人気ブログランキング |

秋の「旧軽井沢桔梗キュリオ・コレクション・オブ・ヒルトン」 (4) 

「旧軽井沢桔梗キュリオ・コレクション・オブ・ヒルトン」に宿泊。
紅葉の名所「雲場池」への散策の後、ホテルに戻り、「KIKYOラウンジ」でドリンクをいただき喉を潤します。
前述のように午後3時以降は、メニュー内のドリンクだけですが、アルコールも含めて無料、言い換えると飲み放題なんです。
b0405262_22545431.jpg
b0405262_22551144.jpg
通常おつまみなどは出てきませんが、この時はこんなものも・・・。
食べ始めて気が付きました、これってチェックインの時に出たのと同じだ、これは何かの間違い?
もちろん気が付かないふりして食べちゃいましたが(笑)。
b0405262_22552640.jpg
喉が潤ったところで、今度は風呂に。
地下1階の「サイレントスパ」内にあります。
(トリートメントは予約制で「NADESHICO SPA」というところで)
b0405262_22554771.jpg
     https://www.kyukaruizawa-kikyo.com/spa/silentspa/
b0405262_2256381.jpg
朝の6時から10時までと、午後3時から深夜0時まで開いています。
2つの風呂が男女交互・・・。
↑の写真中央奥はサウナです。
b0405262_22564096.jpg
b0405262_22565687.jpg
b0405262_22571630.jpg
客室のドライヤーは国産メーカー品ですが、ここのは「DYSON」製。
b0405262_2258538.jpg
夕闇の迫ってきたロビー。
b0405262_22582220.jpg
これは旧ホテル時代からある豚の置物で、何でも幸せを呼ぶんだとか(本当?)。
b0405262_22584272.jpg
周囲の地図や、近所のレストラン・リスティングはレセプションに用意されています。
b0405262_2259523.jpg
小さいながら地下1階にフィットネスもあります。

     https://www.kyukaruizawa-kikyo.com/spa/fitness/

24時間いつでも利用できます。
b0405262_22592365.jpg
イタリアの「テクノジム」のマシーンたち。
今回の滞在中は、西洋系の人も多く泊まっていたので、利用率は高かったよう。
オープンしたころは本当に使う人がいなかったのに、です。
b0405262_22594078.jpg
翌朝、朝はさすがに相当に冷えこみます。
でもきりっとした美味しい空気が体にしみわたって、テラスでの深呼吸も最高の気分です。。
b0405262_22595690.jpg
ホテルの朝食はレストラン「ソノリテ」(SONORITE)で朝の7時から。
洋食のバフェです。
b0405262_2301413.jpg
日差しのあるランチならテラスでもOKでしょうが、朝は寒すぎます。
窓際の席で、紅葉の中庭を見ながらが、快適でしょう。
b0405262_23453124.jpg
ご家族などにはセミ個室風になった、写真奥のような席もあります。
b0405262_2335896.jpg
バフェの内容を大体写しておきました。
基本的には以前と変わっていません。
まずまず質感のあるものが並んでいるといえます。
円盤状のものは大根がロール状に巻かれたサラダ。
ドレッシングの数はかなり多く、どれにしようか迷うほどです。
b0405262_23460275.jpg
b0405262_23462093.jpg
ジューサーで生絞りしてくれるフレッシュオレンジジュース。
朝からカヌレやチーズケーキなどのスイーツも並びます。
b0405262_23463451.jpg
b0405262_23464805.jpg
b0405262_23470036.jpg
最近のホテル・トースターのお約束、「バルミューダ」製の水を少し入れるタイプのトースター。
ジャムは「田七屋」のものでした。
b0405262_23471596.jpg
パン各種。
b0405262_23473232.jpg
b0405262_23474931.jpg
b0405262_23480425.jpg
これは「アッシュパルマンティエ」とメニュー名にありましたが、要はひき肉とポテトのグラタン。
フランスのおふくろの味というか、国民食というか・・・の料理です。
b0405262_23492803.jpg
手羽先のコンフィと軽井沢ベーコンステーキ。
b0405262_23494213.jpg
恥ずかしながら僕が食べたものです。
生絞りオレンジジュース、トマトジュース、コーヒー、野菜やチーズにトリュフのドレッシングをかけたもの、トーストとジャム。
b0405262_23495923.jpg
オーダーする卵料理は以前は数種類からの選択でしたが、最近は「スクランブルエッグのトリュフソース」がデフォールトで、連泊している人には(のみ?)「エッグココット」や「クロックマダム」など他のメニューもオーダー可能とのこと
これは改悪でしょうね。
b0405262_23501360.jpg
このスクランブルエッグ、出来は悪くはないと思いますが、トリュフの香りがやや薄くなった気もしました。
b0405262_23503237.jpg
最後にベーコン、手羽先、グラタンを少しづついただきましたが、ま、味は普通です。
b0405262_23504525.jpg
朝食に来ている人たち、つまり客層もカジュアルすぎる人はおらず、この昼夜はフレンチ系レストランになるレストランらしい朝食になっていると思います。
賛否はあるでしょうが、思い切って洋食オンリーにしているのも、僕には好感が持てるところの一つです。。
味噌汁の匂いのない、ナイフとフォークが似合う朝食バフェだと思います、もちろん東京の超一流ホテルほどでは全然ありませんが。
東京から短時間で行ける絶好の高原(?)リゾート、ヒルトン・ユーザーにはこんな素敵なプチホテルがあるので、お値段が手ごろな時にぜひ一度お試しになってはいかがでしょうか。

Commented by george3_1 at 2019-11-16 23:35
リーズナブルで、しかも素敵なホテル、最高!
来年、必ず、行ってみます!!
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-17 08:38
>george3_1さん
はい、なかなか好感の持てるプチ・ホテルです。
ただリゾートホテルですから、値段の高低は激しいです。
あと周囲の物価も「軽井沢値段」(要するに割高)です。
そのあたりを勘案して,ハイシーズン前後のウィークデイやヒルトンのセールなどを利用して、良いお値段をGETしてください。
Commented by ファン at 2019-11-17 21:59 x
いまキムタクの「グランメゾン東京」を見てたらまかない料理でアッシュパルマンティエが出てきました。
ここで名前を聞いてたので家人にうんちく垂れちゃいました。
フランスのおふくろの味とか典型的な家庭料理とか。
Commented by のんのん at 2019-11-17 22:21 x
秋に(オークラ開業の直前ごろです)いったときには朝食はスクランブルではなく自然にクロックマダムも選ばせてもらえたのは、気づかなかったけれど連泊だったからなのですね。でも2日目は沢村のモーニングにいってしまいました。
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-17 23:35
>ファンさん
そうでしたか、前回もこのホテルのロケ現場についてコメントをいただくなど、皆さんよくご覧になっている人気ドラマなんですね。
実は僕はまだ見ていないんです。
でもこういう料理がドラマの中に出てくるなんて楽しそう、TVerでチェックしてみます。
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-17 23:36
>のんのんさん
コメントを有難うございます。
僕の過去の記録を見てみると、4月の時には選択制、6月の時は別ホテルで朝食でした。
のんのんさんのときはたぶんまだ選択制だった可能性は高く、そのあと僕が泊まった10月までのどこかで変更になったのでは?と想像します。
「沢村」のモーニングメニューはいかがでしたか?

Commented by のんのん at 2019-11-20 02:56 x
私が宿泊したのが9月上旬なので繁忙期からの移行にそって変更したのかもしれませんね。軽井沢は時季による込み具合が大きくことなるようです。沢村も9月だとゆっくりヘルシーな朝食をいただくことができました。ちょうど徒歩圏内でヒルトンからは便利なのでゲストでご利用の方も多いかも。
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-20 12:00
>のんのんさん
軽井沢の混み具合の季節的な変化には本当にすごいものがありますね
冬のウィークデイなどはあの「沢村」や「川上庵」辺りも人影がまばら、混雑も嫌ですが、余り寂しいのも・・・です。
ヒルトンのすぐそばにあるイタリアンの「ポモドーロ」はネットの評価はやや低めですが、イタリア人シェフで悪くないと思います。
また何かあったらぜひコメントいただけると嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-11-16 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(8)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2