人気ブログランキング |

オトーさんのランチ ~ 北京風酢豚

このシリーズで以前にも酢豚について書きましたが、またも登場です。

     https://shackinba3.exblog.jp/29247709/

ま、僕が好きな料理で、ランチによく頼んでるってことですかね。
この店の酢豚は確か「北京風酢豚」というメニュー名だったはず。
出て来た酢豚は通常のとは違い、まず野菜が全くない、すべて豚肉のみの酢豚でした。
b0405262_23582653.jpg
しっとりした肉質の豚ロースはそれ自体が美味しく、更に衣をさくっと揚げた揚げ方も食感最高で、これは料理として◎。
炒めてあるというよりはかけてある餡は甘み強めの黒酢フレーバーのもので、こういう酢豚?もこれはこれでかなりな美味しさだったです。
ただ僕の思う(広東風)酢豚とは別の料理とも思える酢豚で、何皿も出て来るコースの一部なら文句なしだったでしょうが、野菜もないし、これとご飯だけとなると、ランチとしてはミス・チョイスだったかもしれません。
b0405262_23584472.jpg
中華料理の最高位、特級厨師の店です。

Commented by サリー at 2019-07-12 17:46 x
マレーシアに住んでいた時に近所のお店で食べていた酢豚がやはり野菜ナシでこの写真のように平たいお肉だったのを想い出しました。北京風だったのかな?特級厨師さんが作るものにはかなわないと思いますが、美味しかったんですよ。懐かしいなぁ。でも、おっしゃるとおりランチとしては野菜が入っていないのはちょっと寂しいですね。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-12 21:08
>サリーさん
いまググってみたんですが北京風というのは肉だけみたいですね。
ここを見て
https://allabout.co.jp/gm/gc/378248/
奥さんは「パパ(僕のこと)が食べたいんだったらこのレシピで作ってみるよ」と言ってました。
僕もおかずがこれ1品だけだと野菜も欲しくなりました。
ま、サービスで桃饅頭1個が付きましたけど。
マレーシアって良いですよね、いろんな国の本格的な料理がリーズナブルに食べられる・・・。
Commented by あつ at 2019-07-13 01:43 x
酢豚も香港へ行くと、ほぼ日本と同じような酢豚が食べられますが、パイナップル入りが普通ですね。で、何故か酢豚にパイナップルが入ると駄目な日本人って結構多いですね。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-13 11:00
>あつさん
いつも有難うございます。
僕が覚えている某料理番組によると、酢豚にパイナップルを入れるようになったのは清の時代。
イギリス領だった香港やフランス租界のあった上海のレストランで、欧米人たちに高級感を演出するために当時は貴重だったパイナップルを酢豚に入れるようになったといってました。
ということは広東料理というより上海料理としてスタート??
実際にパイナップルを入れることで甘酸っぱさが増してあんの味わいに深みが出て、豚肉とも相性が良いということで、その後も定着し、上海などよりも広東地方に根ずいて行ったと・・・。
パイナップルはブロメリンの含有量が高いので肉を柔らかくするんですね。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-07-12 12:00 | グルメ | Comments(4)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2