人気ブログランキング |

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原 (2)

今度は「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 仙石原」の僕らが泊まった客室を見てみましょうか。
予約は最近よくここから予約している大手の「一休」から。
プラン名は「【秋割】ポイント最大5倍!贅を尽くしたフルコースディナーと朝食付プラン」で、1階ツイン1室2名、夕朝食付きで税サ込137460円、それに一休の割引が10968円入って、総額が126492円というもの。
こういう高級ホテルはプラン名は違えどどの予約チャンネルを使っても値段は大体同じで、「一休」の内容とほぼ同じものをホテルの直営サイト

     http://www.hiramatsuhotels.com/sengokuhara/ 

から探すと、例えば11月にやっていた「【ひらまつメンバーズカード】冬のWポイントプラン(10%還元・即日利用可)」なんてので予約すれば、その差はほとんどありません。

     https://secure.reservation.jp/hiramatsuhotels/stay_pc/rsv/index.aspx?hi_id=4&lang=ja-JP 

部屋に入ります。
b0405262_0465610.jpg
おぉ、僕らのファーストインプレッションは〇です、この感じ。
b0405262_04712100.jpg
ホテルの客室は全部で11室、僕らの部屋のある1階は2室のみです。
料金は階数や広さによって違い、3階ツイン(56㎡)<2階ツイン(79㎡)<1階ツイン(79㎡)<3階スイート(79㎡)<エグゼクティブスイート(91㎡)の順で高くなります。

     http://www.hiramatsuhotels.com/sengokuhara/#stay 

1階の部屋はウェブには

温泉風呂の向こう側には庭があり、澄んだ空気と箱根の森の豊かな自然を身近に感じていただけます

とか

テラスに出れば、箱根外輪山の山並みが連なる雄大な景色が広がり、四季によって様々な表情を見せてくれます。
インテリアは、天然大理石トラバーチンやアンティコスタッコ塗装などイタリアの伝統的な技法を使いつつ、ビビッドな色彩や近代的なデザインを取り入れ、独自の世界観を作り出しています。
すべての部屋で源泉掛け流しの温泉風呂をご用意しております。
浴室(浴槽)を室内に設えた、THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTSオリジナルのデザインです


と説明があります。
このタイプの部屋を「ガーデン・スイート」と記しているサイトもありました。
ベッドはツインがデフォールトですが、事前のリクエストでダブルにすることも可能だそうです。
b0405262_0472970.jpg
ベッドは柔らかく、マットレスには人気の「REGALIA」が使われているようです。

     https://www.idc-otsuka.jp/extra/regalia/ 

標準よりは上のリネン(ポリエステル混紡?)・枕と共に、沈み込むというか、包み込まれる感覚で眠れます。
大きさはセミダブル2台で、幅は122cm×長さ195cm×高さ56cmのもの。
b0405262_0474887.jpg
照明などのスイッチは大きく分かりやすい、天井周囲のライトは調光出来ます。
b0405262_04852.jpg
ソファは久しぶりに座りやすいもの、たっぷり感もあって、ソファはこうでなくちゃ(嬉)。
b0405262_0482277.jpg
あれっ、TVはどこ?
b0405262_0484276.jpg
TVは壁の中に隠れるようになってるんです。
またTVそのものは大きく角度や方向を変えることが出来る作り。
椅子に掛かっているひざ掛けはZoeppritz製でした。

     http://mst-web.com/page0003.html
b0405262_0485863.jpg
このカップボードは骨董品じゃないですよね。
b0405262_0491639.jpg
中に置かれている本は、どれも高尚なものばかり、半分以上インテリアの一部と化している気がします。
b0405262_0494411.jpg
ソファの後ろにはミニバー・コーナーが・・・。
b0405262_050261.jpg
カップやグラスは質感のあるもの。
そうそう、コーヒーカップは「リチャードジノリ」製でした。

     http://richardginori.co.jp/ 

ポットには冷えたハーブとレモンの水が・・・。
b0405262_0502069.jpg
このホテルはゲストが夕食を食べている時にターンダウン・サービスがあり、この辺りもきれいにかつ補充して(冷蔵庫内以外)くれます。
b0405262_0503834.jpg
冷蔵庫の中にはミネラルウォーター2本(他を合わせると計6本)、ガス有りの「ペリエ」と

     https://perrier.jp/ 

「サンペレグリーノ」の大瓶、

     https://www.sanpellegrino.com/intl/en 

更には(1)でも書いた「アラン・ミリア」のジュースが3本冷えていて、すべて無料で楽しめます。
ジュースはメルロー種の赤ブドウジュース、ライチ・ネクター、フランボワーズ・ネクターの3本でした。
b0405262_050571.jpg
紅茶(ダージリン)、ハーブティー、緑茶のティーバッグは「HIRAMATSU」オリジナル。
部屋の内部をいろいろ見ていると、ドアをノックする音が・・・。
b0405262_0511946.jpg
こんなウェルカム・スイーツが運ばれてきました。
ホテル特製のパウンドケーキと、軽い口当たりの甘さ控えめ生クリームです。
b0405262_0513881.jpg
いや~、このケーキは美味しい、リッチな味も、ちょうど良い具合のフルーツやナッツも、更にいえばこの何とも言えないしっとり感、およそ日本人でこれを否定的にとらえる人はいないでしょう的ケーキ。
実はこのケーキ、丸ごと1本、「一休」のダイアモンド会員にはお土産としてチェックアウト時渡されるんです。
b0405262_11392999.jpg
ここのダイアモンド特典はこのケーキ・プレゼントと正午までのレイト・チェックアウトです。

b0405262_0515813.jpg
で、部屋の奥にはこのホテルの一大特徴、室内温泉風呂が!
ウェブには

お部屋には客室そのものに設えられた温泉風呂をご用意しておりますので、豊かな自然を眺めながら、新姥子温泉の源泉掛け流しの湯を24時間お好きなときにご堪能ください。
新姥子温泉は無色透明の単純温泉で、とろりとしたお湯は保温保湿効果に優れ、冷え性や疲労回復に効果的です。
お庭から目の前に広がる雄大で美しい森の景色をご覧頂きながら、ひらまつが贈る「滞在するレストラン」の真髄を心ゆくまでお楽しみください


とあります。
b0405262_0521753.jpg
もちろんベッドエリアとの間はドアで仕切ることが出来ます。
室内に24時間の源泉かけ流し風呂があるのに、部屋のどこにも湿気がこもらないなど、換気はしっかりしています。
浴槽の両脇に2か所のベイシン。
b0405262_0523418.jpg
引出しの中には、ホテルのロゴ入りの箱に入った歯ブラシ、ヘアブラシ、シェービングセット、コットンパフ、綿棒、ヘアバンド、シャワーキャップなどが・・・。
アメニティーは「ブルガリ」の「(オ・パフメ)オーテブラン」です。

     https://www.bulgari.com/ja-jp/products/47291-e.html# 

b0405262_0525383.jpg
こちら側は女性の利用を想定しているのでしょう、基礎化粧品セットが置かれるなど、もう片方とは微妙に備品を変えています。
b0405262_0531517.jpg
フード付きのバスローブは表がワッフル地、裏がパイルのダブルフェイス仕様。
b0405262_0533480.jpg
ひのきリボンはお湯に浮かべると良い匂い&リラックス効果が抜群です。
b0405262_0535369.jpg
ここで使われているタオルはすべて「今治タオル」と。
b0405262_0541777.jpg
写真には写りませんでした、この辺りにBlue Tooth対応のスピーカー「ANKER」も置かれています。

     https://www.ankerjapan.com/category/SPEAKER/

源泉は60度の低張性弱酸性の単純泉、もちろん加水して温度を低く出来ます。
b0405262_0544542.jpg
シャワーブース。
頭上のシャワーは大型で、水(湯)量も豊富です。
b0405262_0551410.jpg
浴槽の前には完全に開け閉めできるガラス窓があり、その向こうはテラスになっています。
b0405262_0555028.jpg
b0405262_056948.jpg
改めて窓の方から室内を見たところです。
b0405262_0562833.jpg
大きくはないですが、仕事の出来るデスクもあります。
ただコンセントの数や位置はあまり使い良くはありません。
b0405262_056509.jpg
引出しにはブローシャや観光案内が入っています。
それによるとルームサービスも午後9時まであって、でも出来るのはクロックムッシュ、サラダ、チーズの盛り合わせ、季節のフルーツくらいだけのよう。
ドリンク類は超高級なワインまでいろいろ選択可能でしたが・・・。
クローゼット。
b0405262_0571594.jpg
パジャマはポリエステル50%、高密度で光沢感のある肌触りの良いもの。
b0405262_0573124.jpg
その他ラゲッジラック、靴べら、ブラシ、消臭スプレー、スリッパ、シューミットなども置かれています。
トイレは広め。

b0405262_111631.jpg
部屋にはありませんが、「ダイソン」の空気清浄器、充電器、ズボンプレッサー、カールドライヤー、ヘアアイロン、ブルーレイディスクプレーヤー、靴乾燥棒、そばがら枕、灰皿、ソーイングセットなども、貸出可能とのことです。
最後に窓を全開にしての温泉風呂の写真を!

b0405262_0581385.jpg
当たり前ですが、24時間好きな時間に源泉かけ流しの温泉に浸かれ、シチュエーションによって周囲を開けて外気の中でも、あるいはしっかり窓を閉めブラインドを下ろしても入浴出来たりするんですから、文句はありません。
ただ隣の建物からの工事騒音はいただけませんでしたけど。
なおこのホテル各部屋の風呂のみで、共同の大浴場などはありません。
最後にまたウェブから。

お部屋には客室そのものに設えられた温泉風呂をご用意しておりますので、豊かな自然を眺めながら、姥子温泉の源泉掛け流しの湯を24時間お好きなときにご堪能ください。
新姥子温泉は無色透明の単純温泉で、冷え性や疲労回復に効果的、また、湯触りが柔らかく美肌の湯とも言われています。
お庭から目の前に広がる雄大で美しい森の景色をご覧頂きながら、ひらまつが贈る「滞在するレストラン」の真髄を心ゆくまでお楽しみください。

そう、次回(3)ではこのホテルの最大の魅力、食事についてレポートします。


Commented by ホテラバ at 2018-12-06 09:06 x
1階の ガーデンビューが良いか、3階の富士山ビューの部屋が良いか、悩むところですね。食事のレポート、楽しみにしています。
Commented by 鹿 at 2018-12-06 09:10 x
ご無沙汰しております。
ブログ再開されており驚きと同時に嬉しさもこみ上げてきました。
また借金さまの旅行、ホテルレポを拝見できるなんて!
お体お労り下さいませ。
Commented by shackinbaby2 at 2018-12-06 18:11
>ホテラバさん
おっしゃる通りですね、本当に悩ましいところです。
ただ3階はスイートやエグゼクティブスイート、それ以外はやや狭いツインという構成だったかと思うので、値段も関係するし、ま、次回また泊まるチャンスがあれば、1階以外の部屋にしてみたいとは思っています。
Commented by shackinbaby2 at 2018-12-06 18:11
>鹿さん
「借金君」ブログでは大変に世話になり、本当に有難うございます。
そして温かいお言葉を感謝感謝です。
とりあえず国内のホテルばかりですが、この秋以降に僕が体験したホテルを順次レポートしていきたいと思っています。
もし何か追加訂正することなどありましたら、どんなご感想でも結構です、コメントの方、よろしくお願いしたします。
名前
URL
削除用パスワード
by shackinbaby2 | 2018-12-06 00:00 | ホテル・リゾート | Comments(4)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2