人気ブログランキング |

THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷) (2)

8月20日にオープンした「THE BLOSSOM HIBIYA(ザ ブラッサム 日比谷)」。

     https://www.jrk-hotels.co.jp/Hibiya/

印象的な18階(地上82m)のスカイロビー・レセプションでのスムーズなチェックインのあと、アサインされた部屋に向かいます。
部屋までのアテンドはありませんが、エレベーターのボタンを押してくれ、ドアが閉まるまで丁寧にお辞儀をしてくれます。
b0405262_2325191.jpg
最新のホテルですからセキュリティはばっちり、ルームキーをセンサーに当てる必要があります。
L階、19階以外は自分の宿泊階にしか停まりません。
19階ではパブリックエリアと客室エリアの間もルームキーが必要になります。
b0405262_23262521.jpg
構造はシンプルに中央に廊下でその両側に客室となっています。
絨毯はまだ新しさを感じるもの、デザインはデザイナーのこだわり(?)が感じられるもの。
b0405262_23245849.jpg
僕らの予約したプレミアムツインという部屋はコーナールーム。

     https://www.jrk-hotels.co.jp/Hibiya/rooms/

25~27階の角部屋に設けられた特別なお部屋です。足元から天井まで広がる二面に開かれた窓からは上層階ならではの眺望を楽しむことができます。ベッドルームとリビングルームを設け、充実した収納、洗い場付きバスルームなど快適にお過ごしいただける機能が満載です。

このホテルの部屋カテゴリーは上記公式サイトに詳しいですが、改めて触れておくと
★スタンダードダブル (22㎡)
b0405262_09062276.jpg
★スタンダードツイン (25㎡)
b0405262_09063348.jpg
★スーペリアダブル (25㎡)
b0405262_09064497.jpg
★デラックスツイン (34㎡)
b0405262_09294441.jpg
★プレミアムダブル (53㎡)
b0405262_09301262.jpg
★プレミアムツイン (61㎡)
b0405262_09303033.jpg
★ユニバーサルツイン (22㎡)
b0405262_09304595.jpg
★ユニバーサルダブル (31㎡)
b0405262_09305651.jpg
と別れています。
景色にこだわる方は窓からの景色、東京タワーが(ぎりぎり)見える側か日比谷公園側かにご風位くださいね。
では僕の部屋、プレミアムツインのドアを開けてみましょう。
b0405262_2325362.jpg
ドアの写真は別の部屋、ランダムに撮りました。
ドアを開けるとこんな感じ。
b0405262_8114832.jpg
向かって左右独立したトイレ、クローゼット、ウェットエリアがあり、それぞれドアで仕切れるようになっています。
b0405262_812585.jpg
トイレは広めですが・・・
b0405262_8122147.jpg
こういう手洗いを含めて、何となく質感は髙くありません。
b0405262_8123946.jpg
ウォークインクローゼットはルーバー付きの窓のおかげで、シェードを上げておけば(手動)昼間は灯り要らずです。
ここやトイレは人感感知点灯にはなっていますが。
b0405262_813418.jpg
使い捨てスリッパはブラウン・カラーでペナペナではないやや質の良いもの。
b0405262_8134837.jpg
セイフティボックスはここ、ランドリーにも対応していて朝10時までのオーダーで、午後7時返し、料金例としては水洗い(ドライクリーニングではない)のワイシャツで350円だそうです。
b0405262_8142133.jpg
靴べら、ブラシ、アイロン、アイロン台、消臭剤と必要アイテムは揃っています。
b0405262_8145026.jpg
b0405262_20424724.jpg
さぁ、リビングルームです。
さすが全部で61㎡ある部屋、スイートとは銘打っていませんが、ジュニアスイート位、いや実質スイートルームのような作りになっています。
b0405262_815932.jpg
b0405262_8152757.jpg
b0405262_815523.jpg
テレビの両脇のドアは閉められ、ベッドルームとは完全に分けることも出来ます。
b0405262_8162292.jpg
最新のホテルらしく、室内の照明、空調、カーテン、周囲の案内などはタブレットで操作です。
b0405262_10175304.jpg
b0405262_10181165.jpg
ではカーテンを開けてみましょうか。
もちろんカーテンとブラインドのダブル構造。
お~っと、これは良き景色、僕のようなシティラインフェチには堪りません。
b0405262_817504.jpg
2面窓、コーナールームって良いなぁ。
しかもほぼフロア・トゥ・シーリングの大きな窓。
ガラス窓は良く清掃され視界も良好です。
開放感、空中浮遊感が僕には最高としか・・・。
幅広そして長い窓際ソファも余裕あるサイズです。。
b0405262_818109.jpg
ただこの方向、内幸町方面はビュー的には、シティビューではありますが、面白味の少ないエリア。
たぶん建物の反対側にあるはずのコーナールームの方が銀座方向も見えて、より面白いかもしれません。
特に夜景。
ソファやクッションの質感はもう1つ、クッションはもう少したっぷり大きい方がリラックス出来たでしょう。
テーブルは流行の高低2種の丸テーブル。
b0405262_8182992.jpg
構造上無理だったかもしれませんが、このコーナーもすべてガラス窓になったなら!
b0405262_8184494.jpg
東京タワーはてっぺんのみ見え、手前の大きな建物は「愛宕グリーンヒルズ」です。
b0405262_8192992.jpg
眼を右にやれば虎ノ門ヒルズや建築中の高層ビルの雄姿が・・・。
b0405262_8194528.jpg
この写真中央には浜松町・品川エリアが、左方には新橋・汐留エリアが広がっています。
b0405262_820423.jpg
では今度はベッドルームを見てみます。
b0405262_820247.jpg

Commented by 通りすがり at 2019-09-02 09:46 x
新橋駅至近で、眺望もよく、これでFBの質も良ければ是非泊まってみたいと思いました。
夏休みにアンダーズを利用した際スタッフに聞いた話では南西(東京タワー側)が現在建設中の(第3?)虎ノ門ヒルズ(52階建て)に10月末頃には完全にブロックされてしまうらしいです。
同じ森ビル同士で眺望の良さを打ち消してどうすると思いました。
Commented by shackinbaby2 at 2019-09-02 23:04
>通りすがりさん
本当に「第一ホテル東京」の隣、駅までは徒歩5分ですね。
good locationだと思います。
F&Bは実は僕が泊まった時はまだ朝食しか提供しておらず、ランチやディナー、日本酒バーは8月末にオープンしたばかりのようです。
朝食に関しては(5)で取り上げますが、既製品ではなくホテルメイドのものが多く、九州らしいお惣菜を表に出していて、悪くなかったですよ。
この開業時のスタンダードがこれからも続くのかちょっと?ですが。
「アンダーズ」は残念ンことになりそうですね。
あっ、「アンダーズ」とは比較しないでください。
「ブラッサム」は新しくてどこもきれいですが、パブリックエリアも客室も質感はかなり落ちます。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-09-02 00:00 | ホテル・東京 | Comments(2)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2