人気ブログランキング |

ホテル雅叙園東京 (2)

週末に夫婦で「ホテル雅叙園東京」に泊まった時のレポート、その2回目です。
親切で、自分の名刺まで出すベルに案内されて8階のレセプションへ。
b0405262_23233855.jpg
大きなデスクが2つ。
ここでチェックインかと思いきや、チェックアウトはここでして欲しいそうですが、インの方はこの階奥にある「エグゼクティブラウンジ桜花」で・・・とのことです。
b0405262_23235119.jpg
窓からは(1)で書いた「パンドラ」から言える瀧の方の緑。
つまり目黒川とは反対側が見えています。
b0405262_23241251.jpg
曇り空だったので、クリアな景色ではありませんが、それでもこの緑は眼の栄養です。
b0405262_23243175.jpg
レセプション前のソファ・エリア。
b0405262_23245064.jpg
8階には客室もあり、レセプションから客室のろ廊下を歩いて奥に行きます。
この動線はどうなんでしょうね。ラウンジは朝の7時から夜10時までのオープンです。
b0405262_2325655.jpg
チェックアウト日の午後1時まで使えるそうですが、僕らにはもともと午後1時までのレイト・チェックアウトも付いていたし、実際には午後2時前までラウンジでぐだぐださせてもらいました(感謝です)。
ラウンジは広く、席数もかなりあります。
スタッフの女性はご覧のように和服を着ています。
b0405262_2325335.jpg
b0405262_23261854.jpg
ラウンジのレセプション・カウンター。
b0405262_23264230.jpg
ラウンジの説明書です。
b0405262_15164357.jpg
窓は大きく、良く磨かれていました。
b0405262_23255213.jpg
F&Bエリアからラウンジ全体を見たところです。
b0405262_2326555.jpg
中央には午後2時から5時までお茶をたててくれるそうです(立礼)。
僕らのチェックインは午後5時過ぎ、このお茶体験は出来ませんでした。
午後1時からのアフタヌーンティーは翌日チェックアウト後に体験してきました(本当は駄目?)。
b0405262_2327522.jpg
ラウンジの眼の下には目黒川、桜の時期はきれいでしょうね。
b0405262_23272536.jpg
高層ビルは多分武蔵小山のビル、↓の緑は「林試の森公園」です。
b0405262_23274124.jpg
シティラインフェチの僕にいわせれば、都内中央部と違って、面白い景色ではありません。
チェックインしたのは前述のように午後5時過ぎ。
b0405262_2328533.jpg
ラウンジのスタッフは「ごゆっくりおくつろぎください」と、チェックイン作業・ホテル説明の間、飲食を薦めてくれます。
階下の喧騒と違って、ホテルに入ると本当に静か、テーブルは適当に埋まっていますが、某ホテルのような食べ物やアルコールの奪い合いもなく、とても落ち着いた雰囲気です。
b0405262_23282585.jpg
バフェ・テーブルに出ていたものを大体写しておきました。
b0405262_23283822.jpg
冷蔵庫、コーヒーマシーン、各種お茶・・・。
b0405262_23285324.jpg
b0405262_23291050.jpg
コーヒーカップなどはいろいろなデザインのものが揃っていて、好きなものが選べます。
b0405262_23292216.jpg
日本酒。
b0405262_23293595.jpg
ワイン。
いつも書きますが、僕は全くの下戸なので、これらの写真は参考までに、です。
b0405262_2329489.jpg
今度は食べるもの。
多くはカバー付きの容器に入れられて、乾燥しないようになっています。
カナッペやサンドイッチ。
b0405262_2331780.jpg
スモークサーモンのクロワッサンサンド、五穀米と海老のサンドイッチなどお腹に溜まるものも多く、これだけで夕食になりそうです。
こちらには生ハムとメロン、マスタード風味の鶏肉のコンフィ・・・など味の良いもの、素材の良いものが並んでいます。
b0405262_23312682.jpg
チップスとディップなど。
b0405262_23313860.jpg
b0405262_23315032.jpg
反対側には和風なものが・・・。
海老を使った養老羹と翡翠茄子。
b0405262_23375070.jpg
ここはこのテーブル専門に見ているスタッフがいて、食べ物は常に補充されて、皿の上もきれいに整えてくれています。
なので、よほど人が混まないと、皿の上がぐちゃぐちゃになることはありません。
漬物もどれも美味しかったですよ。
b0405262_23373810.jpg
写真がきれいじゃないですが、↓の写真左、チーズの西京漬けはアルコール好きにはたまらないのでは?
b0405262_23363849.jpg
ここの白眉は野菜の炊き合わせ。
これは和食店クラスの出来です、かなりな美味しさ。
b0405262_23365053.jpg
和のスイーツ、練りきりに白玉付きの水羊羹など。
これも一定以上の味でしたよ。
b0405262_2337217.jpg
で、恥ずかしながら僕の食べたもの、かなりしっかり食べてしまったので、夕食は夫婦ともどもパスとなってしまいました。
恥ずかしい・・・。
b0405262_2338453.jpg
b0405262_23381695.jpg
b0405262_23382842.jpg
b0405262_23384141.jpg
結局、チェックインが終わっても、ラウンジに小一時間はいて、部屋に行く頃にはもう満腹という体たらく。
部屋へはまたベルが案内してくれ、部屋の説明も丁寧にしてくれます。
思ったより外国人の率が高く(アジア系も西洋系も)、スタッフもベルも英語は不得意ではなさそうでした。

Commented by 12345 at 2019-07-14 08:23 x
おはようございます。
当然ほぼ毎週末は、ホテル滞在ですので、別ホテルからです。
今月の滞在に参考になります。
次回は、お部屋ですね。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-14 15:08
>12345さん
いつも有難うございます。
「別ホテルからです」とのこと、コメントにはIPアドレスが表示されますから、辿って行けばどこのホテルからか分かるかも・・・(笑)。
もちろんそんなことはしませんが。
部屋は、はい、今晩アップ予定です。
6階の和洋室はリニューアルしたばかりでとてもきれいで、それに比べると僕の部屋は多少の経年感はありました。
Commented by HK at 2019-07-15 11:36 x
とても充実したラウンジですね。
チェーン系のラウンジに慣れてしまっているので、羨ましい限りです。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-15 19:20
>HKさん
そうなんですよね、いわゆるチェーンホテルのラウンジのF&Bの質と量とはだいぶ違う・・・。
ま、僕はアルコールの方は分かってませんが。
もうここはアルコールなどのおつまみという通常のラウンジの品揃えを超えて、プチ・レストランみたいになっていました(言い過ぎかな?)。
朝食もかなり良かったです。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-07-14 00:00 | ホテル・東京 | Comments(4)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2