人気ブログランキング |

第一ホテル東京シーフォート (2)

天王洲の「第一ホテル東京シーフォート」の宿泊記。
1泊1室13680円というリーズナブルな値段にもかかわらず、予想以上にちゃんとしたシティ(リゾートな所も少し)ホテル・・・というのが僕の第一印象でした。
b0405262_12505183.jpg
レセプションの女性たちは感じ良かったし説明も丁寧、控えているゲストリレーションの男性による部屋までのアテンドと簡単な部屋説明までありました。
エレベーターホール。
b0405262_12512585.jpg
館内インテリアはシンプルというか簡素。
廊下はさすがに古いホテル(1992年開業)、狭い、暗い、天井低い、そして経年の臭いもこもったものでした。
b0405262_1251446.jpg
ドアを開けると、このスーペリアツインは30㎡、結構広く見える部屋が目に入ります。
b0405262_125244.jpg
ここの部屋カテゴリーについては

     https://www.hankyu-hotel.com/hotel/dh/dhtseafort/accommodation/

に詳しく、このスーペリアツインは

     https://www.hankyu-hotel.com/hotel/dh/dhtseafort/accommodation/superior-twin

にそのスペックが紹介されています。
b0405262_12522236.jpg
タリフだとこの部屋、47720~47920円となっています。
僕の今回の宿泊料金はとんでもないディスカウントということになりますね。
ベッドは120X210、2台。
b0405262_12524778.jpg
ベッドはやや柔らかめですが、枕やリネン類は標準、寝心地は悪くなかったです。
これも予想以上でした。
ベッドサイドの照明は調光出来、時計・アラーム、メモパッドが置いてあり、電話にはフロントの他、インフォメーション、食事(ルームサービス)、メッセージなんてボタンもあります。
ルームサービスもあるんだぁ、やはりここはちゃんとしたシティホテルですね。
朝食はコンチネンタルが2800円、アメリカンは3000円。
昼10時から夜9時までと時間は短いですが、例えばカレー各種は2800円、ハンバーグ各種が2400円(すべてnett価格)で頼めるようです。
b0405262_1253795.jpg
窓は大きめ、カーテンはダブル(手動)。
窓前に丸テーブルとチェア2脚。
窓の外はこんな感じです。
b0405262_12533332.jpg
前述のようにこのホテルのツインはすべてこの眺め、運河と工場ビューです。
奥には羽田空港、夜になると離発着する飛行機のランプがきれいはきれいですが、あまり大きくはっきりとは見えません。
首都高横羽線を走る車のライト、頻回に通る新幹線、停泊しているクルーズシップ・・・。
b0405262_1253521.jpg
右側からは「シーフォートスクエア」のビル群、「天王洲銀河劇場」がせまります。
左側は新幹線の線路、ちょうど新幹線が通っている時に写真撮れば良かったかな。
b0405262_1254940.jpg
この方向でも悪い景色ではないのですが、やはり反対側のレインボーブリッジ・ビューのほうがベターでしょうか。
そうすると部屋はすべて22㎡とかなり狭くなってしまうのです。
前にも書きましたがこのホテル、「広さを取るかビューを取るか!」なんです。
b0405262_12542753.jpg
TV画面にfree wifiのパスワードが表示されます。
b0405262_12544542.jpg
TVはSONYの「BRAVIA」、無料のミネラルウォーターが2本、コンセント数口。
b0405262_1255124.jpg
ホテルのミニバーには珍しく(インスタントの)コーヒーやコーヒーカップはなく、あるのはこの有料のドリップ式コーヒーだけ(824円)。

b0405262_12554661.jpg
冷蔵庫の中は1本づつですが、かなり多種のドリンクがラベルを前に揃えて置かれています。
ワイン(756円)やウィスキーもあります。
グラス、コップ、日本茶碗、電気ポット、アイスペール・・・。
ティーバッグは緑茶のみでした。
b0405262_19475876.jpg
ラゲッジラックの引出しにはセイフティボックスやランドリーバッグ。
b0405262_1332572.jpg
その下段にはロングサイズのパジャマが入っています。
b0405262_1334653.jpg
クローゼットは大きくがらんとしていますが、ハンガー、消臭剤、シューミット、ブラシ、ペナペナの使い捨てスリッパが・・・。
b0405262_12562480.jpg
今度はウェットエリアを見てみましょう。
ベイシンの前は一面のガラス。
b0405262_12564289.jpg
アメニティーは揃っていて、ソープ(POLA製)、歯ブラシ、ヘアブラシ、レーザー、ボディタオル、コットン、綿棒、シャワーキャップ、ドライヤーが置かれています。
b0405262_1257245.jpg
b0405262_12572135.jpg
タオルはホテルのロゴ入りで、ロゴが見えるように畳まれています。
b0405262_1257392.jpg
バスタブ+シャワー(固定&ハンド)。
b0405262_12575994.jpg
水回りの経年は見て取れますが、不快ということはありません。
b0405262_130524.jpg
トイレタリーは「ペリカン石鹸」の「PROVINSCIA」シリーズで、レセプションでも販売されているそうです。
b0405262_20331413.jpg

全体に僕がよく使う「ヒルトン成田」のデラックスプラスの部屋に似ている感じです。
「ヒルトン成田」の開業も「リーガロイヤル」時代の1992年、このホテルとほぼ同じ時期ですね。
考えてみると、こんな感じがあの時代の標準的4★ホテルだったんですね。

Commented by momo at 2019-04-12 01:25 x
>こんな感じがあの時代の標準的4★ホテルだったんですね。
全く同感です!
たまに泊まると昔を思い出してしまいます(笑)。
私は部屋にハンモックがあるアイランドスイートでした。
ハンモックに興味惹かれて泊まりましたが読書しながらのお昼寝には良かったですよ。
こちらのホテルは想像以上にしっかりとしていて好感を持ちました。

Commented by 12345 at 2019-04-12 06:35 x
おはようございます。
大変ご無沙汰しています。
あれ以来復活されていたのですね。
遅ればせながら安心しました。
またいろいろ参考にさせてもらいます。
Commented by ホテラバ at 2019-04-12 07:38 x
昨日の「ガイアの夜明け」では王洲の話題でしたよ。グッドタイミング。ご覧になりました?
Commented by shackinbaby2 at 2019-04-12 08:11
>momoさん
「アイランドスイート」はウェブで見ました。
リニューアルされた広い部屋で快適そうですが、あそこのビューはレインボーブリッジ側なんですか?
ハンモックって僕の体格のせいか、ちょっと苦手nです。
ゆらゆらはリラックス出来そうですが・・・。

Commented by shackinbaby2 at 2019-04-12 08:11
>12345さん
お久しぶりです、またいらしていただけて本当に嬉しいです。
今回は国内ホテルに特化して始めてみましたので、
またお教えいただくことが多いと思います、どうぞよろしくお願いいたします。
これまでに取り上げたホテルは
https://shackinba3.exblog.jp/29298830/
にまとめてあり、それ以降は「名古屋プリンスオテルスカイタワー」、「シャングリ・ラホテル東京」、「ヒルトン大阪」、「旧軽井沢桔梗キュリオ・コレクション・オブ・ヒルトン」・・・などです。
更に過去のブログを新たにまとめなおした
https://shackinbaby.com/
も友人のご努力で上梓してあります。
ぜひご意見などお聞かせいただけると幸いです。
Commented by shackinbaby2 at 2019-04-12 08:11
>ホテラバさん
はい、録画してありますが、まだ見ていません。
寺田倉庫の特集でしょう?
天王洲アイルには本社もあるし、周りには倉庫、系列(?)のレストラン・カフェもあります。
いくつかは夜の散歩で見てきました。
巨大ビル壁画は見逃しましたが・・・。
Commented by momo at 2019-04-12 10:08 x
アイランドスイートはレインボーブリッジ、お台場側でしたよ。
ハンモックは派手な柄で部屋の中では少し浮いた?感じ(笑)。
スタッフの話ではブラジリアンカラーと言うそうです。
Commented by shackinbaby2 at 2019-04-12 20:25
>momoさん
情報、有難うございます。
ここはスイートといってもこなれた値段のスイートなので、利用目的によっては見当の価値ありかもしれません。
ブラジリアンカラーって派手な柄というと国旗の色辺りの色使いということでしょうか。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-04-12 00:00 | ホテル・東京 | Comments(8)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2