人気ブログランキング |

ATAMIせかいえ (4)

「ATAMIせかいえ」の「つくし」という食事処で卯月のメニューをいただいた、その途中からの記録です。
b0405262_11471065.jpg
(夕食頃の5階の「紺碧テラス」からの景色)
b0405262_11472965.jpg
夕食の続きです。
中皿は桜鯛の握りと穴子小袖寿司と・・・
b0405262_11475536.jpg
海老のひろうす、木の芽、辛子の吸いもの仕立てでした。
b0405262_11481290.jpg
メインの料理となる強肴にはあいなめの煮下ろし(大根おろし餡)、これは文句なしに美味しかったです。
あいなめの下には湯葉と胡麻豆腐、上には蕗の薹。
b0405262_11483253.jpg
火の入れ方、出汁など文句なく、蕗の薹のちょっとした春の苦みも最高のアクセントでした。
ご飯は蛍烏賊ご飯。
b0405262_11485115.jpg
炊きたてで提供されます、お米も立っている美味しい炊きあがりです。
散らされている芹や塩昆布も良い感じ。
b0405262_11491434.jpg
香の物では長芋と茗荷の溜まり漬が〇。
水菓子は蓬プリンに黒蜜がかかり、あまおう、八朔にバニラアイスも添えられています。
b0405262_11493527.jpg
最後の甘味はこんな中から選べます。
b0405262_11495653.jpg
僕は練りきりの桜を、奥さんは最中を。
b0405262_1150201.jpg
お薄と一緒に美味しくいただき、リアルなお腹も、気持ち的にも「美味しいもの食べたぁ、満腹じゃ~」となりました。
b0405262_11504124.jpg
ただでさえ宿泊客とスタッフ以外人のいない館内も、ますます静かに、どちらかというとひっそりとさえしています。
b0405262_11512160.jpg
DVDをお借りして、自室へ。
b0405262_1151407.jpg
この旅館では特別なターンダウン・サービスはありません。
ただ未確認ですが、個別に頼めば、やってくれそうではありました。
あとは丹前やパジャマに着替えて、部屋でぐだぐだ。
DVDも見終わらないうちに二人とも瞼がくっついてしまいました。

なので、僕らの起床はまさに早朝。
カーテンを開けると景色は日の出直前でした。
b0405262_11515987.jpg
僕はもちろんベランダにある露天風呂に・・・。
昼間にもまして辺りは静か、鳥や海鳥の鳴き声だけの中での温泉は最高でした。
陽が出て来ると、海上には陽の道がくっきりと。
b0405262_11564087.jpg
奥さんがお茶も入れてくれ、風呂の後はほとんど裸のままで(失礼!)、ベランダのソファに深く寝そべり、日光浴も楽しみました。
b0405262_11525513.jpg
「ATAMIせかいえ」の「つくし」での朝食は、リゾートらしく遅い時間からの開始で、午前8時から1時間刻みでの予約制。
チェックアウトは午前11時、10時から食事をしてすぐにチェックアウトということも可能です。
b0405262_123460.jpg
この時間、朝日の差し込みが強いので、ブラインドは半分以上下りています。
b0405262_1232579.jpg
あ、これって前に来た時と同じだぁ、ジュースの後はサラダ(牛蒡チップ乗せ)とサラダ鍋。
ここの名物なのでしょうか。
b0405262_1235330.jpg
半分はオニオンドレッシングで食べて・・・
b0405262_1243243.jpg
もう半分は・・・
b0405262_125816.jpg
この梅干しと豆腐入りの鰹と鶏で取った熱い出汁に浸けて食べます。
この熱を入れたレタスがまた旨い・・・、
b0405262_1252845.jpg
b0405262_1254349.jpg
朝のご飯も土鍋の炊き立て。
b0405262_126189.jpg
そして大きなお盆でいろいろなおかずが運ばれてきます。
b0405262_1264815.jpg
白身魚(ごめんなさい、何の魚だったか忘れてしまいました)の西京焼きは◎、美味しかったぁ。
魚自体も新鮮なんだろうし、焼き方(火の入れ方)も上手なんでしょう。
b0405262_1274499.jpg
どの皿も旅館ならではの良い意味での手作り感もあって、高級ホテルの和朝食をしのぐ朝食でした。
b0405262_1281035.jpg
煮物もさすがだし、玉子焼きも作り立てが分かるもの。
b0405262_1282552.jpg
フルーツのヨーグルト掛けとドリンクが出ておしまい。
新館の方の朝食では洋食と和食から選べるそうです。
b0405262_1284965.jpg
だいぶ陽も上がってきました。
b0405262_1293391.jpg
数少ないアクティビティの一つ、ヨガ教室の会場。
b0405262_1210153.jpg
チェックアウトは午前11時、それまで旅館周囲を散歩したり(坂道注意)、何度も利用したこの「紺碧テラス」でだらだらしたり・・・。
b0405262_121037100.jpg
伊豆まで行くとどうしても1泊2日丸々が必要になりますが、熱海なら僕らのように土曜日の午後から出ても充分楽しんで日曜夜には帰ってこられます。
これからも熱海周辺の温泉はよく行くと思います。
「ATAMIせかいえ」は値段も高いですが、それにほぼ見合うサービス、ファシリティ、食事を提供してくれる旅館、食事は同じグループの「熱海ふふ」より好きと奥さんは言っています。
次回用の割引き券もたいていいただけるので、次回こそは新館「月の道」の方に泊まってみたいですね。
ペントハウスなどは高過ぎて駄目ですが・・・。




Commented by momo at 2019-04-21 12:28 x
「1SHIO / ひとしお」の朝食は目の前の鉄板で作られサーブされます。
卵料理は絶妙な出来上がりでした。
「つくし」とどちらが良いかは・・・。
「つくし」は高級温泉旅館の朝食の雰囲気。
「1SHIO / ひとしお」はシェフとの会話を楽しみながらの朝食。
「つくし」の方が品数多く、落ち着いて自分のペースで食事が出来るので私は良かったです。
次回泊まって頂きshackinbabyご夫妻のご評価を頂きたいです。
Commented by ホテラバ at 2019-04-21 19:35 x
最初のおみくじの「末吉」よりはずっと良いご旅行になられたのでは?まさかこの後なにか嫌なことでも?
Commented by shackinbaby2 at 2019-04-21 23:34
>momoさん
朝食も鉄板使いなんですね、いつかチャンスがあれば試してみたいです。
追加情報を有難うございます。
Commented by shackinbaby2 at 2019-04-21 23:34
>ホテラバさん
次回の(5)まで今回のシリーズは続きますが、「凶」になることはこの後もなく、(5)の最後でも書きますが、ま、全体に見れば「末吉」以上にはなった週末小旅行だったと思います。
Commented by nagi at 2019-04-22 11:38 x
私も最近は和食が落ち着く感じになりました(^_^;;;
歳ですかね?
Commented by shackinbaby2 at 2019-04-22 12:19
>nagiさん
想像するにnagiさんはまだそんなご年齢ではないかと・・・。
料理もなさるnagiさんが和食の美味しさを人一倍お分かりになってこられたのと、やはり健康意識の高まりも根底にあられるのでは?
「何たって肉」派の僕もここ数年はだいぶ食の嗜好は変わってきています。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-04-21 00:00 | 旅館 | Comments(6)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2