人気ブログランキング |

南紀白浜マリオットホテル (3)

「南紀白浜マリオットホテル」の「温泉ビューバス付 プレミアルーム ツイン」に泊まった時の記録の続きです。
b0405262_20544086.jpg
シャワートイレは独立型。
b0405262_23043786.jpg
ベイシン周囲にはタオルが3種類、拡大鏡、ティッシュペーパー、トイレタリー、ドライヤー、体重計・・・と揃っています。
b0405262_23050259.jpg
b0405262_23052230.jpg
歯ブラシ、ヘアブラシ、ボディスポンジ、ヘアバンド、シャワーキャップ、シェーバーはありますが、ボティーローションはありません。
b0405262_23053564.jpg
ソープはタイの「THANN」のライスブランオイルのバー。
b0405262_23060079.jpg
温泉の出るバスタブも窓際にあるし、ホテル最上階には展望大浴場もあるので使用頻度は少ないかもしれませんが、椅子・桶を含めて、必要十分なものはすべてあります。
ボトルに入ったトイレタリーはソープと同じ「THANN」製です。
b0405262_23061591.jpg
あ、これが「一休」の特典でいただいたスパークリングワイン。
b0405262_23082526.jpg
中はスプマンテでした。
実売価格1000円弱の品のようでした。
b0405262_23091213.jpg
改めて部屋の真ん中から窓方向を見たところ。
b0405262_23080578.jpg
部屋を一回り見たあとは大浴場へ・・・といきたいところですが、午後6時半からディナーの予約を入れてしまっています。
最上階(11階)にある大浴場を少し覗き、とりあえずはその隣にある展望サロンで、(夕陽の)「光の道」を鑑賞しました。
b0405262_12323315.jpg
b0405262_12325234.jpg
b0405262_12334293.jpg
b0405262_12341775.jpg
僕らの宿泊プランは2食付、朝食も夕食も3階にある「グリル&ダイニングG」という180席もある大きなレストランで食べることになります。
ディナーは午後5時半から10時まで(ラストオーダーは午後9時)。

     https://www.shirahama-marriott.com/restaurant/index.html

和歌山・南紀の食材をふんだんに使用したグリル料理を、海の絶景とともに堪能できるダイニングで。
白浜の豊かな海が育んだ魚介をはじめ、熊野牛、紀州うめぶた、地元の無農薬野菜、紀州梅、特産の果物など、季節ごとの旬の幸を活かした朝食・ディナーメニューをご用意しています。窓の外に広がる大海原の水平線を眺めながら、贅沢なひとときをお過ごしください。
b0405262_12422015.jpg
エントランスには黒服の案内係りがいて、席までアテンドしてくれます。
席は指定?
b0405262_12370495.jpg
ものすごく目に付く(数の多い)中国の人達は別室に集められています。
このホテルのインテリア小物はどこに行ってもパンダ、パンダ、パンダ。
b0405262_12372207.jpg
中はこんな感じです、席と席の間がやや狭めですかね。
b0405262_12374041.jpg
3階なので、窓際席でも海が見えるのはほんのちょっとだけ。
b0405262_12380028.jpg
メニューにはアラカルトも載っていますが、ほとんどの人は僕らと同じようなセットのコースのようです。
僕らに付いているのは1人6500円の料理、プレミアムというコースにすると8500円になると・・・。
b0405262_12381923.jpg
水をかけるとむくむ大きくなって行くお絞り、そのカジュアルでアトラクティブな雰囲気の中、メニューの説明があります。
b0405262_12383780.jpg
その夜のメニューがこれです。

     https://www.shirahama-marriott.com/restaurant/dinner.html
b0405262_12385613.jpg
大きく広いオープンキッチン。
ここが朝にはバフェで埋め尽くされるのでしょうね。
b0405262_12391032.jpg

b0405262_12435551.jpg
アミューズは地元産鮎のフリットと骨煎餅。
柚子味噌が〇。
柚子もこの辺りの特産品でしたね。
b0405262_12364170.jpg
パンはそれなり、こういうのはやはり首都圏のホテルの方が美味しいです。
お替りも出来ます。
b0405262_12512764.jpg
前菜は紀州鮪に夏野菜、焼きナスの別添えソース、敷いてある黄色いのはマンゴでした。
素材は美味しい・・・です。

b0405262_12450325.jpg
南瓜のポタージュ(バターナッツ?)に蜜柑のフレーバーがプラス。
でも蜜柑をプラスした感覚がよく分からなかったかも。
b0405262_12452200.jpg
メインは2人分がどか~~んと大きな鉄鍋で登場、熱々でインパクトある登場。
b0405262_13490669.jpg
国産牛サーロイン、紀州うめ豚、南紀で取れた魚(いさき?)のコンボプレートです。
b0405262_12515505.jpg
名物の金山寺味噌、レモンベースのソース、トマトや玉葱のソースなども肉や魚を引き立ててくれます。
b0405262_12454603.jpg
ここでは野菜の美味しさと、ローストの具合に満足。
全体に結構なボリュームもありました。
ご飯ものとしてでしょうか、ここで鰻の手毬寿司と飛び魚のスープ・アオサ入りが出てきます。
コースとしてちょっと違和感。
b0405262_12522658.jpg
デザートはカッサ―タ、リコッタチーズを使ったアイスクリームケーキでした。
ジュレはエルダーフラワーのさわやかな味のもの。
b0405262_12524512.jpg
この後、コーヒーなどドリンクが出てコースは終了。
外はすっかり暮れて、南紀白浜の夜がやってきました。
b0405262_12530251.jpg
料理は想像したより美味しく(所詮「田舎料理」と期待していませんでした、ごめんなさい、失礼いたしました)、特に野菜は良かったですね。
外に出て夕食をとも考えたのですが、当たり外れもあるだろうしとこの2食付のプランに、この選択は悪くなかったようです。
これで夜食に南紀白浜の夜を味わいに街に出て、和歌山ラーメンでも食べに行ければ最高です。
しつこく、この曲を(笑)





Commented by momo at 2019-06-15 00:16 x
かなり昔に泊まったことがあります。
部屋やその他の印象が薄いのでが、料理は垢抜けないなぁ!と感じたことを何となく覚えています。
当時と比べると良くなったように思いました(笑)。
Commented by schnee_yuki88 at 2019-06-15 01:37
大西ユカリさん、この辺りのジャンルの音楽には大変疎くて今回初めて知りました。大阪出身の方とググってみて分かり、なるほどそれで、こんな雰囲気の曲になるのかと。南紀白浜、どうやら昔から関西の主に大阪辺りの人が週末〜夏になると気軽に、ちょっと遠出する感じのリゾート地なんですよね。関東圏であれば江ノ島とか伊豆辺り?の距離感かも。
Commented by shackinbaby2 at 2019-06-15 13:34
>momoさん
僕は料理は本当に期待してなかったので、それ以上でした。
ただ値段(6500円)に見合うかどうかは別にしてですが。
朝食も後で取り上げますが、マリオット・スタンダードも入っているようで、悪くないものでした。
特に良いのが和総菜などはホテル製のように見えたこと、時に出汁巻き卵などシェフが本当に手作りしていました。
Commented by shackinbaby2 at 2019-06-15 13:34
>schnee_yuki88さん
大西ユカリは大阪色、特に「新世界」色の濃い「昭和歌謡+ゴスペルやソウルなどの黒人音楽」という面白いジャンルにいるシンガーです。
クレイジーケンバンドの横山剣何かと似た匂いのあるひと。
彼女には大阪を歌った曲がたくさんあります。
Commented by fitnessfreak at 2019-06-15 13:49 x
まあ、食事は値段相当の内容と言うところですかね。これでラウンジサービスを付けてくれたら嬉しいと思います。借金君さんは飲まないから関係ないかも知れませんが、これでワインがシティのマリオット価格だとちょっとどうかなという感じです。部屋で、持ち込みのシャンパンのピッコロ瓶で、私たちの仲間の用語で言うプレメディ(麻酔の前投薬のこと)をしちゃいたくなりますね(笑)。
Commented by shackinbaby2 at 2019-06-15 23:35
>fitnessfreakさん
マリオットのラウンジ入室可能ステイタスをお持ちなら、マリオットから予約を入れれば、きっともっと安いレートで、なおかつラウンジも利用でき、ポイントやマイルも付くでしょう。
南紀白浜には規模は小さめですが、独立系のラグジャリー志向のホテルもあるし、「川久」みたいに個性的なところもあります。
もし行かれるようならぜひいろいろ悩まれて、また僕らにブログなどで情報をフィードバックしていただけると嬉しいです。
プレメディ、プレメってさらに略しているところもありますね。
Commented by HK at 2019-06-16 13:32 x
レストランは酷評されるかなと思っていましたが、一安心。
展望サロンからの眺望を見てしまうと、レストランから海が見えないのはもったいないですね。
Commented by shackinbaby2 at 2019-06-16 20:14
>HKさん
僕は全然期待してなかったので、予想以上と感じました。
特に野菜は美味しかったです。
南紀白浜では季節もあると思いますがクエが一番らしいかも。
もちろん海鮮も人気で、あとで書きますが、大行列のところもありました。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-06-15 00:00 | ホテル・リゾート | Comments(8)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2