人気ブログランキング |

レムプラス銀座 (1)

shackinbabyはビジネスホテルにも泊まります。
高級ホテルばかりではありません。
ただビジホに皆様の関心はないでしょうから、いちいちここに書いてないだけです。
そんな中、最近のビジホの中には従来のものとは違うちょっと高級化した(付加価値をつけた)ホテルも出てきて、僕のねらい目となっています。
そんなホテルならここで取り上げても良いかと。
(ビジホの「多様化」は進んでいて、よりハイクラスにと、よりコーコストにの両極端が人気。ハイクラスなところは「ビジネスホテルなのに豪華」と感じるほど)
今回僕が泊まったオープンしたばかりの「レムプラス銀座」もそんな付加価値をつけて他と差別化を図ったビジホで、ロケーションも悪くなく、機能性の良い、コストパフォーマンスに優れたホテルと思い(もちろん不満な点もありますが)レビューさせてもらいます。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_23371790.jpg
「レムプラス銀座」の「レムホテル」は「阪急阪神第一ホテルグループ」のブランド。

     https://www.hankyu-hotel.com/

ホテルのコンセプトは

「もっとよい眠りを」その思いをコンセプトにした阪急阪神第一ホテルグループのホテルブランド。
レムの時間/空間は五感を通じて「よい眠り」を実感していただけるよう、デザインされています。
客室に高品質オリジナルベッド、レインシャワー、マッサージチェアを完備するほか、アメニティグッズや香りにいたるまで眠りにこだわりました。
客室ではなく「寝室」、自分の部屋のようにお寛ぎください

とのこと。

     https://www.hankyu-hotel.com/hotel/remm

そのうちでも今回の「レムプラス」は

宿泊主体型ホテル「レム」の新ブランド1号店となる「レムプラス銀座」が2019年12月24日(火)に開業しました。
従来の「レム」のコンセプトを継承しつつ、快適性を向上させた「レムプラス」はシングルルームを設けず、18㎡のダブルルームを主な客室タイプとしました。
ソファのあるくつろぎスペースを設け、ベッドサイズも140㎝幅から160㎝幅にサイズアップ。
上質感あふれる内装とより広いお部屋でゆったりとした快適な空間を提供します。

だそうです。

     https://www.hankyu-hotel.com/hotel/remm/ginza/

多様な文化と物語が交差する街に上質な眠りに満ちたホテルが誕生。
“眠りをデザインする”ホテル「レム」がクラッシークールを基調にアップグレード。
従来のレムブランドの客室を上質感溢れる内装とするほか、より広いお部屋でゆったりとした快適な空間を提供致します。
JR・地下鉄「新橋駅」から徒歩約4分、地下鉄「銀座駅」から徒歩約7分。
銀座のメイン通りからも至近に位置し、観光やビジネスの拠点として最適な立地です。

これはよく眠れそうなホテルと(ま、僕はどんなところも熟睡できますが)ホテルに向かいます。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_23373704.jpg
まず、ロケーション。
「レムホテルズ」は東京にはすでに新橋、高輪、日比谷、秋葉原、六本木にありますが、どこもそこそこ便利なところに建っています。
銀座は、ここ。
銀座の端、ほぼ新橋かといったところです。
↑の写真右の屋根は首都高、奥に見えているのは以前レビューしたことのある「三井ガーデンホテル銀座プレミア」。



アクセスとしてはJR「新橋駅」銀座口から徒歩約4分、都営浅草線「新橋駅」A3出口から徒歩約4分、東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」A4出口から徒歩約7分。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_23375113.jpg
僕は新橋駅から歩いていきました。
僕の今回の予約はいつもの「一休」からのもので、「レムプラス銀座 開業記念プラン 朝食付き」というレートプラン。
18㎡のダブルルームが1000円引きのクーポンを使って総額12350円。
朝食はホテル2階にある「ニャーヴェトナム・プルミエ銀座」というレストラン(赤い看板)で取れるようです。
ということもベトナム料理もある朝食?
興味ありますね、フォーとかも出るんでしょうか?
恵比寿に本店のあるレストランのようです。

     https://nha-vietnam.info/index.html

     https://www.hankyu-hotel.com/hotel/remm/ginza/restaurants/

なお1階にはコンビニ(ファミリーマート)が入っています。
ホテルのエントランスはひっそりとこんな風。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_23380526.jpg
オープン直後ということでホテルへのエレベーターホールはお祝いの胡蝶蘭で埋め尽くされていました。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_23382125.jpg
エレベーターででも、階段ででも一つ上の階に上がると(2階)、そこがホテルのレセプションです。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_23384393.jpg
シンプルなというか簡素な作りの空間ですが、壁にはプロジェクターでいろいろな文字や景色などが映し出される演出など、お金はかけていなそうですが「今」な雰囲気もしっかり出しています。
適宜変わるBGMも低く流れていますし、何か香りも少し漂わせているかも。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_23393232.jpg
ここにも胡蝶蘭がいっぱいです。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00002053.jpg
レセプションカウンター。
オープン直後でしたが、スタッフは慣れている人が多そうで、とてもスムーズでした。
既存の系列ホテルからのヘルプがあったのでしょうか。
チェックインが午後2時からというのも嬉しいところです。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00003630.jpg
チェックインは今風にこのタブレットで処理、ここでルームキーが渡されます。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00004911.jpg
その時、この中から1つ、好きなアメニティがもらえます。
フェイシャルマスク、ホットアイマスク、「C.O.BIGELOW」のクレンジング・化粧水・ローションセット、「ドクターシーラボ」の同様のセット、「DHC」の同様のセット、「バルクオム」の同様のセット、5枚刃カミソリ、「GABAフォースリープ」の計8種。
このホテルの目指す「快眠」に役立ちそうなものが選ばれていて、僕は睡眠の質を高めるという「GABAフォースリープ」というグリコのチョコレートにしました。

     https://www.glico.com/jp/product/chocolate/gaba/
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00050245.jpg

レムプラス銀座 (1)_b0405262_00051764.jpg
ルームキーをもらうと、今度はこの自動精算機にルームキーを入れて最終チェックイン(前清算制です)、ここで僕のような朝食付きの人には朝食券も自動発券されます。
チェックアウトもここにルームキーを入れて行います。
wi-fiのパスワードはキーケースに記載が。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00053493.jpg
レセプションのある2階には前述のレストランもあります。
通路は何となく殺風景。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00055334.jpg
中はこんな感じで、窓は大きく採られ、日中はとても明るい雰囲気です。
豪華というイメージはありませんが、とにかく新しくカジュアル、気軽に利用できそうなベトナム料理店のよう。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00060803.jpg
メニューにはいろいろなベトナム料理が並んでいます。
窓からの景色は、これは残念ながらビル街の真ん中なので、あまり望むべくはありません。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00062253.jpg
喫煙所もこの2階に。
客室は3階から16階にあり、僕はその最上階の16階にアサインされました。
でもビル街の中の建物、16階でも窓からの眺めはどんなものでしょう?
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00090308.jpg
客室は全部で236室、部屋構成はシンプルでダブル(18㎡)154室、ツイン(23㎡)70室、コーナーツイン(27.2㎡)14室と。
シングルという部屋がないのも、このホテルの特徴といえるでしょうか。
1人で泊まっても最低18㎡は確保されるということになります。
階数によってカラースキームは変わるようで6階まではパープルが基本(MURASAKI)、それ以上の階の東側は昇る朝日のゴールド(KONJIKI)、西側は月をイメージしたシルバー(SHIROGANE)となるんだそう。
ただエレベーターの昇降にはルームキーが必要、パブリックフロア以外は自分の客室階にしか止まりませんので、カラースキームの変化はよくわかりませんでした。
もちろん部屋のドアはカードキーをセンサー(リーダー)に当てて。
ドア裏には「ドンディス」や「クリーニング不要」(これを出しておいても3日に1回はクリーニングするそうです)などのマグネットの表示が貼られていました。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00092030.jpg
入ります。
おぉ、こんな感じですか。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00093899.jpg
18㎡という部屋面積からするとマッサージチェアもあり、窓際ソファもあり、広く感じる部屋です。
レムプラス銀座 (1)_b0405262_00095732.jpg
でもそれはたぶんウェットエリアに割く面積が広くないことによるものかもしれません。
以下(2)に続きます。

Commented by momo at 2019-12-30 09:31 x
以前のブログにも書きましたが日比谷の方には二度ほど宿泊しました。
もうかなり昔でしたがチェックインなど機械化が進んでいるんですね。
このホテルのコンセプトに興味があって利用しましたが当時はイマイチで期待殆どではありませんでした。
現状はどうなのか?レビュー楽しみにしています。
Commented by のんのん at 2019-12-30 11:34 x
私は新大阪駅のレムをよく利用しています。駅直結ではなくほぼ駅構内。泊まるだけでもよれよれチェックインの時やバタバタチェックアウトの時、スタッフの笑顔がうれしいのでマリオットに泊まりたいのですが、それすらカットしたい、余裕がないときには便利で、かつ普通のビジネスホテルよりも快適に感じます。銀座はどんな風なのでしょうか。続きがきになります・・・
Commented by shackinbaby2 at 2019-12-30 19:04
>momoさん
このロケーションでこの値段、オープン直後でどこも本当にきれい。
僕はシャワーだけなのを除けば、ここは「あり」かと思いました。
(ツインにすればバスタブはあります)
ただ(3)で書きますが、朝食は、ちょっと値段高め、フォー以外は値段に見合わないかななんても思いました。
Commented by shackinbaby2 at 2019-12-30 19:05
>のんのんさん
今年も数々のコメントをありがとうございました。
基本的にはビジネスホテルそのものですが、今回の銀座は「プラス」という新ブランドで、既存の「レムホテルにいろいろ付加価値をつけ、より快適に工夫しているようです。
銀座にこの値段で泊まれるというのは、このホテル、ねらい目だと僕は思っています。
でも値段はすぐ上がってゆくでしょうが。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-12-29 12:00 | ホテル・東京 | Comments(4)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2