人気ブログランキング |

パレスホテル東京 (5)

「パレスホテル東京」に泊まった時の記録、今回はその夜から朝にかけてです。
宿泊日は週末、ホテル内はどこも本当に混んでいました。
特にウェディングなどのバンケット。
ホテル1階にはホテルロビー、オールデイダイニング、ロビーラウンジ、メインバーがあり、5階には中華料理店、スパ&フィットネス、チャペル、6階に日本料理店、ラウンジバーとありますが、ひときわ混んでいたのが5階です。

     https://www.palacehoteltokyo.com/restaurants-bars/

前にも書きましたが、館内はどこにも美術品・工芸品があふれ、中華料理の「琥珀宮」前の中国人作家による金箔も使った絵画は印象的でした。
b0405262_11512776.jpg
こういう小品も良いな。
b0405262_11514462.jpg
もうきりがないので、これ以上は載せるのはやめますね。
前にも書いたように名物フレンチレストラン「クラウン」は7月28日にクローズ。
「クラウン」があったところは、悲しいことに、こんな風に閉じられてしまっています。

     https://www.palacehoteltokyo.com/restaurant/crown/
b0405262_1152246.jpg
改装後はアランデュカス・プロデュースの「エステール」というレストランになります。
11月1日からだそうです。


b0405262_11521892.jpg
夕方のターンダウン・サービスは3人一組で、本当に丁寧に、すべてをきれにし直してくれます。
ウェットエリアもバスタブを含めてよくこの短時間のうちにきれいになるものだと感心するくらいに・・・。
b0405262_11524493.jpg
ベッド上にセットされたパジャマはロングタイプのものです。
ミニバー辺りもしっかり補充してくれるし、ミネラルウォーターなどは一体何本置いてあるんでしょう。
b0405262_1153277.jpg
安眠用にでしょうか、ホットアイマスクも置いてありました。
僕らが夕食から帰ってくると、窓の外にはこんな夜景が広がりますが、僕の簡単デジカメで撮るにはちょっと暮れ過ぎていました。
もう少し明るさのある時間の方が写真撮りやすかったのですが。
b0405262_11534124.jpg
東京タワーもてっぺんが顔を出しています。
b0405262_1154262.jpg
明けて翌朝、同じ部分を写真に撮るとこうなります。
b0405262_11542374.jpg
肉眼で見る分には夜も良いですが、こうして写真に撮ると、昼の方がよく分かり、大東京の真ん中にいるぞぉ感を実感できます。
b0405262_1154454.jpg
僕らは朝食付きのプランで予約したので、早起きの僕らはホテル周囲の散歩の後、午前6時から始まる1階「グランドキッチン」の朝食に向かいます。

     https://www.palacehoteltokyo.com/restaurant/grand-kitchen/
b0405262_12014281.jpg
「ザ・パレスラウンジ」のところを奥に入って行きます。
b0405262_11552266.jpg
b0405262_11554058.jpg
朝食から深夜まで、様々な時間帯のニーズにお応えするオールデイダイニング。
フレンチ、洋食、和食の要素を取り入れた幅広いジャンルのメニューを揃えており、旧パレスホテル時代から愛されているローストビーフやマロンシャンティイなどもお楽しみいただけます。
ナチュラルカラーを基調とした天井高6mの店内には、開放的でライブ感溢れるオープンキッチン。
ガラス面から柔らかな日差しが差し込み、温かい雰囲気に包まれています。
四季を感じられるテラス席では緑を望みながら、ゆったりとした時間をお過ごしいただけます。

b0405262_22422359.jpg
朝食バフェは前述のように午前6時から11時まで。
「グランドキッチン・ブレックファストブッフェ」は一人4500円++(宿泊ゲストは4000円++)、東京のホテルの中では相当高い方に入りますね。
「ジャパニーズブレックファスト」は3700円++。
もちろんアラカルトもあります。
b0405262_22424885.jpg
客席数は全部で162席、いろいろなタイプの席がありますが、真夏とはいえ、朝6時というまだ多少の涼しさを感じる時間、これはテラス席しかないでしょう。
b0405262_1156172.jpg
b0405262_11562278.jpg
この水辺のソファ席をGET、扇風機も回してもらって、最高に気持ち良い朝食の始まりです。
b0405262_11564347.jpg
小鳥のさえずりも聞こえますが、この鳥にはちょっと注意、隙があれば(人がいないと)テーブルの上の食べ物を狙ってくることもあります。
ウェイターはとても感じの良い人、ビーツなどの入った赤いウェルカムドリンクや氷入りの冷たい水もスムーズに出され、コーヒーか紅茶?など流れるようにサービスは進みます。
b0405262_11573100.jpg
次回の最終回(6)で、「グランドキッチン」の朝食内容を詳しく・・・。

Commented by momo at 2019-08-17 01:23 x
ターンダウンは本当に丁寧ですよね。
「此処までやらなくても」と毎回恐縮してしまいます。

私も季節の良い時はテラス席を選びます。
開放感があって、何だかお食事もさらに美味しく感じるように思います。

英国人の友人は、ソファー席から見える、お堀の石組みに興味を引かれたようでした。
その後、連れて行った東御苑では、もっと大きな石組みに驚いていました。
Commented by ファン at 2019-08-17 11:16 x
ターンダウンの後のシーツがしわくちゃですね。
Commented by shackinbaby2 at 2019-08-17 11:57
>momoさん
東御苑は見所充分ですよね。
天守台、本丸、二の丸、三の丸といった江戸城の中枢があった場所、外国の方にもアピールすることの多いまさに日本の誇るサクチュアリーの一つ。
随分昔に一度行っただけなので、僕もまた行ってみたいです。
Commented by shackinbaby2 at 2019-08-17 11:57
>ファンさん
いつも有難うございます。
多分これはターンダウン後もしかするとベッドに僕らが腰かけてしまったからかと・・・。
どこもとてもきれいに整理整頓してくれましたよ。
紛らわしい写真で失礼いたしました。
Commented by momo at 2019-08-17 12:41 x
東御苑は都心とは思えない素晴らしさですよね。
猛暑の季節でも御苑の外より体感温度は低いです。
私は本を持ってよく行きます。
読書するには最適です。
信任状捧呈式の馬車列は東京駅へ向かう前に東御苑でウォーミングアップを行います。
間近で歴史の詰まった馬車を見られますよ。
東御苑と宮殿を見学できるツアーも日、月、祝日を除いて1日2回あります。
当日空きが有れば、その場で参加可能ですが事前予約が無難です。
ツアー参加者だけが購入できるお土産は人気が高いです。
http://www.kunaicho.go.jp/event/sankan/sankaninfo.html
Commented by shackinbaby at 2019-08-17 13:51 x
>momoさん
すみません、サクチュアリーじゃなくてサンクチュアリーでした。
いつも誤字、失礼いたしております。
ツアーのご紹介、有難うございました。
宮内庁系のお土産はどれも結構質が良く希少性もあって、喜ばれているみたいですね。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-08-17 00:00 | ホテル・東京 | Comments(6)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2