人気ブログランキング |

THE OKURA TOKYO (オークラ東京)(1)

話題の「THE OKURA TOKYO (オークラ東京)」が9月12日に開業。
オープン早々、その「ヘリテージウィング」の方に泊まってきましたので、その詳細の1回目です。
数日前にすでに速報としておおまかなところをレポートしていますが

     https://shackinba3.exblog.jp/29638473/

これからは僕らの宿泊の細かなところまで、リアルな行動順に書いていこうかと思っています。
b0405262_1935168.jpg
     https://theokuratokyo.jp/



日本美を基調とするヘリテージウイングと、都市型高層ホテルのプレステージタワー。
どちらも和の新解釈です
b0405262_19353941.jpg
41階建ての「プレステージタワー」は28階以上に客室があり全368室(スイート10室)、17階建ての「ヘリテージウィング」は全140室(スイート7室)という構成。
two brands one operationです。
b0405262_20455074.jpg
両棟の前には「オークラスクエア」という大きな水盤の広場があり、その一部に「大倉集古館」もあり、都会的の極みのようなビルの前を贅沢に使い、景色に潤いを与えています。

b0405262_19364278.jpg
ビルには空や周囲の建物が写り、晴天の日の青い空と白い雲の映り込みはなかなかなものでした。
この方向で正面にそびえる高層ビルは「愛宕山グリーンヒルズ」でしょう。
その手前には「ホテルオークラ東京・サウスウィング(旧別館)」(JAL創業者の松方三郎の敷地)、そして「大倉集古館」が見えています。
b0405262_193726.jpg
「オークラスクエア」を上から見たところ。
b0405262_19520923.jpg
「大倉集古館」は建物ごと数メートル移動され、この位置となり、再開されました。
b0405262_22370605.jpg


b0405262_1939891.jpg
ここは明治から大正時代にかけて活躍した大倉喜八郎が設立した日本初の私立美術館。
約2500件の美術・工芸品と約1000部の漢籍があるとのことです。
入場料は1000円。
大倉喜八郎の名前はご存知かとは思いますが、まだの方はこの機会にぜひ。

ホテルオークラは、大倉喜八郎の長男で、大倉財閥の二代目である大倉喜七郎によって設立された。
公職追放により帝国ホテルを離れた大倉は、日本国憲法の制定により、華族としての待遇も奪われる。
しかし、国内屈指の工芸家たちへ日本の美を以って諸外国の貴賓を迎えるホテルの理念を熱心に説き、その協力を得てホテルオークラを開業させた。
明治以降の日本に存在したであろう貴族の精神を証明するという野心と「最後の男爵」としての意地により、「帝国ホテルを超えるホテル」をコンセプトに設立されたホテルである。

b0405262_1939375.jpg
     https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9

この像は大倉喜八郎や喜七郎ではなく、大倉鶴彦となっていました。
これは喜八郎の狂歌名なんだそう、僕らは初めて知りました。
b0405262_1940329.jpg
右に「プレステージタワー、左が「ヘリテージウィング」。
b0405262_1937275.jpg
b0405262_1938346.jpg
「プレステージタワー」のエントランスは非常にビジー、ひっきりなしにお客やタクシーが出入りしています。
b0405262_19545759.jpg
b0405262_19551916.jpg
b0405262_20204698.jpg
それに対して「ヘリテージウィング」は宿泊特化棟(プラス2軒のレストラン)なので、エントランス前も静かなものです。
b0405262_20210631.jpg
エントランスも小さくひっそり。
ドアマンはいるときもいないときもありますが、ベルは常駐しています。
b0405262_20213484.jpg
ホテルの外容を一回り見た後は、この「ヘリテージウィング」のエントランスから中に入ります。
b0405262_20214973.jpg
小さなデスクがあり、もう1枚ドアを抜けるとまたベルデスクがあり、そこが「ヘリテージウィング」のレセプション、ロビーとなります。
b0405262_22540536.jpg

シンプルで静謐な中にも旧ホテルの「平安の間」や「オーキッドバー」を飾っていた懐かしの品々を散りばめ、「和モダン」などとは括れない、独特の雰囲気を出しています。
b0405262_23013001.jpg
レセプションデスクが2台、チェックイン・アウトなどにノートパソコンは使いますが、その他の乱雑な紙などはデスク上に全く見かけません。
b0405262_23021612.jpg
オークラ ヘリテージウイングのロビーは、静寂さとあたたかさを感じる独特の和の趣きをもったロビーにしていきます。
オークラ プレステージタワーのロビーとの差別化を図るため、谷口吉生氏の設計のもと、ロビーの空間そのものを日本の床の間のように、静謐な場所として、その中にオークラを象徴するデザインをちりばめ、錦張り交ぜの壁面装飾や六角形のブラケット照明、鱗紋などのオークラのアイコンが浮かび上がるような空間構成といたしました。
入口正面の壁面には、旧本館の大宴会場「平安の間」で使用されていた「三十六人家集の料紙」を移設・再現いたします。
b0405262_23015469.jpg

谷口吉生氏は「ホテルオークラ東京」本館の名物ロビーを設計した谷口吉郎氏のご子息だそうです。
b0405262_22513140.jpg
床の間のイメージですかね。
b0405262_22514345.jpg
この藤をかたどったガラスの飾りも宴会場のどこかに(たぶん「平安の間」周辺)にありましたよね。
このロビー階(LB階、以前と同じで建物の5階にあたります)から4階にかけてを飾っています。
(「シャングリラ東京」などの豪華なシャンデリアとの差にご注目を)
b0405262_22523167.jpg
b0405262_00141695.jpg
b0405262_00143831.jpg
このガラスの絵皿は「オーキッドバー」の壁を飾っていたそうです。
下戸の僕にはうろ覚えですが、よく行かれていた方にはまさに「オークラのヘリテージ」の一つでしょう。
b0405262_22524457.jpg
b0405262_22525539.jpg
このフロアにはレセプションデスクから見て一番奥、エントランスからはベルデスクの裏、衝立の向こうに、こんなライブラリースペースがあります。
とはいっても置いてあるのは新聞と多少の本のみ。
b0405262_23005110.jpg
b0405262_14533471.jpg
1人くつろぐのも良し、待ち合わせにも良し、僕らはホテルのチェックイン時間(午後3時)より早く着いてしまったので、まだ部屋の用意が出来ておらず(オープン数日後ということで部屋の清掃も混乱、レセプションも混乱、ほとんどの人に遅れが出ていたようです)、このスペースで待つように言われました。
しかし「ヘリテージウィング」宿泊者は「プレステージタワー」37階にあるクラブラウンジも利用できるとのことなので、チェックインを半分済ませ(部屋番号未定の状態)、電話を入れてもらったうえで、ラウンジで部屋が出来るのを待つことにしました。
以下は次回(2)で・・・。
最後に「ホテルオークラ東京」最後の日、2015年8月31日の映像です。
つまり今回の「オークラ東京」は3年と20日ぶりの新ホテルなのです。



Commented at 2019-09-21 07:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-09-21 07:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby2 at 2019-09-21 08:42
>たにともさん
すべて了解いたしました、ご指摘有難うございます。
すぐに直させていただきました。
今日は曇りメインで雨にはならないようです。
昨日に続いて素晴らしい1日になりますようお祈りしています。
Commented by 鹿 at 2019-09-21 09:46 x
いよいよ始まりましたね。
新しいオークラの香りが伝わってきます。
私は別館に宿泊したことしかなく既にタワー建設の工事が始まっていたので旧本館はエントランスにすら足を踏み入れたことがありません。
いつか新しいオークラに宿泊する時のために今回のシリーズでしっかり予習させて頂きます。
Commented by shackinbaby2 at 2019-09-21 10:51
>鹿さん
僕は週末にまとめて次の1週間分の記事を作っているのですが、ヘリテージウィング滞在記は何と7回分も書いてしまいました。
次回今度はタワーの方に泊まりますので、その時もまた。
もしご参考になることがあれば本当に嬉しいです。
別館(サウスウィング)も今や貴重で、いつまであるか分からない状態なので、僕も一度泊まっておきたいと・・・。
Commented by 鹿 at 2019-09-21 14:56 x
shackinba3さん(←でよろしいのでしょうか?以前のブログのように借金さん?)
参考どころかいつも勉強させて頂いています。
以前別館(サウスウィング)のバーを利用した時のスタッフさん情報によると「別館はオークラの名を外して少し改修して宿泊特化型ホテルにするという話しも出ています」と聞きました。そう遠くない将来、別館も幕を下ろすことになるかも知れませんね。
https://www.shikachannel.com/entry/2018/12/14/050000
Commented by shackinbaby2 at 2019-09-21 16:55
>鹿さん
いつも有難うございます。
別館は立て直してマンション(コンド)になるとも聞いたことがあります。
出来れば「オークラ」傘下のホテルになり、どの棟に泊まってもどこの施設も利用できるようになると良いななんて・・・。
Commented by momo at 2019-09-21 17:47 x
両親が宿泊した時もかなり混乱していたようです。
他の宿泊客も皆さん早めに到着されてお部屋の準備が間に合わず、スタッフが上手くさばけていなかったようです。
そのためスタッフによってラウンジへ案内したり、そのまま放置状態もあったと言ってました。
両親は知り合いのスタッフが到着時からアテンドして頂き車を降りてラウンジへ向かったそうです。
Commented by たにとも at 2019-09-21 18:57 x
本日、午後2時半頃にチェックインしました。
先週はかなりな混雑だったとお聞きしたのでドキドキでしたが、今日はエントランス周りも静かで
ベルの方が直ぐにラウンジまでご案内して下さり
ラウンジの方とベルの方お二人でお部屋まで案内をしていただきました。
ラウンジも比較的余裕のある感じで運用されていたように思います。
大倉集古館は何度か訪れていますが、今回の移動再開で
随分と綺麗になりましたね。
Commented by shackinbaby2 at 2019-09-22 00:42
>momoさん
僕らの時は混乱といっても過去の高級ホテルの開業直後の異常なまでの混乱(例として東京のペニンシュラ、大阪のセントレジス)に比べれば、可愛いものでした。ベテランであろうレセプショニストたちは誰もテンパっていて余裕が少なく、一部スムーズに事を運ぶことが出来なかったような、通るたびにそんな雰囲気を感じただけです。
自分も含めて、声を荒げたりしてクレームを・・・なんて光景はありませんでした。
客層も良かったのかもしれませんが。
きっと今頃は連日の反省会(?)で全てがスムーズに事が運べるよう努力中でしょう。
この棟・スタッフならかなり近いうちに全てを微笑みのうちに完璧にこなしてくれるようになる予感はします。
Commented by shackinbaby2 at 2019-09-22 00:53
>たにともさん
雨は降らなかったし、曇りといってもこれくらいなら、きっと高層階からの眺めは素晴らしかったのではと想像します。
僕らはラウンジからの東京湾方向しか知らないので、他方向の見え方に興味があります。
ラウンジは広いですが、僕の事前の予想より出されている飲食物はややシンプルかななんて感じちゃいました。
下世話な質問で申し訳ありませんが、上級メンバーの特典って何かお教えいただけますか?
どうぞ印象に残る 素敵なご宿泊になりますよう祈っております。
Commented by たにとも at 2019-09-22 09:37 x
昨日も今朝も雨は降らず、部屋からの眺めも良いです。
私の滞在している部屋はラウンジのある方向で見える景色も同じです。ビューバスの部屋なのでお風呂に浸かりながら東京タワーが見られます。
反対方向は昨夜41階のバーラウンジ「スターライト」
から眺めました。アメリカ大使館を見下ろす景色は
なかなか無いのでは?
このスターライトのワンドリンクチケットを
ワンハーモニーのプレミアムセレクションに
The Okura Tokyoを指定していたため頂きました。
ワンドリンクチケットの内容はスタンダードドリンク。
との事でしたが、最初にアテンドしてくださった方からは色々なドリンクから選ぶ事が出来ます。とメニューを開いて説明してくださいました。その後に注文を聞きに来てくださった方はかなり限定的な案内だったので
再び最初の方に(笑)
結局、私はグレンファークラス17年もの一杯2300円++主人は山崎12年もの2000円++のものを頂きました。
このあたりは人によっての裁量があるのかもわかりません。
お部屋のアップグレードはこのホテルは対象外なので
オリジナル予約の部屋です。
エクスクルーシヴの会員としてのアメニティなのか
どうかは不明ですが、「オーキッド」で販売されている
リーフパイを頂きました。
チェックアウトは午後3時までのレイトチェックアウトをお許し頂きました。
これで、今日のランチ後もゆっくりする事が出来そうです。
先月宿泊したオークラバンコクでは
部屋のアップグレードもありましたし、指定していた
プレミアムセレクションとしてのアメニティも
結構しっかりとした
旅行用の小分け袋のセットだったり。
と差を感じました。この後、また気付いた特典が有ればコメントいたします!
Commented by shackinbaby2 at 2019-09-22 10:54
>たにともさん
さっそく僕のお願いにお答えいただいて、本当に有難うございます。
今日の東京はとりあえずbeautiful Sundayですね、午後は分かりませんが。
お部屋から東京湾のキラキラがしっかり見えることでしょう。
最上級ステイタスの優遇状況に関しては、とても参考になります。
ドリンククーポンやレイトチェックアウト、ウェルカムスイーツ(リーフパイは僕の部屋にもありました)辺りが特典ですかね。
部屋のアップグレードはあっても良いような気もしますが。
どうぞ残りの3連休も充分お楽しみください。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-09-21 00:00 | ホテル・東京 | Comments(13)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2