人気ブログランキング |

今日のスイーツ ~ ずんだ餅 (ウェスティン仙台 (4))

基本いまシリーズでお送りしている「ウェスティン仙台」の続きです。
だから「ウェスティン仙台 (4)」がメインタイトルでも良かったのですが。
ランチを仙台駅構内の立ち食い鮨で腹7分に満たしただけだったので、当然(笑)夕食までは待てず、仙台風アフタヌーンティー(笑)を!と、「ウェスティン仙台」から歩いてすぐの人気の餅屋「村上屋餅店」に行ってみました。
仙台の3大名物「牛タン、笹かま、ずんだ」の一つ、ずんだ餅を食べようというのです。
今日のスイーツ ~ ずんだ餅 (ウェスティン仙台 (4))_b0405262_21402194.jpg
ずんだ餅(この店では「づんだ餅」と表記)はウィキには

ずんだ餅(ずんだもち または づんだもち)は、すりつぶした枝豆を餡に用いる餅菓子で、南東北、特に宮城県を中心にした地域の郷土菓子

と定義・説明されています。
いまでは東京でも各所で売られていて、専門店が店を出したり。
でも本場の味ってどんななのでしょう、それも地元の人が買いに行く街場の店の。
で、選んだのがこの店、ホテルから近いというだけではなく、創業が1877年というのにも惹かれました
場所はここ、「ウェスティン仙台」から本当に徒歩3分なんです。



店内は素朴というかレトロ、でもお客はひっきりなしに訪れ、ほとんどの人はテイクアウトで餅スイーツを買っていきます。
イートインもでき2組は座れますが、混んでくると、相当な待ちができそうです。
今日のスイーツ ~ ずんだ餅 (ウェスティン仙台 (4))_b0405262_21403441.jpg
今日のスイーツ ~ ずんだ餅 (ウェスティン仙台 (4))_b0405262_21404946.jpg
ショーウィンドー前に立つオカーさんは笑顔でテキパキ、のれんの奥の厨房(多分)との連携も良く、次々に注文をさばいていきます。
地元系の人は概して買う量も多めで、オカーさん大忙し。
今日のスイーツ ~ ずんだ餅 (ウェスティン仙台 (4))_b0405262_21410429.jpg
ごま餅、づんだ餅、くるみ餅、つぶしぜんざい、通しぜんざい、おはぎ(3色)、あわ笹餅(こしあん)、大福、笹のしづく(づんだ、つぶし、ミカン、栗)・・・など美味しそうな甘未が瀬ぞろい。
今日のスイーツ ~ ずんだ餅 (ウェスティン仙台 (4))_b0405262_21411736.jpg
これがイートインの方のメニューです。
今日のスイーツ ~ ずんだ餅 (ウェスティン仙台 (4))_b0405262_21413797.jpg
やはりここでは餅だろうと、上記メニューから三色餅(670円)を注文してみました。
づんだの他に、ごま、くるみ餡の餅が一皿に、漬物も付いてきます。
まずは真ん中の「づんだ餅」をいただいてみます。
お運びのオカーさんが「うちのずんだは、枝豆、塩、砂糖だけで作っていて保存料や着色料は使ってないの」と。
今日のスイーツ ~ ずんだ餅 (ウェスティン仙台 (4))_b0405262_21415480.jpg
枝豆の嫌な青臭さは感じず、餅は超柔らかく、餅に喉越しが良いというと若干変ですが、そんな気もする餅でした。
ごまは黒胡麻の風味満杯、わずかな塩味もきいています。
僕らが一番気に入ったのがくるみ。
このまったり餅にまとわりつく胡桃餡、何と表現したらよいんでしょう。
素材感、甘さ、粘度、すべてが僕の好みにジャストでした。
今日のスイーツ ~ ずんだ餅 (ウェスティン仙台 (4))_b0405262_21421003.jpg
餅ですから、これだけでお腹もちょうど良くなったのですが、もちろんくるみはテイクアウト(585円)も、夜食にでももう一度食べようというのです。
餅は同日内ならOKと。
なおこの店外税ですから、10%あるいは8%の税金がプラスされます。
ごちそうさまでした、美味しかったです。


Commented by サリー at 2020-06-30 17:20 x
きゃー、お餅がとっても美味しそうです!特に黒ゴマとくるみが気になります。ずんだ餅ってあんまり馴染みがないんですよね。最近はおそらく青森でも見かけると思うんですけど、私が住んでいた若いころは見た記憶がなくて。黒ゴマとくるみは十和田ではよくお団子にかかっているんですが、お餅にかけて食べるおうちもあるかもしれません。いいですねー、お餅大好きです♪。仙台は昔ちょっとだけ住んだことがあって、あとはいつも通り過ぎるだけなのでいつかまた行ってみたいです。
Commented by HK at 2020-06-30 19:41 x
私が行ったときは若い女性が10人程度並んでいたので、断念しました。
イートインだけだと思っていたので、もしテイクアウトでよければすぐ買えたかもしれないですね。
Commented by shackinbaby2 at 2020-06-30 20:05
>サリーさん
一関に行った時に「もち懐石」なるものも食べ、餅も食べ方でいろいろな料理になるということを実感しました。
ウィキペディアには「日本では正月の祝いとして食べることが多いが、旧仙台藩領内の北部(宮城県北部から岩手県南部)では正月以外にも餅を食べる習慣があり、多彩な餅料理がある。例として一関市には近年の創作料理を含めて300種類を超える餅料理がある」とありました。
十和田も餅の文化があるのでしょうね。
ここのくるみ餡は本当に風味豊かで美味しかったですよ。
Commented by shackinbaby2 at 2020-06-30 20:05
>HKさん
やはりHKさんの行かれましたか。
ここは僕らが仙台に行く前にネットで調べておいた唯一の店なんです。
本当に有名ですよね。
僕らの時はイートインの人は少なくて、ほとんどの人がテイクアウトでした。
時間帯にもよるんでしょうか。
Commented by たにとも at 2020-07-01 07:32 x
ずんだ餅ってほとんど食べた事がなくて。
去年山形駅の駅ビルで(ずんだ茶寮)を見かけた時にも
(そっか、ずんだ餅は山形名物なんだ)と思った程。
でも、6月の期間限定でスカイツリーのソラマチで
萩の月が販売されるとニュースで見て、
「ずんだ茶寮」は「萩の月」の会社が展開していると知った次第です。
(^_^;)
Commented by shackinbaby2 at 2020-07-01 11:16
>たにともさん
「ずんだ茶寮」は東京駅の大丸にもあるし、仙台駅には大きい店もありました。
「萩の月」と同じメーカーなんですね。
ウィキには
「かつてはお盆、お彼岸の時期に米農家などで作られるもので、一部の餅店、団子屋で季節商品化されてはいたが、仙台の(株)黄金食品・仙台藩名物ずんだ餅本舗が「冷凍ずんだ餅」を開発し、郵便局のふるさと小包を利用したお取り寄せ商品として販売を開始して以降、年間を通しても食べられるようになった。その後追随する食品メーカーが増え、菓匠三全が「ずんだ茶寮」のブランドで仙台駅などでの販売を始めた頃には「仙台名物」の一角として一般にも認識されるようになった」
とあります。
全国商品化の嚆矢と言われている「黄金食品」が営業停止した時はツイッターはお祭り状態でした。
大手に負けたということで「ずんだ茶寮」が悪いようなニュアンスのツイートが飛んでました。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2020-06-30 00:00 | グルメ | Comments(6)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2