人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム

マリオットの最上級ライフスタイルホテル「東京エディション虎ノ門」。
いよいよ部屋へ、です。
僕が予約したのは「スタジオテラスルーム」、この部屋タイプは31階と33階にしかなく、33階はまだ未販売と。
なのでなるべく高層階をと希望するも、レセプションやロビーと同じ階(31階)の部屋に、レセプショニストとともに直行です。
何の飾りもないシンプルな廊下。
隈研吾氏デザインと聞いて、なるほどと思うつくりです。
31階の客室エリアには↓の写真正面のドアからルームキー・アクセスで入ります。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18352701.jpg
通路を振り返ったところ、奥にロビー~レセプションが見えています。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18350979.jpg
客室エリアに入っての廊下、すごい、アイボリー一色です。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18354632.jpg
ルームキーは「フォーシーズンズホテルズ」と同じタイプ、ICチップ入りの竹製だそう。
となると僕が「フォーシーズンズホテルズ」の大手町や京都で木製と書いたものも、竹製なのかもしれません。
竹をこうして板状にできるんですね。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18363841.jpg
このホテルの部屋カテゴリーはウェブのここに載っています。

     https://www.marriott.co.jp/hotels/hotel-rooms/tyoet-the-tokyo-edition-toranomon/
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18360497.jpg
でも部屋説明はシンプルというか簡単な箇条書きだけだし、ほとんどに写真すらない、とても分かりにくいもの。
(開業以前ならまだそうなのかな?と思いますが、もうオープンしてるのですから)
でもデラックス(キング、クイーン)42㎡、プレミア(キング、クイーン)51㎡、スタジオテラス(キング)44㎡、ロフトテラス(キング、クイーン)51㎡があり、スイートにはスーペリアスイート70㎡、プレミアスイート90㎡、タワースイート108㎡、テラススイート108㎡、エディションペントハウス144㎡とスイートがたくさんあるのだけは分かりました。
僕の予約はスタジオテラス、ロフトテラスという一つ上のカテゴリーへのアップグレードくらいあっても良いかと思いましたが、ここはそういうポリシーなんでしょう。
きっとチタン、ライフタイム、アンバサダーなどの方は違う対応になると思います。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18372458.jpg
インテリアはモダンなミニマリズム+隈研吾タッチと言ったらよいでしょうか。
コロナの時代ということもあってか紙類はメモ用紙以外何もなく、表に出ている備品も最小限になっています。
(ほとんどが扉の中)
「パークハイアット」っぽい印象もありますね。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18373812.jpg
そしてこれがテラスです。
テラスはこのホテルの特徴的な部分、やはりこのホテルに泊まるならテラスのある部屋でしょう。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18382423.jpg
部屋の概要を見るため上記4枚の写真で代表しましたが、この後は各部を詳しく見ていきましょうか。
部屋のカーテンは電動でダブル、時間をおいて部屋のドアを開けると、自動的にカーテンが開くようになっています。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_22321452.jpg
入口すぐのベイシン、横に長い一枚板(正確には板じゃないけど)がミニマリズム的にお洒落。
出されているのもソープとボディーローションのボトル(ともに「LE LABO」製)、拡大鏡のみです。
すっきり、でも使い勝手<デザインな印象も・・・。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18391680.jpg
「LE LABO」は「エディション」オリジナルの「BLACK TEA」というシリーズ。

     https://www.lelabofragrances.jp/

このブランドは「パークハイアット」ファンならすでに有名でしょう、僕もバンコク、ニューヨーク、北京と、違うフレイバーですが、お目にかかっています。
歴史は浅く、2006年以ニューヨークに誕生したパフューマリーで、香水は時間とともに鮮度が落ちるということで、ラベルに製造日やカスタマイズ可能なメッセージが印字されているのが特徴なブランド。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18393047.jpg
で、この「LE LABO」のトイレタリーのボトル、共用なんです。
ボトルを持ち帰ると「1瓶8000円いただきます(要は持ち帰るな)」と明記されています。
いくらプラボトル廃止方向とはいえ、これは小分けのボトル使い捨てのほうが良いような気が。
あと8000円という金額の表記にもちょっと嫌な気分になりました。
もちろんウェットエリアへは戸を閉められます。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18394412.jpg
ウェットエリアの反対側はミニバーとクローゼットです。
そのほとんどが扉の奥。
木材は質の良いものが使われています。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18395601.jpg
ミニバーの一部だけ顔を出していて、ちょっとおしゃれな作り。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18400810.jpg
その上を開けると冷蔵庫になっていて、ドリンクを取り出すのにかがまなくて良いようになっています。
もちろんすべて有料。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18402316.jpg
↓に値段表を貼っておきます。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18403516.jpg
実際に使ってみると、ここにごちゃごちゃ置きすぎで使いづらかったりします。
とくにネスプレッソ。
この位置では使えず、コンセントのあるベイシンまで持って行って・・・。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18432198.jpg
カプセルの後ろに砂糖。
あれっ、コーヒークリームは?
ここでは粉末のもポーションのもクリームやミルクは置かない方針なんだそうです。
僕はどうしてもコーヒーに入れたい派なので、頼むと、ルームサービスの係が恭しく朝食の時のような大きな入れ物にミルクを入れて持ってきました。
何か、変なの・・・。
あと、このホテル、これは慣れてないだけかもしれませんが、頼み事がかなえられるまですごく時間がかかります。
お約束の鉄瓶と日本茶茶碗、日本茶のティーバッグは「SAYURI」ブランドの煎茶とほうじ茶。

     https://www.sa-yuri.com/#our-tea
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18404714.jpg
ミネラルウォーターは初めて見ました、紙パック入り。
アルミボトル入りの次はこれかもしれませんね、脱プラスチックとして。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18471427.jpg
引き出しの中も写しておきます。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18410667.jpg
スナック類。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18412135.jpg
値段表です。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_20262349.jpg
一番下はセイフティボックスになっていました。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18422232.jpg
ミニバーの手前がクローゼットです。
ドアの内側は鏡張り。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18423417.jpg
このフリース(マイクロファイバー)のバスローブ(フード付き)、「LA BOTTEGA」製でとても着やすく肌触りも良く、買って帰りたいくらいでした。
表裏違う生地で、まだほとんど洗濯もしてない(使っていない)のでしょう、真っ白で、本当に気に入りました。
教えていただいたのですが、このバスローブ、16000円だそうです。
もう少しリーズナブルならなぁ。
「LA BOTTEGA」社はホテルアメニティーのビスポークで有名なイタリアの会社。

     https://www.labottega.com/en/

こういう話題もあります。

The Edition Robe, providing by La Bottega, was elected the "Most Dreamy" bath robe.
It "will wrap your body in a cloud, and you’ll refuse to leave it...
It’s like wearing the entire bed of your most luxurious hotel fantasy, and you can disappear into its comforting cocoon".

     https://www.labottega.com/en/the-most-dreamy-robe 

すごい表現。
ホテル以外でもいろいろなところで買えます。
例えば

     https://europe.shopedition.com/en/edition-robes 
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18425058.jpg
バスローブの他に紺色の洋風な少し厚手の浴衣も置いてありました。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18430651.jpg
今度はベッド回り。
ベッドそのものはとても良いもので、リネンも肌触り良く、気持ちよく寝られました。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18434936.jpg
「BANG & OLUFSEN」のBLUE TOOTHスピーカー「BEO PLAY A1」装備です。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18460365.jpg
     https://kanjitsu-boplay.jp/speakers/a1.html
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18464138.jpg
カーテン、照明などのコントローラー。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18473952.jpg
ベッドの下の部分。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18484042.jpg
ここにもありました、この表示。
これって僕にはどうしても手抜きと思えちゃうんですけどね。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18482006.jpg
ベッドより更に奥を見るとこういう感じです。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18501205.jpg
白い椅子、クッションもあって座りやすいです。
TV見るにもちょうど良いし、ただしTVは角度がつけられないので真正面でとはなりませんが。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18502481.jpg
ブランケットがここにも・・・。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18503746.jpg
白など色味の薄い室内に、これは映えます。
金色のジャパネスク・デザイン。
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18524066.jpg
東京エディション虎ノ門 (2) スタジオテラスルーム_b0405262_18530718.jpg
テラスやウェットエリアの詳細については次回(3)で。

Commented by 通りすがり at 2020-09-29 00:19 x
テラスというには随分狭くて貧祖ですね。
部屋のすっきりさとは対照的に植栽でゴチャゴチャしていますね。
真夏は蚊に刺されそうな。
スパ・トリートメントが同じ並びだと思いますが、そのレセプションのテラスの方が目測でこの倍以上あったかと思います。
Commented by ななし at 2020-09-29 02:30 x
随分とアップグレードにこだわってるけど、ロフトテラスは現在2部屋しか開けてないんだから普通予約が入ってると思わないのかね?
それと、スタジオテラスはテラス18㎡、ロフトテラスは36㎡なので、狭いのは仕方ないね。ロフトテラスはソファーセットがあって、朝食も気持ちがいいよ。
Commented by shackinbaby2 at 2020-09-29 08:07
>通りすがりさん
次の(3)でも書きますが、これを狭いと感じてしまうか、充分と感じるかは、かなり個人差があると思います。
僕はどちらかというと後者よりの印象を持ちました。
虫は夜電気がついても寄っては来ませんでした。
蚊はたぶんこの高層では生きられないのかもしれません。
スパは入口のドアのところでレセプショニストと話しただけで、中を見せてもらっていません。。見学だけでもしておくとよかったかな。
奥さんがいないと、ついついスパは飛ばしてしまいそうになります。
Commented by shackinbaby2 at 2020-09-29 08:07
>ななしさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
ホテルのテラスルームについて詳しくお教えいただいて感謝です。
マリオットのプラチナステータスは部屋のアップグレードがあるとお聞きして、ステイタスマッチしました。
なのでどうしてもアップグレードに期待してしまうんですよね、貧乏性なもので。
ななしさんのようにホテルの実情にお詳しければ、無駄な期待などしなくて良かったのに、です。
お恥ずかしい限りです。
超お詳しい方に当ブログにおいでいただけて、改めてお礼申し上げます。
Commented by 通りすがり at 2020-09-29 09:49 x
間口の狭い「ウナギの寝床」みたいなスペースに、どう見ても植木鉢の数と大きさがそぐわないように感じます。
水回りですが、いくらコースターを敷いて伏せてあるとはいえ、シンク下の排水管近くにグラスが置かれていたのは感覚的に相容れませんでした。
あと壁の絵(プリント)ですが、私が利用した部屋にかけられていたものと同じでした。(ひょっとして全部屋共通?)
飾る位置も、狭さ故に仕方ないのでしょうが、個人的には違和感ありです。
Commented by shackinbaby2 at 2020-09-29 14:21
>通りすがりさん
僕は鈍感なのかなぁ、面白い置き方と思いましたけど、そこまでは・・・でした。
壁の絵(プリント?)は、you tubeなどで見ても同じように見えました。
全室同じかもしれませんね、スイートは別かもですが。
Commented by 12345 at 2020-09-29 17:33 x
こんにちは。
お部屋までの廊下は、大変地味に感
じました。
ダブルシンクもできたように感じま
す。
意外におとなしい雰囲気。
FS大手町と比較すると…してはいけ
ないか?
コンセプトが違いますが、コスト
パフォーマンスはメズム東京に軍
配でしょうか?

ところでピア8のコーナースイー
トのバルコニーは、素晴らしかっ
たです。
片方はベイサイド、もう一方はシ
テイサイド、リビング・ベッドル
ーム・バスルームの3ヶ所から
出入り可能です。
高層階のホテルと違い、やはり
回りに高い建物がないハンマー
ヘッド回りの眺めは最高でした。
キッチンスペースは別室ではな
くて、上手に冷蔵庫とミニバー
と同様に隠して収納、バルミュ
ーダのレンジオープンありでし
た。
Commented by shackinbaby2 at 2020-09-29 22:03
>12345さん
あの木材使いは隈研吾氏っぽいかなと。
日本のシンプルな建築美のモダン解釈・・・なんていうと大袈裟でしょうか。
「メズム」は「エディション」に比べると日本的な高級ホテルですね。
「ピア8」のコーナースイート、素晴らしそうです。
ウェブの写真を見てみました。
バルコニーはそう広くはないようですが、海辺だし、気持ち良いことこの上ないでしょう。
いつか僕も・・・と思いますが、かなり混雑していますね。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2020-09-29 00:00 | ホテル・マリオット系 | Comments(8)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2