人気ブログランキング |

京王プラザホテル (3)

「京王プラザホテル」の「グランプレミア」という最上級客室にラウンジでチェックイン。
ラウンジから部屋までのアテンドはありませんでした。
b0405262_17431797.jpg
「プレミアグラン」の客室はホテルの37~41階にあり、僕らがアサインされたのはその最上階41階の部屋。
41階はスイート・ルームが多く、僕らの部屋のような通常の広さの部屋は少数派みたいでした。
b0405262_17433395.jpg
「プレミアグラン」のフロアはキングベッドの部屋もツインベッドの部屋も35.5㎡か33.7㎡の広さ。
ツインにはベッドが広いワイドツインというレイアウトが多少違う部屋もあるようです。
ドアを開けます。
b0405262_1743491.jpg
     https://www.keioplaza.co.jp/stay/room/premiergrand
b0405262_174452.jpg
ホテルのウェブではこのフロア・部屋について、こう表現されています。

世界で数多くのラグジュアリーホテルを手がける英国GAデザインインターナショナルによる、研ぎ澄まされた空間デザインと高層階からの眺めを楽しめる開放感のあるバスルーム、心豊かなくつろぎを実現するナチュラルで上質な室内、そしてご滞在のすべてをサポートするプレミアグラン専用クラブラウンジ。
都会の喧騒から切り離された癒しと和みの空間で最上のステイをお楽しみください。


b0405262_17442138.jpg
部屋はおそらく35.5㎡の方。
上品なカラー・スキームのコンテンポラリー・デザインが目に優しく、レイアウトもすっきりしていて、実際の面積よりやや広く感じる気もする部屋です。
b0405262_17443960.jpg
ベッドはシーリー社、リネンはイタリアのアントニエッティ社のものと高級品揃い。
シーツの肌触りなどは◎、ベッドサイズは122X203です。
b0405262_17445984.jpg
照明やカーテンのコントローラー(写側のレースのカーテンは手動)。
b0405262_17451534.jpg
ややちゃちに見えますが、椅子は背当てのクッションもあって、意外に座りやすいもの。
b0405262_17453159.jpg
壁際のロング・デスクには微妙なカーブが付いています。
b0405262_17454898.jpg
幅広な部分はビジネスデスクとしても使えるように、デスクに合わせたチェアが・・・。
b0405262_1746518.jpg
前回の「ホテル ザ セレスティン東京芝」にも置いてあった無料で使える「ハンディ」フォン、ホテルの概要・周辺観光案内・ルームサービス・メニュー・・・などが見られるタブレット。
最新のホテルならタブレット端末で照明や室内環境のコントロール、カーテンの開閉、ドンディスの点灯・・・などいろいろなことが一挙に出来るところが多くなってきていますが、ここのはまだそこまでは行っていないシステムです。
b0405262_17462256.jpg
セイフティボックスはここ。
b0405262_17463983.jpg
「BOSE」のスピーカー、日本風の茶器。
b0405262_17465695.jpg
TVは角度を付けられません、この位置固定です。
b0405262_17471136.jpg
ミニバーはスタイリッシュな白いアーモアの中に収められています。
「アンダーズ東京」以降(?)、このデザイン・色は流行っていますね。
b0405262_1872669.jpg
上部は鏡張りの中にグラス3種類が2客づつ、ネスプレッソ、電気ポット、ミネラルウォーター、ワインなどが、きっちり収められています。
b0405262_187411.jpg
b0405262_188834.jpg
引出し。
b0405262_17524912.jpg
2段目にはアルコールの小瓶やスナックが・・・。
b0405262_17492141.jpg
冷蔵庫もいろいろ揃っていて、置き方もちゃんとすべて前を向けて並べられています。
b0405262_17494323.jpg
改めて窓の方からドア方向を見たところ。
b0405262_18141465.jpg
そして眼を右に向けると、このガラス窓。
ベッドルームとバスルームの間はこのようなガラス窓になっていて、これも部屋をやや広めに見せている理由の一つでしょうか。
もちろんここにはブラインド(電動)を下ろせますよ。
b0405262_18114272.jpg
トイレは独立型。
b0405262_18112185.jpg
ウェットエリアを次に見ていきますが、ベイシン前は半分壁がありません。
b0405262_18122796.jpg
これも部屋を少しでも広く見せるのに役立っています。
必要な時は、ブラインドが手動で下ろせます。
円形の照明も「コンラッド東京」以来、少し流行りましたね。
b0405262_1812910.jpg

Commented by momo at 2019-02-26 00:21 x
私はキングベッドのお部屋でした。
実際よりも広く感じ、過ごし易かったです。
最近のトレンドを追いながらもイマイチ詰めの甘さも感じました。
Commented by shackinbaby2 at 2019-02-26 07:59
>momoさん
ツインにはワイドツインという幅広のベッド2台の部屋もあるようですが(部屋面積は同じ)、それだともう部屋はベッドで一杯になっちゃいますね。
キング一台位がちょうど良いかもしれません。
トレンドを入れながらもどこかコンサバな部屋で、よりスタイリッシュな最新のホテルより落ち着くという人も多いのではと思っています。
Commented by momo at 2019-02-26 14:30 x
お部屋は若干、昭和の香りがしました(笑)。
もう少し冒険しても良いのでは?
ただこのホテルの名前からくる感じとしてはピッタリかと思いました。
shackinbabyさんと同じ感想でしょうか?
Commented by nagi at 2019-02-26 21:09 x
港区をウロウロしている私には新宿って意外と使いづらくて…
このホテルは身体験なので大変に参考になります。
Commented by shackinbaby2 at 2019-02-26 21:34
>momoさん
momoさんがおっしゃられるのと同様に僕も感じました。
高級系のプリンスっぽいって言い方だと、ちょっと違いますかね。

Commented by shackinbaby2 at 2019-02-26 21:34
>nagiさん
あぁ、そうかもしれませんね。
僕も東京で知らないエリア、行かないエリアって結構ありますもの。
例えば山手線でいえば池袋周辺。
そういうところって行きたい店があってもなかなかその気になりません。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-02-26 00:01 | ホテル・東京 | Comments(6)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2