人気ブログランキング |

シェラトン都ホテル東京 (2)

僕にとってはアウェイ感ありまくりの白金の「シェラトン都ホテル東京」に泊まった時のレポート、その2回目です。
「一休」のダイアモンドメンバーということで部屋のアップグレードなども期待したのですが、「満室のため」無理と・・・。
最初からなかなか厳しいものがある滞在でした。
チェックイン時いただいたカード式のルームキー、「シェラトンクラブ」というラウンジや「都ヘルスクラブ」のパスなど。
b0405262_14160132.jpg
では部屋へ、部屋までのアテンドはありません。
建物は古いですが、そこは4★ホテル、どこも比較的きれいに整えられています。
b0405262_1034565.jpg
エレベーター内。
和モダンのデザインといえるでしょうか。
b0405262_10351125.jpg
エレベーターホール。
僕の予約は「みやびフロア」というところなので、客室は2階のみにあるそうです。
このホテルの客室カテゴリーについては

     https://www.miyakohotels.ne.jp/tokyo/room/index.html

に詳しいです。

b0405262_10352974.jpg
廊下はこの時代のホテルにしては広いものの天井はやや低く全体に暗め。
b0405262_11265217.jpg
改装された上層階はもっとモダンなデザインになっているのでしょうね。
b0405262_10354990.jpg
カードキーをスロットに入れて、ドアを開けます。
なるほど、こういう感じですか。
「みやびフロア」のコンセプトは 

みやびを感じる空間で心地良いやすらぎを

だそうです。

b0405262_10362339.jpg
ここは「みやびフロア」の中でもバルコニーが付いたラグジュアリー(40㎡)、デラックス(36㎡)、スーペリア(26~30㎡)と3種類客室があるうちの、(予約した)スーペリアの中でもフロアマップから見ると一番狭い26㎡の部屋のよう。
こういうところもちょっとアウェイ感感じちゃったりします(考えすぎ?)。
でも意外に広く感じました。
キングベッド一台だけだからでしょうか。
ベッド・サイズは1930x2030X650。
b0405262_10364444.jpg
スーペリアの部屋の説明にはこうありました。

京都発祥の歴史と伝統あるおもてなしの心を受け継いだ「都ホテル」ブランドと、世界的ブランド「シェラトン」との融合をもとに、「京のみやび」をコンセプトとした空間。
日本の色を基調とした和モダンな設えと、天井の高さを活かした間接光が柔らかく明るい空間を演出します。

b0405262_10365889.jpg
ベッドは「シェラトンシグネチャースリープエクスぺリエンス」というシモンズ社のベッド。
スプリングは柔らかめ、リネン類は標準よりやや上、枕は2種類少し違うものが置かれていました。
寝心地は良かったですよ。
b0405262_10371291.jpg
ベッド周囲の備品。
b0405262_10372653.jpg
窓からは2階ということもあって、ホテルの庭園の木々が目の前に。
高層階からの俯瞰も悪くないかもしれませんが、この緑一杯もかなりな眼福です。
僕は嫌いじゃありません。
b0405262_10374197.jpg
そうだ、天気も良いしこのあと庭を散歩してみよう・・・。
いやラウンジで一息が先か??
b0405262_10375726.jpg
引き出しにはお決まりの聖書などが・・・。
b0405262_1038974.jpg
テレビは32型ですが(VIERA)、最近のホテルの大型化したものに比べるとどうしても物足りないところはあります。
向きは変えやすいタイプ。
b0405262_10382388.jpg
ロングタイプのパジャマやセイフティボックスはここにあります。
b0405262_1038366.jpg
デスクはシンプルですが、大きく充分ビジネス対応できるもの。
b0405262_10385284.jpg
このあたりの備品についてはウェブにこうありました。

お部屋にてお使いいただける器には、京都のブランド「SIONE(シオネ)」を使用。
月と波紋をイメージした器は、真っ白な磁土に、一点一点金彩を手描きで制作された繊細なもの。
硬質な磁土を用いながらも、柔らかくみやびな質感を表現している。

コースターには京都の塗師三代目、西村圭功が監修する「天雲 -ten no kumo-」を採用。
木地に漆を何層にも塗り込み、表面を炭で砥ぎ仕上げられている。
木地は薄く、全てを職人の手作業で行う京漆器の美学はそのままに、艶の下に秘められていた寡黙でシックな、もう一つの漆の表情を引き出している。

申し訳ないですが、僕にはその価値がいまいちよくわかりませんでした。
b0405262_1039518.jpg
お菓子は「みやびフロア」だけのものと。
ティーバッグは煎茶、ほうじ茶、「DILMAH」のアールグレイとイングリッシュブレックファストが、ネスプレッソのカプセルは4個置かれていました。
b0405262_10391710.jpg
冷蔵庫の中。
ミネラルウォーターのボトルは開けた時こうなって(倒れて)いました。
b0405262_10393084.jpg
ウェットエリアですが、ここは残念、古いタイプのもの。
ただベイシン前の鏡は大きく、照明も十分な明るさはあります。
タオル類はホテルのロゴ入りです。
b0405262_12324380.jpg
シェーバー、ヘアブラシ、綿棒、コットン、ヘアバンド、エメリーボード、シャワーキャップ、歯ブラシ、ボディータオル、マウスウォッシュ、入浴剤。
b0405262_10494228.jpg
トイレタリーはシェラトン・オリジナルのようで「LE GRAND BAIN」とありました。
バスタブは体にやさしいシェイプです。
b0405262_10495521.jpg
それにしてももうこの時代シャワーカーテン・スタイルはちょっと嫌かなぁ。
ま、ここも順次改装となるんでしょうが、僕の愛用するヒルトンもまだまだこういうスタイルのバスルーム残ってますからね、すぐには無理かもしれません。
b0405262_10501144.jpg
クローゼットにはバスローブ(だいぶ年季入っています)、靴ベラ、シューミット、アイロン台(アイロンはありません)、消臭剤、底の厚いペナペナではない使い捨てスリッパなどが置かれています。
b0405262_12335740.jpg
ピンポ~ン、あ、何か持ってきてくれました。
「一休」予約特典のアメニティのようです。
ホテル製のクッキー6枚、森永のチョコレート(キャレドショコラ)4枚、それにイタリアのミネラルウォーター「SURGIVA」(スルジーヴァ)でした。
マリオットの上級メンバーならもっともっと良いものがセットされるのでしょうが(うらやましい)。
b0405262_10502327.jpg
改めてドアの方から窓方向を見たところです。
b0405262_10503458.jpg
部屋を一回りチェックしたところで、今度は窓から見えた緑、ホテルの庭園の方に行ってみます。
b0405262_1050525.jpg
ホテルのウェブには 

     https://www.miyakohotels.ne.jp/tokyo/facilities/guest/03.html 

約1800坪、6000㎡の日本庭園は、銀杏や楓が生い茂り、緑深い白金の杜。
都会の中のオアシスで、緑の癒しに心和ませてください。

とあります。
b0405262_13573381.jpg
b0405262_13581625.jpg
b0405262_10514086.jpg
鳥居から上の方は立ち入り禁止になっていました。
b0405262_10515512.jpg
ここはチャペル。
b0405262_10521447.jpg
反対の方角に行くとこんな滝もあり、涼やかな瀧音が心和ませてくれますが、あたりに漂うのは清流のというよりは水道水(消毒)っぽいにおいでした。
b0405262_10523184.jpg
都会のど真ん中にこれだけの緑は、このホテル最大の魅力の一つでしょう。
では「シェラトンクラブ」というラウンジに行ってみましょう。
僕の部屋と同じ2階にあります。

Commented by 12345 at 2019-11-08 14:48 x
実は私も10月に行きました。
シャワーカーテンは、私も好きではないですが、雅はリノーベションルームです。
ですので、スタンダードルームは昔ながらのバスルームですので、まだ良い方です。
また横浜シェラトンの一部改装ルームよりまだ良いと思います。
クラブルームは、ミキモトがアメニティです。
私もアウェイ感が満載なのですが、価格で割りきるとまあまあと感じています。
ただ一世を風靡したシェラトンと思うと寂しい思いもあります。
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-08 21:55
>12345さん
「みやびフロア」はあれでも(失礼!)改装されていたのですね。
ま、ヒルトンも水回りはそのままでというリニューアル部屋もまだかなりありますものね、どこも状況は似たり寄ったりなのでしょう。
クラブルームというのは11~12階のプレミアムルームのことですか。
きっとアメニティの質を上げ、さすがにバスルームも洗い場付きになっているのでしょうね。
僕にとっては「一世を風靡したシェラトン」というより、「ラディソン都ホテル」としてのイメージが強くて(古っ!)、大阪、成田とホテル展開して、日本のラディソンホテルに期待した時期もあったのですが・・・。
Commented by 12345 at 2019-11-09 08:05 x
おはようございます。
すみません。
言葉たらずで…
ここのシェラトンというよりは全世界の
シェラトンという意味で、ここも横浜も
シェラトンの冠です。
昔は、シェラトンって凄いなっと思っていたことです。
私は、クラブルームとみやびしか泊まっていません。
クラブルームは、全面改装のため、洗い場付きです。
プリンスギャラリーのミニという感じです。
Commented by momo at 2019-11-09 10:00 x
かなり前ですが、こちらの近くが半年ほど職場でよく利用しました。
「バンブー」は打ち合わせや一人で気分転換に使ってました。
shackinbabyさんはお酒は飲まれないのでご利用されないと思いますがメインバーも毎晩通った時期もありました。
こちらのメインバーには都内のホテルでは珍しく本格的なシガーラウンジがあってお酒とシガーを楽しめるのが好きで通ってました。
中華料理の「四川」、朝食のブッフェ会場になる変わったシステム?は今も同じですね。
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-09 13:42
>12345さん
了解です、僕の方こそ意味を取り違えていたようです。
失礼いたしました。
やはり高層階の部屋はバスルームも改装されているんですね、
風呂は僕にとって大事で、シェラトン都はヘルスクラブに浴場があるとはいえ、もうシャワーカーテンのバスルームは嫌なんです。
ただプレミアムフロアとなるとそこそこ値段も高く、リーズナブルなお値段が僕にとって魅力的だったこのホテルも、競争力を失っちゃいます。

Commented by shackinbaby2 at 2019-11-09 13:43
>momoさん
「バンブー」は席数も多いのに、どの時間もけっこう埋まってましたよ。
ホテルのウェブを閲覧していて、「Mバー」にシガーラウンジがあると書いてあるのを見つけ、その時「momoさん辺りの方が使うんだろうなぁ」と本当に思いました。
「テーブル席と2人掛けの革張りのソファ、キャンドルの灯りと間接照明が施されたシガーラウンジでは、煙を除去する空気清浄機も完備。喫煙されない方もご一緒にお過ごしいただけます。
シガーは、手軽に楽しめるシガリロからプレミアム・シガーまで、常時32種類を取り揃えております
シガーアドバイザーが銘柄や楽しみ方をご説明いたしますので、初めての方でもお気軽にお申し付けください」
だそうですね。
Commented by momo at 2019-11-09 17:47 x
こちらのシガールームは初心者の方もスタッフの導きで楽しめます。
落ち着いた雰囲気でのんびりでき、他のシガー店のような排他的?な感じが薄いですよ。
シガーの世界を覗いてみたい方にはお薦めです。
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-09 18:00
>momoさん
情報を有難うございます。
だそうですよぉ<シガー・ビギナー諸氏。
僕は雰囲気にはあこがれるものの、だぶん駄目です。
Commented by Octopussy at 2019-11-12 23:18 x
Shackinbabyさんもこちらに泊まられたのですね!
私もSPGの修行をしていた頃、1度だけここに泊まったことがあります。
4階ぐらいの部屋だったと思いますが、部屋のドアが昔の団地のドアみたいに
鉄製だったのと、部屋が暗いしバスルームが古いタイプだったので
印象悪くてそれ以来行ってません。(笑)
改装された部屋は明るいんですかね??

2年ほどSPGでプラチナを維持しましたが、Bonvoyになってから
資格要件が25 staysから50 nightsになってしまったので
今年でお別れです。
Bonvoyになってからは部屋のアップグレードはほとんど無くなってしまいました。
ヒルトンの上級会員はいまだに好待遇ですか?
これからはHyattに戻って、Discoveristぐらいで甘んじておけばいいかと
考える今日この頃です。
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-13 00:16
>Octopussyさん
11~12階の改装されたプレミアムフロアはかなり快適な部屋になっているそうです。
自分の宿泊の前、ネット検索で、マリオットの上級メンバーがその部屋にアップグレードされてとても良かったという内容のブログを、いくつも読みました。
僕が泊まった2階は、最近ではないようですが改装されているとのことで、バスタブはシャワーカーテンスタイルでしたが、ベイシン周りの照明などは十分なものでした。
マリオットはプラチナやチタン、その上にそれぞれのライフタイム、更にはコバルトなんて最上級のものもあるようで、上はキリがなく、普通の宿泊ではとてもとても届かないプログラムになっています。
ヒルトンは今のところまだまだ緩くて、年間30泊滞在などでダイアモンドを取れば、ほとんどの場合で優遇が効きます。
もちろんそのうち改悪あるかもですが・・・。
Commented by Octopussy at 2019-11-13 01:02 x
ヒルトンのダイアモンドはまだまだ優遇されているのですね。
今度はヒルトンのステイタスにトライしてみようかな、と思ってしまいます。
コンラッドには泊まってみたいところがいくつかありますし。

ハイアットは部屋の雰囲気が好きでなかなか離れられないです。
Hyatt Regency Sukhumvit Bangkokも部屋は快適でした!
Parkの方が高いときはこちらです(笑)

Marriottと合併する前は、Starwoodは頻繁にスイートアップグレードあったんですが、
最近は何もないですよ〜、気前よさが無くなった感じです。
一般人には50 nightsも泊まれないのでもう諦めです。
アメリカのクレジットカードほど泊数付与が多くないですし。
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-13 08:38
>Octopussyさん
僕はホテルでもエアラインでもなるのなら最上級会員しかないと思っています。
で、いまヒルトンのダイアモンドってホテル界では一番敷居が低いんじゃないでしょうか。
カード付帯などでも積極的にダイアを増やす努力もしているので、もうひ日本でもダイアはあふれかけています。
このままいく行くとは思えませんが、いま現在は有用なホテルプログラムだと思っています。
Commented by Octopussy at 2019-11-13 22:51 x
なるほど!
年末近いですし、検討してみます
Commented by shackinbaby2 at 2019-11-14 09:21
>Octopussyさん
僕の↑の書き込みの「もうひ日本でもダイアはあふれかけています」の「ひ」は不要でした。
いつもミスタイプして申し訳ありません。
マリオットはこれからとにかく日本でのホテル展開がすごいですし、ハイアットは常にやや上質、ヒルトンはまあまあそこそこって感じ、どのプログラムになさるのかよくお考えになってくださいね。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-11-08 12:00 | ホテル・マリオット系 | Comments(14)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2