人気ブログランキング |

カテゴリ:グルメ( 52 )

「オトーさんのランチ」シリーズ、今日は本当にごく普通のランチです。
カフェ・レストランといった店の日替わり定食で、税込みで850円。
この日は「地鶏ハンバーグの味噌ソース」か「麻婆豆腐」かで、僕は前者を。
b0405262_18385841.jpg
僕には味噌ソースが少し塩っぱかったですが、その方がご飯が進むのかも。
ここはそのご飯がお替り自由なのも、僕ら男子には好評です。
こういう手作りっぽい、毎日おかずの変わる店は重宝しますね。
あとこの店はハンディキャップを持ってる人を多く採用しているので、そこも応援している点です。

by shackinbaby2 | 2019-09-15 12:00 | グルメ | Comments(2)
豚丼というとどうしても若い人、学生さん御用達ってイメージですが、僕も俗にいう「がっつり食べたい」ときには利用することがあります。
牛丼の豚版のほうではなく、僕が帯広で最初に食べた十勝スタイルの、甘からだれを付けて焼いた豚焼肉を丼飯に乗せたほうの豚丼です。
b0405262_10214576.jpg
このチェーン店の豚丼は普通のご飯茶碗3杯分はあるご飯に、過剰とも思う程の豚肉が埋め尽くす作り、僕など最後の方は飽きてきてしまう程。
なので満腹感は120%、これで1杯850円です。
半熟卵やキムチ、ガーリックチップなどのトッピングも有料で出来、お茶漬け(!)にも出来たりもします。
店内は簡素(わざと?)、お客は全員男性といってもいい状況です。

by shackinbaby2 | 2019-08-29 12:00 | グルメ | Comments(5)
最近のコンビニスイーツ、美味しいのがどんどん出てきてますね。
最近僕がリピートするかも?と思ったのがこれ、「ローソン」の「プレミアムバスチー」というケーキです。
b0405262_10232317.jpg
1900万個は売れたという「バスチー」(バスク風チーズケーキ)の改良版とのことで、オリジナルの滑らかでクリーミーな食感にプラスすることパルメザンチーズを更に、そしてアーモンド・クルミ・ヘイゼルナッツといった少し塩気のあるナッツ類、甘さを控えたホイップクリーム、表面と裏面には焦がしカラメルソースをトッピングしたと・・・。
チーズが濃厚になったせいかよりねっとり感のあるチーズケーキの上にバランスと見映えの良いトッピング、1個383キロカロリーという高カロリーを除けば、320円の価値はあるスイーツかななんて思いました。
ホテルで食べたのでこんな食べ方ですが、カジュアルにパクついても全然OKです。
b0405262_10235259.jpg


by shackinbaby2 | 2019-08-27 00:00 | グルメ | Comments(6)
僕らのランチミーティングのランチはたいていコンビニで調達ですが、お偉いさんも出席する食事つきの昼会議では、頑張って少し見映えの良いお弁当を用意したりしています。
b0405262_22163321.jpg
その日のミーティングでは何個かその豪華弁当が余ったそうで、「食べてくださ~い」と僕のところにもおさがりが回ってきました。
150年続く京都の料亭製とのことですが、薄味なのは分かるにしてもどれも驚くほど旨みがなく、僕の舌がおかしくなった?と不思議になる程でした。
出し巻玉子、有頭海老、鰆柚庵焼、かに味団子、一寸豆ロップ煮、花びら百合根、ゆばちりめん山椒、鰊昆布巻、八方焼、合鴨くんせい、甘藷レモン風味煮、菜の花辛子和え、山菜あさり、かに風味酢の物、鶏柚子胡椒焼、白葱、筍の鯛巻き、若布、人参、大根、蛇腹胡瓜、青じそドレッシング、飛龍頭、南瓜、射込み高野、椎茸、さんど豆、花麩、わらび餅、団子、黒蜜、季節のご飯・・・。
しかも担当の女子に金額を聞いてみて愕然と、そこそこのフレンチのランチ・コースガ頂けそうな値段だったんです。
これからは僕に試食させてから何をお出しするか決めなさい(笑)と担当者にきつくいっておきました(爆)。

by shackinbaby2 | 2019-08-24 00:00 | グルメ | Comments(6)
回転寿司もオトーさんのランチには定期的に登場します。
一人で行く時もあるし、若い人と行くことも。
お腹が空いていればたくさん食べ、小食ならそれなりにと、とにかく好きなものを好きなだけ食べられるので、リーズナブルな値段の回転寿司は本当に便利です。
ただ最近は回転寿司は回転寿司でも少し値段の上なところを狙っています。
生け〆の鯛など、夏らしい盛り合わせでスタート。
b0405262_184607.jpg
穴子。
b0405262_18461658.jpg
生うに。
b0405262_18463735.jpg
揚げ茄子。
b0405262_18465624.jpg

by shackinbaby2 | 2019-08-09 12:00 | グルメ | Comments(18)
僕は東京駅をベースとすることが多く、ランチにとここで駅弁を買って、新幹線に乗ることも少なくありません。
僕の周囲だけの感覚ですが、最近弁当ブランドで一番売れていると感じるのが「えさきのおべんとう」です。
「エキュート東京・サウスコート」と便利なところにあるのもですが、保存料や着色料・化学調味料不使用、こんにゃく米利用でカロリー30%OFF、カロリー・糖質・塩分量表示、甘さも砂糖ではなく羅漢果仕様(カロリーゼロ)、味は7年連続ミシュラン3★の江崎新太郎シェフの手になるもの、見た目がきれい、値段は比較的リーズナブル・・・まぁ、ここまで揃えてがんがん宣伝していると売れるのは当然でしょう。
これは鶏つくねと彩り野菜+ごはん(1000円)というもの。
b0405262_20251936.jpg
薄味なのに、弁当らしくはっきりした味も感じ、僕にはもう少し量(満腹感)の欲しかったところですが、最近の駅弁のなかでは気に入っています。
たぶん一番人気は懐石弁当でしょうが。

     http://www.oishiiplus.com/

by shackinbaby2 | 2019-08-04 00:00 | グルメ | Comments(10)
最近の手土産で一番流行っているものの一つに(あくまで僕の周囲ですが)浜松の「冶一郎」のバウムクーヘンとプリンがあります。
TVなどでもガンガン取り上げられているので、いただいても差し上げても知名度があり、喜び喜ばれます。

     

バウムクーヘンは異様なまでに(?)しっとり、従来の喉の水分が奪われるようなバウムクーヘンとは別のお菓子のようです。
b0405262_20271197.jpg
何でも卵黄と卵白を別立てして極限までキメを細かくすると同時に、薄くレアな24層もの生地を職人が火加減を調整しながら焼くんだとか・・・。
そのしっとり感は日本人好みでしょうが、僕にはちょっと。

     http://www.jiichiro.com/articles/001/ 

プリンは昨今のやわらかふるふるタイプとは逆、卵黄だけを使い生クリームもたっぷり混ぜて、クリーミーなのにしっかりした質感に。
b0405262_20272429.jpg
かなりビターな別添えのカラメルもあって、大人のプリンの出来上がりです。
by shackinbaby2 | 2019-07-27 00:00 | グルメ | Comments(2)
最近 ファストフード感覚(注文後数分で出て来る)のリゾット専門店が複数出来てきています。
b0405262_17013914.jpg
考えてみれば、米にオリーブオイルを馴染ませてから野菜の出汁やブイヨンを入れて煮立ててアルデンテに・・・。
そんな下準備をあらかじめしておいて、客の注文に応じて食材を入れて、チーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ)などで味を調えて更に一煮立ち、これでもう料理として出せるので、これはファストフードに適している料理と言えるかもしれません。
この日は「きのことポルチーニ茸のリゾット」というものを。
もちろんイタリア料理店のリゾットなどに比べれば・・・でしょうが、有名店の支店だけあって出汁も良く、米も芯が残ってちゃんとアルデンテで、クイック・ランチの新勢力の一つかと思いました。

by shackinbaby2 | 2019-07-24 00:00 | グルメ | Comments(2)
麺はランチ最強の友ですね。
この日は仕事仲間とじゃなくて、奥さんと行ったヴィーガンの店。
彼女はここヘルシーとか言ってかなり好きらしいのです。
僕も2回目。
b0405262_19564237.jpg
金胡麻たんたんという担担麺。
(他に白胡麻、黒胡麻バージョンもありあす)
ヴィーガンの店らしく肉・魚・卵・乳製品は一切使わず、動物性食材や化学調味料も不使用という割には、あっさりし過ぎではあるものの、胡麻の香りも高く、美味しく出来ていると思います。
大食いの僕はセットになっているソイ・ミートのミニ牛丼も食べ、こうしたものを食べた時の罪悪感なしに(笑)満腹で、店を出ることが出来ました。
ここの麻辣味の調味料も結構好きです。
b0405262_19565479.jpg
     




by shackinbaby2 | 2019-07-19 00:00 | グルメ | Comments(4)
このシリーズで以前にも酢豚について書きましたが、またも登場です。

     https://shackinba3.exblog.jp/29247709/

ま、僕が好きな料理で、ランチによく頼んでるってことですかね。
この店の酢豚は確か「北京風酢豚」というメニュー名だったはず。
出て来た酢豚は通常のとは違い、まず野菜が全くない、すべて豚肉のみの酢豚でした。
b0405262_23582653.jpg
しっとりした肉質の豚ロースはそれ自体が美味しく、更に衣をさくっと揚げた揚げ方も食感最高で、これは料理として◎。
炒めてあるというよりはかけてある餡は甘み強めの黒酢フレーバーのもので、こういう酢豚?もこれはこれでかなりな美味しさだったです。
ただ僕の思う(広東風)酢豚とは別の料理とも思える酢豚で、何皿も出て来るコースの一部なら文句なしだったでしょうが、野菜もないし、これとご飯だけとなると、ランチとしてはミス・チョイスだったかもしれません。
b0405262_23584472.jpg
中華料理の最高位、特級厨師の店です。

by shackinbaby2 | 2019-07-12 12:00 | グルメ | Comments(4)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2