人気ブログランキング |

ヒルトン大阪 (2)

「ヒルトン大阪」3階の新装なった「エグゼクティブラウンジ」でチェックイン。
b0405262_19554.jpg
豪華ではありませんが、「モダンリビング」というコンセプトが分かるすっきりしたレジデンシャルな雰囲気のラウンジです。
b0405262_1951987.jpg
アフタヌーンティーの時間のカウンター。
b0405262_1953348.jpg
サンドイッチは2種類。
「ブリーチーズ・プロシュートコットとルッコラ」というものと「エッグとベジタブルのライブレッド」のサンドイッチでした。
b0405262_1954964.jpg
バニラクリームブリュレ・ストロベリーと桜のクリーム、チュロス、マカロン。
b0405262_196310.jpg
ホワイトチョコレートとオレンジのムース。
b0405262_1961921.jpg
「セガフレードザネッティ」のコーヒーマシーンは抹茶というボタンもあり、抹茶コーヒー(かなり甘い)が出てきます。
b0405262_1963134.jpg
紅茶などティーバッグはスリランカの「ディルマー」(DILMAH)でした。
b0405262_1964330.jpg
ここでこんなスイーツをいただきながらチェックイン完了。
ジャスミンパンナコッタ・マンダリンオレンジとカモミールのゼリーなんてのもありました。
窓の外は「ルイヴィトン」、「ブルガリ」、「フェラガモ」・・・。
b0405262_1965588.jpg
食べ過ぎても駄目だよなぁ、もうすぐイブニングカクテルタイムだし、夜には本番の仕事も控えているし・・・でもついつい誘惑に負けちゃいます。
アサインされた部屋は客室としては最上階の34階、ラウンジからのアテンドはありませんでした。
各階のエレベーーターホール。
b0405262_19381720.jpg
部屋の広さは30㎡。
リニューアルされたといっても部屋の広さまでは手を付けてないようで、最近の高級ホテルのスタンダードからすると、ちょっと狭いです。
b0405262_19383018.jpg
     https://www.hiltonosaka.com/rooms/#executive

     https://www.hiltonosaka.com/rooms/executive_room_double_king

エグゼクティブフロアは、高層階に位置し、上品な和のデザインエレメントが美しい特別階。
専用ラウンジ(3階)が設けられ、ゲストリレーションズオフィサーが常駐、チェックイン・アウトの手続き他、 ビジネスや観光のお手伝いをいたします。
朝食ブッフェなどラウンジのお食事、お飲物は無料でご利用いただけます。
木の温もりに触れるフロアリングの床は心落ち着く空間を創り出し、大きな窓からは美しいシティービューをご堪能いただけます。

b0405262_19384112.jpg
ベッドは200X200、スプリングもリネン類も標準品で、気持ち良く寝られます。
b0405262_19385436.jpg
窓際には流行のロングカウチ。
襖と障子風のブラインド(?)はヒルトンが昔からこだわっている和のデザインですね。
b0405262_1939658.jpg
部屋が狭いので、この辺り相当に狭いです、ぶつかります。
b0405262_19392096.jpg
b0405262_19452131.jpg
ブローシャやLANケーブルなどの入った引出し風の物入れは、一時ハイアットでよく見た覚えがあります。
b0405262_1939321.jpg
TVは小さめですが、角度はつけられます。
b0405262_1939446.jpg
ミニバーにはエグゼクティブの部屋のみネスプレッソ完備です。
b0405262_19395573.jpg
ミネラルウォーターが2本。
このホテルにはもう夕方のターンダウンサービスはないので、コーヒーのカプセルやミネラルウォーターの補充は電話で頼む必要があります。
b0405262_2012426.jpg
アーモアの引出しの中には、ぎっちりいろいろ詰まっています。
b0405262_19401951.jpg
冷蔵庫の中もwell-stocked。
b0405262_19403472.jpg
ブラインドを開けて外を見てみましょうか。
b0405262_19422113.jpg
淀川ビューで、こちらの方が抜けた風景、大阪駅も見下ろせ、人気の方向となっています。
b0405262_1941059.jpg
雲の多い天気でしたが、空気は澄んでいるようで、遠くまできれいに見渡せます。
b0405262_19473663.jpg
「ウェスティン大阪」が見えています。
「大阪駅」向こうも再開発されて、もう数年もすればビルだらけになってしまうかもしれません。
b0405262_19474990.jpg

Commented by 情報で~す at 2019-03-28 12:46 x
ヒルトン通のブログ主さんは既にご存知と思いますが。

札幌パークホテルを運営するグランビスタホテル&リゾート(東京)が、建て替えを計画する同ホテルについて世界最大級の米ホテルチェーン「ヒルトン」と
フランチャイズ(FC)契約を結び、「ヒルトン札幌パークホテル」として2023年に開業することが27日、分かった。
ヒルトンの販売力やサービス水準を生かし、海外の富裕層を取り込む。ホテルの運営は引き続きグランビスタが担い、従業員の雇用も継続する。
札幌パークホテルは1964年開業。老朽化が進んでおり、グランビスタは改築する方針を示していた。
現ホテルの営業を続けながら敷地内の隣接地に新ホテルを建設予定で、客室は現ホテルの216室から350室程度に増やす。
VIP向けに複数のスイートルームを設けるとみられる。



Commented by shackinbaby2 at 2019-03-28 13:28
>情報で~すさん
初めまして、ようこそ当ブログにおいでくださいました。
本当に有難うございます。
最新情報を感謝です、といっても実は僕にはヒルトンの内報者がいて(そんな大げさなものではないですが)、月曜日の時点でお話は聞いていました。
北海道2軒目ですが(昔の小樽を淹れれば3軒目)、いままで札幌になかったのが不思議なくらいです。
週間文春に載っていたこのホテルの評価、ま、公平に見るとここまでもないでしょうが。

札幌の格式あるデラックスホテル。天皇皇后両陛下をはじめ、ロイヤルファミリーが滞在されたことでも知られるホテルとしてその存在感は圧倒的。リニューアルが進んでおり快適さも際立つ。おすすめの客室は、エグゼクティブフロアのパークビュースパホーム。広々したバスルームはデザイン性も高く充実のバスタイムが過ごせる。市街中心部にありながら、中島公園のロケーションもあいまって閑静で穏やかなステイが満喫できる。(年間260泊する私が選んだ「本当によかったホテル&旅館50)瀧澤 信秋氏

また何か情報などあれば、よろしくお願いいたします。
Commented by momo at 2019-03-28 15:42 x
お部屋がこんなに狭かった?と第一印象で思ってしまいました。
ロングカウチが置かれたからでしょうね。
窓からの眺めは昔と違って高層ビルが増えました。
Commented by shackinbaby2 at 2019-03-28 19:54
>momoさん
僕の部屋は客室として最上階だったんですが、すべて同じ30㎡の広さの部屋が整然と並んでいるのみでした。
スイートなどは下の階でした。
おっしゃられるように窓際にカウチを作り、テーブルも丸くしたので、こんなに狭くるしいところも出来ちゃったんでしょう。
昔はこれでも十分な広さに感じ、40㎡もあると「わっ、広い」なんて思ったものです。
それが今や・・・。

Commented by まなぶママ at 2019-03-29 10:45 x
いつもお世話になっています。
10連休のうちにUSJに絡めて大阪の味を堪能したいなど大阪旅行を計画していて、ホテルは連休中で値段は高くてもポイントで支払い可能、ラウンジも(たぶん)OKとなるはずの「ヒルトン大阪」を予定しています。
グッドタイミングで毎日食い入るように見せていただいています。
写真もいっぱいで分かりやすいです。
朝食の様子なども詳しく取り上げてくださるとうれしいです。
Commented by shackinbaby2 at 2019-03-29 18:47
>まなぶママさん
いつも有難うございます。
もう上のお子様もだいぶ大きくなられたでしょう。
きっとUSJは大喜びなさるのでは?
ま、混んでいてご両親様は大変でしょうが、良い思い出作り・体験になるよう頑張ってくださいね。
「ヒルトン大阪」の朝食の様子は「フォルクキッチン」の方もラウンジの方もしっかり写真を撮ってきましたので、順次掲載いたします。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-03-28 12:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(6)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2