人気ブログランキング |

ヒルトン大阪 (1)

今回は東京のホテルではなく「名古屋プリンスホテルスカイタワー」の前日に泊まっていた大阪の「ヒルトン大阪」について書いてみようと思っています。
滞在時間の長くない、泊まることがメインの滞在でしたが、それでも(僕にとっては)新しいラウンジも体験でき、それなりに楽しく快適に過ごすことが出来ました。
最初は大阪に1泊必要と聞いて、個人的に「コンラッド大阪」をお願いしておいたのですが、担当者から即却下、「高過ぎます」ときっぱり。
確かに自分で値段をチェックしてみても週末とあってか最低5万円台後半からという料金で、確かにそれじゃ経費じゃ無理でしょう、自分でもそう思いました。
そこで決まったのが「ヒルトン大阪」。
このホテル、僕としてはずいぶん久しぶりの宿泊となります。
予約はHPCJレートで1泊1室23175円++、総額28583円というもの。
ウィークデイならもう少し安いようですが、週末は仕方ないですかね、この値段でも。
宿泊前日にヒルトンのアカウントから予約状況を見てみると、king hilton room が king executive room にアップグレードされ、その時表示されていた料金は flexible rate で hilton room は30900円++、executive room は43400円++でしたから、僕のレートでもそう悪くはないものだったようです。
大阪までは新幹線じゃなくて、珍しく飛行機。
b0405262_20422752.jpg
昼前の出発だったので、「ダイアモンドプレミアラウンジ」で離発着する飛行機を見ながらmy羽田定食(笑)を・・・。
JAL特製焼きカレーパン、「メゾンカイザー」のクルミとレーズンのパン、辛子高菜のお握り、和風スープ、コーヒー、スカイタイム。
b0405262_2042485.jpg
で、「ヒルトン大阪」。

35階建て全526室という大きなホテルで、JR大阪駅前の高層ビルの中でもひときわ目立つ存在です。
b0405262_20431930.jpg
車寄せはこちら。
b0405262_2043373.jpg
タクシーの乗降はここでとなります。
b0405262_20435551.jpg
入るとこのリニューアルされたロビー。
確かに以前より今風なデザインになっていますね。
(ロビーラウンジ的存在だった「インプレイス」も一新、「マイプレス・カフェ&バー」に)
3階までの吹き抜け。
b0405262_20441211.jpg
2013年から段階的に続いていたリニューアルも、去年の8月で終了したそうです。
ロビーだけではなく、リニューアルされたというラウンジ、レストランフロア、バンケットなどどうなっているんでしょう、久しぶりに来た僕には楽しみです。

今度は歩きなどで来た時、より入りやすい「ヒルトンイースト」の方からの目線を。
b0405262_20443624.jpg
ホテルのドアまでは毎春恒例という「日本の桜名所を旅する2019」という日本各地の桜風景をイメージしたディスプレイで飾られています。
b0405262_2044543.jpg
     http://www.hiltonplaza.com/eventnews/%e7%be%8e%e3%81%97%e3%81%8d%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%83%bb%e6%a1%9c%e3%82%81%e3%81%90%e3%82%8a%ef%bc%88%e7%94%bb%e5%83%8f%e7%89%88%ef%bc%89.html
b0405262_20451131.jpg
インスタグラムのキャンペーンがあるようで、ハッシュタグ「#ヒルトンプラザ桜」をつけて桜の写真を投稿すると景品が当たるようで、もう皆さん写真パシャパシャでした。
b0405262_20453525.jpg
イメージは「嵐山公園」、東海桜、山桜、牡丹桜、染井吉野、啓翁桜、彼岸桜・・・が並んでいました。
そしてこのドア奥が「ヒルトン大阪」。
b0405262_21435772.jpg
改めてリニューアルされたロビーを見てみましょうか。
b0405262_2046643.jpg
大きな卵のようなディスプレイは夜になると今風のブルーに照明されます。
b0405262_2046303.jpg
モダン・レジデンシャル・デザイン?
b0405262_20464970.jpg
以前と同じ位置のレセプション、少しすっきりしたように感じます。
b0405262_2047316.jpg
チェックインはスムーズ、僕が上級メンバーだと分かると、リニューアルされた「エグゼクティブラウンジ」の説明があり、「そちらでもチェックイン可能です、どちらになさいますか?」と聞かれ、興味があったのでラウンジに行くことにしました。
b0405262_2226975.jpg
新しい「エグゼクティブラウンジ」は3階にあると、ラウンジまでのアテンドはありませんでした。
エレベーターホールもモダンになっている気がします。
b0405262_22132874.jpg
エレベーターにはルームキーを差し込むスロットがありますが、現在は機能していません。
以前の名残です。
b0405262_20561216.jpg
2階はレストランフロア「ダイン・アラウンド」、橋本夕紀夫氏のデザインの4つのレストランが集まっています。

     https://www.hiltonosaka.com/restaurants/

「ヒルトン東京」の「TSUNOHAZU」と同じコンセプトのフロアですが、シームレスに繋がっているという作りではないようです。
そこから見下したロビー。
b0405262_2048474.jpg
ここが3階、おぉ、ここもすっかり新しくスマートになってますね。
正面左がラウンジのよう。
b0405262_22463617.jpg
3階から見た卵型のディスプレイ。
b0405262_20493143.jpg
ここが「エグゼクティブラウンジ」のエントランス、誰でも来れる場所にあるので(セキュリティがかかっていない)、入るとすぐにレセプション・カウンターがあり、部屋番号を聞かれることが多いです。
b0405262_20495721.jpg
窓も大きく明るい感じ、インテリアはどこかレジデンシャルな雰囲気。
b0405262_2050990.jpg
b0405262_20502282.jpg
新しく生まれ変わったエグゼクティブラウンジは「modern living(モダンリビング)」をコンセプトに、まるで自宅のリビングでくつろいでいるような居心地の良さを感じていただけます。
日ざしが優しく差し込み、白い壁に映えるウッドブラウンの壁装飾がスタイリッシュで上質な空間を作り出しています。
改装前から約2倍の広さである295㎡に増床されたことで、窓から広がる西梅田の景色を眺めながら、ゆったりとした時間をお過ごしいただけます。
また、エグゼクティブラウンジの中央に設けられたブッフェカウンターでは、朝食や軽食をご自由にお召し上がりいただけます。
中でも、ブレックファストブッフェは、メニューセレクションが大幅に増え、50種以上のアイテムが揃います。
野菜を使ったスムージーやコールドプレスジュース、グルテンフリーのパンなどが新たに追加され、美容や健康にも配慮した内容となっています。
エグゼクティブフロアおよびスイートルームに滞在のお客様がご利用いただける特別な空間で、より充実した時間をご提供いたします。

b0405262_2050342.jpg
本当に広くなりましたね。
以前のラウンジはイブニングカクテルの時間などパンパンでしたもの、これならくつろげそうです。
b0405262_20581292.jpg
チェックインしたのはアフタヌーンティーの時間。
「ブッフェカウンター」の上には種類少なめですが、スイーツやサンドイッチが置かれていました。
b0405262_20512984.jpg
ラウンジのスタッフは親切、丁寧。
最上階の淀川ビュー(大阪駅側)の部屋をアサインしてくれ、午後3時までのレイトチェックアウトもOK、更には「ダイン・アラウンド」内のグリルレストラン「セントラム」の25%引き券までもらえました。
25%引きって、HPCJの20%OFFよりすごいじゃん、客の入りが悪いんでしょうか?(失礼)

b0405262_2051488.jpg
これが「エグゼクティブラウンジ」の説明書。
すみません、くしゃくしゃにしてしまって・・・。
読めますか?
ラウンジは朝の6時45分から夜の9時までのオープンだそうです。
b0405262_2052292.jpg
朝食は午前10時半まで、アフタヌーンティーが午後3時から5時半まで、イブニングカクテルは午後5時半から7時半までで、朝食は上記説明書にはありませんが「フォルクキッチン」のフル・バフェの朝食でも良いようです。


Commented by momo at 2019-03-27 01:33 x
ヒルトン大阪は平成になった頃に約半年、長期滞在してました。
特に「源氏」には毎晩通って、板さん達と親しくなってお客さんに出す前の新作メニューの試食で意見を求められたり、私だけの特別メニューを出してもらったり、なんてこともありました。
その「源氏」も無くなってしまいました。
大阪も新しいホテルが増えてヒルトン大阪に泊まらなくなってかなりご無沙汰です。
お部屋、ラウンジを含めて、私が利用していた頃とは別物になっているのでしょうね。
ある種の感慨を含めて記事を拝見させて頂きます。
Commented by あつ at 2019-03-27 01:45 x
ヒルトン大阪は立地のせいでしょうか。昔からいろんな意味で強気で、殆ど縁がありません。HHonorsなんちゃってGoldを持っていた頃に一度だけ泊まって、嫌な思いをしたので(他人の名前のラウンジのインビテーションのレターが部屋に入っていた。で、それを指摘したら、入れる部屋を間違えただけで貴方はラウンジアクセス出来ないとか平気で言ってきた)二度と泊まっていません。

定宿は20年以上リーガロイヤルホテルにしていますが、ここもインバウンドのせいで特に週末は以前では考えられなかったような強気な値段は続いています。そういう時は、株主優待券を使います。
Commented at 2019-03-27 02:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shoji at 2019-03-27 06:47 x
堅実な担当者ですね(笑)
もう12年半も毎週行ってるヒルトン大阪。ただ泊まることは極めて稀で今はもうステータスもなくなりました。出張で泊まるにはちょっと高くて、安いスターウッド系やハイアット大阪を選んでいました。リニューアルしてからは2F以上には上がっていないので様子がわからずです。ヒルトンカードで支払っても2000Pが抜けるので注意が必要でした。
Commented by shackinbaby2 at 2019-03-27 11:03
>momoさん
そうでしたね、そのお話、以前にお聞きしたことがあります。
半年も滞在していれば、ホテルではもう特別な存在だったでしょう。
ましてmomoさんのような達人であれば、どのセクションからも一目置かれていたのでは?
もう「源氏」はなく、今風のモダンなインテリアの日本料理店がはいっています。
Commented by shackinbaby2 at 2019-03-27 11:03
>あつさん
それは嫌な思いをなさいましたね。
ものの言い方って本当に大切で、僕も自分の仕事ではその仕事なりに気を付けています。
それでもクレームというか、ああだったこうだった・・・は時々あるので、その都度反省しきりです。
リーガロイヤルは大昔に一度宿泊しただけで、ほとんどご縁がありません。
大阪経済界では今でもメインとなるホテルと聞いています。
歴史ある素晴らしいおもてなしなんでしょう。
近日中に東京の方のレビューを始めますが、こちらは頑張ってはいますがもう古色蒼然としていて(言い過ぎか)、値段の安さのみが勝負みたいなホテルでした。

Commented by shackinbaby2 at 2019-03-27 11:03
>momoさん
覚えていてくださって光栄です。
いつも本当に有難うございます。
今日の正午にご注目ください。
Commented by shackinbaby2 at 2019-03-27 11:03
>shojiさん
いつもお世話になっております。
「ヒルトン大阪」滞在時間は長くなかったですが、shojiさんがいらっしゃらないか、特にロビー男性の髪型ばかり気にしていました・・・って嘘です(笑)。
2階3階も今風にリニューアルされましたが、フィットネスやプールなどは以前のまま。
客室は全室リニューアルが終わっています。
Commented by shoji at 2019-03-27 14:29 x
今週もヒルトンに行くことになりました。
マイプレイスのコーヒーはほんと美味しくない。なんとかならないのかなって思いますが、インプレイスからマイプレイスに変わっても味は変わらず、マシンを変えても味は変わらずで、どうしようもないなって(笑)
ご連絡いただいた件、了解です。よろしくお願いいたします。
Commented by shackinbaby2 at 2019-03-27 20:16
>shojiさん
いつも有難うございます。
僕の我儘を聞いていただいて感謝感謝です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
「マイプレイス」のコーヒーは駄目ですか?
インテリアではずいぶん今風になりましたが・・・。
ラウンジのコーヒーは「セガフレードザネッティ」のマシーンになったので、それと同じマシーンを使っているんでしょうか。
Commented by あつ at 2019-03-28 00:44 x
リーガロイヤルホテル東京、その近くの学校に行っていたような気もしますが。元々テニスコートのあったところです。

いかにもバブル期の内装で、30年前はこういうのをゴージャス(笑)っていうのね、みたいな典型的な感じかと。これを拠点に関東でもチェーン展開を狙っていましたが、バブル崩壊で、成田を出店して終わりました。

大学の土地信託事業のようですが、賃料の設定がバブル期並みのままだったようで、裁判までやりましたが負けました。

元は大阪のフラッグシップ的ホテルでしたが、住友銀行のオモチャにされて、未だにその傷が癒えないようで、大阪は今でも会合とかでは良く使われていますが、大箱過ぎて、修繕や改装が追いつかない状況です。

Commented by shackinbaby2 at 2019-03-28 07:51
>あつさん
いつも詳しくお教えいただいて、感謝しています。
リーガロイヤルの歴史というか変遷は、なかなかに複雑で、日本経済の状況とも絡み合い、興味深いものがありますよね。
イケイケの時はあのニューヨークにリーガロイヤルの名前が躍り、ケアンズやボルネオなどのリゾートにも進出しました。
いまでは住友グループの影響は少ないんでしょうけど、住友なればこその関西の迎賓館だったでしょうし新居浜にホテルを建てたりもしたのでしょう。
大阪のフェスティバルタワー・ウェストの高層階もリーガロイヤルの名がつけられずコンラッドになってしまったことは記憶に新しいです。
Commented by あつ at 2019-03-28 19:11 x
フェスティバルタワーのホテルは、リーガロイヤルホテルが優先交渉権を持っていましたが、多分賃料の折り合いが付かなくて(高過ぎたのでは?)交渉決裂、コンラッドになりました。この辺の裏事情はわかりませんが、ロイヤルホテルは一旦はプレスリリースを出したので、朝日ビルディングが相当強気になっていたのでしょう。リーガロイヤル自体、中之島を閉めてうめきたに移転を検討したり、森トラストと関電主導で中之島再開発で建替えとか、幾つか案が出ては消え、の繰り返しです。1965年と1973年の建物ですから、いずれはどうなるのか、ですね。

ロイヤルホテル自体が大阪の財界のバックアップでスタート、元々はフェスティバルタワー隣の、住友中之島ビルのある場所で「新大阪ホテル」の名前で始まりました。1958年、恐らく大阪で戦後初の都市型&複合施設内ホテル「大阪グランドホテル」を開業し、大阪のホテル業界を牽引してきました。
大阪は長らくホテル不況の時代があったので、大阪グランドホテルの客室はほぼ未改装のまま営業していて、お化け屋敷状態でしたが、立地が良いので良く使っていましたよ。

今でも、役員は三井住友銀行の天下りを受け入れていると思いますよ。
Commented by shackinbaby2 at 2019-03-28 19:55
>あつさん
詳しくいろいろ教えいただいて有難うございます。
「新大阪ホテル」、「大阪グランドホテル」、今晩にでもググって昔の姿でも想像してみましょう。
またいろいろお教えください。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-03-27 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(14)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2