人気ブログランキング |

THE OKURA TOKYO (オークラ東京)(7)

午後6時過ぎ、「THE OKURA TOKYO (オークラ東京)」プレステージタワー37階のクラブラウンジを後にし・・・
b0405262_18514839.jpg
「ヘリテージウィング」15階の自分たちの部屋に戻りました。
b0405262_18521454.jpg
b0405262_18523430.jpg
b0405262_18525330.jpg
服を着替えて夕食に外出。
午後8時半ごろホテルに戻ってきた時の「ヘリテージウィング」と「プレステージタワー」のエントランスです。
賑やかだった昼間とはうって変って辺りはかなり静か。
タクシーの出入りが目立つだけです。
b0405262_18532339.jpg
部屋に入る前に、夜の「オークラ庭園」も散歩。
b0405262_18534943.jpg
b0405262_1854784.jpg
風も少しあって、竹の葉擦れの音が耳に心地良かったです。
b0405262_18542736.jpg
「プレステージタワー」の方からホテルに入ってみます。
館内はとても静か、昼間とは大違いです。
b0405262_18544425.jpg
b0405262_1855517.jpg
b0405262_18552186.jpg
夜のロビーも美しい・・・。
b0405262_18554016.jpg
b0405262_18555992.jpg
部屋に戻ると、ターンダウンを終えたばかりの3人組のハウスキーパーとすれ違いました。
後で聞くところによると「ターンダウンに来るのが遅い」とお叱りが複数の部屋からあったようです。
きれいに清掃・片付けられた部屋を見て、「これは時間掛けてそう。オープンそうそうで時間配分がまだ慣れてないんだろうなぁ」と好意的に考えるほど、何から何まできれいに整えられていました。
b0405262_18562199.jpg
枕元には「ピエールマルコリーニ」のチョコレート2種(一つは抹茶フレイバー)。
ラウンジのナイトキャップ(午後8時から9時半)にもこれが出ているようです。
僕らはもうナイトキャップの時間にラウンジまで行く勇気はなく、他にどんなものが出ているかは分かっていません。
b0405262_18563714.jpg
せっかくブラインドを下ろしてくれていたのですが、もちろん僕は全開に。
夜景を見ながら眠りたいのです(いつもですが)。
b0405262_1856532.jpg
b0405262_19483427.jpg

夫婦ともども爆睡の翌朝、あいかわらず僕らはホテルでも超早起きです。
b0405262_18573338.jpg
b0405262_18575017.jpg
b0405262_18581264.jpg
b0405262_1858334.jpg
靴磨きを頼んでいた靴も、新聞と共に、バレーボックスの中に。
b0405262_18585816.jpg
僕らの宿泊は朝食付きで予約してあります。
「ヘリテージウィング」の朝食付きの場合はフレンチの「ヌーヴェル・エポック」、和食の「山里」、バフェの「オーキッド」や「クラブラウンジ」、ルームサービスからどれを選んでも良いといわれています。

     https://theokuratokyo.jp/dining/

朝食付きといっても泊まる棟、プランなどによって選択肢が違うのは要注意です。
僕らの次回の「プレステージタワー」宿泊の時は、「山里」か「オーキッド」、ルームサービスからだけしか選べません。
今回僕は「ヘリテージウィング」ロビー階にある「ヌーヴェル・エポック」に、奥さんは4階の「山里」にと別れて朝食を取ることにしました。
b0405262_00190582.jpg
b0405262_1859257.jpg
旧ホテル時代の「ラ・ベル・エポック」の名前を受け継いでいるはずなのに、インテリアはモダンに一新、シェフも変わり、ヌーヴェルなフレンチを出す、ファイン・レストランになっていました。

     https://theokuratokyo.jp/dining/list/nouvelle_epoque/
b0405262_195333.jpg
窓を大きく取り、眼には「オークラ庭園」の緑が飛び込んできます。
きれいに磨かれた窓。
お昼や夜よりも朝食が最高に似合うセッティングと僕は感じました。
そしてたぶんここがベストシート。
b0405262_1952194.jpg
モダンな中に巧みに和の要素(障子のイメージ)も混ぜ込んでいますね。
b0405262_19540100.jpg
ライティングもOK。
b0405262_1955854.jpg
サービスは丁重、ピンと張った雰囲気の中にも礼儀正しいギャルソンが暖かみのある接遇で、こちらは文句なし。
b0405262_1961958.jpg
メニューです、読めますでしょうか。
値段が入っていませんが、何と1人6500円++だそうです。
ちょっと信じられない値段です。
「帝国ホテル東京」の「ラ・セゾン」で出している「ル・スティル・ティエリー」という朝食の9000円++にはかないませんが。

     https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/les_saisons/plan/le_style_thierry.html
b0405262_1964056.jpg
アメリカンブレックファスト、コンチネンタルブレックファスト、アラカルト、BEAU JARDINと並んでいますが、どれも美味しそうです。
b0405262_1965971.jpg
アメリカンもコンチネンタルも同じ値段?
アラカルトって何を頼んでもいいの?
今になると疑問だらけですが、とにかくフレンチトーストを食べたかった僕は深く考えもせず、BEAU JARDINのフレンチトーストの方をお願いしてしまいました。
トリュフ入りソースのエッグべネディクトも魅力的でしたが、それは他のホテルでも食べられそうなので。
b0405262_1971999.jpg
b0405262_1974310.jpg
テーブル・リネンは一眼で高級品と感じられる肌触りの良いもの。
カトラリー(「クリストーフル」製)はもう本当にぴかぴか。
コーヒ-は意外にも普通の出来、でもオレンジジュースは抜群で、フレッシュさ、甘さ、酸味、温度、舌触り、どれも文句なしでした。
たぶん生絞りを荒めにでも濾しているのでしょう。
思わずお替りしちゃいました。
グレープフルーツ・ジュースもフレッシュのようです。
b0405262_198272.jpg
ランチやディナーはまた食器を変えるようですが、朝はリモージュの「ベルナルド」のもの。
b0405262_1981885.jpg

b0405262_198529.jpg

b0405262_199127.jpg
サラダはいろいろな野菜が少しづつ大集合、ソースは糀(こうじ)のソースだったと。
b0405262_1993170.jpg
野菜はさすがに新鮮で、食べて美味しいと思えるもの。
b0405262_19102017.jpg
おぉ、来ました、フレンチトースト、これです、これ。
個人的に思い入れのある、オークラが生んだ名物メニュー。
僕もこのブログで折にふれて取り上げてきました。
b0405262_1995735.jpg
旬の果物、生はちみつ、北海道産のフェッセル、エシレの無塩バターが添えられています。
b0405262_19103942.jpg
白いのがフェッセル、チーズです。
もともとはカードの水きりをする容器のことだそうで、チーズのことは詳しく知りませんが、柔らかいフロマージュブランって感じ。
b0405262_19105790.jpg
いや~、これは旨いなぁ、でも昔と少しだけ作り方変えてるかもしれません。
ほんの少し蒸し焼き工程が入ったような・・・(僕の個人的感想です、間違っているかもですが)。
b0405262_1911135.jpg
チーズも合いますね。
b0405262_19113241.jpg
素晴らしい店内、丁重なサービス、最高のカトラリー、厳選された料理・・・とそのファインレストラン振りは、まだオープン数日めというのに、いかんなく発揮されていたと思うのですが、いかんせんお値段が現実的ではない、プランに含まれていなければ選ばない値段です。
なおこのレストランのドレスコードに付いてですが、以前は男性は朝食時もジャケット着用とありましたが、最新のウェブには

ドレスコード:朝食はスマートカジュアル(ショートパンツ、サンダル、男性の袖無しの衣服および着帽でのご来店はご遠慮いただいております)、ランチ、ディナーはスマートエレガンス(男性のお客様はジャケット着用)をお願いしております。

となっています。
あ、今日でこのホテル、終わりにしようと思いましたが、まだラウンジの朝食が残っていました。

Commented by あつ at 2019-09-30 02:56 x
そういえば、裁判沙汰にもなっていた、久兵衛はどうなったのでしょうか? ホームページからは情報がありません。結局The Okuraには入らず、SOUTH WINGに居残って終わるのでしょうか?
Commented by shackinbaby2 at 2019-09-30 11:37
>あつさん
新生「オークラ」には寿司屋は「山里」の寿司カウンターしかないようです。
「久兵衛」はオリンピック後(南館終了後)は撤退ということでしょうか。
さっき簡単にググってみたのですが、その後の「オークラvs久兵衛」の裏話などは見つかりませんでした。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-09-29 12:00 | ホテル・東京 | Comments(2)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2