプレス、エアロバイク・・・。
大浴場に行く通路です。
ここだけ面白いインテリア。
f0036857_12244966.jpg
f0036857_1225931.jpg
大浴場は2つあって(ほとんど同じ作りのようです)、1日おきに男女入れ替え制、朝の6時から10時までと、午後の3時から深夜0時まで開いています。
サウナは午後の時間のみ。
f0036857_12255017.jpg
新しいので、どこもまだきれい、タオルも充分揃っています。
f0036857_12264345.jpg
ここのアメニティは凝っていて、いろいろ細かく選ばれています。
ブローシャーからその詳細をパチリ。
f0036857_19393745.jpg
女性はCreme de la Mer、男性用にはAramisなんてのも置いてあります。
奥のドアがサウナ。
なおここのお湯、温泉ではありません。
これで温泉だったり、一部のジャクージでも付いていたら・・・は贅沢過ぎるでしょうか。

f0036857_12271848.jpg
風呂から上がっても、もちろんラウンジでまた一杯が可能です。
ただ旅館のように浴衣でなんて訳には行きませんが・・・。

by shackinbaby2 | 2018-11-17 00:00 | グルメ | Comments(6)
台風が迫りくる雨の週末、僕ら夫婦が軽井沢は「旧軽井沢桔梗キュリオ・コレクション・オブ・ヒルトン」というこの4月にリニューアル・リブランドされたホテルに滞在した時の記録、その2回目です。
f0036857_22115122.jpg

アサインされた部屋は2階の中庭に面したtwin courtyard deluxe roomという48㎡の部屋。
オリジナルの予約通りで、何度も書いてしつこいかもしれませんが(すみません)、繁忙期ということでダイアモンド特典に明記されている客室のアップグレードはありませんでした。
そしてそのcompensationもありませんでした。
f0036857_22123516.jpg

館内の至るところに軽井沢彫の名店である「大坂屋家具店」製作の「桔梗」の花をモチーフにした軽井沢彫が施されていて、軽井沢という地のホテルということを特徴づけています。。
このホテル、全50室というスモールホテルながら、作りはやや複雑で、エレベーターは別の場所に2機あり、1つは3階には行きません。
f0036857_222562.jpg

部屋までのアテンドはあり、部屋の説明も丁寧にしてくれます。
(前述のシアトル生まれのアメリカの青年、日本語がとても上手でした)
ここのドアはdegital key対応。
部屋を開けます。
f0036857_2263293.jpg

おぉ、こういう感じですか。
48㎡あると、かなりゆったりした作りですね。
f0036857_2265990.jpg

大きな窓の外にはベランダもあり、そこから目に入る緑一杯の景色もなかなかの効果。
雨に濡れた緑は緑の濃さを増し、雨の日も悪くないかと・・・。
中庭の一部の木々はもうほんのり紅葉が始っていました。
f0036857_2272586.jpg

このタイプの部屋については

バルコニーを備えたお部屋からは、中庭の景色をお楽しみいただけます。
エレガントなバスルームにはデザイナーバスアメニティをご用意しております。


とか

48 sq. m./516 sq. ft., balcony, separate bath & shower, 50-inch HDTV, WiFi, sofa, coffeemaker
Admire views of the courtyard from the balcony of this modern room. Relax on the sofa, watch the 50-inch HDTV and stay connected with WiFi. Start your day with a fresh espresso from the coffee machine.
The elegant bathroom features designer bath amenities, a separate bathtub and shower, and slippers. Other amenities include a laptop-sized safe, work desk and minibar. Sleeps 2.


などの説明がウェブにはありました。

f0036857_2241894.jpg

ソファは大きめで悪くないのですが、僕はもう少しクッション性のあるソファの方が好みです。
TVは50インチ。
f0036857_2244181.jpg

ベッドは一段上がったところに置かれていて(ご年配の方など、つまずかないか心配です)、木の疑似天蓋は部屋のインテリアに良いアクセントを付けています。
f0036857_2252134.jpg

ベッドのスプリングはかなり柔らかめ、リネンは標準よりやや上。
f0036857_23362545.jpg

このホテルでは、午後6時から8時までリクエスト制で、ターンダウン・サービスもあります。
ライティングは今風で、操作性、光量(調光出来ます)もまずまずです。
f0036857_23364841.jpg

クローゼットの中。
f0036857_23371890.jpg

テーブルの下という面白いところに引き出しがあり、パジャマとガウンはここに入っています。
f0036857_23382435.jpg

バルコニーは今回雨で十分活用できませんでしたが、隣の部屋の人もベランダに出ているとちょっと・・・ではありますが、それほど狭くもなく、緑を見てのリラックスにはなかなかのものがありそうです。
f0036857_229506.jpg

木々もですが、標高940mはある湿度の高い軽井沢の地での長い年数をかけた苔の素晴らしさも、ぜひ楽しみたいところです。
写真右奥がチャペル、この日は週末ということもあって、何と4組ものウェディングがあったそうです。
f0036857_22105120.jpg

そういえば周りを傘に囲まれたウェディングドレス姿の女性を見かけましたし、和服を召した女性もたくさん・・・。
改めて窓の方から部屋中央を見たところです。
f0036857_22111239.jpg

今度はミニバーを見てみましょう。
このホテルのミニバーは充実しているんです。
f0036857_2334434.jpg

ミネラルウォーター4本、ネスプレッソ(カプセル4種)、各種ティーバッグ(変わったものあり)、バナナチップ、林檎パイ・・・。
夜にはチョコレート2個も置かれます。
f0036857_23343153.jpg

砂糖はペルーシュ(La Perruche)、これを使うとはやはりここ、高級ホテルを目指していますねぇ。
f0036857_23384931.jpg

オールドパー、ヘネシ―、ジャックダニエルスの小瓶は無料。
f0036857_23345517.jpg

冷蔵庫に入っている地ビール3本だって無料なんですよ。
f0036857_23351815.jpg

ターンダウンの時、汚れた食器などきれいなものと取り替えてくれますが、アルコールなどの補充はないと思います。
ま、Hオナーズのメンバーなら、夜の10時まで1階の「ヒルトンオナーズクラブラウンジ」で、ビールもワインもフリーフローで飲めるのですから、このホテル、アルコール好きには堪らないかもしれませんね。
今度はウェットエリア。
ここもかなり広い面積が取られています。
地下1階に男女別の朝の6時から10時まで、そして午後3時から深夜0時まで開いている大浴場もあるのに(温泉ではありません、サウナも付いています)です。
f0036857_22385681.jpg

全体の作りも人工石張りで、それなりの質感もあります。
タオルは3種類、どれもまだ新品感が残っています。
トイレタリーは充実、デザインなども考えられたもの。
f0036857_22404286.jpg

コットンパフ、綿棒、エメリーボード、マウスウォッシュなどもあります。
シャンプー・コンディショナーなどは「メゾン・マルジェラ」(Maison Margiela)の「ティーエスケープ」(Tea Escape)。

     https://www.maisonmargiela.com/jp/discover/tea-escape 

ウェブにはこのシリーズは

騒がしい音を立て、目まぐるしく、せわしげに動く都市。
この混沌とした都市の中心には、静寂な空間が存在します。
そこにあるのは、薄い絹のブラウス、畳、ゆらゆらと立ち上がる湯気、日本の茶器が触れ合う音


というものとの説明がありました。
f0036857_22391843.jpg

他のものがやや高級感があるのに、このコップはちょっと安っぽい・・・。
バスタブは日本人好みのdeep sunken bath,
座りやすい椅子と桶があるのも日本人には〇です。
f0036857_2240615.jpg

もちろんシャワーも完備。
f0036857_22402790.jpg

部屋も一渡り見終えたので、雨が小雨のうちに、奥さんの希望、ホテルから歩いて数分の所に位置する旧軽井沢銀座の散策(買い物?)に出かけます。
そうそう、僕らは軽井沢で何か食べようと、お昼は果物だけで来ているんです。
f0036857_23375243.jpg

どこに行こうかなぁ、ホテル近くにも有名な店が目白押し・・・。
「川上庵」?「サワムラ」?「酢重正之」?


by shackinbaby2 | 2018-11-16 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(4)
「旧軽井沢桔梗キュリオ・コレクション・オブ・ヒルトン」。
この長い名前のホテルに、「旧軽井沢ホテル」からのリノベーション&リブランドのホテルですが、

     http://kyukaruizawahotel.com/

夏も終わったある週末、夫婦でリラックスしに出かけてきました。
その記録です。
f0036857_19224656.jpg
     https://www.kyukaruizawa-kikyo.com/

     https://curiocollection.hiltonhotels.jp/hotel/chubu/kyukaruizawa-kikyo-curio-collection-by-hilton

     https://curiocollection3.hilton.com/en/hotels/japan/kyukaruizawa-kikyo-curio-collection-by-hilton-MMJKZQQ/index.html

ホテルのウェブ・トップには、このホテルについて

「数々の著名人に別荘地として愛され続ける旧軽井沢の中心に位置するホテル。
徒歩圏内には旧軽井沢銀座をはじめとする、軽井沢ならではのスポットが点在します。
深い緑に包まれたプライベートな空間でゆったりとした特別な時間をお寛ぎください。」
f0036857_19595265.jpg
とか

「ただいま。お客様にそう言っていただけるように。
自然と文化にあふれ、癒しとインスピレーションの源泉として愛されてきたここ軽井沢の地で、何をしてもいいし、何をしなくてもいい、そんなわがままな時間を暖かなサービスでおもてなしをする。
目指したのは、そんなプライベートラグジュアリー。
おかえりなさい。
わたしたちはKYUKARUIZAWA KIKYOです。 」


とあります。
全50室という、日本のヒルトン・ホテルの中では「ヒルトン小田原リゾート&スパ」内のタイムシェア・リゾート「ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ」に次いで

     https://hhonors.hiltonhotels.jp/hotel/kanto/the-bay-forest-odawara-by-hilton-club

     https://club.hiltongrandvacations.com/ja/resort/japan/bay-forest-odawara-by-hilton-club

小さなホテル。
で、この日本初登場となる「キュリオコレクション」というヒルトンのブランドは

「キュリオ コレクション」は、ヒルトン ワールドワイドがお客様のために吟味し、セレクトした独特の4つ星、5つ星のグローバルなホテルコレクションです。
「キュリオ」という言葉が意味するとおり、興味深く、ユニークで、他に類を見ないホテルには、ひとつとして同じものはありません。
一つ一つのホテルは共通の特徴として個性を保持しながら、お客様にヒルトンブランドという安心を提供しています。

 
とのことです。
スターウッドでいう「トリビュート・ポートフォリオ」、マリオットでいうと「オートグラフ・コレクション」等のブランドと共通するものがあるかもしれません。
更に名前についている「桔梗」については、「Timeless – ゲストが自分自身を取り戻す価値ある時空間」というタイトルでウェブに

いつでも帰ることのできる自宅のような場所にしたい―。という想いを込めて、「帰郷」というワードを想起させ、自分のふるさとへ帰る気楽さと、わくわく感をゲストに意識して頂けるよう、KIKYOと表現しました。
日本人の多くがKIKYOの音から想像する「桔梗」は、火山灰地でもともと草木が育ちにくい軽井沢において、軽井沢で過ごす人々の心に潤いを与えてきました。
桔梗の花言葉は「endless love(永遠の愛)」「honesty(正直、誠実)」「the return of a friend is desired(友の帰りを願う)」であり、当ホテルのコンセプトであるTimelessや、サービスの基本である「正直・誠実」、「帰りを願う」を連想させる記号性を持っています。
 

とありました。
何か分かったような分からないような・・・(失礼)。
オープンは今年の4月19日。
軽井沢もハイ・シーズンを迎えて、小規模ホテルということもあってか、空室表示のある日は連日少なかったですが、もう時期は秋、当初の混雑はなくなったろうと思いましたが、とんでもない。
リゾートホテルの宿命でしょうか、僕らが希望している週末は本当に空きがない、ウィークデイはさすがに空いている日も少なくなかったですが・・・。
それとここの値段が問題、予想以上の高さでした。
僕は以前と違って休みの中心は週末、安い日を選んで宿泊するということが出来なくなっています。
どうしよう、奥さんは美容院で読む雑誌か何かで、すっかり行く気になっているし・・・。
まずいつも使っているヒルトン直の英語サイトでは、約1週間前まで宿泊予定日に空きなし。
1週間位前から各カテゴリー、superior(34㎡)、deluxe(48㎡)、 courtyard deluxe(48㎡)、 premium premium with tatami corner room(56㎡) courtyard suite(56㎡)のsuite以外が表示されるようになってきました。
一番安い(狭い)superiorはホテルに4室のみ、ほとんどの部屋がすべて40㎡以上だそうで、軽井沢のホテルでは一番広い部屋を持つホテルかもしれません。
宿泊した9月にヒルトンがやっていたHilton Premium Room Saleという宿泊と食事が25%OFFになるディスカウント料金は週末にはなく(もう売り切れ?)

     https://curiocollection.hiltonhotels.jp/hotel/chubu/kyukaruizawa-kikyo-curio-collection-by-hilton/campaign/5a315613aa103fc3d26e33c82e0124c3

僕は泣く泣く(?)HPCJのサイトから

     https://www.hpcj.jp/in/hotel/mmjkz/

その日最安値だったtwin courtyard deluxe room, room onlyを1室大人2人1泊40500円+(総額43740円)で予約入れました。
この日、superiorとdeluxeは表示されず、たぶんHPCJレートではすでに売り切れていたよう。
高いけれど仕方ない、HPCJでいただく金券もそろそろ使ってしまわなくてはだし・・・。
このホテルでは部屋カテゴリーによって広さは変わるものの、値段はそれぞれ1000~2000円くらいずつしか変わず、そういう意味ではちょっと面白い値段設定になっています。
ヒルトンなのでmutual fundもあり、spouse stays free(2nd guest stays free)が効きますから、宿泊人数は1人で予約(ただし宿泊人数は2人であることはホテルに連絡しました)。
なおお子さんの場合は、5歳を過ぎるとこのホテルでは大人とみなすそうなので、ご注意を。
そうそう、予約チャンネルによってこのホテルというかこの日はだいぶ値段が違い、大手予約サイトの「一X」ではこの日、deluxeしか表示されず、そのroom onlyのレートが何と72000円+(総額77760円)と・・・。
ディナーと朝食が付くプランでは100000円+(総額108000円)という高級旅館並みの値段でびっくりでした。
このホテルに関するヒルトン・オナーズのプロモで、はマスターカード利用のための

という3泊目無料のものもありますがが、開始は11月1日、この時はまだ対象時期以外。
太っ腹に見えるこのプロモ、参加ホテルが少ないのがネックです。。
さて、ホテルのアクセスですが、車なら、例えば東京の練馬方面からは関越自動車道の藤岡JCT経由、上信越自動車道の碓氷軽井沢ICを出て、約15分(約1㎞)、JR東京駅から新幹線利用ならばJR軽井沢駅下車で、所要時間は約70分とのことです。
JR軽井沢駅とホテル間はフリーシャトルサービスがあって(ベンツ?)約5分(要予約)、歩いても約15分程、人気の旧軽井沢銀座までは徒歩約5分という好立地に建っています。
予約を入れると当然ですがメールで同時に予約確認書が送られてき、翌日には滞在中のプラン作成のメールが、宿泊5日前には宿泊予約やレストラン予約、到着時間の再確認、予想気温などを記した丁寧なメールがホテルの担当者から届きました。
ゲスト一人一人には結構注意が払われているようです。

さて、宿泊当日は台風と梅雨前線の影響で大雨の警報がテレビなどを通じて繰り返し出ているほどの悪天候の週末。
しかもネットで見ると軽井沢は最高気温で14℃とかなりの低温、レインコートも用意しながら、午前中に仕事を終わらせ、新幹線の人となりました。
雨はまだ取りあえず降ったり止んだりの状態。
午後1時過ぎ、小雨降るJR軽井沢駅に到着、もちろん事前の打ち合わせ通りホテルのロゴ入りのベンツが駅北口(改札を出て左手側)のエスカレーターを下った先、1階ロータリーに待機(ここなら雨でも濡れません)、それと察すると名乗らずとも運転手の方から声をかけてくれます。
f0036857_19272371.jpg
ホテルには複数台数このタイプのベンツが、他にフォーシーターのベンツなど、すべて新車ぴかぴかの状態で、駅とホテルの間を送迎してくれます(他の目的地は駄目と・・・)。
黒服のドライバーは僕らのヒルトンのステイタスを承知しているようで、「本日は結婚式が4組もあり、全館満室、アップグレードさせていただきたいのですが、ちょっと無理なようで、でもなるべく景色の良いお部屋を用意させていただいております」と。
ふ~~ん、アップグレードは無しなんだ(泣)。
このホテルのダイアモンドメンバー用特典には「プレミアムwi-fi無料、朝食ブッフェ無料、客室のアップグレード、レイト・チェックアウト、KIKYOラウンジ一部メニュー無料」があるとは聞いています。
もちろんアップグレードなど混雑時は無理とは分かっているのですが、ヒルトンのウェブからもエクスペディアのようなサード・パーティ―からも、僕らが予約したcourtyard deluxe roomより上位のpremium roomの空きは、その日の夜まで表示されていました。
つまり空いてはいたのです。
ま、こういう言い訳(?)は最近の情報社会の中では、すぐにバレちゃうので、あまり使わない方が良いでしょう。
(なおこの件についてはホテルに文句は言いませんでした)
f0036857_1951894.jpg
f0036857_19545397.jpg
f0036857_19552662.jpg
f0036857_19585377.jpg
ホテルに着くとドライバーがベル役をして
f0036857_202299.jpg
僕らはレセプションを通過
f0036857_20161460.jpg
(いかにものインテリア、3か月で旧ホテルからリノベートしたそうです)
f0036857_2016576.jpg
(座って行えるレセプション。デスクはPCメインの今風、でもハイアットのようにいつもきれに片付いていることはなく、机の上は物や紙で一杯)
f0036857_20172151.jpg
(Hオナーズの表示のあるここは、人がいたりいなかったり、コンシェルジュ・デスクというには役不足です)

f0036857_20174412.jpg
(無料で誰でも使えるPC、壁のインテリアは一部売店の役目もしています)
f0036857_2018473.jpg

f0036857_20184257.jpg
f0036857_20151912.jpg
奥の「KIKYOUラウンジ」のHオナーズ・メンバーズ用のゾーン(ここは「ヒルトンオナーズクラブラウンジ」とも呼ぶそうですが、ブローシャにはこの名称はありませんでした)に通され、座ってのチェックインでした。
f0036857_2025228.jpg
このホテルのF&Bアウトレットはラウンジの更に奥にある「SONORITE」(ソノリテ)というフレンチレストラン(朝食もここです)と、この「KIKYOUラウンジ」、そしてルームサービスの3種となります。
f0036857_20105173.jpg
(ラウンジ越しに「SONORITE」を見たところ)
f0036857_20122425.jpg
(気候が良ければ、ウッドデッキも良さそうですね)
f0036857_20125510.jpg
(朝食に和食アイテムはなくオール洋食で有料なら3500円++、ランチは4500円++、ディナーは14000円++のクリエーティブ・フレンチのコースメニューのみ)
ウェルカム・ドリンクはHオナーズのメンバーなら誰でも無料でいただけるというこのリストから選べます。
(朝の7時から夜の10時まで利用可能、宿泊当日の入会でもここの利用は可能だそうです。要するに誰でもOK?)
f0036857_2032117.jpg
部屋にも無料でいただける地ビールやリカー類も充実しているし、アルコール好きには良さそうなラウンジかつホテルですね(僕は下戸ですが)。
ただ夕方に軽いカナッペでも出されるのかと思っていたら、それは全く無し、終日ドリンク・オンリーのフリーフローだけのようです。
更にこうしたスイーツのプレートも運ばれてきます。
f0036857_2041753.jpg
ドリンクとスイーツをいただいた頃に、チェックインの手続きが・・・。
f0036857_20522675.jpg
ダイアモンド・メンバー用のカードには裏面に前述の特典が書かれていて、その他、キーケースの書かれているホテルの説明などをかいつまんでしてくれます。
ホテルの勤務経験は少なそうな、やや硬い説明でした。
f0036857_20524360.jpg
アップグレードについては何も触れず、ただ「チェックインは午後3時ですが、お部屋の用意が整ったようです」とアーリー・チェックインと、僕らが希望した午後1時までのレイト・チェックアウトはOKとのこと。
部屋までのアテンドは日本語堪能なシアトル生まれのJ君。
このホテルは他にもネパール人とか外国人も多いですが、どの人の日本語もかなりなものでした。彼らは2~3年の日本語勉強だけでここまでと、僕らも本当に英語くらいは頑張らなくちゃ・・・。
by shackinbaby2 | 2018-11-15 00:01 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(4)

ご挨拶

皆様、お久しぶりです。
2月24日のブログ終了から早半年以上、それでもアクセス・ログを見るとまだ毎日500~600人の方においでいただいているようで、本当に感謝に堪えません。
心から有難うございますと申し上げたいと思います。
このたび、「借金君」ブログ

     https://shackinba2.exblog.jp/

の旅行部分のみを再構成し、新アーカイブ・ブログをたちあげる方向で事が進んでいることをご報告したく、久しぶりにペンを取らせて(PCに向かわせて)いただきました。
これまでの日記スタイルでただだらだらと漫然と書いていたものを、後から皆様の旅行情報として(やや古くなっていますが)検索しやすいようにした再構成ブログ。
そのアーカイブ・ブログ作成には旧ブログの熱心な読者であられた皆様の大きな力あるからこそで、関係者の皆様には感謝・感謝の一言に尽きます。
僕自身は4月の新ポジション正式就任を前に、3月よりその下準備を開始、おかげさまで最近は大過なく充実した毎日を過ごさせていただいています。
健康面をご心配いただきました皆様、当時は本当にご心配をおかけいたしました。
今は最高に大丈夫、何の問題もなく仕事に励んでいます。
ただ旧ブログの「美味しいもの食べた~い、海外旅行大好き、素敵なホテルもいいな!」というテーマは現在の状況には合わず、出されたものを食べ、行くとしても国内大都市のみ、ホテルはたいていお仕着せのビジネスホテル・・・という体たらく(?)。
なので、以前にも書きましたように、「借金君のくう・ねる・あそぶ」は終了ですが、今回旅行関連コンテンツのみを集めたアーカイブ・ブログの立ち上げ(いつ?)を記念して、以前のスタイルで少しだけホテル・レビューをしてみたいと思っています。
新アーカイブ・ブログ完成の暁には、皆様にいち早くお知らせいたしますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

         2018年 晩秋 好日

by shackinbaby2 | 2018-11-15 00:00 | お知らせ | Comments(48)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2