人気ブログランキング |

シェラトン都ホテル東京 (4)

白金の「シェラトン都ホテル東京」(旧「ラディソンホテル」なんていっても覚えている人はもう少ないかも)に泊まった時の記録の最終回です。
「みやびフロア」に泊まり、同じ2階にある「シェラトンクラブ」というラウンジにアクセスできるというプランでのステイだったので、今回はラウンジの夕方5時半から7時半までのバータタイムと朝7時半からの朝食の様子をレポートしてみます。
まずはバータイム。
印象的なストライプデザインのスタンドにバイオレット・カラーの灯がともり、夜のムードを醸し出しています。
b0405262_19241180.jpg
僕は夕方外出した後、午後7時ごろにラウンジに行ったのですが、ラウンジはアルコールをゆっくり楽しむ人たちでほぼ一杯、この日は特に西洋系の人たちが目立ちました。
常連らしい日本人は「今日は混んでるねぇ」などと言ってましたから、特に混んでいる日だったようです。
恒例のアルコールの写真。
いつも書きますが僕は下戸なのでアルコールはどうでも良いのですが、参考にされている方も多いと聞いてますので。
b0405262_19242767.jpg
あぁ、これじゃ、ラベルが見えなかったですね。
写真、下手すぎでした。
b0405262_19244434.jpg
「オペラ」にはいろいろな種類があるんでしょうけど、これは1000円くらい?
b0405262_19245431.jpg

b0405262_19251294.jpg
軽食の方は、皆さんの食べかけなので、あまりきれいには撮ませんでした。
メニューの参考までに程度の写真です。
チキンの竜田揚げ。
一番売れているようでした。
b0405262_19252526.jpg
たこ焼き。
b0405262_19254200.jpg
右はカレーピラフ、左が焼きうどん。
b0405262_19261271.jpg
スープはボルシチ。
b0405262_19262489.jpg
何か小学生が好きそうな、炭水化物メインのホットミールですね。
冷蔵のところにはわかさぎのエスカッペシュやチーズ。
b0405262_19283049.jpg
七面鳥のパストラミ、パテドカンパーニュ、レタスサラダ、写真には写っていませんがフムスもありました。
b0405262_19284382.jpg
b0405262_19285660.jpg
パンの隣にポップコーンという面白い組み合わせ。
b0405262_19290969.jpg
僕がその時いただいたものです。
b0405262_19293783.jpg
ヒルトンのラウンジでも出される飲食の質の低下を嘆き続けているshackinbabyですが、ま、他のホテルもこんなものかと、妙に安心したりもしました。
なおサービススタッフは割と数いますが、ここはすべてセルフサービス、品物の補充と片付けしかしないようです。
で、翌朝、今度は朝の洋風バフェの様子を。
b0405262_20231862.jpg
朝早くから主に西洋系の外国人で混んでいて(日にちにもよるんでしょうが)、朝食もまたラウンジはかなりの混みようでした。
なるべくその人たちが映り込まないように写真を撮ったので、一部撮る角度がおかしかったり、影が写ってしまったりで、うまく写っていない写真がこの時も多いのはお許しください。
b0405262_20233537.jpg
シェフなどはいません、ただ料理が並べられているだけです。
b0405262_20235456.jpg
b0405262_20241211.jpg
点心とネームプレートのあったのは餃子、新しいトレイになってもまた餃子。
このホテルには中華料理店「四川」があるので期待したのですが、ま、フツーでした。
b0405262_20243063.jpg
上はオートミール、こういうトレイに出されていると何か変な感じですね。
b0405262_20245390.jpg
b0405262_20251668.jpg
b0405262_20253035.jpg
b0405262_20254694.jpg

パン類。
b0405262_20265601.jpg
b0405262_20271128.jpg
フルーツ類。
b0405262_20272651.jpg
b0405262_20274431.jpg
珍しく秋のフルーツ、柿や梨があったのは嬉しかったですね。
特別美味しいものではなかったですが。
b0405262_20275506.jpg
僕が食べた朝食。
b0405262_20281599.jpg
コーヒーとトマトジュースの間にあるのはうどんです。
ジャーの中に出汁が入っていて、上からかけて食べるタイプですが、出汁が熱々でこれが一番美味しかったりして。
ほかに和食系は全くありません。
「シェラトンクラブ」ラウンジにはこうして滞在中お世話になりましたが、ラウンジ、部屋、ロケーションを含めて、値段以外は自分向きではなかったかなぁと。
上層階の改装された部屋に泊まればまた印象はだいぶ違ってくるんでしょうが・・・。

Commented by nagi at 2019-11-11 22:31 x
最近すっかりカクテルタイムのラウンジにご無沙汰なわたくし。
あまりフードもお酒も惹かれないことが多いので…お腹とアルコール許容量的に勿体ない…みたいな。
ヒルトンお台場とか東京のカクテルタイムはもう1年ぐらいご無沙汰かもしれませんw
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-11 23:42
>nagiさん
ご無沙汰で問題ないですよ、最近のヒルトンあるいはヒルトン・クラスのホテルのラウンジは・・・。
アルコールの方はわかりませんが、食べ物であれは旨かったなぁなんてものはほとんどありません。
先日のお台場なカクテルタイムなんて、たいていは肉と魚が温かいものとしてあるんですが、その日はマカロニグラタン(と名前の知らない魚のスパイス焼き)でしたからね。
Commented by あつ at 2019-11-12 01:57 x
白金の都ホテル(って今でもそう覚えています)はちょっと都心から離れてるので中々行く機会も無いのですが、中華料理「四川」が好きで、以前は時々行っていました。この建物、内装デザインが村野藤吾ですが、外装がミノル・ヤマサキで初めて見たとき、カリフォルニア辺りにあっても違和感の無いデザインに感じました。泊まったのはまだ村野藤吾のインテリアが残っている頃でした。

都ホテルは村野藤吾の設計が多くて、蹴上の現ウェスティン都ホテルの他、上本町や、今は無き名古屋と、主要都市は全部関わっていましたね。ただ、今風では無いためかどんどん失われて言ってるのが残念。蹴上も大胆に改装しているので、本館の外観と佳水園位しか面影は無いかも。
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-12 08:47
>あつさん
いつも有難うございます。
僕にとって村野藤吾は晩年まで仕事を続けていたとはいえ、やや歴史上の建築家になってしまいます。
ウィキペディアなどで彼の建築リストを見ると、その輝かしさに驚嘆しますが、心底良いなぁと個人的に実感できるものは意外にあまり思い浮かびません。
建築の本には彼の建築の神髄は「伝統の昇華」ということで、過去を否定して未来に向かうのではなく、過去も未来も同列に考える建築なんだと・・・。
素人の僕にはこの辺は全然わかりません。
白金も少し見て回りましたが、彼のデザインが残っているという部分、はっきりしませんでした。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-11-11 12:00 | ホテル・マリオット系 | Comments(4)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2