人気ブログランキング |

レストラン ル ジャルダン デ サヴール

1人、銀座、ランチ・・・でググっていて見つけたのが「レストラン ル ジャルダン デ サヴール」というフレンチの店。
b0405262_7262995.jpg
場所は銀座といっても東銀座、最寄駅は地下鉄の東銀座駅ということになるでしょうか。
もちろんJR新橋駅からも徒歩圏内です。



フランスの国旗が目印の地味な店構え、地下に階段を下りてゆくと、そこはカウンターのみ全8席というこじんまりした空間、ある種「隠れ家レストラン」とでもいえるような雰囲気が広がっています。


b0405262_7361473.jpg
(料理以外の写真は撮られたくないとのことなので、雰囲気を分かっていただくために既存のサイトから転載)
b0405262_7382947.jpg
カウンター内にはシェフが1人、その他シェフの補助をしながら客のサービスにあたる男性1人の2人態勢。
ランチにもいくつかコースがありますが、周りを見ていると大体僕と同じコースを頼んでいるようです。
まずはアミューズとしてクエと数の子。
b0405262_7383899.jpg
いかにも今の季節らしいし、数の子のプチプチ感が良い感じです。
ナイス・スタート!
でも、ま、これはシェフのポリシーなのでしょうが、こういうオープンキッチンというかシェフが料理しているところから50㎝なんて近いところに客がいる作りの店なに、客との(言葉の)交流は全くなし、出来た料理を差し出す時にシェフが料理名を言うのみ。
細かい料理の説明もほとんどありません。
それも小さな店には不釣り合いな大きめの声ではっきり発音されるので、やや威圧感も・・・。
「ここは美味しい料理を出すだけの店」を徹底しているような感じで、1人でも大歓迎のフレンチ・レストランではあるようですが、1人では間が持てないことも事実、そういう意味では料理的には◎でも、私的な居心地点では大きく減点対象になってしまいます。
次はオマール海老ととろ茄子のテリーヌでソースは赤ピーマン。
b0405262_7384889.jpg
オマールはシェフのスペシャリテの1つらしく、ブルターニュ産を使うというこだわりもあるようです。
もちろん味、食感共に〇です。
料理の下準備は出来ていて、それをシェフは本当にテキパキと一皿の料理に仕上げていきます。
その動きは見ていて本当に絵になるほど。
b0405262_739797.jpg
パンは焼きたて1種類。
b0405262_7391738.jpg
3皿めは豚足とフォアグラのフラン、トリュフ添え。。
b0405262_7393799.jpg
これは何ともすごい組み合わせですよね、豚足とフォアグラなんて。
でもそれに違和感ないんですよ、フランにしてるからかなぁ。
緑はニラ?甘く美味しくソテーされています。
ガレットは上に乗っていたのですが、下が見えにくいので少しずらして写真を撮りました。
次はガルグイユ。
b0405262_7394636.jpg
ということはシェフはミシェル・ブラスのお弟子さん?
ガルグイユとは

gargouillou
オーベルニュ地方の三ツ星レストランのオーナー、 ミッシェル・ブラス の創作料理で、何十種類もの野菜をそれぞれに調理したものを一皿に絵のように盛り付けた野菜料理の名


のこと。
b0405262_739583.jpg
これだけの種類の野菜を集め、それぞれに下処理をして、温かいソースをまとわせるなんて、家庭では絶対できないし、レストランだって手間暇を惜しまないところででしかできないと思います。
単純に美味しい、野菜の美味しさを120%味わえます。
ただここには「ミシェル・ブラス」の店のように「絵のように盛り付け」てはありませんでしたが。
魚料理は平目のスープ仕立てで、筍やふきのとうなどの山菜があしらわれています。
b0405262_740723.jpg
メインの肉料理はこの時期らしくジビエで蝦夷鹿。
蝦夷鹿のシンタマのロースト、ボアブラードソースという料理名で、シンタマは芯玉とも書き、鹿の腿肉のことです。
栗のクリーム煮とフランス産の4種類の茸のソテーが添えられていますが、これは隅から隅まで旨かったですよ。
b0405262_7401797.jpg
柔らかいけれど確かに感じる鹿の肉質、全く感じない臭味、黒胡椒や赤ワイン・ビネガー・フルーツピュレなどから作られるボアブラードソースとの相性、栗も違和感なく、バターでソテーされた茸の香り高さ・・・、これはこのタイプの料理での常套プレゼンテーションで、冒険はありませんが、伝統的というのも良いものです。
アヴァンデセールはレモンなどのジュレに蜂蜜のアイスクリーム。
砂糖漬けされたミントの葉が良いアクセントになっています。
b0405262_7402829.jpg
最後にコニャック味のチョコレートフォンダンとビターなキャラメルのアイスクリーム。
b0405262_7404840.jpg
このとろ~~りは僕のようなスイーツ・ラバーには堪らないものがあるんですよね。
b0405262_741069.jpg
ミニャルディースとして液体(?)チョコレート、そして杏子とオレンジのケーキが出て、コーヒー・紅茶で〆。
びっくりしたのはここのコーヒー。
1杯1杯豆からひいてコーヒーを淹れてくれるんです、美味しいコーヒーで、これで満足度が更に上がりました。
b0405262_7411139.jpg
サービスをしてくれる男性はとても柔らかい態度の接遇、お見送りもこちらが角を曲がるところまで見送ってくれます。
1人、銀座、ランチで見つけた店ですが、味は申し分ないものの、1人で行くとちょっと面白くないかな・・・そんな店でした。

Commented by momo at 2019-01-20 00:32 x
仕事仲間からの情報で一人で先々月ランチで利用しました。
料理自体は手間暇かけられていて悪くなかったです。
満席でしたので人気はありそうでした。
ただシェフの機嫌が悪くサービスの人への言葉が少し乱暴で、こちらがドキドキ。
コスパも含めて次は無いかなぁ・・・。
Commented by HK@fourpointセントレア at 2019-01-20 00:44 x
私も一人旅が多いので、一人でレストランに入ることが多いですが、コース料理の合間はどうしても手持ち無沙汰になりますよね。
カジュアルなお店ならスマホを見ていますが、それなりのお店だとそうもできず、会話相手が欲しくなります。
Commented by shackinbaby2 at 2019-01-20 08:42
>momoさん
最近のmomoさんは東京を生活の拠点とはされていないとお聞きしているのですが、それにしてもmomoさんは本当にお詳しい、何でもご存知ですね。
僕はこの時まで、このレストランの名前すら知りませんでした。
一人で料理を作られているので時間はないのかもしれませんが、10秒でも15秒でも一言添えるだけで料理の印象も店の雰囲気もずいぶん違ってくると思うんですよ、あの作りの店では。
料理は美味しかったですが、僕とは相性があまり良くなかったレストランということで・・・。
でもお気に入るグルマンはきっとたくさんいるんじゃないかとも思いました。
Commented by shackinbaby2 at 2019-01-20 08:52
>HKさん
おぉ、今日は新設のマリオット系ホテルからですね。
これからどこかお出かけですか?それともお帰りでしょうか。
HKさんのホテル連歴ももう相当数になりましたでしょう。
これだけ泊まられると、ホテルの違いがよ~く見えてきて、また面白くなってきますよね。
そしてどんどん自分の目的に合った良いホテルに、よりリーズナブルな値段で泊まれるようになり、抜けられないように(笑)。
一人旅の一人レストランについては同感ですが、その不便さより一人旅の自由さのほうが上回ることが僕にとってはしばしばなので、仕方ないかと。
Commented by HK@fourpointセントレア at 2019-01-20 10:24 x
実はどこにも行く予定はなく、このホテルに宿泊するために空港まで来ました。
セントレアは、始発電車に乗れば間に合うフライトしかないので、前泊需要はない空港なんです。
前評判通り、良いホテルです。
インテリアは航空機部品、壁面や水回りの床は常滑焼のタイル、レストランの食器やカトラリーはノリタケ、トイレはINAX、地元のものばかりでした。
昨夜は、フライトオブドリームでB787を見ながら、パイクブリューイングでステーキとビールを楽しみました。
Commented by フロムリスボン at 2019-01-20 11:31 x
どーも。カットイン失礼します。マリオット系列ですが、金沢に二軒できるみたいですね。
Commented by shackinbaby2 at 2019-01-20 12:16
>HKさん
「どこにも行く予定はなく、このホテルに宿泊するために」とは、もうHKさん、立派なホテルジャンキーですよぉ(笑)。
地元にこだわるホテル作りは最近の大きなホテル・トレンドです。
「フライトオブドリーム」にはいつか行ってみたいと思っていますが、少なくても名古屋に用事ができないと・・・。
Commented by shackinbaby2 at 2019-01-20 12:20
>フロムリスボンさん
去年の夏ごろでしたか、西口の森トラスト=マリオット系が発表になり、オリックス=ハイアットといいすごいなあ、最近の金沢はと。
そのマリオット系は2つですか、高級系とパジェット系?
他の新規開業ホテルも多そうだし、金沢は一躍ホテル激戦地になりそうですね。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2019-01-20 00:00 | グルメ | Comments(8)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2