人気ブログランキング |

カテゴリ:ホテル・ヒルトン系( 103 )

奥さんが宿泊した「ヒルトン名古屋」の朝食風景です。
僕の依頼でとにかくたくさんの写真を撮ってきてくれました。
アングルや光の具合がうまくなかったり、ピンボケの写真を除くとこんなところになります。
26階の「エグゼクティブラウンジ」利用対象者は、ラウンジででも1階の「インプレイス3-3」のバフェででも、どちらでも食べられます。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_11582538.jpg
     https://www.hiltonnagoya.com/restaurants/inplace3-3

webにはこのレストランは

世界のトレンドとローカルを繋ぐ、プレミアムビュッフェ

という触れ込みで 

西洋の都市で開かれる豪華なパーティーのように、高級感と芸術性、そして食材へのこだわりに溢れたプレミアムビュッフェレストラン。
ビュッフェ台に並ぶ大ぶりの牛・豚・鶏・魚をまるまるローストしたメインディッシュや、アメリカ西海岸風のヘルシーサラダ、トレンドスイーツの数々は、東海地方を中心に産地にこだわったフレッシュで安心な食材でつくられています。
国際的に著名なデザイナーが手掛けた都会的かつオープンな空間で、自然の呼吸を感じるプレミアムな食体験をお楽しみください

紹介されています。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_11584255.jpg
朝食に関してはこうあります。
     
     https://www.hiltonnagoya.com/plans/restaurants/buffet/breakfast 

ビュッフェテーブルに溢れんばかりに並ぶ和洋の朝食メニューは約100種類。
和洋の朝食メニューのほか、アメリカ西海岸風のヘルシーサラダや自家製のパン、季節替わりのカラフルなフルーツアイスキャンディーなどユニークなメニューをご用意しております。
小倉トーストやきしめんなどの名古屋名物、シェフが目の前で焼くふわふわオムレツなどもお楽しみください。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_11585943.jpg
朝の6時半からウィークデイは10時まで、ウィークエンド・祝日は10時半までで、有償なら大人一人3300円だそうです。
すべてにメニュー名がつき、「ヘルシーオプション」とか名古屋飯には「ナゴヤスペシャリティ」などというタグがつけられています。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_11591798.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_11593194.jpg
中華系も少し・・・。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_11594263.jpg

野菜類。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12002009.jpg
この辺りから和食系。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12003314.jpg
セルフきしめんも名古屋ならでしょう。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12004878.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12010422.jpg
パンは種類豊富だったようです。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12011797.jpg
もちろん名古屋ですから小倉あんも置いてあります。
隣は生クリーム。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12013194.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12014582.jpg
フルーツ。
マンゴはまだ解凍が充分じゃなくて、一部シャリシャリ、「そこが良かったりして」なんても奥さんは言ってました。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12015789.jpg
ヨーグルト各種。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12020921.jpg
各種フレーバーのアイスキャンディ。
これが朝食にあるのは珍しいですが、一時「ヒルトン東京お台場」でも出ていたことがありましたが、すぐになくなってしまいました。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12022189.jpg
「ストロベリーメタル」というのは午後にやっている苺のバフェの名前。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12023744.jpg
これまでの可愛いイメージから一変、ヘヴィーメタルに着想を得たハードなメタリック感といちごのキュートさを組み合わせた、“ハードかわいい”いちごスイーツの新しい世界を表現。

     https://www.hiltonnagoya.com/restaurants/hilton_sweets/strawberry2020

冷蔵庫の中。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12025274.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12030373.jpg
奥さん、有難う、ほぼ全部写真に撮ってきてくれたようです。
でも彼女、結局はこのインスタントきしめんと、サラダ゙、フルーツを食べただけだったと・・・。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続きの続き、バフェ朝食_b0405262_12032228.jpg

by shackinbaby2 | 2020-02-29 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(17)
「おか富士」から帰ってきた後、そこを薦めてくれたラウンジのスタッフにお礼を言いに行った時間は、カクテルタイムの時間(午後6時から8時半まで)。
かなり荒らされたというか乱雑に残っているフード類は、彼女が以前体験したものとはかなり違っていて、食指をそそりそうなものはほとんどなく、質の低下を相当に感じたそうです。
で、これはラウンジの朝食の様子です。
「とりあえずすべて撮ってきたよぉ、誰もいなかったからさ」と。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_05360543.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_05154414.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_05160081.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_05161454.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_05162631.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_05163723.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_05164899.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_05170364.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_05171842.jpg
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_05173164.jpg
日本ヒルトンのラウンジの標準的な品ぞろえですかね。
ここでの朝食は朝の6時半から10時まで、週末・祝日は10時半までの提供。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_05174434.jpg
朝食はこのラウンジででも、1階レセプション前のオールデイダイニング「インプレイス3-3」のバフェでも、どちらで食べても良いとのこと。
そのせいかラウンジの朝食は利用者が少なかったそうです。
7階のフィットネスも利用したとのことで、その写真も。

"テクノジム"の最新トレーニングマシーンを完備したジム、サウナ、屋内温水プール、屋外テニスコートを完備。
会員メンバー様およびヒルトン名古屋にご宿泊のゲストのみご利用いただける上質なプライベート空間で心も体もリフレッシュしていただけます。
ホテルならではの上質なサービスとおもてなしで皆様をお迎えいたします

奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_20543313.jpg
ジムは24時間利用可能。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_20545657.jpg
宿泊客は、ジム、サウナなどだけではなく、屋内温水プールも無料でご利用可能。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_20550921.jpg
全体に施設は古めだったようですが、特に問題点はなかったと・・・。
ただジムは常連さんたちの目が気になったとは言っていました。
奥さんの名古屋 ~ 「ヒルトン名古屋」の続き、ラウンジ朝食、フィットネス_b0405262_10365704.jpg

by shackinbaby2 | 2020-02-28 12:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(0)
奥さんの名古屋旅行の宿泊はもちろん(?)「ヒルトン名古屋」です。

     https://www.hiltonnagoya.com/
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23202339.jpg
理由は前にも書いたように今は無き(?)mutual fundという特典で奥さんは僕と同じステイタス、つまりダイアモンドメンバーなのです。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23375706.jpg
チェックインは通常のカウンターでも、26階のエグゼクティブラウンジでもOKと。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23203911.jpg
宿泊料金は「奥さんの名古屋 ~ プレリュード」に書いた通り1室1泊14250円++、総額17713円というもの。

     https://shackinba3.exblog.jp/29919079/

アップグレードはking hilton deluxeからking premium executiveへとのことでした。
朝食はラウンジででもこのレセプション前の「インプレイス3-3」のバフェでも良いと。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23210375.jpg
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23211750.jpg
アテンドが付きラウンジへ。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23212858.jpg
ラウンジのレセプショニストには良くしてもらい、感謝とのことでした。
美味しいもの・評判の店など、いろいろ教えてもらったと。
スタッフはマスクをしてない人のほうが多く、でもこうして消毒薬はいろいろなところに置いてあったそうです。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23220275.jpg
ラウンジの説明書、これは日本のヒルトン、ほぼ統一された書式になってきていますね。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23242266.jpg
ラウンジのバフェテーブル。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23222730.jpg
以前夫婦で泊まった時はかなりな種類のスイーツやサンドイッチが並んでいたのに、今回は以前の印象に比して相当貧弱だったと。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23224790.jpg
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23230440.jpg
そうはいっても我が家の奥さん、いただくものはしっかりいただいてきたようです。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23231992.jpg
部屋の様子です。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23241162.jpg
最近の日本のヒルトンはどこもどんどん似た体裁になってきていて、ま、安心というか、個性がないというか・・・です。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23254920.jpg
この部屋タイプの説明。

     https://www.hiltonnagoya.com/rooms/premium_executive_room_king 

高層階に位置し、名古屋市街の夜景が眼下に広がるプレミアムエグゼクティブルーム。インテリアは城郭や侍といった、古(いにしえ)の名古屋の歴史からインスピレーションを得た落ち着いた色彩で、客室のデザインは、わび・さび(侘・寂)の要素を意識した心地よい空間です。
バスルームには、独立型シャワーブース、日本式のバスタブ、トイレ、洗面台を有する4ポイント・バスを導入。広々としたバスルームはお客さまの心もからだも解き放つ、くつろぎの空間を目指しました。全米売上No.1のマットレスブランド、サータ社のヒルトン・セレニティベッドが上質な眠りへといざないます。

奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23260439.jpg
TVは僕らがいつも気にする角度がつけられるかですが、ここは左右首を振れます。
9~17階がゲストルーム、18~21階がデラックス、22~23階がエグゼクティブ、24~27階がプレミアムエグゼクティブ、26階にエグゼクティブラウンジ、28階がスカイバンケットです。

     https://www.hiltonnagoya.com/rooms/ 
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23261872.jpg
奥さん、「このテーブル、しっかりしてるんだけど、天板が冬には冷たいのよね」。
ここも流行りの窓際ソファです。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23263277.jpg
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23264979.jpg
目の前は建て替えられた「御園座」のタワーだったそうで、それを避けて左側。
テレビ塔(たぶん)が見えています。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23270656.jpg
右側。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23272404.jpg
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23273686.jpg
ミニバーはさすがプレミアムエグゼクティブ、ぎっしりですね。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23274856.jpg
ミネラルウォーターは瓶詰め、脱プラスチック?
ネスプレッソ完備は、ラウンジがあるにしても、嬉しいものです。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23280291.jpg
ベイシン周りもヒルトンは最近似ています。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23281514.jpg
ヒルトンには珍しくボディタオルもあったそうです。
洗い場付きのバスルーム。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23293508.jpg
ベッドルームとの仕切りがここでは半透明です。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23294835.jpg
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23300857.jpg
クローゼット。
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23302483.jpg
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23304066.jpg
奥さんの名古屋 ~ ヒルトン名古屋 _b0405262_23305803.jpg
一応スイート以外では最上の部屋のようです。
なお彼女、ラウンジのレセプショニストから有償でのスイート・オファーがあったようで150㎡のジャクージ付きのスイートがX万円、90㎡のスイートがX万円とかなりプッシュされたようですが、お金を出したくないのは僕と同じ奥さん(笑)、丁重にお断りしたそうです。

by shackinbaby2 | 2020-02-25 12:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(6)
前回の(2)では収まりきれなかった「セリーズ」@「コンラッド東京」での朝食風景です。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_08075970.jpg
朝食はこのメニューから1品選び、あとは和洋中のバフェというスタイルで、内容はほぼ前回と同じでした。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_17044569.jpg
バフェのほうを大体のところ写しておきました。
サラダのところにはたいていピタパンが置いてあったのですが、この時はトルティーヤ、そういう小さい変化はありましたが。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_08081943.jpg
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_08083795.jpg
フルーツ、ヨーグルト、チーズ、コールドカッツのコーナー。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_08090161.jpg
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_08101207.jpg
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_08103122.jpg
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_08105061.jpg
ジュース(生ではありません)やスムージー。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_08110769.jpg
普通のホテルのバフェならエッグステーションにあたるところ。
シェフがオーダーに応じて料理の仕上げをしているのが見えます。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_08591701.jpg
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_08593229.jpg
前も書きましたが僕は右のマッシュルームソテー(日によってカレー炒めとか)が結構好き。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_08595736.jpg
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_09001735.jpg
パンもいろいろ種類そろってます。
味というか出来は普通かなぁ、不味くはないけど特別美味しいとも・・・。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_09003056.jpg
和食コーナー。
既製品が多そうです。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_09004792.jpg
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_09010144.jpg
蕎麦かうどんはたいてい出ていますね。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_09013672.jpg
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_09024532.jpg
点心は「チャイナブルー」があるのでホテル製かと思ってるんですが、これも既製品ですかねぇ。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_09012247.jpg
ワンタンスープなどもありましたよ。
あ、僕が頼んだものが運ばれてきました。
クロッフルです。
クロワッサン生地のワッフルの上にポーチドエッグ、その上にはトリュフ(?)、濃厚なトリュフの香りとチーズクリームソース、塩味のベーコンで、大人のワッフルに仕上がっています。
ところでこの黒いのは本当にトリュフ?
香りはトリュフオイルからじゃなくて?
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_09030182.jpg
少しだけスパイシーなタイ風のサラダを少し取り、あとはいろいろな野菜を・・・。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_09032426.jpg
点心、ワンタンスープ、うどん、漬物。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_09034245.jpg
和洋中とインターナショナルな朝食となって、最後はクロワッサンとフルーツ、シリアルバーで締めました。
お腹いっぱい。
早春の「コンラッド東京」 (3)_b0405262_09064060.jpg
いつも通りの「コンラッド東京」で特別取り上げることもなかったのですが、天気がとにかく良かったので景色を中心にレポってみました。
ここの問題点はその高い宿泊料金ですが、最近はだいぶ下がってきたとのこと(大陸からのゲストの減少?)、皆様も良いレートをGETなさってお泊りになってみませんか。
その際は多少高くてもベイビューで・・・。

by shackinbaby2 | 2020-02-24 12:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(23)
「コンラッド東京」についてはもう何度もレビューしているので、今回はだいぶ端折りながら、簡単に進めています。
それでもとにかく天気の良い日だったし、ベイビューの部屋だったので、部屋からの景色は多めに・・・。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23174803.jpg
本当に房総半島の町の灯までしっかり見えています。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23181437.jpg
暗くなってしまうとレインボーブリッジや佃の高層ビル群など肉眼ではとてもきれいなのですが、僕の安カメラではこんな風になってしまいます。
すみません。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23185176.jpg
こういう日はカーテンを閉めないで眠りにつくことにしています。
37階のエグゼクティブラウンジでは午後6時から8時までがイブニングサービスの時間。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_07432958.jpg
僕らは出かけていたので、ラウンジに寄ったのは午後7時過ぎでした。
食べ残しっぽいトレイもあったり、たっぷり補充されてるものもあったり。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23190867.jpg
↑右はたこ焼きです。
大阪のホテルで出ているのはよく見るし、「ヒルトン東京」のラウンジでもお目にかかったことはありますが、どうしても時間がたっていて、焼きたての美味しいのを知っている僕らには△です。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23193100.jpg
全部を写したわけではありませんが、総体的に味と質は(量も?)落ちてきていると思います。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23195164.jpg
サラダの一番左はローストビーフサラダ、これも「ヒルトン東京」でよくお目にかかります。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23202122.jpg
僕はこのドライトマトが好きで、オリーブ、ピクルス、チーズをパンの上に乗せて食べたりもしています。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23203798.jpg
冷蔵庫の中にはフルーツやスイーツが・・・。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23205807.jpg
アルコール。
ラベルがよく見えなかったですね、ごめんなさい。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23213752.jpg
軽く食事はしてきたものの、またもこれだけいただいちゃいました。
美味しくはないと文句言いながら(笑)。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23220049.jpg
で、翌朝。
相変わらず僕は早起きで、起きたときはまだこんな景色でした。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23261045.jpg
早朝の景色、日の出前というのも好きな時間です。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23262612.jpg
ホテルのロビーでは早朝出発のゲスト用に、簡単な朝食の準備ができています。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23265689.jpg

毎回書くように朝食はエグゼクティブラウンジで食べても(朝7時から10時半、週末は11時まで)、28階の「セリーズ」のバフェで食べても(ウィークデイは朝6時半から10時半、週末は7時から11時)OK。
これが「セリーズ」の入り口です。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23271918.jpg
朝食には「セリーズ」の奥の「コラージュ」を使い、満席になってくると「セリーズ」本来の席ほうを使う運用。
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23274437.jpg
     https://www.conradtokyo.co.jp/plans/restaurants/buffet/breakfast
早春の「コンラッド東京」 (2)_b0405262_23281390.jpg
朝食バフェの内容まで続けようと思ったのですが、長くなりそうなので(3)に続きます。

by shackinbaby2 | 2020-02-23 12:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(16)
2月初旬のぽかぽか陽気の週末、汐留の「コンラッド東京」に泊まってきました。

     https://www.conradtokyo.co.jp/

ホテルのチェックインには少し早すぎたので、「浜離宮恩賜公園」でこの時期恒例の梅と菜の花の饗宴を堪能。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22304235.jpg
「花離宮から」は歩いてホテルへ。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22305513.jpg
短い期間で季節の植物に変わるホテル1階エレベーターホール前の植栽は紅梅でした。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22311699.jpg
この日は28階のレセプションをスルー、直接37階のエグゼクティブラウンジに行ってみました。
今回の予約はヒルトンのウェブからで、取ったのははるか昔去年11月のタイムセールの時。
king room bay viewで1室1泊29350円++、総額37328円というものでした。
いつも通りking executive room bay viewにアップグレード。
本当は最安値のcity viewからbay viewになれば嬉しいのですが、この日は人気の週末、もしかしてexecutive room city viewどまりだと嫌だなと、なので最初からbay view で予約しておきました。
チェックインのころは午後3時から5時までのアフタヌーンティーの時間。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22313862.jpg
相変わらずとぼけた味のウェルカムドリンクをいただきながら、スイーツもつまみます。
サンドイッチはいつもの3種類ですが、甘いもののほうは種類も質も落ちましたねぇ。
ま、アイスクリームだけはまだ美味しいと思ってますが。
部屋に入ります。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22315105.jpg
天井は高く、リニューアルは特別してないようでも、一部くすんだり、経年を感じるところはありますが、まだまだ高級ホテルで通用するゲストルームだと思います。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22320613.jpg
ベッドは好きなタイプ、枕もたっぷりとしていて、練心地は良いです。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22321983.jpg
ベアとダックは最近はここが定位置、1客室に1個づつがデフォのようですが、ターンダウンの時ハウスキーパーにお願いすると、快くもう1つもらえます。
そんなことを繰り返しているので、我が家には膨大のベアが残り、時々「XルXリ」で売る羽目(?)になっています(笑)。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22324262.jpg
窓際のテーブルの上にはいつもの飴とクッキー。
これもしばらく変わってませんね。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22330207.jpg
椅子などは新品になっているような気がしました、この部屋。
あるいはレザーをクリーニング?
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22332841.jpg
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22334733.jpg
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22340371.jpg
これもいつも通り、目いっぱい詰め込まれたミニバー。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22342338.jpg
ウェットエリア、印象的なリング状の照明はこれ以降流行りましたね。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22345715.jpg
ベッドルームとの境は全面ミラーですが、ブラインドを下ろしたり、ルーバーの角度を変えたりもできます。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22351435.jpg
床暖房完備。
デザイン的にもお洒落です。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22372695.jpg

早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22352914.jpg
スイートは洗い場付きのバスルームですが、スタンダードの部屋はシャワーブース+バスタブです。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22374593.jpg

トイレタリーが世界中のコンラッドで「上海灘」ブランドになったということで、ハウスキーパーはじめ数人の方に聞いたのですが、どの人もはっきりせず、とりあえず東京では「上海灘」と「テンプルスパ」のどちらかが選べるとのことです。
「アロマセラピーアソシエイツ」と「タラスミス」は完全に終了のよう。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22380436.jpg
ドライヤーは人気のバイオプログラミング。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_08093197.jpg

早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22364758.jpg
クローゼット。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22383239.jpg
「ベイビュールーム」ですから窓からの景色は浜離宮・東京湾ビューです。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22384804.jpg

早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22391709.jpg
天気が良いので遠くまで良く見えています。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22394073.jpg
「メズム東京」のオープンももうすぐです。

     https://www.mesm.jp/
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22395838.jpg
あ、これ、もう房総のほうまで見えている・・・。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22403294.jpg
やはりこのホテルはこのベイビューですね。
早春の「コンラッド東京」 (1)_b0405262_22401655.jpg


by shackinbaby2 | 2020-02-22 12:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(12)
奥さんが名古屋に1泊で行っていました。
僕はワンちゃんがいるのでどうしても行けずお留守番。
その代わりブログに載せられるように写真たくさん撮ってきてと頼んでおきました。
奥さんの名古屋 ~ プレリュード_b0405262_12371398.jpg
宿泊はもちろん「ヒルトン名古屋」、奥さんもmutual fundでダイアモンド会員なのです。
何かにつけて良くしてもらったそうです。
予約はヒルトンのウェブからでking hilton deluxe1泊1室14250円、税サ込総額17713円というもの。
めでたくスイート以外では最上位のking premium executive にアップグレードされたと。
食べるほうでは旅行目的の女子会(打ち合わせといっていますが)@フレンチ以外では、高いものからリーズナブルなものまで名古屋っぽいものを「お腹がはちきれるほど」食べてきたそうです。
鶴舞の「うな富士」までは行けなかったので、そのほぼ支店というここで。
「ヒルトン名古屋」から徒歩2分、地元の人メインの店だそうです。
奥さんの名古屋 ~ プレリュード_b0405262_13063768.jpg
「1日中モーニング」という店で何と430円也のモーニングを夕方に・・・。
「選べるサイドメニューは名古屋らしくあんこのホットサンドにしてみた」とのこと、えらい(笑)、さすが僕と一緒に旅行してるだけのことはある。
奥さんの名古屋 ~ プレリュード_b0405262_12380257.jpg
あとで許せる範囲で(お友達が映り込んでない写真で)奥さんの名古屋道中を振り返ることにします。

by shackinbaby2 | 2020-02-19 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(10)

季節のスナップショット

今年は寒い日もありますが、季節の進みが早いようで、もうこんな景色になっています。
季節のスナップショット_b0405262_09333741.jpg
「コンラッド東京」が真正面に見えています。
季節のスナップショット_b0405262_09341222.jpg
で、その「コンラッド東京」ですが、最近世界中の「コンラッドホテルズ」のトイレタリーが「上海灘」に統一されたと聞いたので、ホテルで複数の方に確認したのですが、皆さん少しづつおっしゃることが違います。
結局のところは「コンラッド東京」では現在「上海灘」と「テンプルスパ」の2種類からトイレタリーを選べるとのことです。
季節のスナップショット_b0405262_09330458.jpg
     http://www.speamenity.com/exclusive-brands/temple-spa

by shackinbaby2 | 2020-02-11 12:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(4)

リベンジ@お台場

ライトアップされる前のお台場の 五輪モニュメントの写真を1週間ほど前に載せましたが、また「ヒルトン東京お台場」に泊まって、今度はしっかりライトアップされたモニュメントを見てくることができましたので、その写真です。
リベンジ成功。
スーペリアデラックス以上の部屋なら、そしてラウンジのテラスからもよく見えます。
リベンジ@お台場_b0405262_19351206.jpg
リベンジ@お台場_b0405262_19354556.jpg
リベンジ@お台場_b0405262_19353048.jpg
昼間はこんな具合です。
リベンジ@お台場_b0405262_19360815.jpg
ライトアップは正確ではありませんが午後6時15分頃から。
東京、いや日本中どこでもでしょうが、お台場も目立って大陸系観光客が少なくなり、1月30日ころから「ヒルトン東京お台場」のスタッフもマスク着用になっています。

by shackinbaby2 | 2020-02-04 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(4)
XXXXXさんからのリクエスト、ここでは何度も取り上げているお台場の「ヒルトン東京お台場」に今年になってから宿泊した時の記録。
それもご依頼のあった部屋タイプ「エグゼクティブツイン」になった(アップグレード)時の写真を出してきました。
はっきり言って以前レビューした時と部屋の様子、サービス内容はほとんど変わっていません。
ブローシャがきれいな厚いルーズリーフ様のものになったくらいです。
「庵スパ」のお子様ポリシーについては、ホテルに直接お聞きになったほうが正確かと思います。
簡単に写真を何枚か挙げておきます。
何かお聞きになりたいことなどありましたら、コメント欄からどうぞ。
僕のわかる範囲でお答えさせていただきます。

2階のチェックインカウンターに列ができているようなら、直接3階のエグゼクティブラウンジにお越しください。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18384039.jpg
チェックイン時、なるべく景色の良い部屋をなどと部屋の希望をもう一度お願いしてみるのも良いかもしれません。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18385142.jpg
空き状況によってはもう一つ上の高層階「プレミアムエグゼクティブツイン」(青い壁紙、フローリング)にしてもらえる可能性もありますが、ちょっと難しいかなぁ。
高さによる部屋からの景色にはさほど差はありません。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18390308.jpg
ベッド幅は充分あるので(120X200,2台)、添い寝でも窮屈さは少ないです。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18391452.jpg
プライベートバルコニーはお子様でも危なくはないと思います。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18392543.jpg
バスローブ、パジャマはあります。
お子様用のものは問い合わせてみてください。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18393806.jpg
ミネラルウォーターなどはとりあえず4本デフォールトで置かれていますし、足りなければハウスキーピング、あるいはゲストサービスに電話すれば持ってきてもらえます。
ウェルカムアメニティはこのところずっと蜜柑とマカロンです。
ミニバーのコーヒーがこの部屋タイプでは「ネスプレッソ」になります。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18394965.jpg
ベッドルームとバスルームの間の窓は開閉式の扉なので(ガラス窓になっている部屋もありますが)、窓を開けてお子様と入浴される時などには水跳ねなどにお気を付けくださいね。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18400046.jpg
夜景は相当に曇っていても(最低でも)このくらいには見えます。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18401182.jpg
午後5時半からのカクテルタイムは、今年になってからの数回の経験では以前ほど激混みということはありませんでした。
これは、ま、日によって違うでしょうが。
出されているフードのメインは暖かいもの2品で、あとは和食や中華レストラン製とされる小皿、サラダ、野菜、チーズ・・・などで、全体には低調な内容です。
この日は牛蒡のメンチカツとポテトグラタン。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18402547.jpg
この時は僕は朝食をラウンジで食べましたので、「シースケイプ」のバフェのほうの最新写真はありません。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18404006.jpg
ここの品ぞろえも以前レビューした時とほとんど変わっていないといってよいでしょう。
過去のレビューもご覧ください。
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18405332.jpg
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18410455.jpg
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18411632.jpg
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18412807.jpg
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18413804.jpg
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18415244.jpg
いつもと同じ「ヒルトン東京お台場」_b0405262_18421467.jpg
ま、これだけあれば、お子様も充分でしょう。
大多数の方が「シースケイプ」のバフェのほうに行かれているようで、ラウンジの朝食は空いていて、落ち着いてゆっくり食べられると思います。
こんなところです<XXXXXさん。

by shackinbaby2 | 2020-01-29 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(12)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2