人気ブログランキング |

今日のスイーツ ~ ザッハートルテ

いまをさかのぼることウン十年前の僕らのハネムーン。
そのとき食べた、ウィーンの「ホテル・ザッハー」の「ザッハートルテ」やパリの「アンジェリーナ」のモンブランなどの美味しさは甘党の僕には本当に衝撃的で、今でも忘れることは出来ません。
それらは今ではもう簡単に国際通販やデパ地下などで簡単に買えるんですから、まさに隔世の感があります。
「ザッハートルテ」はもちろんオーストリアの宰相「メッテルニヒ」(世界史の教科書で勉強しましたよね)に仕えた料理人「フランツ・ザッハー」が1832年に考案したというウィーンを代表するスイーツ。
b0405262_22050259.jpg
チョコレートで付けられている紋章からお分かりのように、これは「ホテル・ザッハー」のではなく、同じく大人気の「デメル」のもの。

     https://demel.co.jp/productcat/torte/ 

「デメル」は、かの有名なハプスブルグ家のエリザベート妃が足しげく通ったという名店で、1930年代には「ホテル・ザッハー」への援助の見返りとして「ザッハ-トルテ」のレシピと本物を冠した「ザッハ-トルテ」を売り出す権利を買い取ったそうですが、以後両店は競争と裁判を繰り返し、最終的には「ホテル・ザッハー」がオリジナルを名乗る権利を得て、現在に至っているとのことです。
「ザッハートルテ」はチョコレートスポンジ、チョコレートコーティング、杏のジャムで出来ていますが、両者の差はスポンジの間に杏ジャムを挟むのか(「ホテル・ザッハー」)、表面にだけ杏のジャムが塗ってあるのか(「デメル」)くらいのようです。
時間があれば甘くないホイップクリームを付けて食べるところなのですが、この時はちょっと・・・。
いずれにしても甘いものが苦手な人には最悪と言えるほど(笑)甘~~~いチョコレートケーキです。
Commented by あつ at 2019-07-07 00:42 x
ザッハトルテ、大好きです! 若い頃は、ザッハーとデメル梯子して食べ比べw溶かしたこともありましたが、今は無理ですね。
ザッハーはザルツブルクにもあるので、夏の音楽祭に行くと買って帰ります。かつてはデメルもザルツブルクにありましたが、撤退してしまいました。

オーストリアも地味ながら甘いもの色々あって、リンツにはリンツァートルテってあるんですよ。

永田町の東京ヒルトン最後の総料理長&キャピトル東急初代総料理長カール・ホーマンはオーストリア人なので、ウィーン風のデザートを結構作ってました。オリガミのケーキにザッハトルテ、リンツァートルテ両方ありました。
Commented by momo at 2019-07-07 02:16 x
この2店以外でもウィーンには美味しいスイーツが多いですよね。
ふらっと入ったカフェでびっくりするようなスイーツに出会ったことが何度もあります。
それも、そんなにお高い値段ではないことが。
ウィーンの人は「スイーツではパリに負けていない!」と思っていると聞いたことがあります。
「そもそもマリー・アントワネットがフランスへ嫁いだ時にハプスブルク・ウィーン宮廷のスイーツの製法を伝えたんだから、こちらが本家だ!」と真剣な顔でご年配のマダムに言われました(笑)。

そろそろ仕事を止めて帰宅します。
お写真を見ていたら無性にスイーツを食べたくなりました。
途中でコンビニスイーツを買って帰ります!
Commented by muchikopapa at 2019-07-07 08:56 x
東京に行ったとき、よくデメルに行き小さいほうのザッハトルテと生クッキーを買って帰ります。沢山買って、冷凍して少しずつ食べます。とても甘いですが、お客さんに出しても好評です。シャンパンとよく合います。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-07 10:51
>あつさん
ヘイゼルナッツとバターの生地、レッドカラントジャム、格子模様のリンツアトルテは僕にもザ・オーストリアン・スイーツですね。
僕は以前リンツアトルテのリンツを地名ではなく、スイスのチョコレートメーカー&カフェのリンツと混同していて恥ずかしい思いをしたことがあります。
あるサイトでオーストリアのコンディトライの リンツアトルテの食べ比べをしていて、デメルは酷評、ベストはインドテックという店だとありました。
ベストな店のって食べてみたいですね。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-07 11:01
>momoさん
相変わらず重労働のようですね、どうぞお体を大事になさってください。
疲れると甘いものが欲しくなる・・・は皆さん同じですかね、ま、僕はいつもですが(笑)。
コンビニもスイーツも最近美味しいものが多いで、僕も時々見回っています。
博多は山笠の時期でしょうか。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-07 11:05
>muchikopapaさん
あれ、本当に甘いと思うんですけど、シャンパンにも合うんですか?
僕はアルコールが全然ダメなので、想像だけですが。
甘いといえば、トルコの伝統的なスイーツにもめちゃくちゃ甘いものが多いですね。
Commented by momo at 2019-07-07 11:25 x
銀座のクラブで羊羹を食べながら呑んで、女の子達にひかれたことがあります(笑)。
甘辛両方大好きです。

博多は山傘の季節を迎えています。
今年は体調の都合で裏方として参加です。
業界の選挙対策の仕事も重なり、忙しい毎日を過ごしています。
それもあって、甘いものが無性に食べたくなります(笑)。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-07 21:00
>momoさん
そう、選挙ですねぇ・・・とため息。
僕は今回はあまり表には出ませんが、立場上かかわらざるを得ないんですよね。
Commented by muchikopapa at 2019-07-08 09:11 x
トルコの伝統的な甘いお菓子で、最も有名なのはバクラバですね。小さなパイのハチミツ漬けのイメージです。初めは甘いと思っていましたが、食べなれると平気になります。最近ではイスタンブールの帰国日に、バクラバ専門店のKarakoy Gulluogluでバクラバを大量購入、そこから歩いてエジプシャンバザールのHazerBabaでロクムや巣蜜、ナッツ、サフランなどを購入して帰国します。機内持ち込みにするため、大荷物で帰ります。バクラバは色々な種類があり全部で100個以上購入しますが、帰国後すぐに冷凍します。蜜に漬かっているせいか、冷凍してもそこそこ美味しくいただけます。
Commented by momo at 2019-07-08 11:50 x
>muchikopapaさん
ドイツにも美味しいバクラバのお店がたくさんありますよ。
これはトルコ系の人がドイツには多いからです。
1960年代始めに労働力不足(特に炭鉱など3K労働)でトルコ人を出稼ぎ労働者として受け入れ、今では300万人がトルコ系です。
ドイツのサッカー選手にもトルコ系が多いですよね。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-08 18:00
>muchikopapaさん
バクラバは甘いですね、ホテルのウェルカムスイーツなどにもよく出ていましたが、甘党の僕でも脳天に突き刺さる(?)甘さでした、サイズは小さいですが。
個人的にはトルコのスイーツというとロクムの方が好きで、お土産としてお渡しした先にも喜ばれました。
パッケージがトルコらしいものを選んだからかな。
トルコ通のmuchikopapaさんのお土産内容、興味あります。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-08 18:04
>momoさん
なるほど、トルコとドイツ、そういう関係もあったんですね。
勉強になります。
Commented by あつ at 2019-07-08 20:44 x
リンツァートルテ Konditorei Jindrak この店が元祖らしいです。
2010年に実際にお店で食べました。そこそこ日持ちもするので日本へ持ち帰りも出来るかも、ですが、リンツが帰国前最後の滞在地になる事が先ず無くて、ざっはトルテも買うと、甘いものだらけで食べきれなくなってしまうので、悩ましいところです。
Commented at 2019-07-08 21:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-08 21:37
>あつさん
僕がリンツアトルテについて読んだことのあるサイトを探してみました。
http://www.sozainochikara.jp/archives/738
そこでベストは「インドラック」という店と書かれていたので、それが頭に残っていたのですが(僕は記憶だけで書いたので「インドテック」と書いてしまいました)、それはあつさんのお書きになった「JINDRAK」なのでしょう。
すみません、ちゃんと調べてから書くべきでしたね、記憶だけでは不確かでした。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-08 21:37
>XXXXXXXXXXXXさん
もうすでにご体験かもしれませんが、ウィーンのカフェはどこかお試しになってみてはいかがですか?
出来ればクラシックな・・・。
コーヒーもいろいろありそうですし。
「せっかくオスマン帝国の2度の包囲からウィーンを死守したのに」には、僕もにやり。
僕らがハネムーンで泊まったのは「ホテル・インペリアル」。
トイレに行くのに迷子になりそうな部屋にアップグレードされ(たぶん、「JALパック」でした)、そこで初めて奥さんはビデを見て、よく笑い話にあるようなことをやりかけちゃったそうです。
Commented by あつ at 2019-07-09 01:02 x
Jindrakを正しく(?)ドイツ語読みすると、ユインドラックみたいです。ドイツ語はほんの少し齧っただけで良く分かりません、すいません。

ところで、本ブログにもある日本で売ってるデメルのザッハートルテは、日本で作っているのでしょうかね。三越本店の地下で売っているのは見たことありますが。
Commented by shackinbaby2 at 2019-07-09 08:08
>あつさん
いつも教えいただいて有難うございます。
僕も大学の頃ドイツ語の授業はあったんですが、すべてすべて忘れてしまいました(恥)。
デメルの「菓子製造」は上野に工場があるとの記載がウェブにありましたので、輸入ではなく日本で作っていると思われました。
賞味期限は6日と長いので、ウィーンから直輸入できないこともないのでしょうが・・・。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-07-07 00:00 | グルメ | Comments(18)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2