人気ブログランキング |

タイムセールで取った 「ヒルトン東京」(1)

5月の ヒルトン100時間タイムセールで取った予約に泊まり始めています。
今回のセールは100周年記念とも銘打っていたので、すごい激安も予想されましたが、実際はそれほどでもなく、キャンセル不可の料金なので、前日までキャンセル可能なHPCJレートの方が・・・という人も少なくなかったようです。
それでもさすがにタイムセール、お得なレートも数多く出ていて、例えば僕の取った週末の「ヒルトン東京」、ジュニアスイートツインが1泊1室21000円++、総額26500円なんてのは、かなりリーズナブルでした。
b0405262_19101979.jpg
この日はどういうわけか全体に値段が安く、でもタイムセール2日目に見たときはすでにXになっていて、flexible rate も日に日に上がり、宿泊前日にはking/ywin hilton が47500円++にもなっていて、それ以上の上級部屋は売り切れになってしまっていたようです。
予約した時から数日でこの変わりよう、ホテルの稼働・値段って本当に「水もの」ですね。
b0405262_19105665.jpg
このホテルはもう何回も取り上げているので重複は嫌なのですが、今回はジュニアスイートといつもと違う部屋タイプの部屋に泊まったので、少しは取り上げる意味があるかと思い、2回にわたり書いてみたいと思います。
ヒルトンの予約管理では前々日にjunior suite twinからexecutive junior suite twinにアップグレード。
僕はアップグレードされなくてもヒルトンのステイタスで「エグゼクティブラウンジ」が使えるので、executive junior suite twinになってもあまり意味がありません、
(junor suite king/twinとexecutive junior suite king/twinは基本同じ部屋、exoecutiveだとラウンジなどの利用が付くだけ)
チェックイン時、レセプショニストは更なるアップグレードをと・・・キーボードを叩き続けてくれましたが、この日はほぼ満室(確かにヒルトンのウェブでも上級の部屋は全く空きなし)、しかもtwinにこだわると(奥さんの希望)、この日はこれ以上のアップグレードはなく、ワインかチョコレートということになりました。
それでも高層階をという僕のいつものリクエストは考慮してくれたようで、3人用に作ってある高層階のジュニアスイートを2人用に大至急作り直してくれるとのこと。
荷物は置いておいて良いとのことで・・・
b0405262_19111825.jpg
荷物を置いて、37階のラウンジで部屋が出来上がるのを待ちます。
b0405262_19113982.jpg
3人泊まるときはこうベッドを置くんですね。
b0405262_19115559.jpg
この部屋タイプのソファは特大なので、大人がもう一人寝られそうです。
3人用のメイクなので、こうしたものもすべて3人分。
b0405262_1912821.jpg
b0405262_19122265.jpg
改装なったラウンジ。
午後2時半すぎという時間にも関わらず、ラウンジにはかなりな人、西洋系の顔立ちの人が多かったです。
b0405262_19123876.jpg
午後3時からがアフタヌーンティーの時間なので、テーブルに出ているのはスコーンとブラウニー、フルーツ、ナッツなど乾きもののみでした。
ブラウニーはヒルトンで生まれたものの一つ。

     https://hiltonhotels.jp/100/recipe/ 
b0405262_19125397.jpg
パーマーハウス(現ヒルトングループホテル)創業者の妻であり、1893年のシカゴ万国博覧会のリーダーを務めていた、バーサ・パーマーが「美しくて簡単に運べる何かを用意してほしい」という依頼を受けました。
シェフのジョセフ・セルに相談し、生まれたのがブラウニーです。
パーマーハウスでは、120年経った今でもその当時のレシピがそのまま引き継がれ、年間5万個を売り上げています。

サザンアイランドレッシング、エッグベネディクト、ピニャコラーダ、マティニなども諸説あるようですが、ヒルトンが発祥と言われています。
窓の外は超快晴。

b0405262_19131425.jpg
b0405262_19132871.jpg
「住友ビル」のガラス・ドームもだいぶ出来てきました。
このところ、この建築を定点観測しています。
b0405262_1917193.jpg
b0405262_19135688.jpg
午後3時になると、アフタヌーンティータイムとなり、こんなものが出てきました。
最近よく出る大福。
冷凍品の解凍ものでしょうか。
きれいに切れるものですね。
b0405262_19141027.jpg
b0405262_19143192.jpg
b0405262_1914546.jpg
部屋の用意が出来たようです。
おぉ、すっかり2人用に変わっています。
b0405262_20585512.jpg
TVとデスクはこの位置。
b0405262_21013606.jpg
b0405262_20591573.jpg
2面に窓が配され、ライトベージュのカーペットとオフホワイトの壁面が明るく開放感溢れる空間。
障子や襖などの和のエッセンスをきかせつつ、都会的なシンプリシティが印象的です。
シックな革張りソファーは圧迫感の少ない低めのタイプを使用し、同色のウッドテーブルと一体となり、居心地のよいリビングスペースとなっております。
b0405262_20592895.jpg
広さは44㎡、ヒルトンのスタンダードルームは30~35㎡ですから、ほんの数㎡広いだけなのに、見た目、感覚的にはだい広く感じます。
この部屋タイプを特徴付けるのがこのロー・ソファ。
b0405262_21000689.jpg
たっぷりしたサイズとクッション感で、これはいくつも置いてあるクッションと合わせて、好きな体位で座れ・リラックス出来ます。
b0405262_20594316.jpg
それと良いのが8個もあるクッション、ちゃんとカバーが外せる(つまり洗える)ところですかね。
ホテルの中にはファッショナブルなクッションなのに、どこか薄汚れていたり、臭い(?)もあったなんてのもありますから。
b0405262_21015346.jpg

b0405262_21021942.jpg
ジュニアスイート以上はネスプレッソが置かれています。
このホテルは夕方のターンダウン、新聞の配達などはリクエスト制になっています。
b0405262_21095701.jpg
TVは角度を付けられ、どの方向からも良く見られます。
b0405262_21105564.jpg
障子を開けるとこんな感じ、方向的にはpark viewといわれる側の部屋ですが、10番の部屋なのでparkは一部しか見えません。
b0405262_21131031.jpg
右方向。
b0405262_23401407.jpg
左方向ビュー。
b0405262_23403603.jpg
デスクは隅っこで少し使いにくく、座りにくいです。
b0405262_21103542.jpg
障子を開けると・・・。
b0405262_07480358.jpg
アップグレード出来ないからといただいたチョコレート。
これならやっぱりアップグレードの方が良いなぁ。
b0405262_21120642.jpg
ウェットエリアは4 point bathroomでpremier roomと同じです。
(シャワー付きの洗い場のないタイプは3 point bathroomというそう)
b0405262_21142444.jpg
b0405262_21144496.jpg
シューシャインは無料です。
b0405262_21150953.jpg
引出しには浴衣とバスローブが入っていました。
バスローブはスタンダードな部屋にはなかった(リクエスト制?)と思います。
b0405262_21153787.jpg


Commented by shoji at 2019-06-05 20:14 x
チェックインの段階でチャカチャカと部屋を調整するという経験があまりないです。
さらなるアップの調整はありがたいけれど、ちゃんと事前に最善の調整しておいて欲しいと思いますけれど、なんでしないんだろうとちょっと不思議です。
最近はあまり利用頻度は少ないですけれど、あるホテルでは、『クラブフロアや上層階には全くこだわらない、低層フロアでも良いので広い部屋がいい。低層階の場合、クラブフロアにしかないネスプレッソは入れておいてくれるとさらにありがたい』と、リマークしてもらって、そのように運用してもらっています。
Commented by HK at 2019-06-05 22:02 x
ヒルトンは、宿泊レートの管理にAIを導入してから、今まででは考えられないような乱高下をするようになったと聞きましたよ。
Commented by shackinbaby2 at 2019-06-06 08:03
>shojiさん
いつも有難うございます。
僕の場合は事前チェックインを行わないことが多く、チェックイン時もう少し高層の部屋空いてます?とか聞くことがあるからでしょう、たいてい、それがポーズにしろ、カチャカチャしてくれることが多いです。
よく行くホテルではたいていそこでリクエストに沿った部屋に変更となることがかなりあります。
アップグレードじゃなくて、同条件の中での変更、彼らは部屋の特徴をよく知っていますから、同じプレミアルームの中でも眺望、階数、エレベーターに近い遠い・・・など事前の登録プリファランスに従ってより希望に沿った部屋を見つけてくれます。
こういうお願いをする時は笑顔で、押しつけがましくなく話しかけるよう心がけています。
本心は別にして「無理だったら良いですよぉ」も付け加えて・・・(笑)。
「『クラブフロアや上層階には全くこだわらない、低層フロアでも良いので広い部屋がいい。低層階の場合、クラブフロアにしかないネスプレッソは入れておいてくれるとさらにありがたい』と、リマーク」はお仕事で泊まられることの多いshojiさんにも、ホテル側にもwi winなんじゃないでしょうか。

Commented by shackinbaby2 at 2019-06-06 08:03
>HKさん
いつも有難うございます。
「宿泊レートの管理にAIを導入」、そうでしたか、なるほど。
「APAホテル」はGMの裁量で値段を日々決めているようですが、あれも経験と勘によるものではなく、AIが働いているのかもしれませんね。
ヒルトンとAI導入でググってみたら、ロボットコンシェルジュの導入と、レストラン予約のAI化くらいしか出てきませんでした。
Commented by まなぶママ at 2019-06-06 08:27 x
山ちゃんの記者会見は新宿のヒルトンでしたね。
借金さんの影響でヒルトンの名前が出て来るとニヤニヤしてしまう自分が怖いです(笑い)。
Commented by shackinbaby2 at 2019-06-06 09:01
>まなぶママさん
あ、そうでしたか、新宿で記者会見は多くないですよね。
たいていは高輪辺りのプリンスがデフォかと。
最近はまなぶママさんのヒルトン愛の方が強いんじゃないかと思っていますよ。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-06-05 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(6)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2