人気ブログランキング |

ハイアット プレイス 東京ベイ (1)

ハイアットの比較的新しいブランドである「ハイアットプレイス」(2013年のアメリカ・オースチンが最初のホテル)がついに日本にも上陸。
7月1日、浦安市の住所は明海というところ、もっと分かりやすく言うと「浦安総合公園」近くに「ハイアットプレイス東京ベイ」はオープンとなりました。


短い滞在時間ではありましたが、早々に泊まるチャンスがあったので、その時のレポートです。
畏友さんだーばーどさんもこのホテル、オープン初日の記事を本日ほぼ同時にアップされました。
ぜひご覧くださいませ。

     https://www.bksbba.com/2019/07/hyatt-place-tokyo-bay-opening/
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_19173932.jpg
まずは「ハイアットプレイス」というブランドから。

     https://www.hyatt.com/ja-JP/brands/hyatt-place

ウェブには

ハイアット プレイスでは、ビジネスでも休暇でも、より充実した明日をお迎えいただけるよう、快適なくつろぎを提供します。でも、ハイアット プレイスの魅力はご宿泊だけではありません。ここに滞在することの楽しみも たくさん発見していただけるでしょう。

1日の始まりには、新鮮な卵、挽き割りオートミール、フルーツ、無添加ベーコン・ソーセージ、ギリシャヨーグルトなどの朝食をお楽しみいただけます。お飲み物には、コーヒー、牛乳、ジュース、紅茶をご用意しています。

プログラムに参加しているハイアット プレイスのホテルに適用客室料金にてご宿泊いただくワールド オブ ハイアット会員のお客様には、朝食を無料でご提供しております。会員でない方は、ご予約の際にご入会いただくと、初回のご滞在から朝食を無料でお楽しみいただけます。

「24/7ギャラリーメニュー」には、特製カクテルや作り立てのバースナック、上質な食材を使用したメニューなどが揃っています。お出かけになる方は、「24/7ギャラリーマーケット」へどうぞお立ち寄りください。パック入りサラダ、サンドウィッチ、軽食、デザートをご用意しています。

ハイアット プレイスでは機能的で居心地の良い客室をご用意しております。独立したワークスペースやベッドルーム、リビングエリアを備えた広々とした室内には、コージーコーナーの快適なソファー、大型デスク、モダンなバスルームなど充実の設備をご用意しています。

「ギャラリー」は、朝刊を読みながらゆったりとおくつろぎいただいたり、お仕事の後に楽しいひと時をお過ごしいただくのに最適です。終日ご利用いただける「コーヒー トゥ カクテル バー」では、朝はコーヒー、夜は特製カクテルをお楽しみいただけます

お仕事は、お好きな時にお好きな場所で。ハイアット プレイスでは多様なワークスペースをご用意しています。客室の大型デスクや24時間ご利用可能なビジネスセンター、「ギャラリー」など、用途に合わせてぜひご利用ください。ミーティングをお考えの方は、映像音響機器やケータリング、会場のセッティングもご要望に応じて対応します。

ハイアット プレイスでは、ビジネスでも休暇でも、より充実した明日をお迎えいただけるよう、快適なくつろぎを提供します。でも、ハイアット プレイスの魅力はご宿泊だけではありません。ここに滞在することの楽しみも たくさん発見していただけるでしょう。

「ビジネス トラベル ニュース」の2018年ホテルブランド調査でアップスケールブランド第1位に選ばれたハイアット プレイスは、たった一つの目的のためにデザインされています。それはお客様に上質な時間をお届けすることです。

と説明されています。
更にfacebookでは、一部内容がダブりますが

Hyatt Place is designed for the 24/7 lifestyle of a multi-tasker, perfectly blending style and comfort. Guests can enjoy a fresh bite to eat at anytime of the d...ay from our new Gallery Menu, start their day with the complimentary a.m. Kitchen Skillet™, featuring freshly prepared breakfast sandwiches, steel-cut oatmeal, fresh fruit and more is available daily in our Guest Kitchen, and stay connected through free Wi-Fi and 42 inch tvs in all guestrooms.
At Hyatt Place guests discover everything they need for a refreshingly seamless stay. Welcome to a different place®.

     https://www.facebook.com/HyattPlace/

となっていました。
ここでもう一度ややホテル業界的な表現も入れて説明すると、「パークハイアット」や「グランドハイアット」、「ハイアットリージェンシー」、「ハイアット」のようなフルサービスのホテルではなく、いうなればセレクトサービスのホテルということ。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_19253218.jpg
セレクトサービスというのは、ゲストのニーズにフォーカスして、必要なサービスだけを選んで提供するというような意味。
つまり、過剰なサービスはしないものの客室は居心地良く、ルームサービスはないけれど24時間営業のダイニングが好きなときに利用でき、テイクアウトもOKといったような・・・。
以前からのホテル=高級というイメージではなく、若い層にも受け入れてもらえるコストパフォマンスを重視した、自分のスタイルを尊重するライフスタイル・ホテルというのが、この「ハイアットプレイス」というブランドだと僕は理解しています。
では「ハイアットプレイス東京ベイ」、そのロケーションから見ていきましょうか。



上記地図からもお分かりのように、ここはどちらかというと車でアクセスするホテル。
というのはホテル宿泊者の主な目的地である「ディズニーランド」や「ディズニーシー」にはシャトルバスが無料で出ていますが、最寄りのJRの駅との間にはそれがないからです。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_19453272.jpg
一番近いJRの駅は京葉線の「新浦安駅」、東京から行くと「舞浜駅」の次の駅、約20分で到きます。
駅の周りにはラグビー・ワールドカップの巨大宣伝やポスターが一杯。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_19454533.jpg
「オリエンタルホテル東京ベイ」(右)や「浦安ブライトンホテル東京ベイ」とは反対側に降ります。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_19460399.jpg
こちら側にバス乗り場もタクシー乗り場もあります。
駅とタクシー乗り場はやや離れているので、雨の日など、傘なしではきつそうです。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_19461712.jpg
もしバスを使うならのこのDの乗り場から3番か23番のバスで「了徳寺大学前」まで行けば、ホテルはすぐそこです。
ただし距離の割には時間がかかります、約20分くらいでしょうか。
ホテルまでは都心に比べて余裕ある建て方ではあるものの、マンションが林立。
この辺りがそんな風になっているなんて、全然知りませんでした。
周囲には大学やホテルがいくつもあって、ホテルでいえば「三井ガーデンホテルプラナ東京」、「コンフォートスイーツ東京ベイ」、「東京ベイ東急ホテル」、「東京ディズニーセレブレーションホテル」、「ラ・ジェントホテル東京ベイ」と枚挙にいとまがありません。
その中でひときわ目立つ色合いの新築ホテル、それが「ハイアットプレイス東京ベイ」です。
10階建て(地下もあるようですが、ゲストには不要な階のよう)で全365室。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_19463986.jpg
この日はオープンしてまだまもなく、昼間のホテル利用者は多くなく、ホテル入口に立っている交通誘導警備の人もとても暇そう。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_19465319.jpg
ドアマンやベルはしっかり配置されていましたが、どの人も時間を持て余し気味。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_19470781.jpg
違う方向からも見てみましょうか。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20385974.jpg
東京湾のビートリゾート感を出すためでしょう、このパームツリーは植樹されたものですね。
オープンデッキも見えます。
あ、エントランス前にはハイアットお得意の壺が・・・。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20393368.jpg
パームツリーの向こうに見えるのは「コンフォートスイーツ東京ベイ」です。
その間、左には「了徳寺大学」の建物も・・・。
では中に入ってみましょう。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20382026.jpg
おぉ、なかなか印象的な、豪華ではないけれど、上質感のあるロビー・デザインです。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20365930.jpg
すべてが真新しいので、余計その質感がアップして見えます。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20352848.jpg
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21431341.jpg
正統派にモダンさを入れ、大規模ホテルにはないインティメットさも感じる、そしてほんの少し和のテイストもいれて、さすがハイアットのデザインです。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20360921.jpg

ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20363997.jpg
右の方には何やらアクアリウムが・・・。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20371246.jpg
最近流行の魚ロボット?かと思いましたが、本物の魚たちが泳いでいました。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_22021913.jpg
白いピアノ、実際に弾けるのかは聞きませんでしたが。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20383395.jpg
見えているのが円形のレセプションカウンター。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20373404.jpg
う~~ん、豪華じゃないですけど、お洒落なデザインですね。
カウンターの右方はデリの「ギャラリーマーケット」、後ろ側はバーの「ナインドットバー」になっています。


ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20380445.jpg
スタッフのユニフォームはコシノジュンコ・デザイン。
レセプショニストは(多分他ホテルからの応援)ベテランさんと素人さんの混合。
型通りのチェックイン作業しかできない素人スタッフは、開業初日でもあるまいし、まだ相当におどおど、それを脇からベテランさんが優しく丁寧にヘルプといった感じでした。
僕はもうハイアットでは何のステイタスもないし、「一休」からの予約だったので、型通りで特典はなし。
「スペシャリティルーム」が1室大人2名税サ込で14638円という値段でした(5のつく日開業記念プラン)。
サードパーティ経由ですから朝食は付きません。
「ハイアットプレイス」は上級メンバーであっても、優遇度は低いそうですが、ダイアモンド・メンバーなどどのくらいのアップグレード、レイトチェックアウト・・・などあるんでしょう。
羨ましいですが、仕方ありません。
改めてロビーを振り返ったところ、たくさんのスタッフがスタンバイしてますでしょ。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_20362090.jpg
そうそう、こんな電源が沢山ついたコミュニティテーブルもありましたよ。
貸し出しのPCもあって、パーソナルデスクとしても使えます。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_22041595.jpg

本もわずかですが、こんな風に・・・。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_22043687.jpg

「ギャラリーマーケット」。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21495686.jpg

ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21502662.jpg

ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21501351.jpg

「ナインドットバー」、お洒落です。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21520575.jpg

「ナインドット」とは「ハイアットプレイス」のロゴの9個の〇(点)から来ているのでしょうか。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21522451.jpg

ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21523923.jpg

ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21525557.jpg

24時間営業のダイニング「ギャラリーマーケット」はすごく広いです。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21541352.jpg
「ワールド・オブ・ハイアット」のメンバーで適用料金で宿泊すれば無料で食べられる朝食は朝6時半から、ここで提供されます。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21543157.jpg
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21545695.jpg
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21551261.jpg
セミオープンなキッチン。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21552642.jpg
梅雨さえ明ければ、テラスでの飲食も気持ち良いことでしょう。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_21554809.jpg
1階には高級そうなレストランもあります。
「すし絵馬」と「鉄板焼き富貴亭」です。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_22024089.jpg

この廊下の奥には24時間営業じゃないですが、コンビニもあります。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_22025747.jpg
品揃えはかなりかぎられますが、お握りや弁当などベイシックなものは置いてありました。
ハイアット プレイス 東京ベイ (1)_b0405262_22031319.jpg
この他1階にはフィットネスももあり、カードキーで24時間アクセス可能です。

Commented by ホテラバ at 2019-07-17 00:23 x
待ってました。まだ行けてないので、いつもの借金さん節で、まだイントロなんでしょうけど「網羅」感があって最高に参考になります。せかしちゃってごめんなさい。次回が待ち遠しいです。
Commented by あつ at 2019-07-17 03:11 x
Hyattは昔Gold Passportというメンバーシップの会員になっていた事がありましたが、段々足が遠のいて、全くご無沙汰なブランドになってしまいました。

ハイアットプレイスは開業を深夜テレビCMを流していて知りましたが、チェーン内のカテゴリーとしてはどの位置なのでしょうか? ヒルトンで言うとガーデンインと同じ位なのか、いや、それ以上ですよね。フルサービスのホテルではなさそうですが、若干色んな物がオーバースペックな感じがします。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-17 07:50
>ホテラバさん
お待たせしました、間に合いましたか?
自分ではイントロとして「網羅」したつもりなんですけど、何せ寝た時間を除くと、わずか7時間ほどの滞在、見落としてるところがたくさんあると思います。
ぜひリンクしておいたさんだーばーどさんのブログなどもご参考になさってください。
今晩に客室編をアップします。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-17 07:51
>あつさん
数年前に「ワールド・オブ・ハイアット」(WOH)というプログラムに変わりました。
ハイアット内の位置づけでは文中の表のようですが、ハイアットリージェンシーは歴史あるだけあって結構玉石混交、値段も評価もライフスタイルの方が上だったり、一部ハイアットプレイスも設備面などではセレクトサービスですが、個別のクオリティではハイアットリージェンシーより上というところもあるようです。
全般にアメリカの古いもの以外は、ハイアットは全傘下ブランド、ヒルトンやマリオットの同等ブランドの上を狙っています。
ヒルトンで言えばおっしゃられるようにガーデンイン辺りがコンセプト上同等な感じですが、実際のところは大違いで、質感・実勢価格ともかなり違います。
Commented by Fitnessfreak at 2019-07-17 10:29 x
新浦安はレジデント時代の同級生が比較的大規模な検診センターを開業しているので、その手伝いがてら5〜6年前まで通ってました。震災で同地区のインフラがかなり破壊され、しばらく使えないトイレがあったのを覚えています。その後、新浦安はイトーヨーカドーの閉店に代表されるネガティブなイベントが多かったようなイメージでしたが、最近はホテルやマンションも再び立ち始めているようですね。
私も業界の事情を良く知っているわけではないのですが、リージェンシーブランドだとクラブフロアやクラウンジを設置しないといけない等々の結構、基準が厳しいはずなので、そのためプレースブランドでの開業となったのではと想像しています。その割には、比較的、所有会社というか、ここの場合はオーナー個人の個性が強く反映されているようで、なぜか寿司と鉄板焼きのレストランがあったり、なぜかスタッフのユニホームが有名デザイナーのものだったりしていて、ハハッと思いながら見ていました。
私は、来年の1月に1万円台で初予約を入れていますが、この間、6月で予約を見てみたら6万円代になっていました。車以外のアクセスの便が極端に悪い立地ですので、オリンピック以降に南港化しないか、他人事ながら心配しています。
最近、年齢のせいかコメントが皮肉っぽくなることが多くてすみません。気をつけます。よく読んでいる人のブログのせいかな〜(笑)
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-17 11:26
>fitnessfreakさん
僕はあの辺りは順天堂に行ったことがあるくらいで、全然未知の土地でした。
駅前から海岸まであんなに中層の建物が林立しているとは想像もしていませんでした。
大学も明海だけじゃなくて、複数あるんですね。
ホテルのオーナーは「東京オペラシティ」を手掛けた不動産売買の「相互物産」です。
トップの人たちをご存知なのですか?
このシリーズは(3)まで続き、すべて書き終えていますが、「車以外のアクセスの便が極端に悪い立地ですので、オリンピック以降に南港化しないか、他人事ながら心配しています」は僕も似たことを結論として書いています。
周りのホテルは舞浜に比べて極端に安い値段で出ていますので、いくらハイアットという看板があっても、舞浜ではなくこの辺にホテルを取る人の経済感覚からは、寿司屋や鉄板焼き屋も含めて、やや難しい気もしてしまいます。
「よく読んでいる人のブログのせいかな」ってどなたのブログ?(笑)
Commented by 通りすがり at 2019-07-17 12:08 x
グローバリストの特典はレイトチェックアウトのみ。
朝刊デリバリー・ミニバー無し。(朝刊は頼めばフロントで貰えます)
適用料金での予約宿泊者には全員朝食無料。
ハイアット初級者に優しいブランドのようです。
部屋は一通り見学しましたが、全般的に狭め、寝られれば良い人向けかも。
諸々やや詰め込み気味ですが、独居房風にならないところがハイアットらしいといえばらしいかも。
飲食の質は悪くないかと思います。
パンと野菜は悪くなく、和総菜もそこそこ、子供用メニューもあり。
(独断と偏見で順列を付ければ、セントリック銀座<ハイアットプレイス<<アンダーズ東京)
Commented by momo at 2019-07-17 14:25 x
この周辺のホテルはディズニー利用者をターゲットにしているようですね。
ディズニーで遊んで寝るだけの利用者が多いと思います。
こちらのホテルはどうか分かりませんがファミリー利用者向けのお部屋、サービスに特化している感じがします。
交通の便も各ホテルとディズニー間の無料バスを使う人の方が多いと思います。
地方からディズニーへ行くツアーだと舞浜とこの周辺ホテルに泊まるのでは時期によっては数万円の差があります。
かなり前ですが母と娘、私で福岡からツアーを使った時にはこちらの近くのホテルを選びました。
2泊でしたが、朝早くに出かけて夜11時近くにホテルに戻り、寝るだけの利用。
最終日は16時にホテルへ戻り、羽田空港までタクシーの無料送迎サービス(60歳以上の参加者に無料特典)。
この周辺にホテルができたばかりで、認知度が低かったので魅力的な特典が付くツアー商品が多かった時期でした。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-17 17:01
>通りすがりさん
先日もご投稿いただいた「通りすがり」さんでしょうか、いつも有難うございます。
グローバリストでらっしゃるんですね、僕には憧れのステイタスですが、残念ながら僕にはもうハイアットは高級ホテルグループ過ぎると諦めています。
以前にここでこのホテルでは上級メンバーのベネフィットはあまりなさそう、レイトチェックアウトくらい、とお聞きはしていたのですが、現実にそうなのですね。
ある方からは頂いたというスイーツの詰め合わせのお写真を見せていただきましたが、それはオープン初日のことだそう、その時だけのギフトだったかもですね。
この後まだ2回ほどこのホテルについて書いて行きますので、またいろいろお教えください。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-17 17:09
>momoさん
この辺りのホテルは地の利が舞浜ほどではないので、あの手この手で集客しているようですね。
激安だったり、いろいろなおまけをつけたり。
午後4時までいられて。しかも羽田に送迎付きはすごい、ご高齢の方には喜ばれるプランだったでしょうね。
ハイアットはそんな中でどう頑張れるか、ホテルファンとしては興味あります。
Commented by Woh at 2019-07-18 07:59 x
書かれてる通りスタッフはまだ全然ですね。カウンターには人数いるのに質問にはほとんどこたえられない、右往左往。例えば上記のロビーでのパソコンの貸し出しやパーソナルデスクとしても使えるはホームページにあるんで聞いてみたら、誰も知らない、わからない、結局はいまはそういうサービスはやっていないと、ホームページのどこにあるんですかとまで聞かれては、自分の仕事場なんだから自分で調べろって。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-18 09:27
>Wohさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
パソコンの件、そうでしたか、僕もウェブを見てそう書いてしまいましたが、すみません、自分で実際に体験してないことを書いてしまって。
ウェブをもう一度見てみると貸し出すとは明記はされてないですね、紛らわしい書き方です。
スタッフは明らかにベテランもいますが、ほとんどの人がホテル勤務初心者にみえます。
基本の挨拶などもかなり不十分です。
ま、これは時とともに慣れていくと思いますが。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-07-17 00:00 | ホテル・ハイアット系 | Comments(12)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2