人気ブログランキング |

ヒルトン東京ベイ (2)

「ヒルトン東京ベイ」の最新ステイを簡単に・・・と思いましたが、長くなってしまいました。
この(2)では、ホテル・ファシリティーの利用やラウンジの様子などについて書いてみます。
b0405262_10391688.jpg
このホテルに泊まっても「ディズニー・リゾート」に行くわけでもない僕ら夫婦は、チェックイン後は無料で使える地下1階のフィットネス「リビスタ」でエクササイズ&リラックス。
b0405262_1122439.jpg
浴場とサウナは有料(1500円)と書いてありますが、ダイアモンド会員ならこれも無料、自由に使えます。
ジムはまずまずの広さ、でもマシーンはややつめこみ気味です。
b0405262_10393745.jpg
b0405262_10395155.jpg
b0405262_14434347.jpg
浴場とサウナは、このフィットネスの会員と思われる地元系のご年配でかなりな混みよう。
ほとんどの方は毎日のように来ているらしく、皆さん顔見知りの挨拶を交わしています。
L階(1階)レセプション奥の結婚式場「プリマルーチェ」前にあるこのPCコーナーもたいてい空いていて、時間をつぶせます。
b0405262_10402639.jpg
夕暮れからの「ヒルトン東京ベイ」。
b0405262_10404163.jpg
b0405262_10405654.jpg
エレベーターの天井。
b0405262_1041956.jpg
エレベーターホールもこんな具合、初めて見た時は思い切った照明だなぁと思いましたね。
b0405262_10441840.jpg
窓からの景色、「ディズニーリゾートライン」の「ベイサイドステーション」駅と駐車場ビュー。
b0405262_10413417.jpg
「セレブリオラウンジ」のイブニングカクテルは午後5時半から7時半まで、ラウンジ・クローズは午後8時半です。
b0405262_10414834.jpg
b0405262_1042163.jpg
アルコール類。
b0405262_10421439.jpg
この日のメインはアヒージョとロールキャベツ。
b0405262_10422856.jpg
あとは定番系、チーズやサンドイッチ。
b0405262_10424247.jpg
野菜やオリーブなど。
b0405262_10425728.jpg
スイーツ。
b0405262_10445221.jpg
ヒルトンらしく、ストローは紙ストローです。
ストローといえば「ザ・キャピトルホテル東急」は何とストローを木製に変えるとニュースになっていましたね。
b0405262_104551.jpg
僕がいただいたもの。
ロールキャベツはほぼ全部がキャベツといった作り(笑)。
その他どれもがそれなりの味で、ま、質はあまり期待しないでください。
b0405262_10451973.jpg
部屋の窓からは午後8時半から花火が見えます。
b0405262_1046461.jpg
翌朝、朝の6時半から「セレブリオラウンジ」の朝食が始まります。
フル・バフェの「フォレストガーデン」や、この日のように混雑時にオープンする「ラウンジ・オー」で食べても良いはずですが、両者ともにものすごい混雑。
b0405262_10493170.jpg
種類は少ないですが、ラウンジでの方が静かに食事することが出来ます。
b0405262_10494542.jpg
シェフが常駐してなんてスタイルではありませんが、定番のものは大体揃っています。
b0405262_1050123.jpg
左下のトレイは肉じゃがです。
b0405262_10501222.jpg
b0405262_10512818.jpg
b0405262_1051401.jpg
パン各種。
b0405262_10515179.jpg
b0405262_1052343.jpg
フルーツ、ヨーグルト、シリアル・・・。
b0405262_10521668.jpg
和食もあります。
b0405262_10523076.jpg
b0405262_10524312.jpg
朝のラウンジを担当するスリランカ人の男性スタッフはいつでも誰にでも本当に親切・丁寧。
朝から希望の良くなる対応です。
ラウンジ・オープン早々に簡単な食事をし、その間にチェックアウトをお願い、領収書を受け取るや、ホテル発の無料バスでJR舞浜駅へ。
朝なので渋滞もなく、7~8分で駅到着。
この値段、このアクセスのスムーズさなら、ビジネス利用時も使えますね、このホテル。

★ヒルトンついでにこの話題を・・・。
ヒルトンの2019年度Q1プロモが発表になっています。
Points Unlimited Promotionというもので、来年1月4日から5月5日までの宿泊が対象。
1滞在毎に2000ボーナスポイントがもらえ、5滞在、10滞在の節目に10000ボーナスポイントがもらえるというものです。

     https://www.hiltonhonors.com/en_US/20181217_1666/landing/


Commented by nagi at 2018-12-19 00:57 x
近所過ぎて?宿泊したことはないんです > 舞浜
っていうか、唐朝のバフェでしか利用したことがないかも…

宿泊した日の夕食はどこで取られたんですか?
Commented by momo at 2018-12-19 01:02 x
スリランカ人の男性スタッフ、以前も旧ブログに登場しましたね。
私が利用した時もホスピタリティに溢れ、日本語堪能なのに驚きました。
shackinbabyさんがわざわざ取り上げられるのも納得!でした(笑)。
朝から彼のような「おもてなし」を受けると気分が良くなりますよね。
Commented by shackinbaby2 at 2018-12-19 03:50
>nagiさん
そうでしたか、あのお近くでらっしゃるんですね。
朝はシャトルバスも渋滞なくホテルから駅に着き、舞浜駅から東京駅までも15分弱は、僕には本当に便利です。
値段が安い時にはビジネスホテルとして使っています。
この日の夕食はランチがややヘビーだったので、ラウンジの軽食と、いただいた300円の金券を使って買った「フレッシュコネクション」のパニーニで済ませました。
Commented by shackinbaby2 at 2018-12-19 03:51
>momoさん
momoさんもご存じだったのですね。
あの男性は日本語も本当に堪能で、手書きでの領収書をお願いしたときには、僕の氏名をPCで拡大し、それを見ながら、ほぼ完ぺきな日本語(漢字)で作成してくれました。
将来は他のヒルトンのシティ系のホテルの要職でバリバリ仕事してるとか、どこか他の高級ホテルに引き抜かれるとか、母国に戻って得意の日本語を生かして・・・とか、いろいろ想像しています(笑)。
Commented by ホテラバ at 2018-12-19 19:01 x
今回のプロモはちょっとしょぼいですね。
Commented by あつ at 2018-12-20 02:30 x
借金さんが、ブログ再開されていたのに最近気づきました!

>「ザ・キャピタルホテル東急」
よくやる間違えですね(笑)

以前やっていた仕事で、外人タレントの宿泊アレンジメントがあったのですが、永田町のキャピトル東急ホテルって何故か人気があったのですよね。
デヴィット・ボウイが、「パークハイアットは嫌だ。昔泊まった神社の隣のがいい」と言ってホテルを移った話とか、エリック・クラプトンも定宿にしていたとか。でも、一時期ロッカーが余りに部屋を壊すので(レッド・ツェッペリンが壁をぶち抜いたとか)当時の旧ヒルトンの総支配人は外タレは出禁にしたとか。そのとばっちで、ジョン・レノンは永田町のヒルトンに泊まれなかったとか。

って位、外タレに愛されたホテルでしたが、余りにキャピトルキャピトル五月蝿いので、新富町の銀座キャピタルホテル(はとバスがやってます)にぶちこんんじゃえ~なんて言ってた事も。今のキャピトルホテルはどうだか分かりませんが。
Commented by shackinbaby2 at 2018-12-20 08:09
> ホテラバさん
そうですね、1泊につきじゃなくて1滞在につきですものね。
5滞在目、10滞在目にボーナスがあるにしても・・・。


Commented by shackinbaby2 at 2018-12-20 08:09
>あつさん
ご無沙汰しております、また短期間だけブログを再開しています。
どうぞよろしくお願いいたします。
それから「ザ・キャピトルホテル東急」についてはご指摘、有難うございました。
何で「キャピタル」って書いちゃったんだろう、意識してなかったです。
本文中も併せて訂正させていただきます。
往年のロックスターの狼藉ぶりは、もはや伝説的ですね。
最近のアーティストではそんな話は聞こえてこないようですが、個性の塊のような彼ら、きっと小さいこと(わがまま系?)はいろいろあるんでしょう。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2018-12-19 00:00 | ホテル・ヒルトン系 | Comments(8)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2