人気ブログランキング |
僕とここによく来ていただけるまなぶママさんとの個人的なやりとりからの浦安「ハイアットプレイス東京ベイ」、僕にとっては3回目となる宿泊の記録(簡略版)です。
(1)でも書いたように、すでに僕はこのホテルについて過去2回の宿泊を6回にもわたって紹介しています。

     (1) https://shackinba3.exblog.jp/29515215/

     (2) https://shackinba3.exblog.jp/29521973/

     (3) https://shackinba3.exblog.jp/29521974/

     (4) https://shackinba3.exblog.jp/29529746/

     (5) https://shackinba3.exblog.jp/29530465/

     (6) https://shackinba3.exblog.jp/29530523/

今回の僕の宿泊は2連泊ではあったものの、前回・前々回とほとんど同じ、内容はほとんどダブってしまうと思い、ここでは触れないつもりでした。
でもまなぶママさんのリクエストもあったし、簡単に振り返っておくことにします。
僕の予約などについては前回の(1)に書いた通りです。

ママさんから「こんなレートプランで考えているのですが」と提示されたのは、開業記念2泊目無料(2nd night free、one more night)というもの。
つまり2連泊でも1泊と値段が同じというハイアットでは(見たことはあるものの)滅多にない大盤振る舞いのプランです。

     https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-place-tokyo-bay/nrtzt/offers

(こんなことしないと稼働率が上がらない? 3泊目無料というプランもあります)
「ご存知でしたか?」とのことですが、もちろん知ってましたし、実際体験もしてきました。(安いものには飛びつく?)
ただ重複になると思いこのブログではその時の滞在は取り上げませんでした。
本当にいつも通りの対応で、2泊で1泊分の料金でしたよ。
その時の僕らの料金を書いておくと土曜日から月曜日までの2泊で、2面が窓のスペシャリティツインが2泊で18000円++(1泊辺り9000円++)、総額21384円というもの。
これで朝食も付いちゃうんですよ、信じられません。

b0405262_23503967.jpg
地上10階、客室は26~110㎡の全362室。
b0405262_23505687.jpg
僕らが泊まった土日の2泊は概ね素晴らしい天気で推移、そういう意味ではまさにリゾート日和でした。
b0405262_2351944.jpg
宿泊ゲストは前の時よりずいぶん増え(土日だから?)、西洋系の外国人も多く見かけるようになりました。
b0405262_23512321.jpg
ホテルと「ディズニーランド」や「ディズニーシー」との間の無料シャトルバスです。
このホテルはオフィシャルホテルではないからか、降車場所から「ディズニー」のエントランスまで少し距離があるのは要注意です。
b0405262_23513754.jpg
b0405262_2352555.jpg
ロビーのデザインについては前回詳しく触れました。
ゴージャス感などはありませんが、よくまとまった印象的でダイナミックな作りになっています。
b0405262_23522589.jpg
あ、白いピアノにカバー掛けられちゃった・・・。
b0405262_23524026.jpg
アクアリウムのお魚たちは元気そう。
b0405262_23531772.jpg
奥に印象的な丸いレセプションカウンター。
b0405262_23534163.jpg
レセプショニストはどの人も以前より慣れてきていてスムーズに業務をこなしている感じがします。
ユニフォームは「コシノジュンコ」氏デザインだそうですが、女性用にポケットがどこにもありません。
スタイリッシュなのでしょうが、ホテリエとして実用的でない気がします。
b0405262_23535854.jpg
カウンターの裏はデリやバーになっています。
バーはもう1つR階にルーフトップバーもあります。
あそこは本当に天気次第なので、こんな日は最高に気持ち良いかもそれません。
もちろん行ってみました。
b0405262_23542079.jpg
アサインされた5階のスペシャリティツイン(角部屋、2面窓)の部屋に向かいます。
アップグレードなどの特典はなく(ステイタスもないし、何しろこの値段だし)、部屋までのアテンドもなし。
前のスペシャリティツインはホテル玄関に向かって右側のウィングの突端の海の見える部屋でした。
今後は左側の一番海に近い部屋。
b0405262_23544364.jpg
広さは28㎡。
部屋に入るなり気付きます、ベッド(「シーリー社」製)の位置が前の部屋と違う・・・。
b0405262_23545648.jpg
ディテールは同じですが、ベッドの位置で全体の印象は違います。
同じスペシャリティツインという部屋でもレイアウトの異なる部屋があるというのにも注意です。
b0405262_2355691.jpg
更にいえば、2面窓というこの部屋の特徴と広めのベッドにもなる(コージーコーナー)ソファは同じでも、前の時の部屋はこの方向の窓がもっと広かった、端まで窓だった・・・。
ここはこの並びのオーシャンルームと同じ大きさの(小さめの)窓になっています。
b0405262_23551698.jpg
窓の大きさは解放感にもつながりますが、ここは↓の写真の右側の窓が小さめなため、前回のスペシャリティツインの感じを知っているものには不満です。
b0405262_23553094.jpg
でも前回の部屋はホテルの反対側のウィング(今回の部屋の方)が大きく目に入り(向かい側から見えそうで、要カーテン?)、窓は広くてもどっちもどっちかなとも思いました。
好き好きでしょうか。
前回泊まった「東京ベイ東急ホテル」や「ディズニーセレブレーションホテル」の向こうに海がわずかに見えています。
5階でこの程度ですので、これ以下の階だと海は見えにくいかと思います。
b0405262_2357418.jpg
↑の写真左の海は幕張方面でしょう。
b0405262_2355447.jpg
b0405262_23555859.jpg
ミニバーは全く同じですが、前回の部屋とは場所が違います。
b0405262_23563815.jpg
この部屋タイプはネスプレッソが置いてあるのが嬉しいですね。
b0405262_23565157.jpg
質感はそう高いわけではありませんが、とにかくどこもきれいで新品状態。
TVは50インチ4Kハイビジョンでした。
角度は付けられないので、ソファからは見づらいです。
b0405262_23571895.jpg
バスローブはフランスの「GARNIER-THIEBAUT」製。

     https://www.garnier-thiebaut.fr/

b0405262_2357383.jpg
ベイシン前はハイアットらしいすっきりさと充分な照明で〇。
この辺りのディテールは前回の(1)~(6)のこのエリアの説明で触れています。
b0405262_23575519.jpg
b0405262_23581126.jpg
これは最近付きましたかね、バスルームのチャイルドロック。
b0405262_23582977.jpg
b0405262_2358413.jpg
b0405262_2359237.jpg
クローゼットは最近流行のオープンタイプ。
b0405262_025538.jpg
僕が前回と今回2回泊まった左右両ウィングの先端に位置する2面窓の角部屋、部屋の位置によって、窓の大きさ、眺望も変わるということを知りました。
あと部屋の広さが28㎡と広くないので、客室の写真の一番上の写真を見ていただくとお分かりの通り、丸テーブルに椅子が一つが置かれているのですが、ベッドとソファに近すぎ、かなり窮屈です。
僕は椅子をベッドとソファの間の壁際に移し、スペースを作りました。
あと今回は部屋の清掃にやや難がありましたが、指摘後すぐに対応してもらえました。
残りは(3)で。

# by shackinbaby2 | 2019-09-18 12:00 | ホテル・ハイアット系 | Comments(0)
ほぼ毎週お送りしているホテル系ニュースのクリップ集です。
ご興味ある話題はリンクからどうぞ。
日付降順に並べてあります。

★2019年オープン!最新の極上「ホテル&宿」5選。大人のため贅沢空間が広がる【全国】

     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190917-00005595-jalan-life 

★新装開業のホテルオークラ、「老舗のおごり」捨て富裕層争奪戦に挑む

     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190917-41288527-business-bus_all 

★名古屋テレビ塔に高級ホテル『ザ・タワーホテルナゴヤ』 スイートには景観楽しめるバルコニーも

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00024362-tokaiv-l23

★ブラックストーン、ベラージオとMGMグランド買収で協議中-関係者



     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-61448950-bloom_st-bus_all 

★沖縄に新ホテル「インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート」2023年開業へ

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00470910-okinawat-oki 

★ラーメンすらラグジュアリー!ホテルの絶品背徳グルメ3選

     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-10012117-tokyocal-life 

★採算度外視の格安価格に ホテルの「当日予約・直前予約」を使いこなす

     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190914-00000001-moneypost-bus_all 

★5つ星ホテルの勇気と信念が“奇跡”の始まり『ホテル・ムンバイ』本編映像



     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000013-cine-movi

★「星野リゾート 西表島ホテル」10月1日開業。西表島最大規模の138室
b0405262_09255134.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00000097-impress-life

★【The Okura Tokyo】ついに開業! あの“オークラ“の華麗なる帰還

     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00010001-goethe-life 

★現横浜市庁舎の一部保存し ホテルに 30階建て複合施設建設へ 令和6年度の開業目指す

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00000585-san-bus_all 

★日本初のeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」、2020年4月に開業
b0405262_22032442.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00136708-bcn-prod 

★新「オークラ」日本らしさで外国人狙え! 名物ロビー再現

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00010012-houdoukvq-bus_all 

★世界で注目のThe Okura Tokyoオープン 食のオークラをもっと理解するための3つの考察

     https://news.yahoo.co.jp/byline/toryu/20190912-00142192/ 

★新旧が共存するホテルオークラの不易流行-新ブランドできょう開業

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-64487147-bloom_st-bus_all 

★IHG、「インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート」2023年開業
b0405262_22015049.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00000035-impress-life 

★リゾートトラスト、「ホテルトラスティ プレミア 日本橋浜町」開業
b0405262_22012766.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000068-impress-life 

★抗議デモ拡大が直撃 香港への旅行客4割減

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000567-san-cn 

★竹芝の海沿いに建つ複合施設「WATERS takeshiba」の共同発表会で建設途中の現場公開。予想以上の眺めに立地の高ポテンシャル
b0405262_21574152.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000076-impress-life 

★奈良県が外国人観光客の宿泊割引きキャンペーン 予算1億円確保

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000047-mai-soci 

★日本一の高層ビル虎ノ門・麻布台プロジェクト始動へ コンセプトムービー公開も



     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000022-minkei-l13 

★「東京ベイ潮見プリンスホテル」2020年7月開業。JR京葉線 東京駅~舞浜駅の中間に全605室
b0405262_21563124.jpg

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000029-impress-life 

★「The Prince Akatoki London(ザ・プリンス アカトキ ロンドン)」9月16日開業。「日本のプリンスホテルから、世界のプリンスホテルへ」と小山社長

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000027-impress-life 

★「みなとみらい」にホテルの開業ラッシュが遅れてやってきた理由

     https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190910-00209376-diamond-bus_ all
# by shackinbaby2 | 2019-09-18 00:00 | ホテル | Comments(4)

今朝のフォー

「今朝の・・・」シリーズの今回はフォー。
最近はいくつものホテルで朝食にフォーを出していますが、ここのはスープがホテル特製のコンソメスープ。
注文がはいってからシェフが湯がいてくれるので、ゆで具合もちょうど良いし、トッピングもパクチーなどいろいろあるし、本場ベトナムで食べるフォーよりスープが強力過ぎますが、あまり食欲のない時の朝の麺類は最高です。
バフェの一部なので、量も少量だし。
b0405262_10450981.jpg
ただ少し辛味が欲しいのでチリがあると・・・などとも思いましたが、コンソメとは合わないし、ここは入れるとすれば胡椒かなぁ。

# by shackinbaby2 | 2019-09-17 12:00 | ホテル・グルメ | Comments(6)
「THE OKURA TOKYO」aka「オークラ東京」。

     https://theokuratokyo.jp/

このホテルのオープンは僕らホテル・ファンには待ちに待ったもので、一般のニュースでも大きく取り上げられたほど、東京、そして観光業界全体としても本当にインパクトあるニュースでした。
オープン早々その「ヘリテージウィング」の方に泊まる機会があったので、もちろん後で詳しくレポートはしたいと思いますが、まずは皆様に速報という形で・・・。
開業したばかりというのに館内はもう激混み、パブリックエリアもレストランもすごい人。
都内の富裕層大集合?
(やはり最近の外資系のホテルに比べて、ご年配のお客が多いよう〉
そんな中、僕らはまず低層(17階建)の「ヘリテージウィング」の方に宿泊、このウィングは宿泊に特化しているせいか(プラス・レストラン2か所)、レセプションのバタバタは相当だったものの、雰囲気はいたって静か、60㎡弱はある標準的な客室でも充分満足できるものでした。

日本美を基調とするヘリテージウイングと、都市型高層ホテルのプレステージタワー。
どちらも和の新解釈です。

以下、写真がメインとなりますが、速報ということでお許しください。
「オークラスクエア」の右が「プレステ―ジタワー」、左が「ヘリテージウィング」。
もちろん両棟はロビー階(LB階、5階)や地下で繋がっています。
b0405262_08213703.jpg
「ヘリテージウィング」の部屋の用意が出来るまで、「プレステージタワー」37階のクラブラウンジで待たせてもらいます。
エレベーター前には以前と同じスタイルの女性たちが。
b0405262_08222013.jpg
クラブラウンジはかなり広いです。

     https://theokuratokyo.jp/experience/club_lounge/
b0405262_08225088.jpg
しかしF&Bはかなり限局的で、過度な期待は禁物です。
b0405262_08231082.jpg
ラウンジは海側に位置し、左には「虎ノ門ヒルズ」、右には「東京タワー」がビルの間に見えます。
b0405262_08233099.jpg
「ヘリテージウィング」のロビー階。
レセプションデスクが2台、奥の衝立の向こうにウェイティングエリアというかシッティングエリアがあります。
右の衝立の奥に客室階へのエレベーターの他、ファインダイニングの「ヌーヴェル・エポック」(旧「ラ・ベル・エポック」)があります。
b0405262_08215781.jpg
旧「平安の間」やバーを覚えている人には懐かしの要素を散りばめた、派手さのない空間。
このインテリア、何と評しましょう。
いわゆる「和モダン」ではないし・・・。
「ヘリテージルームツイン」(59㎡)という一番普通を予約しました。
b0405262_08240515.jpg
ワイドスパンな窓の部屋とビューバスの部屋があるようですが、これは前者。
ベッドはシーリー社製でしょう(どこにも記載はありませんが)。
b0405262_08244707.jpg
バスルームの奥にはスティームサウナが設置されています。
b0405262_08261600.jpg
トイレタリーはイギリスの「バンフォード」(BAMFORD)。

     http://purity.co.jp/bamford/

「プレステージタワー」27階の「オークラ・フィットネス&スパ」はメンバーが大挙して押し寄せていて、かなりな賑わいでした。

     https://theokuratokyo.jp/experience/fitness_spa/
b0405262_08264696.jpg
部屋からの夜景。
正面奥の高層ビルは「愛宕山グリーンヒルズ」でしょう。
その手前に「ホテルオークラ東京」のサウスウィング(旧「別館」)が見えています。
b0405262_08270835.jpg
朝食付きであれば、「ヌーヴェル・エポック」、「山里」、「オーキッド」、クラブラウンジ、そしてルームサービスから選べます。
僕はサービス最高・「オークラ庭園」の緑も鮮やかな「ヌーヴェルエポック」で。
ここは朝食でも男性はジャケット着用が必要なのでご注意を。
b0405262_08272893.jpg
「クリストーフル」のカトラリーはピカピカ、リモージュの「ベルナルド」の食器、テーブルのリネンもすぐに高級品と分かるものでした。
以上、速報でお送りました。
フルレポートは近日中に!
b0405262_09333554.jpg

# by shackinbaby2 | 2019-09-16 12:00 | ホテル・東京 | Comments(10)
だらだらともう7回もこのホテルについて書いてしまいました。
「いい加減にしろ」の声もありそうなので、翌朝起きてからのことはだいぶ端折り、今回は「ホテルニューオータニ エグゼクティブハウス 禅」のラウンジ朝食に付いて触れてみます。。
b0405262_9353039.jpg
ラウンジでの朝食は朝の7時から10時まで。
ラウンジ以外でも「SATSUKI」、「TOWER BUFFET」、「ガーデンラウンジ」などの和洋バフェ、「なだ万」、ルームサービスでの朝食にも振り替えられます。

b0405262_9354789.jpg
b0405262_9532128.jpg
ゲストが分散するからでしょうか、朝食時のラウンジはとても静か、ゆったりした時間が流れています。
前日食べ過ぎてしまった僕はここで、遅くまでベッドにいた奥さんは「SATSUKI」で朝食を食べました。
別々に食事したということです。
b0405262_9362993.jpg
ラウンジのテーブルに出いているものは種類は少ないですが、厳選された材料のものが多いようです。
ご飯は新潟のコシヒカリを伊豆下田の観音温泉の温泉水で炊いたというもの。
味噌汁はあご出汁。
オレンジなどのジュースはフレッシュでした
b0405262_9364440.jpg
出た!「ピエールエルメ・パリ」のクロワッサン。
b0405262_937357.jpg
サクサクハラハラ、中はモッチリ、溢れ出すバターの滋味、置いてあるスタイリッシュなトースターでは温められないので、ウェイターに頼みます。
「ピエールエルメ」の2種のコンフィチュール、「エシレ」のバター。
b0405262_9372236.jpg
「SATSUKI」のパン類。
b0405262_9373626.jpg
きれいに置かれたフルーツ。
少しでもなくなったり、形が崩れたりすると、素早くスタッフが直しに入ります。
b0405262_9375598.jpg
定番もの。
b0405262_9381039.jpg
「うえのはらハーブサラダ」と東京野菜。
無農薬のホテル専用ハーブ畑からのハーブと、新鮮な朝採れの東京野菜を揃えたそうです。
b0405262_9382951.jpg
b0405262_9384892.jpg
お粥は薬膳薬味粥で、そのトッピングはいろいろ揃っています。
クコの実、紅花、松の実・・・。
b0405262_939440.jpg
あまり食欲もなかったので、フレッシュオレンジジュースとコーヒーで新聞を読んでいましたが、お粥なら食べられるかと食べてみました。
それなりに美味しかったですよ。
b0405262_9393735.jpg
あ、エッグスラットもありました。
最近流行の卵料理です。
ポテトと生クリームのピューレの上に卵、塩味と黒胡椒で味付けられた揚げパンのスティックで食べます。
b0405262_940621.jpg

b0405262_9404266.jpg
やっぱり野菜も少し食べるか・・・。
b0405262_941124.jpg
となるとこの名物も食べなくちゃですよねの「ピエールエルメ」のクロワッサン。
かつては世界一と評されたクロワッサンです。
b0405262_9411755.jpg
結局は時間をかけていろいろなものを少しづつ食べてしまいました。
このラウンジの朝食はどう評価しましょうか。
この日の僕のようにあまり食欲のない時にはこの静かな雰囲気、種類は少ないが上質そうな素材の朝食アイテムは〇かもしれませんが、しっかり食べたいという人には全く不向きです。
僕の話を聞いた奥さんはゆっくり起き、ラウンジではなく、「SATSUKI」の和洋バフェで食べたようです。
以下は奥さんカメラ。
「SATSUKI」は窓が無くて暗いよと僕が言ったので、彼女は窓が大きく明るい「ガーデンラウンジ」をまず見に行ったそうです。
b0405262_9413611.jpg
でも彼女の興味はウェブにあった「SATSUKI」の「新・最強の朝食」という謳い文句だったようです。

     https://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/satsuki/saikyou/
b0405262_9415271.jpg
“健康”と“発酵”がテーマの「新・最強の朝食」。
「ピエール・エルメ・パリ」のヴィエノワズリー やヨーグルト、イベリコ豚の骨付きハム、玄米卵を使用したオムレツ、ホテルニューオータニ専用の畑で収穫される無農薬サラダ、新潟県産の有機コシヒカリを観音温泉水で炊き上げるご飯、スーパーフードでカスタマイズできる「ヨーグルトバー」、無農薬で育てたピタヤのシャーベットなど、充実したメニューの朝食をお楽しみください。


b0405262_9421042.jpg
玄米卵のオムレツ
玄米を食べて育った鶏から生まれた「玄米卵」を使用し、中に玄米や、スーパーフードとしても知られるキヌアなどを入れた「シリアルオムレツ」。その他、ハム、チーズ、オリーブ、ハーブペースト、スパニッシュ、マッシュルームから選べるオムレツや、高タンパク低カロリーの卵白だけで作った「ホワイトオムレツ」もご用意。

パレタコシーダイベリカセミデボーン(骨付きハム)
イベリコ豚をスモーク後、オーブンでじっくり焼き上げました。イベリコ豚の甘みと上品な脂をご堪能ください。

うえのはらハーブガーデンサラダ
山梨県上野原市にある、ホテルニューオータニ専用の畑で収穫される完全無農薬のサラダ。味が濃く、噛めば噛むほどに味わいが広がり、野菜が持つ本来の味と力強さを感じられます。

「ピエール・エルメ・パリ」のヴィエノワズリー&「パティスリーSATSUKI」のパン
「新・最強の朝食」でのみお召し上がりいただける「ピエール・エルメ・パリ」のヴィエノワズリー3種類が登場!「パティスリーSATSUKI」の焼き立てパンもご用意。

ヨーグルトバー
お好みのヨーグルトとスーパーフードでカスタマイズできる「ヨーグルトバー」。プレーンやカスピ海ヨーグルトのほか、トッピングは、チアシードなどスーパーフードを含むアイテムを多数ご用意。「ピエール・エルメ・パリ」のヨーグルトもホテルニューオータニ初登場!

ピタヤシャーベット
アサイーに続き、美容・健康効果があると注目されているフルーツ「ピタヤ(ドラゴンフルーツ)」。無農薬で育てた「ピタヤ」を、ホテル自家製シャーベットにしてご用意。

その他、山口県の燻製職人の元で作られる「オリジナルスモークフィッシュ」や、滑らかなマッシュポテトと合わせた卵料理の新定番「エッグスラット」などをご用意します。

b0405262_9424454.jpg
彼女も精一杯写真を撮ってきてくれましたが、全部網羅というわけではないようです。
その点はお許しを。
b0405262_9535688.jpg
b0405262_9541288.jpg
b0405262_9542915.jpg
b0405262_9544685.jpg
b0405262_955328.jpg
b0405262_9551845.jpg
b0405262_9553230.jpg
b0405262_9555167.jpg
値段は都内のホテルの朝食バフェでは高い方に入る5000円++。
彼女は和食中心に食べたようですが、味は「う~~ん、まあまあかな」ということでした。

# by shackinbaby2 | 2019-09-16 00:00 | ホテル・東京 | Comments(2)

最近泊まったホテルや食べたものをレポートしています


by shackinbaby2